• 締切済み
  • 困ってます

アリ溝加工について

初めてアリ溝加工をします。 アドバイスお願いします。 <ワーク> アルミ5052 板物(t30)とSS400の製缶物 ともにアリ溝の長さは3m程度 <機械> 門型のマシニングセンタ、主軸BT50 <工具> 栄工舎の  アルミ・・・OAC2 SS400・・・OACR2 <加工工程> ・荒加工・・エンドミルφ5.0、深さZ-4.1 ・仕上げ・・アリ溝工具でメーカーの条件表の下値付近にて       水溶性切削油をノズルにて噴射(スピンドルスルー未対応) ?上記の条件で特に問題なく加工できるのでしょうか? ?荒のエンドミルはぎりぎりのφ5.3くらいにした方がいいのでしょうか? ?切り粉つまりが怖いのですが、対処としては時折エアーガンで除去するくらいしか思いつかないのですが、大丈夫でしょうか?   メーカーに問い合わせてみましたが、 「ワークがびびらないようにしっかりクランプしてください」 くらいしかいい情報は得られませんでした。 初加工なのでビビってるだけなのかもしれませんが、 他に何かアドバイス等ありましたらお願いします。   結果報告致します。 加工工程は以下の通りです。 ?前加工 φ4エンドミルをZ-4.0 φ5エンドミルをZ-4.05 (φ5エンドミル一発だけではカエリが大きかったので) ?仕上げ  アリ溝エンドミルにて加工   結果 特に問題なく加工できました。 (アリ溝エンドミルは上部にR0.4付のOACR2-P7を使用) 切り粉の詰まりや、一本で加工長3Mが可能かなどの 心配点も大丈夫でした。 ただ、SS材の加工で工具の先端が目に見えて摩耗しました。 SS材での再使用はちょっと心配のくらいです。 以上、が回答いただいた方々、ありがとうございました。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

アルミなんでそんなに怖がることはない >>荒加工・・エンドミルφ5.0、深さZ-4.1 趣味の問題だが 私ならZ-1にするが >>φ5.3くらいにした方がいいのでしょうか? シャンク4のφ4か シャンク3のφ3にします >>SSは超硬エンドミルを使用する場合においてクーラントを >>かけないほうが工具寿命は長いです(エアブローは不可欠) 刃物が溶けちゃうぞ ごりごり削るより サクサク削ったほうが 心臓にいいから φ5とシャンク径はφ6になるので 剛性があるように見えるが 径変化するところに応力がたまるため あとは不毛になるだけなので書かない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

もう少しお聞きしたい事もあるのですが、 「不毛になるだけなので・・・」 とかかれていらっしゃるので、この辺でやめときます。 ありがとうございました!

質問者からの補足

荒加工を φ3~4でZ-1にする理由を教えて下さい。 「趣味の問題」以外でなんでもいいので… SSについては何かご意見はありませんでしょうか? よろしくお願いします(^^)

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

?問題なく加工できると思います ?それほど神経質にならなくても良いでしょう  ただし溝加工になるので、切りくずの詰まりにくい2枚刃の  エンドミルをご使用下さい ?アルミの場合はクーラントを全開に、アルミ、SS共にエアーガン  切りくずを除去すれば万全でしょう エンドミルが細いので、主軸に取り付けた状態で先端の振れを 0.03mm以内ぐらいに抑えることをお勧めします アルミは溶着しやすいのでクーラントを徹底的にかけます SSは超硬エンドミルを使用する場合においてクーラントを かけないほうが工具寿命は長いです(エアブローは不可欠) 言葉足らずで申し訳ございません >>SSは超硬エンドミルを使用する場合においてクーラントを >>かけないほうが工具寿命は長いです(エアブローは不可欠) >刃物が溶けちゃうぞ 1本で加工するためにコーテッド超硬ソリッドエンドミルの使用 を前提にしています 切削温度が1000℃になっても刃物は絶対に溶けません SSが溶けないように、切削速度80m/minぐらいで加工すれば良いと 考えます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろとアドバイスありがとうございました。 試してみます!

