• 締切済み
  • 困ってます

単相交流から三相交流への変換

私自身、表題の分野にあまり詳しくないので、もし筋違いのことを書きましたら、その点はどうかご了承ください。 実は安定化電源の単相交流出力を利用して、三相交流出力(必要最高電圧460V)を作ろうとしています。 あるメーカー様のカタログには、その安定化電源3台の出力をスター結線すれば出来るとのことが書いてありました。 その安定化電源自体の単相仕様では0~300Vの可変が可能であるが、そのスター結線をして三相にすると、線間電圧が√3倍の0~519Vにもなるということでした。 これは私の希望の460Vを満たせているのですが、その中で分からないことがあり、本当に使えるかが不安ですのでどうか教えてください。 1.電源をスター結線した中性点(N)は負荷に対してどう接続すれば良いのですか。 2.電流値などの測定をするのですが、負荷側がスター/デルタ結線どちらでも問題ありませんか。また、スター結線で中性点の出していないものでも問題ありませんか。 3.三相交流の位相差出力になるのですか。 4.その安定化電源の入力は同じ中性点を持つ単相三線式の電源が必要ですか、それとも三相交流電源(R/S/T)の相を入れ替え、R-S、S-T、T-Rといったバランス良くとっても大丈夫ですか。 以上、どうかご教示賜りたく存じます。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2058
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

私だったら・・・、 単相のモーターを使って3相の発電機を回してしまうのですが、 そんな逃げ手は、駄目でしょうかね? # 一応、口ばっかりだが第三種電気主任技術者だ!?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 一応、市販の交流安定化電源で装置を作る予定にしています。 私はご回答者様のように技術者でもなく素人です。 もし素人でも出来そうな手段がありましたら、またご教示お願い致します。 本当にありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

交流安定化電源メーカ各社のサイトをざっとみたけれど 単相機器を3台連結して三相交流を作れる機種は見つかりません http://www.yamabishi.co.jp/product/avr/index.asp http://www.omron.co.jp/ped-j/dengen/product/cvcf/re60-100fw/re60-100fw.htm http://www.takasago-ss.co.jp/ac/ac_menu.htm http://www.matsusada.co.jp/acps/srj/ メーカ、形式及び容量を開示していただければそれなりに調べて見ますが 直接そのメーカに問い合わせた方が手っ取り早いでしょう もし、メーカ回答が専門用語ばかりで理解できないとかなら メーカ回答をそのまんま転載していただければ解説することは可能です >4. ~それとも三相交流電源(R/S/T)の相を入れ替え、 そもそも三相電源は有るのでしょうか? 三相200Vしかなくて三相460Vが無いとかだけの話なら 三相トランスで200V-460Vを作る方が安いと思う http://www.e-aiharadenki.co.jp/3f.html http://www.nunome.co.jp/products/double/index.html 安定化品質は悪いかも知れないが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 私の確認していたサイトは 「http://www.matsusada.co.jp/pdf/sra.pdf」 です。 実は単相の100V台や三相200V~海外仕様の460Vまでのモータの検査を行おうとしております。 検査内容的には仕様電圧での各相の電流値、電力を交流安定化電源で考えております。ただ、一般的には単相0~300ACまでしかありませんでしたが、あるカタログに三相出力が可能ということが書いてありましたので、その辺のところで確認させて頂いております。その中でおそらく電源装置の単相個々の同期や相・線間電圧などの問題も出てくると思っておりました。この線間電圧は単相の相電圧300Vに対し、√3倍の線間電圧519Vが得られるそうです。 もし負荷が三相交流誘導モータですと、この線間電圧がモータの電圧仕様電圧を満たされれば上記内容の測定は可能と判断してもよろしいのでしょうか。 またご質問の三相電源はございますが、それ以上の460Vまでがありません。一応トランスも候補にはありますが、一度安定化電源での計測をしたいと思っております。 またご回答いただければ幸いです。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

