• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

地盤調査によって補強する時

今回、震災により全壊になり家を建てる事になりそうです。 そこで、今まで住んでいた土地に建てるのですが どうも、地盤が弱い地域らしく補強が必要な感じなのです。 しかし、予算もなく色々なハウスメーカーを巡って 話を聞いてるのですが ほとんどのメーカーは、契約後の地盤調査になり いくらかかると費用は不明な状態です。 「多くても300万くらい見れば、間に合う」や 「付近の家の時は、60万くらいだったのでそれくらい」など。 そこで、安いメーカー(60万と言ったメーカー)の場合 地盤調査は、図面の柱の部分を調査し そこだけを補強するやり方と言われました。 イメージでは、敷地面積を補強すると思ってたので なんだか不安になりました。 地盤調査によって補強が必要となった場合、 柱の部分だけの補強なのでしょうか? 一応、有名アニメキャラが宣伝してる有名メーカーです。 無知ですが宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数519
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

柱の部分を調査し、柱の部分だけの補強とはどういう意味なんでしょうね? 言葉のあやというか、メーカー側の説明の仕方などに問題があったのかもしれませんし、なんともいえません。 営業マンの説明ならば、聞きかじりで曖昧なことを言ったのかもしれませんね。 通常(住宅規模で)は、計画に従った図面が練られた上で、地盤調査は計画配置に基づいて通常4点以上(5点が多い)で調査し、検査結果を基に補強方法(工法)の選択をします。 SWS試験の場合、建物の4隅を含めた4点以上の調査となります。 なお、盛土をした場合など前後の調査が必要となる場合もあります。 よく行われている柱状改良(深層混合処理)の場合では、基礎の配置計画に基づき、改良体間隔を約2mくらいとするのが普通です。 工程の順番、及び工事内容の性質からして、費用は契約前に不明となるでしょうね。 地盤調査と改良工事はハウスメーカーがらみとしない選択はありだと思います。 また、自治体により断層震度や液状化危険度分布、その他の地理情報が提供されているので、私どもはそれを調べ参考のひとつにしますが、お施主さんもそれらは把握しておいたほうがよいと思います。 周辺の現地調査も当然行いますが、擁壁や土留め、ブロック塀等のヒビや傾き、舗装等の波打ち、川・水田等の有無と距離、暗渠の有無、ご近所さんとの会話等からの聞き取りなどから、かなり危険な兆候が見られた場合や地域の地盤の資料が乏しい場合、並びに地理情報からの検討等により、SWSと併用して他の調査方法も検討しなければならない場合があります。 費用の掛かり方は状況によりまちまちですが、こればかりは仕方のないものですね。 現在の住宅建築において、通常よく行われている事例では、予算等の考慮と日本特有の地形に適する部分もあることから、SWS(スウェーデン式サウンディング試験)が主流となっています。 あくまでも一般的な主流の話ですが、費用が安く済むのは大きなメリットといえます。 現実にはコストは無視できないものではありますが、状況により費用が多めにかかる可能性は頭に入れておかなければなりませんね。 なお、どれほどの大きさの計画なのか分かりませんが、住宅の普通の仕様や規模で、擁壁等の費用は別にして、地盤調査と改良工事で300万はかからないと思います。状況が把握できないのでなんとも言えませんが。 >家が全壊したのは、地盤に問題あったというより 家が古かったのが最大の原因だったと思います。 想像ですが、多分その通りでしょうね。地盤や基礎は当然のこととして重要な項目ですが、建物自体の耐力も十分気をつけて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えありがとうございます。 HMの人の話では 地盤調査=柱が立つ場所を掘って、補強する際はその穴に柱?を入れる みたいに言われました。 話を聞く前のイメージでは、 建てる面積全てにコンクリート等で基礎を作って埋めるって思ってたので 柱の部分のみで大丈夫なのか?って不安がでました。 でも、その補強のやり方がメジャーっぽいので、不安は減ったかな? 調べてる最中で、知識もあやふやですが。

関連するQ&A

  • 地盤調査

    非常に初歩的な質問で申し訳ありません。 私は家を建てる敷地探しの最中なのですが、 地盤調査って必ずやった方が良いと聞きます。 私が今狙っている敷地は新規分譲地なのですが、 当然、分譲地でも地盤調査をした方が良いのですよね? 例えば、分譲地の1区画を取得出来たとして、 地盤調査はどの段階でやったら良いのか分かりません。 成約が確立されていないのに地盤調査をするワケには行きません。 敷地を取得し、自分の物となった時に地盤調査をして、 地盤の補強が必要になった場合、ただ運が悪かったと思って 地盤補強をするのでしょうか? 最初から軟弱な敷地だと分かっていれば、 その敷地を選ぶか否かは変わって来ると思うのですが。

