• ベストアンサー
  • 困ってます

建て替え時の地盤補強について(家の建て替え)

家の建て替えを検討しているのですが、その際の地盤補強についてお聞きしたいことがあり、質問させていただきました。 大手住宅メーカーで聞くと、地盤補強にかかる費用は解体前にはっきりと提示できます、といいます。しかし、地元の工務店では、本当に地盤の強さを確認するには、絶対に解体後でないと分かりません、といいます。工務店の人の言うことのほうが理にかなっていると思いますが、そうなると大手住宅メーカーの「解体前に分かる」というのはどういうことでしょうか? たぶん、多めに補強費をとっているのだろうなと思うのですが、やはりそうなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数268
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

どちらも間違っていないとは思います。 敷地の周辺の調査でおおよその強度が推測できますので、 どういった補強方法になるのか想定できるのです。 また、地元工務店の言うとおり、解体してから建替える建物のおおよその位置を出し、主要な部分の地盤を調査するのが本来のやり方なので、 補強の方法が確定でき、より正確な金額がだせます。 地盤補強で大きな誤差が出るわけではないと思われます。 それより、元々、大手メーカーは原価に4割程度はのせますので、全体的に割高になると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々のご回答ありがとうございます。 やはり大手メーカーは割高なのですね。

関連するQ&A

  • 建て替えで悩んでいます

    建て替えを検討しています。 ヘーベルハウスと地元の工務店、違いはとにかく値段。 間取りや作り、建材、全てにおいてヘーベルハウスがずば抜けて良いです。 工務店は安いのが最大のメリットです。 しかし、メンテナンス費用などを考えるとよく分からず…。 大手ハウスメーカーと地元の工務店、それぞれのメリットデメリットを教えて下さい! 明日、契約の運びになっており土壇場で悩んでおります。 もしヘーベルハウスで建てた方がいたら感想もお願いします。

  • 建替え時の地盤調査について

    築数十年の家の建替を計画しています。 建替えの時の地盤調査についてお尋ねします。 地元のHMに見積もり依頼をしたのですが、 解体前の調査も行うが本当にそこの地盤が大丈夫かどうかは 解体後の建てる部分の調査で調べるとのことです。 解体後となると契約後の話になるのですが、どこのHMでも 古い家のある土地は解体後に地盤を調査しているのでしょうか? 契約後に予想以上の出費があるのではと家族が萎縮してます。

  • 地盤改良と敷地造成の費用について・・・

    地盤調査をして、二つの工務店に地盤補強の費用を出してもらったら、A工務店は地盤補強の費用として206万円となったんですが、B工務店は地盤改良費として110万円それと敷地造成費として210万円となりました。 A工務店は地盤補強の費用以外は必要経費として出ていません、やはりB工務店が高いのでしょうか? ちなみにスウェーデン式サウンディング試験で120坪の現状は田の敷地を8箇所調査しました。 補強方法として現状G.L-1.0m~3.0m程度までのゆるい層を柱状改良工、現状G.L-1.0m部分を表層改良工により地盤補強、現状G.Lから上質な砕石にて埋め戻し工をし、十分転圧し盛土する事とありました。 ・・・素人には全然分かりませんしはっきり言ってどちらの工務店も100%信用はしていません。・・・本当は信用できればいいんですが、どなたか教えてください宜しくお願いします。 長い文章になってすいません。

  • 地盤調査によって補強する時

    今回、震災により全壊になり家を建てる事になりそうです。 そこで、今まで住んでいた土地に建てるのですが どうも、地盤が弱い地域らしく補強が必要な感じなのです。 しかし、予算もなく色々なハウスメーカーを巡って 話を聞いてるのですが ほとんどのメーカーは、契約後の地盤調査になり いくらかかると費用は不明な状態です。 「多くても300万くらい見れば、間に合う」や 「付近の家の時は、60万くらいだったのでそれくらい」など。 そこで、安いメーカー(60万と言ったメーカー)の場合 地盤調査は、図面の柱の部分を調査し そこだけを補強するやり方と言われました。 イメージでは、敷地面積を補強すると思ってたので なんだか不安になりました。 地盤調査によって補強が必要となった場合、 柱の部分だけの補強なのでしょうか? 一応、有名アニメキャラが宣伝してる有名メーカーです。 無知ですが宜しくお願いします。

  • 地盤補強の金額について

    はじめまして。地盤補強の金額のことで、教えてください。 現在納屋が建っている50坪の土地に新築を考えています。納屋を解体し、総2階で40坪ほどの建物を建てる予定です。 某大手HMにて無料でスウェーデン式サウンティングの地盤調査をしていただいたところ、【ベタ基礎+小口径鋼管杭(5m)を1坪当たり1本】という結果が出ました。地盤補強代金は約60万でした。(とりあえず参考までに納屋が建っていないところを2箇所調査し、解体後に5箇所再調査するという方法です) その大手HMとは建物の金額が折り合わず、現在はフランチャイズ系のC社と商談中ですが、C社は契約後にしか地盤調査をしないということだったので、大手HMの地盤調査の結果をお渡しし、概算の地盤補強金額を見積もっていただいたところ、200万でした。 同じ調査結果を元にしても、こんなに金額に差があるものでしょうか? C社に理由を尋ねると、「トラックで運べる鋼管杭の長さは4mまでなので、現場で溶接して5mにしなければならず手間がかかる」とのことでした。 地目は畑、堤防のそばで地形分類は砂州です。 地下約4mのところに支持層があるようで、盛り土を50cm~1mほどする予定です。

