• 締切済み
  • 暇なときにでも

正面フライス加工での歪みにくい加工方法

正面フライス加工での歪みにくい加工方法をアドバイスください。 ワーク:SS材の製缶品(焼鈍処理あり)     品名は「ベッド」と呼んでいるのですが、     150のH鋼で骨組された物に上下に鉄板が溶接されています。     天板の板のサイズは650×2200の1枚もの     底面側は650×250が2枚と650×500が1枚で3分割されています。     (説明が下手ですみません、イメージできますでしょうか?)     天板、底面の板がそれぞれ38mm厚でH鋼が150、     計226mm厚を上下3mmずつフライスして220mmに仕上げます。 寸法公差は一般公差で、平行や平面交差指示も無し。 面粗さは▽2つ山です。 底面を先に仕上げて、その後天板面を仕上げました。 Z切込みは0.6~0.8mmを3回程度と0.2~0.3を2回ほど 仕上げは0.1mm切込みしました。 φ160の正面フライスカッターでS340、F650。 切削油はかけてません。 加工後は天板面が特に熱くなりました。 手で触れる程度ですが、「ほんのり暖かい」というより 「触れるけど結構熱い」っていう感じの温度です。 チップは一度も交換せずに加工しました。 この様な加工でクランプを外したら0.5mm位歪みました。 天板面が膨らむ方向に歪みました・・・ 歪みはせめて0.1~0.2mmにしたかったです。 「焼鈍済み」ということで加工手順の熟慮や 途中段階での寸法・歪みの確認を怠りました。 どのように加工すればよかったのでしょうか? 考えられる失敗点は・・・ ?加工手順が間違っていた。   天板面を荒加工>底板面を荒加工>クランプ外して歪み確認>  >歪みを抜いたクランプの仕方で底板面を仕上げ加工>  >天板面を仕上げ加工 ?Z切込み量  消極的になりすぎて切込み量が少なすぎた。  結果加工回数が増えて熱がより発生しやすくなった。 ?チップを変えなかった。  欠けはなかったが通常摩耗程度はあった。  数回交換した方が良かった・・・? いかがでしょうか? 結果報告が遅くなりまして失礼しました。 その後、少しサイズの違った注文が来ましたて 以下の手順で加工しました。 ?表面を仕上げ代1.5mmほど残して荒加工 ?裏面を荒加工+仕上げ加工 ?表面を仕上げ加工しました。 チップを切れの良い種類に変えて交換の回数も増やし、 荒加工時のZ切込み量を1.5mmにした・・・ などの点も変更しました。 結果はプラスマイナス0.1mm以下くらいになりました。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

こんばんは 大物加工されていますので、それなりに知識ノウハウをご存知だと思いますので、段取り等は割愛させていただきます。 私も回答2の方のおっしゃる事と大体同じです。 あとは細々とした簡単なところで・・・ 大型機械で切削油を出せない(周りに飛び散る)のならば、オイラ等のミストをあるのならば使用しても良いかもしれませんね。発熱がやはり組織が変形する原因になっていると思います。 チップももしネガであれば低抵抗のポジの方が良いと思いますし。 また、私も昔同じようなケースがあった場合に、フライスについているチップを奇数、3枚、1枚とかにして抵抗を抑えて発熱やびびりを抑え、加工して良好な平行度を出したことがあります。これはあくまで参考までに、です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

(2)さんご指摘の通り上下ともに全面加工とは、設計が拙いですね。 でも、機械加工部門の立場で、設計変更要請は難しいですか? 今日びSS材でしたら、切削速度200-300m/minでバリバリ加工でき ますが、歪みの問題があるので厳しいですね。 正面フライスは、今風のインサートねじ留めの低切削抵抗タイプ でしょうか。 切削条件は、現行にてそれほど悪くなさそうです。 最初の大荒加工を切込み2.3mmにして加工時間を短縮する代わりに、 ?にご記載された上下反転作業を行うことでいかがでしょうか。 大荒加工2.3mm+歪みとり加工0.5mm+仕上げ加工0.2mmです。 ちなみに、現行の切込み0.8mmでびびりは発生してませんね? 切削速度はちょいあげて180m/min(n360min-1) 一刃送りは、大荒0.2mm/tooth、歪みとりと仕上げ0.15mm/tooth クーラントかけると刃持ちが悪くなるのでエアブロー (仕上げ加工だけクーラントを用いるのはアリかもしれません) (2)(4)さんアドバイスの、切削液を出して発熱を抑えて加工される 場合は、同時に切削速度を150m/minぐらいまで落とした方がよいと 思います(切削速度が速いと熱衝撃で刃持ちが悪くなるので)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

