• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

旋盤加工

  • 質問No.9480610
  • 閲覧数518
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 82% (2184/2658)

幕末に大砲を作るとき、反射炉で鋳鉄を作りそれに水車の力で穴を開けます。
このときドリルの刃ではなく大砲の側を回すのはどういう理由なのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 45% (139/304)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
開ける穴の直径と深さで決めることが多いです

ガンドリルはその名の通り小径なのでドリルを回します
https://www.youtube.com/watch?v=Ef67W5SF4iU

大砲は大きなドリルというよりは中ぐり加工(旋盤加工)になりますので大砲を回します
http://www.karats.co.jp/jp_works/cnc_oogata_senban.html
の シリンダーライナーの高精度内径仕上げ加工 参照

舶用シリンダライナーメーカーの大砲再生
http://www.toakoki.co.jp/news.html

直径に対し深さが深い場合は双方が逆回転をして直進性をより求めます
https://www.youtube.com/watch?v=iPsC3yeuwlY
お礼コメント
jkpawapuro

お礼率 82% (2184/2658)

ご回答ありがとうございます。中ぐり加工という言葉を調べて若干わかったような気がします。要は刃の安定のためには砲身側をまわしたほうが都合がいいんですね。
投稿日時:2018/03/23 15:53

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 50% (759/1489)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
ガンドリルマシン
http://fujishin.jp/page-115/page-183/
http://www.miroku-gd.co.jp/hukaana/features/index.html
http://hi-tak.co.jp/manufacturing/manu_gundrill/
名前の通り、鉄砲の銃身の穴を開ける機械
現代では鉄砲の需要は少ないので
自動車エンジンのクランクシャフトの潤滑油穴加工とかに使用されるけど
超高難度加工に変わりはない

幕末の頃にそんな高性能な機械が有ったとは思えず

火縄銃の銃身加工
http://www.home-nagahama.jp/tepponosato/kaji/kaji2-1.htm
ドリルなんて使わないで鉄板をクルクル巻いて作る

旋盤内径加工
https://www.youtube.com/watch?v=_VrjNUVzI_s
江戸時代なら「ろくろ」だね
お礼コメント
jkpawapuro

お礼率 82% (2184/2658)

ご回答ありがとうございました。
投稿日時:2018/03/23 15:53
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