  • 地盤調査 

    ある住宅メーカーに地盤調査を依頼しその結果が出たのですが、 (スウェーデン式サウンディング試験[25cmまるめ]) 貫入深さ(m)   1m辺の半回転数 0.25           0             4.00       4 0.50           0             4.25       4 0.75           180           4.50        0  1.00           12             ・        ・ 1.25           0              ・        ・  ・            ・             5.50       0  ・            ・             5.75       8 2.50           0             6.00       12 2.75           12            6.25       4  3.00           4             6.50       16 3.25           16            6.75       52              3.50           40            7.00       92                            7.25       56                            7.50       64                            7.75       16                            8.00       96                            8.25       336                            8.50       168                            8.75       292                            9.00       204                            9.25       296 このような結果が出ました。 5箇所検査をして、全部似たような値です。 この結果から、地盤改良で ソイルセメントコラム工法8メートル+補強ベタ基礎 になりました。 震災で全壊後の土地に建て直しになります。 急な出来事で予算の関係上もあり、 この補強方法が適切なのか知りたいです。 お金をかければ、よりよい安心があると思いますが、 このような土地の場合、他の補強方法などはありますか? 見積もり予算(35坪) 100万円 でした。 やはり、このくらいはかかるのでしょうか?

  • 地盤調査について

    地元のハウスメーカーに依頼して現在建築中のものです 土地の契約が済んだら早々に地盤調査をやりますと聞いてはいたのですが、いつまで待っても連絡が無いので問い合わせてみると、もう済みましたとのこと。土地の持ち主である私たちに何の連絡も無しに地盤調査をやるものでしょうか?ハウスメーカーではこれが普通なのでしょうか?

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
noname#222312
noname#222312

私の実家は宮城野区です。 実家も震災で大規模半壊しましたが、やはりあのような大地震では元々の地盤が緩い地区では住宅への被害が甚大でした。 知人も田んぼを埋めた新興住宅地に3年前に家を建てたのですが、やはり大規模半壊しました。 トレードマークがミッフィーちゃんで有名なハウスメーカーで建てたのですが、いかに地震に強い家とは言っても、軟弱地盤には勝てませんでした。 知人宅も地盤改良には想定以上の180万程かけたそうなんですが、打ち込んだパイルの周囲の土壌が揺れ動いたのが住宅損壊を大きくした原因のようです。 通常は契約後に家のおおまかな形状や大きさ等の設計が進むと、基礎を打つ範囲内の土壌を主に補強します。 そのために事前にある程度その周囲の土壌も調査しますが、大抵は数箇所をボーリングしての土質判定なので、地盤調査で何百万もかかることはありません。 地盤調査の結果、ハウスメーカーからお宅の土地や家の条件の場合の地盤補強に関する最低限の見積りが提示されるのが普通です。 ですがそれは住宅が建てられるあくまでも最低限の場合であり、実際には地盤補強にどれだけお金をかけられるかで全然違います。 通常は家が基礎ごと沈下したりしないようにする程度のパイル打ちによる補強工事です。 基礎の下に何十本も何十メートルもパイルを打ち込むなんてのはよくあることです。 ですが家はパイルの上に建ってるので沈下はしないでしょうが、そもそもが軟弱地盤なので、地震の大きな揺れでは地下の土壌もパイルも大きく揺れます。 なので住宅にも歪みが生じて損壊が大きくなります。 知人曰く、震災以降震度4の地震でさえ、まるで家がプリンの上に乗ってるかのように揺れるようになったと言ってます。 震災以降に軟弱地盤に住宅を建てるお宅で、大幅に地盤を掘り下げてまで土を入れ替えしてるとか、薬剤を注入して地盤を硬化させたりとか、打ち込むパイルの数や範囲を広げたりしてるところも見受けられます。 しかしそこまでやるのは非常にお金のかかることですし、そうそうできることではありません。 できることならば軟弱な地盤の土地に家を建てるのは避けたいところですが、そうはいかない人達が多いのは現状ですよね。 とは言え、またいつあのような大地震がくるかもしれないと考えると恐怖ですよね。 とりあえずは最新の住宅はあのような大地震でも倒壊するようなことはありません。 しかたがないので軟弱地盤地区では地震保険を大きくかけておき、もしもの時の手出しを少しでも抑えるようにするしかないのかなと思います。 意外に進まない震災復興の中でも、津波の被害の無かった仙台市内の住宅街の復興は特に遅れてますね。 行政も一体今まで何をしてるんだという気持ちが大きいですが、出来る人が出来る限りの事をしていかなければいけません。 出来る限りの有益な情報を集めて、今後のためになるような事をひとつずつやっていくしかありませんよね。 がんばりましょう!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えありがとうございます。 お金が全てなんですよね・・・ 住宅展示場の数メーカーは値上がりしてると言ってくるし。 こんな時に、荒稼ぎするのもわかりますが なんか悲しいですね。 でも、安すぎるのも心配ですが・・・ 情報を集めて、考えてみます。

