締切済み

身体の異常について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9477895
  • 閲覧数126
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 60% (75/125)

ALS等を疑ってかかっている者ですが、自分の症状がALSの症状と類似しているようで不安な日々を過ごしています。

症例としては、両腕の上腕三頭筋から三角筋、肩にかけて筋肉痛のような痛みがあったり、手の母指球筋に横皺が入っていたり(筋萎縮?)する他、両足に筋肉痛のような痛みやしびれ、脱力感、ぴくつき(線維束性攣縮?)もあります。

飲み込みづらかったり呂律が回らないことはありませんし、バビンスキー反射や神経伝導速度検査も行い、異常なしと診断されていますが、
痛みや脱力感が日に日に増しており、生活に影響が出ています。
念のためもう一度神経内科を受診した方が良いでしょうか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 41% (66/160)

背骨のずれも怪しんでみてはどうですか?
背骨がずれて神経に触っている場合、西洋医学では痛み止めしか処方しません。
対応するのは整体やカイロプラクティックなどです。
筋膜のねじれや筋肉のずれも同様。
普通の町医者の内科で背骨のレントゲンを撮ってからの方が良いですけどね。
整体・カイロは料金も腕の方も当たりはずれがありますから口コミとか情報集めながらで2~3か所回ることをお勧めします。
お礼コメント
eikaisan5720

お礼率 60% (75/125)

回答ありがとうございます。
姿勢の悪さは確かにありますが、全身の筋肉がピクピクしたり、脱力感等とは関係があるのかどうか分からず困っています。
念の為神経内科を予約したので、これらの症状に関して医師に相談してみようと思います。
投稿日時 - 2018-03-16 17:12:48
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに
  • 回答No.2

ベストアンサー率 12% (508/3948)

体あっての人生ですが、いつか体によって裏切られるわけです。せめてその前に本当に何をやってみたいのか考えておいたほうがよいと思います。ALSが簡単に治る病気だったらあなたは何をしたいのでしょうか。ひょっとしての治らない病気を心配し始めるのではと思います。
お礼コメント
eikaisan5720

お礼率 60% (75/125)

ありがとうございます。
自分は今、本当にしたい事は何か、何のために生きているのかすら分かりません。
さらに、ALSは難病の中でもとりわけ残酷な病気であると考えており、罹患したら最期だと思うと絶望的になります。
投稿日時 - 2018-03-14 16:42:54
  • 回答No.1

ベストアンサー率 37% (114/302)

貴殿の年齢判りかねますが、
http://www.als.gr.jp/public/als_about/about_02.html
こちらに・・・
ALSの症状があらわれるのは、50代から70代前半の年齢層に多いといわれて
います。 中でも一番多いのは65~69歳で、この傾向は欧米諸国でも変わりませ

とありますので、該当されるようで、手足が細くなるつつあるような感じで、
不安に思われるようでしたら、一度受診された方がいいかもです
補足コメント
eikaisan5720

お礼率 60% (75/125)

質問に書き忘れたので補足します。
自分はまだ20歳で、20代のALSが極めて稀であることも理解しています。
この1年間で3回ほど神経内科を受診し、その時に上記の検査を受けました。
投稿日時 - 2018-03-14 15:45:16
お礼コメント
eikaisan5720

お礼率 60% (75/125)

回答ありがとうございます。
症状が続くようならもう一度神経内科を受診して、医師に相談してみようと思います。
投稿日時 - 2018-03-14 15:47:43
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