質問者からの補足

アドレスありがとうございます! 気になった点がひとつ 「?アルミの場合はクーラントを全開に、」 とありますが、SSは不要という意味ではないですよね? アルミは特にクーラントをたっぷりかける、という意味でしょうか? 因みにその理由は何ですか? 鉄より溶着しやすいからですか? 細かい指摘ですみません… 使用する栄工舎の工具はおそらくノンコーティングの アリ溝エンドミル(2枚刃)です。 この場合はいかがなのでしょうか? 初めに質問し忘れていた事があります。 (メーカーに問い合わせるべき内容かもしれませんが・・・) アリ溝の断面形状で上側の一番狭くなるところの角が R0.4の面取りがあるのですが、SS用で使うOACR2はその工具形状に なっているのですが、アルミ用のOAC2という工具はアリ溝の24°の テーパーのままシャンク根本まで一直線の形状のなのでR0.4になりません。 これはやすり等で面取りするのでしょうか? みなさんどうされているのでしょうか?

関連するQ&A

  • アリ溝加工の切削条件

    こんにちは。 アリ溝加工に関することをお聞きします。 SUS304にアリ溝加工を施したいのですが、今回使用するカッターは成形品(日立製2枚刃ハイスエンドミル ノンコート)のため、恥ずかしながら、切削条件が全く読めません。刃物はこれ1本しかなく、エンドミル加工 → アリ溝カッター(1発仕上げ)に加え、単品・短納期対応のため困っています。 アリ溝形状 : 小口・φ7.6        底径・φ13.1        アリ角度・24度        深さ・6.7mm(0~-0.05)         加工距離・1700mm程度 よろしくお願いします。

  • パッキン溝(アリ溝)加工についてでお聞きします。

    こんにちわ パッキン溝(アリ溝)加工についてでお聞きします。 今まで、アリ溝を加工をするワーク(品物)自体、少なく、よく来ても年に4~5回、一つのワークの加工距離2000~3000mm程でした。 普通のハイス(エンドミル、5~6本)を成形して使ってました。 今回、ワークの数が100台という大変な数になる為、エンドミル自体の数も相当数考えられます。 因みにワークの材質はSS400 エンドミル・OSG EDS(刃長30)相当 アリ溝・小口8.95 底径、両端R1.幅14.1 アリ角度24度 寸法公差+-0.2 深さ7mm(0~-0.3) エンドミルでは成形→再研磨→先端カット成形→再研磨  公差+-0.2の為一度、再研磨して使えます。 市販のアリカッターの購入を考えてます、超硬では4枚刃しかない為、キリコの詰まりで刃物の破損が考えられますので2枚刃、粉末ハイスTiAIN(アルミナ)コーティングを考えてます。 従来通り、普通のハイスを成形した方がいいのか、市販の粉末ハイス(アルミナコウティング)に変えたほうがいいのか迷ってます。 市販のアリカッターのメーカーは栄工舎です

  • パッキン溝(アリ溝)加工について

    こんにちわ アリ溝加工でお聞きします。 今まで、アリ溝を加工をするワーク(品物)自体、少なく、よく来ても年に4~5回、一つのワークの加工距離2000~3000mm程でした。 普通のハイス(エンドミル、5~6本)を成形して使ってました。 今回、ワークの数が100台という大変な数になる為、エンドミル自体の数も相当数考えられます。 因みにワークの材質はSS400 エンドミル・OSG EDS(刃長30)相当 アリ溝・小口8.95 底径、両端R1.幅14.1 アリ角度24度 寸法公差+-0.2 深さ7mm(0~-0.3) エンドミルでは成形→再研磨→先端カット成形→再研磨  公差+-0.2の為一度、再研磨して使えます。 市販のアリカッターの購入を考えてます、超硬では4枚刃しかない為、キリコの詰まりで刃物の破損が考えられますので2枚刃、粉末ハイスTiAIN(アルミナ)コーティングを考えてます。 従来通り、普通のハイスを成形した方がいいのか、市販の粉末ハイス(アルミナコウティング)に変えたほうがいいのか迷ってます。 市販のアリカッターのメーカーは栄工舎です

  • アリ溝加工後の底面仕上げ方法について

    アリ溝加工後の底面仕上げ方法について質問です。 底面のカッターマークを磨いて取りたい(縦目に変えたい)のですが 現在、割り箸などを使ってサンドペーパーでひたすら磨いております。 もっと効率の良い方法はないでしょうか? また、何か良い道具などがあれば紹介していただきたいです。 材質はSS400とSUS304と2つあります。 よろしくお願いいたします。 アリ溝は1周で約10mあります。 (ワーク自体が2000×3000ほどあります) 特にいただきたいアドバイスとしましては 「実際にうちではこうやっている」 「こうやって仕上げたらうまくいった」 などがありましたら、ぜひお聞かせください。 よろしくお願いいたします。