  • 回答No.6

どのような被害を受けられたのか分からないので、憶測で回答します、 古地図など参照出来れば、宅地化以前の地盤が推測出来ます。 河川の跡地(水害防止のための河道の変更後の埋め立て地)や、埋め立てられた湖沼跡等は、液状化や地盤の不均等沈下など、住宅建築には不適地で、地盤改良に建築費以上の経費を要する場合もあり得ます。 地下水位を知るのも手掛かりになります。近所に井戸などあれば水位の見当がつきますし、自家水ポンプ設置の家があれば、どの程度の深さまで掘削したかを聞いてみる事も出来ます。宅地内に用水路跡があり、十分に固化されていない場合も、基礎部分の不均等沈下を招き易いでしょう。 宅地内をボーリングして、地下水位を知ることも出来ます。地下水位が5メートル以上あれば、普通の住宅なら大丈夫でしょう。 我が家の自家水は、3メートルのボーリングで十分きれいな水が得られ、震度6強の地震にも屋根瓦の一部損傷程度で済みました。 柱部分だけの補強では、余り意味が無いと思います。家の重みは土台を経て基礎全体に掛かりますから、基礎全体が強化されなければ気休めにしかならないと思います。 家が傾いただけで、液状化がなかったのなら、しっかりした基礎工事を前提として、要所要所(1~2m間隔で外周りだけで無く内部基礎にも)に柱状コンクリートを杭状に設け、そこに基礎を乗せる形にすれば、地震動による被災は相当軽減出来ます。杭も基礎も鉄筋入りなら一層安心です。 土を入れ替えたり土盛りする方法もありますが、十分な地盤堅めが必要です。 液状化の危険があるとき、最も確実な方法は、宅地の周囲地下をコンクリート壁で囲み、宅地外からの地下水の振動を軽減します。宅地が広い場合は、基礎の外側を同様の方法で囲います。 可能なら宅地からの排水も考慮しましょう。 素人の生半可な知識ですが、経費と安全度を考慮しながら、専門業者に相談して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えありがとうございます。 自宅に井戸もあり、近所にも井戸あり 川と隣接している状態なので 地盤は危険なのかもしれません。 そう考えると、やはり柱の部分のみの補強だけでは 恐い気がします。 基礎の強化にも何種類もやり方があるみたいですし 調べれば調べるほど迷路にハマってる感じがします。。。

  • 回答No.5
  • saltmax
  • ベストアンサー率39% (2970/7475)

#1です。 地盤が緩いということでも その内容には様々な状況があります。 それは調べてみないとわかりません。 地盤を強化するか建物を強化するか その地盤の状況と予算次第で組み合わせがあるでしょう。 基礎でも 杭工法の中に支持杭もあれば摩擦杭もありますし 既成品も現場造成杭もあります。 地盤改良するにも表層だけ行うか 最近話題の砂の杭を築造するサンドコンパンクション工法などもあるので それは地盤を調べてから 求める建物と基礎の工法や地盤改良を総合的に判断して 予算と相談して決めることでしょう。 そのとっかかりの地盤の調査を 何もハウスメーカーにやらせることはないと言う話です。 ひもがついている調査会社で安く調査しても ハウスメーカーの工費の中で十分に取り戻されてしまいます。 なので、 総体の予算軽減の為には予め貴方が発注して地盤の調査をして それに見合った計画するというのが予算をコントロールする上では重要でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度、お答えありがとうございます。 杭を打ち込む補強もちゃんとした施工だったのですね。 その中でも、色々と種類があるみたいですが。 予算が少ないので、全てをHMの息のかかった業者にせず、 他を検討してみたいと思います。