1.スター結線の中性点は負荷に対してどう接続すればいいか? →負荷が3相3線方式であれば、中性点のは接続しなくても構いません。  中性点を接地することとして、負荷の接地線をつなぐことも可能です。 2.負荷側がスター/デルタ結線どちらでも問題ないか? →負荷の結線は、スター/デルタ結線どちらでも問題ありません。  安定化電源は、出力電圧の高調波成分が極めて少ないと思いますので、負  荷がスター結線/デルタ結線のいずれでも電流値が大きく異なることはな  いはずですが、負荷の性質によっては、高調波電圧成分により電流値が微  妙に異なる可能性はあるかもしれません。微妙に異なるといっても、誤差  範囲のごく小さな値と思います。 3.三相交流の位相差出力になるのですか? →お問い合わせの意味が正確に把握できませんが、  中性点に対して各相の電圧は、120度づつ位相の異なった電圧が出力す  ることで、所望の3相出力が実現できます。3相出力用のセットは独立し  た単相安定化電源が3台組み合わされたものではなく、120度づつ位相  が異なる出力が得られるように、各電源が適切な位相差になるように同期  がとられています。 4.安定化電源の入力は単相三線式あるいは三相3線式のどちらが必要か? →正確に判断するには電源の仕様書による必要がありますが、入力電圧の  定格が単相200Vならば、単相三線式でも三相3線式のどちらから供給し  ても問題ないと思います。   #2回答者さんが心配なさっているので追記します。 単相の安定化電源3台を、単純にスター結線しただけでは3相出力は得られ ません。3台の単相の安定化電源の位相差を120度に保って同期をとって 運転できるようにする機能があることが必要です。 下記URLの機種のうち「マルチ相」と書いてあるのは、3台組み合わせて 3相出力ができるものです。 http://www.nfcorp.co.jp/pro/ps/ac/gen/epo/index.html お使いになる予定の安定化電源が決まっているなら、メーカーに問い合わせ て下さい。 交流安定化電源の中身は、低周波の電力増幅器です。単体の電力増幅器とし て使えるように、信号入力端子を備えた機種であれば、ご自身で120度位 相差の入力信号を準備すれば3相出力用として同期運転ができます。 仕様書を見た限りでは、3台組み合わせて3相出力を得るように接続できる ようですね。不安があれば、納得いくまでメーカーに問い合わせることを お勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 アドバイス拝見させていただく限り、使えそうな気がしています。 ただ、電源自体の120°位相差が取れることが最低条件ですね。 一応、私の確認していたサイトは「http://www.matsusada.co.jp/pdf/sra.pdf」 です。 また、メーカー様に詳しく教えて頂くようにしてみます。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 単相交流と三相交流について

    単相交流と三相交流はどう使い分けするのでしょうか?簡単に説明してほしいです。家で使用しているのでは単相ですよね?ソケットが2つ、三相はソケット3つですよね?又、三相の場合、電圧測定する場合はどこを測定するのですか?宜しくお願いします。

  • 単相交流と三相交流の比較について

    交流には一般的に単相交流と三相交流が利用されていると思いますが、 それぞれどのような利点があるのでしょうか。 とある参考書には、発電機や電動機が小さくできるとあったのですが、なぜ三相交流の方が小さくできるのでしょうか?

  • 三相交流の結線

    三相交流の結線についてですが、スター結線、デルタ結線というのが有名ですが、スター結線について、3本の線を1つに結合できる点(中性点)というのがあります。 その中性点からのびる中性線がありますが、三相回路の負荷側の抵抗が3つとも等しいときは、中性線に電流が流れないので、省略できるというのはわかるのですが、3つの抵抗が等しくないときは、中性線は必要になるのでしょうか?必要ないのであれば、それはなぜでしょうか。 また、スター結線に接続する負荷側がデルタ結線のときは、中性線を接続することができませんが、問題ないのでしょうか。 電動機の始動法で、スター・・・デルタ始動法というのがありますが、始動時はスター結線のため中性線を設けることができるが、デルタ結線になると中性線を接続できなくなります。 始めにあるように、負荷側の抵抗が3つもの等しければ中性線は必要ないということですが、負荷においては、実際は三相のうち必要に応じ、三相とも活用したり、二相を使ったりとばらばらに使用することから、負荷側の抵抗が3つとも等しくなることはないと思いますが、どのように結線されるのでしょうか。