  天板の板のサイズは650×2200の1枚もの   天板、底面の板がそれぞれ38mm厚でH鋼が150 総重量600キロ? 側板は無しで <150のH鋼> が支え? 鋳物にするのが常識的で最近は殆ど見ない鋼板溶接の機械?   寸法公差は一般公差で、平行や平面交差指示も無し。 なのに不満ありますか?   加工後は天板面が特に熱くなり、、「触れるけど結構熱い」っていう感じの温度 削る表面だけ熱膨張して下に窪んだ状態で削り、その時点で平面になったのをクランプ解放し温度が下がると上へ出っ張る理屈。 水系切削剤ブッカケで温度を上げないのが基本。 どうしても乾式なら下がるまで待つか強制冷却で均し、温度が上昇しにくい仕上げ削りするのが必須要件。でもね アホターな設計者が書きがちな図面だが、 工作機械の鋳物ベースのように、精度を要するレール取付面の外周だけを出っ張らせ、削リ箇所を局限するのが常識。 生産機械でもベタ平面でなくパーツ取付部限定で島(シマ)にしてそのツラだけを削る。打合わせを要するが現状図のままで不要部を窪ませる加工テクを発揮できるかも。 ベタ平面が避け難いなら定盤の構造を見習う。 全面削るとやはり温度が上がり、歪が出現するの仕方ないでしょう。そして作業時間も無駄。   0.5mm位歪みました。天板面が膨らむ方向 其処だけの削り直しが易しい歪み方。アホターな設計者では僅かな段差と目の不揃いをウンヌン?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

天板の厚みが書いてない & 天板も溶接? ↑ 天板は溶接してはいけない 天板を基準にして フレームを変形させる

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 加工方法の選択で迷っています。

    加工方法について、教えて下さい。 1800*100*100tのSS400板の両ツラを削り出す(いわゆる基準出し)のですが、弊社には油圧式のプレーナーと、プレーナーに#40の主軸を搭載させた改造機(いわゆるプラノミラー?)があり、どちらですべきか迷っています。現場担当者は「プレーナーの方が加工歪みが少ない」と言ってるのですが、自分としてはフライスの方が効率が良いと思っています(=コストを抑えられる)。 実際のところ、この材料の上に発熱体が載るので、1)荒切削→2)焼鈍→3)仕上げ切削 で終えるくらいの内容です。 プレーナーとフライス、どっちが歪まないのでしょうか?

  • バイスでのフライス加工の精度

    材料は、  長さ145、パイ55、材質S45Cの丸棒(両端R加工済み) 片方を3つ爪チャックでクランプし板厚22、深さ65のフライス加工をして、 もう片方をバイスでクランプして同じく板厚22、深さ65のフライス加工を しているのですが、  ・根本側は21.75で先端側は21.95となってしまう という問題を抱えているのですが、 どうしたらきれいに同寸法がでますか?

  • 製缶品のフライス加工

    フライス加工の経験が浅い者です。 800*300*100板厚12の天板を工具径100の富士元の工具で加工していますが、どうしても0.01から0.02の段差がついてしまいます。 この段差を無くす方法を教えてください。お願いいたします。

  • SUS304のフライス加工 平行度0.02mm

    森MV653/50にてSUS304の板加工します。 縦400mm横660mm厚み28mm 2ヵ所150mm穴が明いてる板をフライス加工にて 平行度0.02mmと穴160mm+0.02~+0.04に広げ直角度0.01、表面粗さ三角記号3に仕上げるのですが、特にフライス加工はどのような加工をすれば良いのでしょうか? クランプは横方向にソリッドバイスで軽くとめます。 ワークの下には下駄(ブロック)をテーブルに取り付けた上で削り平高度を出します。 個人的に使う工具はフェイスミルではビビリなどが起きやすいので、旋盤の外形バイトをボスの先端に着けて三角チップ0.4ノーズR1枚刃でゆっくりと7回ぐらいパスをかけて加工してみようと思ってます。 因みに刃物の径は100パイぐらいにする予定です。 後から平研磨はしない事で指示を受けています。 分りにくい説明ですが、他に工具治具等あればアドバイス下さい。

  • お勧め正面フライスカッター

    こんにちは マシニング(機械加工)初心者でいつも参考にさせていただいております。 φ50程度の正面フライス用(45度タイプ)カッターで お勧めのがありましたら教えてください。(個人的好みで大歓迎) マシン・・・縦型門型マシニングセンタ(BT50) 加工材質・・・SS400とSUS304がほとんど 加工ワーク・・・板物や製缶物が多くワーク剛性が低い 加工形状・・・板の厚さをそろえたり、段を彫ったり        が多いので切り込みZ量は荒加工で3mm以下がほとんど。 現状での不満・・・今保有しているカッターでチップが磨耗しやすく          数ワーク(加工長数m)で面の光沢がなくなる。         (チップ材種選定や加工条件がまだまだ          煮詰められていないのもありますが・・・)           保有工具)               ○セラの刃先調整のできるタイプ               三○の肩削り用ASX~~               ○○どびっくの390ロングエッジカッター                     (本来は側面加工用) 希望・・・チップ固定方はクサビで固定するタイプではなく      ねじ式のもの 現在検討中工具     サンドビックコロミル345     三菱ASX445R     イゲタロイウェーブミルWGC4000シリーズ コロミル345が8コーナーチップで低コストかな・・と でもサンドビックは基本値段が高い・・・ いかがでしょうか? 使用経験のある方でメリットデメリットご存知の方いらしゃいませんか? よろしくお願いします。      

