• 締切済み
  • すぐに回答を!

引張試験と硬さ試験について

硬さ試験は引張試験に比べどの点が有利なのでしょうか?? よろしくお願いします。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数222
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359

三つの回答が出ておりますが、本来硬さ試験と引張り試験はまるっきり別な事象を測っておりますので、本来比べるべき物ではありません。 ただし、材料と熱処理等をがほぼ同じ物であれば、硬さで強度を推定することは出来ると思いますが・・・ 広い範囲で(異種材料の比較等)ということでしたら、比べる物ではないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 硬さ試験

    硬さ試験には、ブリネル硬さ試験、ロックウェル硬さ試験、ショア硬さ試験、ビッカース硬さ試験などがありますがなぜいろいろな種類の試験があるのですか? わかる人がいましたら回答よろしくお願いします。

  • 硬さ試験について

    こんにちは、私は大学の工学部で硬さ試験について色々調べる課題を出されたのですが、課題内容のうち 1、マルテンス硬さ 2、ハーバード硬さ 3、ビアバウム硬さ 4、ジューロスコープ硬さ 5、やすり法 の5つに関するHPや文献がどうしても見つかりません。 一般的な試験法ではないようですが、探しても単語1つひっかからないのでとても困っています。 上記のことなら何でもかまいませんので、ご存知の方ぜひ教えてください。    あとモースコードの各数値ごとの材料例や人物像、具体的な試験法など、知っている方がいればぜひ教えてください。 なんか質問攻めですいません。 よろしくお願いします。

  • 硬さ試験

    一般的な硬さ試験で ブリネル硬さ ロックウエル硬さ(Bスケール) ロックウエル硬さ(Cスケール) ショア硬さ この4つの中で 硬さを測った場合に誤差の出やすい 順に並べるとどの順になるでしょうか? 教えてください.

  • 回答No.3
noname#230359

Q1 硬さ試験は引張試験に比べどの点が有利なのでしょうか? A1 信頼性は劣りますが、管理方法でカバーすれば、一般的にコストが安いです。 * 試験機購入価格 * 試験に要する時間 * 試験品の再使用 等々で、硬さ試験の方が有利で、コストが安くできます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359

岩魚内さんの回答とダブリますが、  引張試験は、破壊試験であり、試験片を採取、加工して、試験を実施する必要があるので、費用も時間もかかります。  硬さ試験は、試験方法によりますが、本体表面を直接測ることも出来ますし、小さな試験片を採取すれば測定できる等、費用、時間がかかりません。  但し、硬さは相対的な測定値であるために強度との相関は条件でずれるので、正確な強度が欲しい時には問題になります。  また材質、熱処理、塑性加工、表面処理等で、強度、硬さの分布があるものでは、硬さであれば、測定範囲が小さく取れるので、測定が可能ですが、引張試験では、分布の測定ということは難しいところです。  細線では、硬さを測定するのに試験片の調整、加工が必要になるので、反って引張試験の方が簡便になることもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359

・硬さ試験=殆どが非破壊試験。製品は使える ・引張試験=破壊試験。 の違いでしょうか? でも、硬さ試験はあくまで製品の表面のごく一部分しか見れないので、高い信頼性を要求する製品では、試作確認時点や、製品でも抜取りで引張試験を行うものもあるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 硬さ試験

    硬さ試験において、ビッカース硬さ、ロックウェル硬さ、ショアー硬さにはそれぞれどのような長所、短所があるのでしょうか?わかる方よろしくお願いします。

  • 硬さ試験片について

    非鉄金属の合金の硬さ試験を検討しております。硬さ試験片を得る場合、機械加工を施した鋳型に鋳造して平滑な試験片を得る方が良いのでしょうか。それとも機械加工を施していない鋳型に鋳造して得た試験片(多少の凹凸が出来るかもしれません)でも構わないのでしょうか。 ご存知の方ご教示宜しくお願い申し上げます。

  • 硬さ試験

    硬さ試験のレポートの課題で「試験機の種類が多い理由を示せ」というのがあるんですが、わかりません。 何故なんでしょうか?教えてください。

  • 硬さ試験

    硬さ試験について質問があります。現在、多層材料の各層の硬さの測定を考えております。試料の断面から各層にナノインデンテーションを押し込み、各層の硬さを測定しようと考えております。現在、この試料は樹脂に埋め込まれているのですがこのまま試験することは可能でしょうか(底部にも樹脂が回っております)。また、できれば荷重とそのときの変位から弾性特性と粘性特性を調べたいのですが、この場合、試料のセッティング方法でなにか良い方法はありますでしょうか(この場合、樹脂ははずす必要があると思うのですが)。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 硬さ試験の種類について

    硬さ試験にはいろいろな種類がありますがなぜいろいろな種類の試験があるのですか?わかる人がいましたらよろしくお願いします。

  • 硬さ試験

    S25C,S45Cの試験片でビッカース硬さ試験、ブリネル硬さ試験、ロックウェル硬さ試験、ショア硬さ試験をしたんですがブリネル硬さとロックウェル硬さ試験の実験結果の標準偏差が7~9になりました。 実験手順を振り返っても間違った事はしていません。 考えられる誤差要因としてはブリネル硬さはくぼみの直径の測定誤差、ロックウェルは特に思い当たりません。 なぜこんなにも誤差が大きくなってしまったのでしょうか? 聡明な方よろしくおねがいします。m(__)m

  • 引張試験

    今、伸び計をつかって引張試験をおこなおうといしています。 その試験条件として『引張歪1%、2%、5%、10%、破断』をそれぞれ行うのですが、この%は何に対しての%なのでしょうか? おしえてください。

  • 引張試験

    板状の試験片(アルミニウム合金)の表・裏にひずみゲージを付け、弾性限度内で引張試験をしました。 σ(応力)-ε(ひずみ)線図は、σ=Eε (E:縦弾性係数)のため、傾きEの直線になるはずですが、 実験結果からσ(応力)-ε(ひずみ)線図を作成すると、応力が大きくなるにつれて表・裏の実験結果とも直線から外れていきます。 なぜこのような結果になるのでしょうか?お分かりになる方教えてください。よろしくお願いします。 試験機: 横型引張試験機 荷重測定装置: ロードセル ひずみ測定装置: ひずみゲージ 固定法: 試験片をピンで留め、ユニバーサルジョイントを入れる

  • 高温硬さ試験について

    材料の高温時における硬さを測定する必要があるため、その調査をしたところ、「高温ビッカース硬さ試験」というものが確認出来たため、その方法で測定をしよいうと上司に相談したところ、「何故、ビッカースなのか?ブリネルなど他の測定方法は出来ないのか?」「出来ないのであれば、その理由を教えて欲しい」と言われました。 調査しましたが、分からず未だに説明が出来て居ない状況です。高温時における硬さ試験において、何故、ビッカースで硬さを測定するのでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 引張試験

    物理初心者の大学生です。実験で金属の引張試験を行ったのですが、試験片の幅が大きくなるにつれてそのときの降伏時引張荷重、最大引張荷重、破断時引張荷重も大きくなりました。これはなんとなく理解できるのですが、それぞれの値を断面積で割った降伏応力、引張強さ、破断応力の値は試験片の幅が大きくなるにつれて小さくなったのですが、これはどういうことなのでしょうか?測定ミスでしょうか、よく分かりません。 どなたかアドバイスお願いします。