  • 交流には単相交流と三相交流がありますが、ある機器を単相200Vで動かす

    交流には単相交流と三相交流がありますが、ある機器を単相200Vで動かす場合と三相200Vで動かす場合の電力はかわってくるのでしょうか?ご回答を宜しくお願い致します。

  • 三相交流について

    三相交流について質問です。 S相が接地されていると書いてある本を読みました。 私の頭の中では、三相とは120度ずつ位相のずれた電圧波形がかならず3本存在しています 接地すると常に電圧は0V(対地電圧)に等しくなると思うのですが その場合 三相ではなく二相(120度位相のずれた)ではないのでしょうか? 合わせてもうひとつ質問ですが スター結線の場合 中性点が存在しているのはなんとなく理解できましたが デルタ結線の場合 中性点は存在するのですか? ご解説の程、よろしくお願いいたします。

  • 三相交流について

    三相電力についてですが、 線間電圧V、線電流Iとすると、三相電力はP=√3・V・I・cosφで表されます。 一方、単相電力は、電圧V、電流Iとすると p=VIcosφ となり、 三相交流は、単相交流の√3倍の電力を供給することができるという説明があります。 ここで、単相交流のVとIについては、これは相電圧や線間電圧という仕分けはありませんので、常に電力の表し方は変わらないと思いますが、 三相交流の場合、相電圧と線間電圧の関係や相電流と線電流の関係から、同じ式になるとは限りません。 そこで、三相交流と三相交流の電力を比べる場合、線電流と線間電圧でくられるのはなぜでしょうか。(実際に測定できるのが選管電圧と相電流だから・・・ということだけでりょうか。) 相電圧と相電流で比べると、3倍の違いがあるのですが・・・・

  • 三相交流とY結線について

    電源を三相交流としたときのY結線の線間電圧はどのような波形になるのでしょうか? なお、中性点は浮いた(接地していない)状態になっています。 Y結線で、中性点からの電圧がわかれば、 線間電圧はその√3倍で位相が30度ずれるということはわかるのですが(あってるでしょうか・・・汗) 中性点が浮いているとどうなるかわかりません。 表現が間違っていたりわかりづらい部分があるかと思いますが よろしくお願いします。

  • 三相交流の電圧降下について

    はじめまして。 三相交流の電圧降下について質問させてください。 参考書には三相交流の電圧降下の公式が、 「e=√3RI」と書いてあります。 なぜこのような公式になるのでしょうか? 単相2線式の電圧降下の公式の意味は理解できるのですが、 なぜ三相3線式の公式には√3がつくのかが理解できません。 スター結線でもデルタ結線でもこの√3がつくのが不思議でしょうがありません。 図書館にいって調べたものの、参考書を見てもいまいちわかりませんでした。 ご教授お願いします。

  • 三相交流モータ

    三相交流にはΔ結線とY結線があります。 今回Δ結線の時の三相モータでuv線間電圧を測定したのですが、 uv線間電圧を測定して、Δ結線の時の三相モータの何が分かるのですか? またY結線の時もお願いします。

  • 三相交流について

    三相交流について疑問があってしかたがないので、みなさまのお知恵を貸していただけたらうれしく思います。 三相交流はRSTがそれぞれ120°づつずれて波形を描いていますよね?またR-S、S-T、T-Rはそれぞれ200Vの電圧がかかっていますよね? ここでS相は中性相ということで0Vという認識でYろしいのでしょうか?そうゆうことであれば、R-SとS-Tであるというのはなんとなくわかります。しかしかりにそうであった場合R-Tに200Vが発生するのがいまいちなっとくできません。またモーターの場合三相の合力で磁界の向きがかわるということでした。しかしここで仮に単相としてR-Tを使った場合波形を見てみると片方がプラスで片方がマイナスで200Vがかかるということがないように見えるのですが・・・。 なんだかチンプンカンプンです。 アドバイスよろしくお願いします。