  • 溶接で硬化した鋳物のフライス加工について

     鋳物の切削で困っております。 20年以上使って痛んだという部品を改修するため削るのですが(長さ1500mm×幅300mmを2mm面下げしたい) 所々に巣を埋めたのか溶接した箇所があり、チップが欠けてしまいまるで持たないのです。 溶接箇所(かなり硬く、ヤスリが掛かりにくい)は削ってみるまでどこにあるか分からず、小さいものは面積としては小豆ほど、大きなものは人の口くらいの大きさです。 使用したのは45度のカッター、径125・6枚刃 チップ材種は住友G10E、タンガロイAH120、サーメットのNS740を試してみましたが どれも全く持たずでした。(通常の鋳物部はどれでもサクサク削れる) 周速は80~125、Z切込は0.5~1.5mmと色々やってみました。 普段はSS材、SC材、時折SUS程度なので高硬度を削ることに慣れておりません。 このような場合、焼鈍するのが常套手段なのでしょうか? 鋳物/時々高硬度 このような場合に使うべきカッターやチップなんてあるのでしょうか? この加工を20個以上やらなければならないので、正直参っております。 オススメの加工方法(切込、幅、速度など)、カッター、チップなどあればなんでもいいので教えてください。 よろしくお願いします。 ワークサイズは長さ1500mm×幅300mm 厚さは薄いところで60mm位、厚いところは200mm位です。(200kg以上) 焼鈍も考えていましたが修正加工せずそのまま使う部分も多いため、焼鈍は難しそうです。 (もし炉にいれれば、本来直さなくて良いところまで加工しなければならなくなりますよね…)

  • 純銅加工 内径

    初めまして。 質問よろしくお願いします。 純銅加工で内径加工すると切り粉がのびたり、詰まったりしてしまいます。 何かいいチップはないでしょうか? 今は超硬チップを使用しています。 荒加工でいいチップがあれば教えて欲しいです。 よろしくお願いします。 返事ありがとうございます。 追加です。 加工条件と大きさは 回転数 2000の送り0.15 切込み0.5という感じです。 送りは速くしたり遅くしたり 切込みを増やしたり減らしたりはしました。 材料の外径は30です。内径は最小径15パイからテーパ1/5で 25の深さです。 よろしくお願いします。

  • マシニングで角材加工

    材料は、  長さ145、パイ55、材質S45Cの丸棒(両端R加工済み) 片方を3つ爪チャックでクランプし板厚22、深さ65のフライス加工をして、 もう片方をバイスでクランプして同じく板厚22、深さ65のフライス加工を しているのですが、  ・根本側は21.75で先端側は21.95となってしまう という問題を抱えています。 これをバイスでクランプするのではなく、 3つ爪チャックでクランプする方法に変更して 加工することは可能でしょうか? (強度や精度の問題)

  • 正面フライスの特殊製作(角度変更)

    量産物で現在 ・平面フライスにて端面切削 ・エンドミルに追加工した工具にてテーパ径切削(角度にすると48°20’) どちらも取り代1mm を行っています。テーパ径は一般公差。面粗度もうるさくないので 45°のフルバックの角度を48°20’に変更して同時に加工したいと考えております。工具屋を通じて数社大手のメーカに聞いてみたのですが角度変更は出来ないとの事でした。自分でも調べてみたのですがここでなら・・・と確信できる所がありませんでした。カッター本体を作ってくださる信頼できる企業様はあればご教示下さい。 ・チップは市販のもの(45°用)を使用 ・量産物ですのでチップ研磨案は× ・φ38~φ40 ・角度48°20’ ・チップ寿命、面粗度、条件は考えない(けど同様の事を実際試された方で とてもダメだったならお教え下さい) 以上、宜しくお願いします。

  • 薄板の加工について

    3軸マシニングでアルミのブロックからT材を削り出すのですが、板厚1.5mmで高さが50mmあり、加工中に逃げてしまい寸法に精度が出ませんでした こういう加工は少しずつ荒取り・仕上げを繰り返して板厚を加工するのか、全体的に荒取りをして仕上げは切削抵抗のかからないように少しずつ加工していくのか、どちらがセオリーとして正しいのでしょうか