  • 家を新築するのでアドバイスをお願いします。

    築40年の我が家を解体して、新築を考えているのですが 昨日初めて住宅展示場を見に行きました。 物凄く時間を食ったので2件しか回れていませんが 家を建てた友人などは「建てるなら地元の工務店が良い」と言う話を良く聞きます。 確かに大手は割高だろうし、割高な分良い点もあろうかと思います。 既に新築された皆様からの大手の良さ、地元工務店の良さを お伺い出来ればありがたく思います。

  • 長屋の切り離し時の補強について

    もともと長屋の一軒に住んでいます。 もともとは4軒長屋だったそうですが 今は残り3軒でそのうち隣人が2件をつなげて住んでおられます。 この度 その2件を取り壊して建て替えされるそうです。 その際の補修や補強について質問です。 まず 隣人負担で境界の壁の補修、我が家の庭側の一部分に耐震目的の補強材をいれるとのことです。 ただ 境界の土台の木材が朽ちてきてとても危険な状態らしいのですが その費用はジャッキ工事でリスクも高い為 負担はしない(義務はない)とおっしゃてます。 以前 隣人が依頼予定だった(現在は別の工務店に変更)工務店と当方で話し合いの時には 解体すると建物が傾く恐れもあるので まず耐震補強の為 我が家の内部に耐震壁をつくり 境界部分の基礎も補強した上で 解体工事をするとのことだったので 現工務店との見解の違いにとまどってます。 法律的にも補強などの義務はないと言い切られているのですが 建物が傾く危険の要因でもある土台の木材部分の補修をせず 解体工事をすることに 不安があります。 こういった場合 当方が土台の工事を 負担しなければならないのでしょうか? どうかアドバイスをよろしくお願いいたします。

  • 地盤改良工事について

    知り合いのM工務店での話。 地盤調査を依頼すると、調査会社からの調査報告書には、調査結果と共に、地盤改良工事の有無や方法についての考察が含まれていたりします。既存住宅の建て替え物件で、地盤調査を行ったところ、地盤改良工事が必要との考察が記載された報告書が届きました。いままで家が建っていたところなのに改良が必要?!と思ったM工務店は、この調査結果を基に、別の調査会社の意見を聞いてみました。すると既存の住宅が建っていた土地でこの調査結果であれば地盤改良は不要、という判断がでました。ただ、最初に依頼した地盤調査会社も、地盤改良が必要という判断を乱発するような会社でもないらしく、今回珍しく必要という判断だったとのことなんです。 それらをもとに、施主にやるかやらないかを尋ねたところ、やらないという回答だったから、今回は地盤改良工事をしなかった、という話。う~む、それって施主に判断させていいわけ?という疑問をM工務店にぶつけたところ、住宅の品質確保の促進等に関する法律における瑕疵担保責任から、地盤に関することは外れているので、施主が不要と判断しそれに従ったのであれば、地盤の影響で何かあったとしてもビルダーは責任を負わない、ということだったのです。 微妙なケースだとは思うのですが、仮にこの物件で不同沈下などの問題が発生してしまった場合に、M工務店に、責任が及ぶことはないのでしょうか。また、他の工務店さんは、こういう場合に、それでもやったほうがいいという意見が多いのか、うちもやらないと思いますという意見が多いのか、どうなのでしょう。 ちなみに、M工務店は、お客さんの信頼が厚い、お客さん思いの会社で有名です。

  • 是非お知恵をお願いします。

    注文で新築を検討してます、地元の工務店で建てた方が良いと聞きました。 何軒か回りましたが、ほとんどの工務店は仕事がなく、地元の注文住宅もやっている 建て売りメーカ―の下請けをしてをり、腕があるのに気の毒に思いました。 あとは注文の ハウスメーカ展示場に行くしかないと思い尋ねたところ、うちの会社は専属の大工なので 教育もシッカリしているので心配ないと言っており、現在住んでいる家の解体や 土地の様子や 水道の引き込みの 見積もりを取りに来た人は、専属ではない建て売りを建てていた 工務店の大工さんと近所の水道屋さんでした。 こうなると 大手のメーカ―も、地元の建て売りメーカ―も 建材やデザインに 納得すれば工務店の大工さんを指名して 注文住宅を 建てた方がとても安いです 又使う木材は余り変わりません、 地元なので変な建て方はしないのではないか 少し気持ちが傾いております。 予算の事と消費税の事もあり、どこで建てるか迷ってます。 是非お知恵をお願いします。

  • 住宅購入。地盤、補強について教えてください!

    建売住宅の購入を検討しているのですが、地盤のことが分からず困っています。 大手ハウスメーカの分譲地の建売なのですが、間取り等は大変気に入っているのですが、 地盤調査報告書を見せてもらったところ、 敷地内の5箇所を計測し、各計測地点で深さ3mのところから 約2mの幅で 50kgの自沈層がありました。 (他、75kgの自沈層もあり) 専門用語等が分からないので勉強していると、 「地面から2~10mのところで、50kgの自沈層が連続100cm以上又は、合計200cm以上ある」場合は、杭基礎(柱状改良、鋼管杭)が 必要と住宅保証機構の指針にあるようでした。 ところが営業さんに確認すると、その下にしっかりとした地盤が あるので沈下などの問題はないと判断して、 改良や杭基礎などは行わず、そのまま布基礎で建設しているとのことでした。(構造は軽量鉄骨です) このような地盤の場合、特に何も補強等をしないで住宅を建てて、 沈下等、耐震性能についても問題はないのでしょうか? 教えてください。