  • 3D加工での工具選定

    3D加工をする上で使う工具はみなさんどのようなものを使っているのでしょうか? 現在3D加工の勉強中でして、3D加工は初心者です。 3D加工するワークで主はアルミ、たまに鉄もきますが…。 現在の私が行っている加工方法は…荒は大きい径のボールエンドミルでザクザク削り 中仕上げで小径ボールエンドミルに変えて切削、最後に仕上げボールエンドミルで加工。 という流れで2~3つのボールエンドミルで加工しております。 疑問は持ちながらも平面加工も最後の仕上げの小径でピッチ細かくしながら加工しております。 仕上げは1本の工具で切り込みも0.05~0.1くらいで設定して回してます。理由は複数の工具での仕上げはツール径誤差でスジができるのでは?とおもい1本で回してます。 上記の内容で加工しますと長時間の加工になってしまい、コスト的にもだいぶあがってしまいます。 おそらく外のところは違うやり方なんだろうなぁと思い、思い切って投稿させてもらいました。 私の推測ですが、ラジアスエンドミル(R付きエンドミル)を使用すれば早くなると考えております。 ボールより切り込みも深く、また幅も広いので荒などでは特に有効。 仕上げでもストレート部分は切り込み深さをボールより深く入れられるのでは? そして平面加工にも対応できるのではないか? 今、このラジアスエンドミルでの加工を検討しておりますが、この考えは間違っていませんでしょうか? また「3D加工でもフラットエンドミルを使うよ。」とか「ほかの工具使ってやってます!」などありましたら、アドバイスいただけるとうれしいです。

  • 半円の溝加工の方法

    アルミのブロックに、半円の溝加工(ブロックの断面が半円形状)をする場合、 どのような機材・工具が必要でしょうか?フライス盤とエンドミルで可能ですか?

  • T溝加工

    T溝加工について、教えて下さい。 材質 SS400 溝幅 16ミリ  溝の厚み(t)8ミリ 括れの部分が 10ミリです。 現状、括れの部分の10ミリをエンドミルで底まで 落として、片方ずつ千鳥のTスロットカッター (径13、厚み7 ハイス)で荒取り、 仕上げに(径13、厚み8 ハイス)で加工しようと 思ってます。 加工方法としては、これで良いのでしょうか? また、切削条件など、アドバイスいただけたら 幸いに思います。 宜しくお願いします。  

  • 60°V溝加工

    現在、60°のV溝加工をしているのですが、工具の先端部がすぐに欠けてしまいます。加工条件が悪いと思うのですが、経験のある方のご意見をお伺いしたいと思い投稿しました。 以下に加工内容の概略を記載します。 *加工ワーク材質 SS400 *加工内容 60°のV溝 深さ0.8程度 (山の頂点の幅が1になります。)     溝長さが30で1mm間隔で400箇所ほどあります。(ギザギザになる) *加工機械 横中ぐり盤 BT50 最高回転数 8000 *工具 超硬コーティングあり φ8エンドミル2刃 先端径0.3以下 *試した加工条件 (実加工径φ1として)(工具カタログの加工条件を参考)  V=17程度(S5500)一刃当りの送り 0.035程度(F390) 深さ切り込み0.2ずつ V溝の加工経験がほとんどないため困っております。 小さなことでも構いませんでアドバイスをいただけるとありがたいです。 何卒よろしくお願い致します。 *水溶性切削液を使用しています。 回転数が上がらないのがネックなようです・・・。 切り込みも百分台にして。 コツコツやるしかないのか・・・。 夜間運転で急場をしのぎます。

  • アルミ6061材の溝加工の底面を光らせたい

    アルミ6061材の溝加工をしています。溝は幅30mm、深さ6.6mmで渦巻状になっています。水溶性切削油を使用して工具はφ25スローアウェ(アルミ用チップ)を使用して仕上げています。客先の要望で溝の底面を光らせたいのですが、どうやっても底面が白っぽくなって光らないのです。工具を変えたり、仕上げ代を変えたり、回転と送りを変えたりしていろいろ試してもだめです。水溶性切削油を使用する前提でいい方法があったら教えていただきたいです。

  • 溝加工

    4枚刃のエンドミルで溝加工を行うとどうしてもビビリが発生してしまいっます。何か解決方法はないでしょうか? 工具径Φ10 切り込み量1D 被削材 SUS304