  • 回答No.4
noname#183132
noname#183132

ビフォアーアフターって番組でみただけですが 地盤が水を含んでゆるい場合は柱の下になる地面に ドリルで人が入るぐらいの幅の穴を固い地盤に当たるまで掘り そこに圧力を掛けながらコンクリート流し込み 柱の「根っ子」になるような物をつくる方法があるようです ビルの基礎を作るときに電信柱のようなコンクリートの柱を 地面に叩き込みますがあれの住宅版みたいな感じです 他には水と反応して固まる薬品で全体を固める方法もあるようですが 薬品が水の道に浅く染み込むだけなので補強というより 湿気対策の為にある方法のようです どちらも今年の放送でしたから公式HPに写真がないかな? 固い地盤がどのぐらいの深さによって違うのかもしれませんね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えありがとうございました。 実際、基礎工事や補強工事など何もわからず どの施工がよくて、どの施工を避けるべきかもわからない状態です。 基礎だけは、安ければいいってわけでもないですし。 色々調べてみたいと思います。

  • 回答No.3

前ご回答に同感です 条件付き土地で仕方なくHMで建築する客の第三者監理での経験から、HMは利益ありきです 見えない地盤のことですから、理由付けは何とでも出来ます 益してや、HMの其れを言う方が建築士等の資格があるかも知れない、単に受注したいだけかも

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えありがとうございます。 HMは利益を取り過ぎですよね。 どんどん値上がりして、来年にもさらに高くなると言ってますし。 チラシに「復興応援価格」←これさえ書けば、何でもありの状態です・・・ 値上げして、復興を応援って言われても。 それぞれ提出書類などにも手数料込みなのに 最後に諸経費150万って書いてるし。 どうしたら良いのか・・・

  • 回答No.2

地盤を調べなくては本当の予算は立ちません。 契約後の調査で,やはりこれだけかかりますというのもよくある話。 高めにいうのが良心的とも言えるし,逆にあらかじめ高く言っておいてトラブルを防ぐという意味もあるかもしれません。 柱の部分だけしらべるというのもどうか?という気もしますが,詳細がわからないのでコメントできません。 契約後に100万単位で追加を求められる可能性もあります。 お金はかかりますが,ハウスメーカーまかせではなく,地盤調査専門会社(地盤改良を請け負っていない第3者的な会社が理想)に個人で依頼すべきです。その結果を元に,各社と交渉すべきでしょう。 ただ,個人的には,家が全壊した土地にもう一度建てるのはそれなりのリスクはあると思います。 予算があれば安全な地域に建てたいですね。 市や県で,地域の地盤の安全性についての防災マップのようなものを出している県もあります。 (たとえば東海地震の際の予想震度や液状化のリスクなどが地図になっている) それを参考にするのも一つの手です。 近所で建直す家があったらそこはどうしているかを聞くという手もありますが,家の構造や大きさで必要なものは変わってくるので,あくまで参考ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えありがとうございます。 家が全壊したのは、地盤に問題あったというより 家が古かったのが最大の原因だったと思います。 宮城県沖地震以前の建物でしたし。 周りの住民は、古くからの地主で予算たっぷりな状態で 参考にできるかどうか・・・・ まずは、情報を集めてみたいと思います。

  • 回答No.1
  • saltmax
  • ベストアンサー率39% (2970/7475)

地盤調査をメーカーにやらせるから 作戦が練れないということでしょう。 自分で調査会社に依頼して調査して 土地がどういう状態なのかがわかっていれば 方針も立てられて作戦も練られて どういうところにどういう工事を依頼するかという ことも検討できるということだと思いますよ。 地質の調査に対する評価は 建築士等の専門家に報酬を支払って 意見を聞けばいいと思います。 そういう調査費用や検討、計画費用はさほどの額では ありませんが、そんなお金をケチると たっぷり上乗せされたハウスメーカーの作戦に乗ってしまうでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えありがとうございます。 新築なんて考えもしなかったので 何も予備知識が無く、全てが不安な状態です。 調査会社も調べて、検討してみます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 事前の?地盤調査について

