• ベストアンサー
  • 困ってます

ブラケットの計算ができなくて困っています。

私は数学者ですが、数理物理学の研究をするために、中原幹夫:著「理論物理学のための幾何学とトポロジーI」を読み始めました。(今まで解析学ばかりいじってきたので、幾何学の知識が抜け落ちているので。 ) この本の3ページの(1. 10)式に内積 <q_(i+1), t_(i+1)|q_i, t_i>=<q_(i+1)|e^(-iHε)|q_i>, (ただし、qは位置、t_(i+1)-t_i=ε です。) という式が出てきます。普段ブラやケットを扱っていないので、この式の導出がわかりません。 この式の導出法を教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数1
  • 閲覧数95
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率27% (1609/5882)

一連の論議の中の特定部分をいきなり取り出されてもこの本を持っている人でないと意味不明でしょう。 幾何でブラケットならわかりますが,ブラとケットって何? 図面があるのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

失礼しました。ケット|q, t>とは時刻tのとき位置qにある状態を意味します。 ブラ<q, t|も同じ意味です。

質問者からの補足

自力で解決したのでもう質問する必要がなくなりました。

関連するQ&A

  • ブラケット記法がわかりません

    いつもお世話になっています。 参考書読めば済んでしまう話とは承知しつつ、簡単なことだとも思うので、よろしくお願いします。 PとQはそれぞれ運動量、位置に対応する演算子だと思うのですが、 <x|Q=x<x| <x|P=-ih∂<x| となる、と教科書にありました。(hは2πで割ったやつです) 真空状態の波動関数を求めるのにΦ_0(x)=<x|0>とおいて、<x|a|0>=0と消滅演算子aをP、Qで表すことを用いて、方程式を導出しています。 物理になれてないので、混乱しているのですが、<x|Q|0>=x<x|0>がまったく理解できません。状態ベクトルはxの関数と思っているのでしょうか?それとも単なる抽象的なベクトルと思っているのでしょうか。0とかxとかがベクトルであったり、スカラーであったり、あるいはスカラー変数であったりといろんなように見えて、わけがわからなくなってしまってます。

  • トーラス上のエータ不変量

    先ほどの質問で誤りがありましたので訂正させて頂きます。トーラスS1上で  D = -i d/dt + a  ( 0 < a ≦ 2π) の固有関数 exp(2πint) と固有値2πn+a に対して   η(s) = Σsgn(2πn+a)/|2πn+a|^s  (1) という無限和を考えます(n∈Z)。このとき   η(0)/2 = a/2π はエータ不変量と呼ばれ、Dのスペクトル不変量になるとされます。しかし(1)で s=0 とおけば   η(0) = 1 - 1 + 1 - 1 + … という収束しない級数になるのではないでしょうか。チェザロ総和をとっても1/2になり、a/πにはなりません。どうしてこれが a/πになるのでしょうか。また中原幹夫「理論物理学のための幾何学とトポロジーII」p.138ではディラック作用素のエータ不変量が     η(s) = Σsgn(λk)/|λk|^2s  (2) で定義されていますが、なぜ(1)と(2)は違うのでしょうか。

  • ラプラシアンについて

      ラプラシアン(ラプラス作用素)△の定義、つまり▽・▽=△は分かるのですがその幾何学的イメージが出ません。 定義式▽・▽=△から、ラプラシアンは勾配の内積となりますが、勾配の内積と考えても何を意味するのか分かりません。 特に3次元ラプラシアンについてその幾何学的イメージ、物理的意味をうまく捉える方法がありましたら教えて下さい。    

  • 数値計算

    Σ…Σ{1-(p_i_1 + p_i_2 +…+ p_i_M)}^k 各ΣはΣ_(i_m = 1~N) (1≦m≦M,N=20)の意味。 p_i_m=q(1-q)^(m-1) (幾何分布)とする。 上の式を、計算機などで計算しやすい式の形にできないでしょうか? また、そのアプローチ法などを教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。

