解決済み

弁護士って、民事裁判になってもそんなにお金が取れな

  • 困ってます
  • 質問No.9527620
  • 閲覧数83
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 0% (4/2191)

弁護士って、民事裁判になってもそんなにお金が取れないことがなんとなく分かると、
裁判にはあえてせずに、示談金で示談で済ませようとしますか?
その方が弁護士的には楽だし、簡単にお金になるわけですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

ベストアンサー率 28% (1321/4609)

他カテゴリのカテゴリマスター
例えばです。
あなたが民事裁判する立場になって勝訴したときに得られるのが10万円だったとします。
ですが弁護士費用が100万円かかる、そういう状況で裁判しますか?
感謝経済

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 33% (9/27)

弁護士はボランティアではなく、営利事業なのだから、当然でしょ。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 21% (328/1493)

>民事裁判になっても・・・ って、その前に把握出来るでしょう!?
裁判でいくら判決が下りても取れないモノは取れないですから、案件自体を穏便に済ませるのも弁護士の仕事でしょう。
>弁護士的に楽、、、弁護士の安堵よりも公的に掛かる費用って互いに損だと思いませんか?
  • 回答No.3

ベストアンサー率 34% (269/769)

社会 カテゴリマスター
裁判にはあえてせずに、示談金で示談で済ませようとしますか?
  ↑
しますね。
金にならないのに、
裁判なんか、延々と出来ませんよ。


その方が弁護士的には楽だし、簡単にお金になるわけですか?
  ↑
その通りです。
それでなくても、昨今、弁護士は儲からないのですから。


●14年の国税庁の調査によると、独立して事務所などを営んでいる弁護士の売り上げ
(収入)から必要経費を差し引いた「年間事業所得」の中央値は約400万円という。
単純比較は難しいが、実質的な「手取り額」は、都市部の平均的なサラリーマンより
低いのではないだろうか。

さらに、同年の日弁連のアンケートによると、事業所得200万円以下の弁護士が、
なんと総数の8分の1を占めているという。
業界はまさに「食えない弁護士」であふれ始めているのだ。

60~70代のベテラン弁護士でさえ、「ブログやツイッターを開設して、顧客にアピールする」
「30分までの相談を無料にする」
「1回目の相談の際は交通費や駐車場代まで負担する」
などと、本業以外のサービスや宣伝活動にも力を入れているのが実情だ。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 9% (3/33)

そんな事は弁護士次第に決まっている。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 15% (116/746)

>その方が弁護士的には楽だし、簡単にお金になるわけですか?

弁護士的には?

最初からマイナスになると分かりきっている裁判するアホはいないだろうから、プラスになる方法を提案するでしょうね。

別にマイナスになってもいいなら、弁護士としては仕事なのでやると思いますよ。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