    住宅の建替えを検討しています。 親名義の家を取り壊し、そこに新しい家を建てようとハウスメーカーに行き、敷地調査をしてもらった結果、 今の建物が、以前(30年前)資材置き場の門扉らしき部分の基礎? のようなものの上に建っているため、その基礎?の大きさなどを調べるために通常取り壊した後に行う地盤調査を事前に行った方がよいのでは?と提案されました。(コンクリート部分を一部取り壊し調査) もちろん地盤調査費はかかりますが(10万程度)それをおこなったからといて最終的に当社と縁がなく契約にいたらなくても構わないと言うのです。 建て替えですが取壊し後に地盤調査をしようとは考えてはいたのですが、いざ今の時点で見えている部分だけを地盤調査をおこなっても どのみちもう一度おこなうのであれば無駄なような気もするのですが 基礎の場所によっては提案するプランも変わってくるというもので・・・ どうしたらよいのでしょうか? 質問が長くてすみません

  • 地盤調査

    お世話になっております。 ようやく土地の方決まり現在個人の建築会社の方でうわものの間取り等を話し合っております。そこでなのですが信頼できる方なのですがやはり個人ですので以前回ってた住宅メーカーと保証の件や住宅性能保証等は比べるのはおかしいでしょうか?また地盤調査の方も同じ団地内で2棟建てられたらしいのですがいずれも地盤調査しないで建てたらしいく私の場合もしなくてよいのではと言われますが 不安です。個人的にはしようとは思うのですが。個人経営とハウスメーカーは比較するのはおかしいでしょうか?

  • 地盤調査必要ですか?

    地盤調査必要ですか? 家の敷地内に15m2くらいの倉庫を建てようと思います。 確認申請が必要とのことですが、 地盤調査もすると工務店の方は言います。 単なる物置なのに、そんな大げさなこと、 本当に必要なんですか? 木造の平屋で屋根は鋼板です。 物置で、ふだんは人が入らないので そこまで安全をみなくてもいい気がするのですが・・・。 法律にふれてはいけませんが 絶対にやらなくてはいけないものなのか教えてください。

  • 地盤調査について

    ハウスメーカーで家を建てることになり、契約し、 地鎮祭がすみました。 契約前に、予算をたて、ローン手続きをしたのですが、その際、地盤調査をし、改良なしで予算を削りました。 現在、ローン手続きも済んだあとで、再度地盤調査を行いたいと申し出がありました。 理由は、前回はアスファルトで舗装されている上から調査を行ったので、今回はアスファルトを取って行いたいとのことでした。 そういう説明は、前回の調査前にはありませんでした。 また、理由はわかりますが、もう予算も組んでいませんし、 また、前回の調査は無駄な調査だったのではないのかと思います。(費用も掛かっています) この場合、ハウスメーカーに費用をもってもらうことはできるのでしょうか?

  • 地盤調査、できませんでしたと報告されました

    いつもお世話になっております。 ある土地を購入することになり(まだ売買契約は済んでおりませんが)、売主に許可をもらった上で、地盤調査をハウスメーカーにお願いしました。 地盤調査を希望した理由は、山林(別荘地です)で整地されていない上に傾斜地であること、寒冷地であること、などから、家を建てるにしても、基礎工事にどの程度の費用がかかるのか予想もつかず、資金繰りの参考にしたかったためです。 別荘なので、贅沢な大きい家は希望しておりません。 でも、その代わり、お金をそれほどかけられません。 うわものは1500万円でなんとかしたいとプランニングしていたのに、地盤調査の結果3000万かかるといわれたら、もう路頭に迷います。誤差はどんなに多く見積もっても500万円がせいぜいです。 そもそも大きな家を望んでいないので、家を小さくするという解決法もおそらく選択肢に上りません。 だから、いきなり地盤改良で数百万上乗せ、といわれたら、違約金を払って契約を破棄することも考えないといけなくなると思い、まずは地盤調査、ということで思い至ったわけです。 そのハウスメーカーで建てるかどうかはまだ決まっていませんが、そこにお願いしたのは、地盤調査は別料金だというので、調査結果の客観性を期待できるということと、万が一そこで建てなかったとしても後腐れなくお断りできそうだという理由からです。 相談に行った際にはちょうどキャンペーンだということだったので即、申し込み、地盤調査(スウェーデン式サウンディングテスト)と敷地調査あわせて5万円ほど支払いました。 先日、その調査があったのですが、「傾斜がきつく機材が入らなかったため調査保留(役所経由の敷地調査は実施。地盤データは近隣住宅のものを転用)」との報告を受けました。 ちょっと絶句しております。確かに破格だったとはいえ、5万円払わせておいて、調査保留なんてありえるのでしょうか。 さらに、「地盤調査は、実際に工事する際の建物工事前の整地工事完了後に行う」とも言われました(メールにて)。 これはつまり、私が最も恐れている、「工事請負契約も済んだ後にもかかわらず、地盤改良と基礎工事のために工事費が膨れ上がる」という可能性があることを多聞に意味していると思っています。 実際に建物を建てる段階になれば、地盤調査は無料(という謳い文句)でついてくる(おそらく建築費に盛り込まれる?)ものと承知しておりますが、ふたを開けてみたら(後戻りできないぐらい計画が進んだあとで)支払えないような金額になっていても困ると思い、たとえ別料金で有料でも事前の地盤調査をお願いしたかったのです。 なのにこの結末。 傾斜地だから地盤調査できなかった、という理由が普通にありえるのであれば今回のことは致し方ないと思うのですが、どんなに傾斜地でもそこに家を建てるとすればそれなりに地盤調査が必要と思いますので、傾斜地、という理由だけで地盤調査ができないことにはならないのではないかと思っております。 長々とすみません。 要は、傾斜地(といってもがけ条例に引っかかるほどの傾斜はありません。崩落危険区域ではありません)のために地盤調査ができないということはありえるか否か、ということをお聞きしたく質問をたてました。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 地盤調査について