  • ポアソン括弧式

    久保謙一著解析力学 p84 の議論がよくわかりません。 母関数W=W(q_i, Q_i, t) の場合を考えて、(4.35)式が 出発点です。最終的に求めたいのが(4.38)式なのですが、 (4.37)式を(4.35)式に代入しても決して(4.38)には なりません。 (4.37)式の計算が何か変な気がしてはいますが、 それでも(4.37)の結果がマイナスではなく、プラスの∂Q_i/∂t になるかというと、それもよくわかりません。 よろしくお願いします。

  • 数学の専門家・研究者の方に質問です

    e^(iπ)=-1という有名な式がありますけど、これは見るからに不思議な式ですよね?ネイピア数をiπ乗すると-1になる。この式の導出方法などはわかります。オイラーの公式の理論的な導き方も大体わかります。しかし、どうもこの式に潜む神秘的な部分が拭えません。これは、絶対に何か重要な”意味”が込められているような気がします。何か、この世の、この宇宙の、根底に流れる何かを感じずにはいられません。 なにか、幾何学的な意味合いや、その他の説などを教えてください。

  • ユークリッド計量の例 計算

    リーマン幾何学のユークリッド計量についてわからないところがあります。 本にユークリッド計量の例で下のものが書かれていたのですが、 m次元 ベクトル空間に内積が与えられているとする。 この時、Vの各点uに対して、移動τ_u:u→u+vを通してT_uVに内積〈 ,〉_uが定義される。すなわち、〈dτ_u(v),dτ_u(w)〉_u=〈v,w〉(v,u∈V)。このようにしてV上のリーマン計量gを定める。Vの一つの基底{e_1,…,e_m}を選び、{e^1,…,e^m}をその双対基底とする。Vの座標系(x_1,…,x_m)をx^i(v)=e^i(i=1,…,m)によって定義して、これによってgを表現すると、 g=Σ^(m)_(i,j=1) a_(ij)dx^i(テンソル積)dx^j (a_(ij)=〈e_i,e_j〉∈R) となる。{e_1,…,e_m}が正規直行基底であればgはユークリッド計量そのものである。 gの式がなぜそうなるのかがわかりません。 大変恐縮ですが、教えていただきたいです。 あと、

  • 物理の数式の意味が分かりません。

    PHYSICS OF SEMICONDUCTOR DEVICESというS.M.SZE著の本で出てくる物理式 P39にある式(85)にイオン化率は α(ε)=qε/EI exp{-εI/{ε[1+(ε/εp)]+εT}} であらわせるという式があるのですが EIはthe high-field effective ionization thresholdと説明があり 有効イオン化閾値エネルギーで物質の性質のEIが小さくなれば イオン化は起こしやすい、また、かける電場εが強くなれば イオン化は進むことは、わかります。 また、exp以下が確立を表すことはわかるのですが、 εI、εp、εTはthreshold fields for carriers to overcome the decelerating effect of thermal opticalphonon and ionization scattering,respectively と説明があり、 (1)εI、εp、εTこれらはいったい何なのか?ということがすっきりせず (2)expの中がなぜ、{-εI/{ε[1+(ε/εp)]+εT}}な形になるのか? ということがいくら調べても私には、理解できません。 何かヒントでもあればと思っています。 よろしくお願いいたします。

  • この式の意味や導出など教えてください。

    座標系?か何かの変形みたいなことをしていたとき d/dt i'(t)=ω×i' という式がでてきたのですが、何を表しているのかよくわかりません。 導出とか式の意味・概念など解説していただけないでしょうか。 図などを用いてなるべくわかりやすく教えていただけると助かります。

  • 黒体輻射におけるプランクの分布則に関する質問です。

    黒体輻射におけるプランクの分布則に関する質問です。 プランクの分布則で、(υ,T)を変数として表した式から、(λ,T)を変数とする式へと変換したいのですが、 なぜか求めたい式とは-1倍違ってきてしまいます。 ちなみに導出では(υ,T)の式に対して、υ=c/λ,dυ=-c/λ^2を代入しました。 物理化学初学者です。 分かる方がいらっしゃいましたら、何が間違っているのか教えていただけないでしょうか?