    神奈川県の県央地域(低層住宅地域)に 注文住宅で新築一戸建てを建てる予定です。 先月、地盤調査で61万かかるとメーカーから言われ承諾したのですが、先程電話で調査をした位置からズレたところからコンクリートが出てきて 再度地盤調査をすると言われました。 コンクリートの撤去処分は元の土地所有者がもってくれるのですが2回目の調査費用で15万追加でかかると言われました。 最初の地盤調査は標準費用に入っていてかからなかったのですが再度地盤調査をし費用はこちらがもつ事に納得がいきません。 最初に調査をして61万以上かからないと言われ再度調査をしなければならないのは最初の地盤調査不足ではないのかと思うのですが? ご教示お願い致します。 追記、前は一軒家が建っており更地の状態で購入しました。

  • 地盤調査って?

    建築前におこなう地盤調査って国のお役人さんがおこなうのですか?ハウスメーカーさんと悪い意味で繋がっていることはないんでしょうか? 私の実家が新築するのですがハウスメーカーさんから最初の話では恐らく必要ないです、と言われたらしいのですが実際は200万円くらい掛かったそうなんです。騙されてるとは思いませんが。宜しくお願いします。

  • 地盤調査について

    住宅購入の話しをすすめていく中で土地の地盤調査の話しが上がりました。建設会社は調査はしなくてもいいのではないかという見解です。両隣20メートル横(同敷地)には家が建っております。廻りにもたくさん家が建っておりますが、・・・迷っております。みなさんならどうしますか、教えてください。

  • 地盤調査の数値

    近々、着工を控えています。 地盤調査の結果、地盤改良は必要なしとハウスメーカーから連絡がありました。 しかし、工事必要な数値にギリギリ近ければ工事をしようと考えています。 地盤調査の数値が読めませので、まったく問題のない数値なのか、ご判断いただけると助かります。 5箇所に行った調査のうち、代表的な数値を添付します。 また、調査地状況は排水(良)、井戸なし、湧き水なし、地表面(湿)(軟)、粘質土、などとなっています。

  • 地盤調査、何日も雨が続いていますが、大丈夫?

    来週くらいにスウエーデンサウなんたら式と言う一般的な調査法で新築の地盤調査をやる予定です。 住宅団地で他の土地の地盤調査結果を販売センターに聞いたら地表改良程度で住む土地だそうです。60万あれば大丈夫でしょうと工務店は言っていました。 しかし、梅雨の時期でもありここ最近は雨が良く降っています。 先週から今日にかけては豪雨・豪雨の連続で内の土地の正面にも水溜りが出来ています。梅雨明けは今週末だそうで、それまでかなりの雨が降ることが予想されます。 今年の長い長い梅雨が明けたくらいに地盤調査したら、なんだか地盤が緩いと結果が出そうな気がします。 (昨日、自宅の草抜きをしたら土が軟らかいので簡単に抜けました) 他の質問で雨の日の地盤調査は大丈夫かという質問が良くありますが、その答えは決まって「ちょっとやそっとの雨は地盤に深く浸透しないので関係ないですよ」という返答です。 しかし私が地盤調査を行う時は長い梅雨の豪雨の後の地盤です。 これってやはり結果は緩く出ますかね? もししばらく調査は待ったほうがいいのなら、どれくらい待てばいいのでしょうか?教えてください。

専門家に質問してみよう