• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

レーザーの取扱危険性について

  • 質問No.9458558
  • 閲覧数32
  • ありがとう数3
  • 回答数3
レーザーを使用した簡単な測定機を製作しました。
機器のレーザークラスは3Rです。

測定機概要
・ワークの脱着を人手で行うこともありレーザの照射位置が視界近傍にきて
 しまいます。
・徐々にグレードUPしながら進めていく予定の為、集中固定的に
 コストがかけにくい状況です。
・測定子の片端にレーザーを当てていますが、スポット形状で反射している
 部分の色目が視界に若干入ります。
・作業クリアランス的に難しい部分もありますが極力 目隠しのカバーを
 付設した方がよいかと考えています。(スライド動作を確認できた方が良 いのでスモークアクリルなどを検討中)

IECでクラス毎の取扱が提示されている様子で、クラス3Rの場合
「直接的なレーザービーム観察は危険になるケースがあり。エネルギーの放射レベルがクラス2の五倍以下。目への直接照射は危険。」の意味のことが
載っているらしいですが 3Bになると皮膚被ばくも危険の様相とのことで。

質問
1.金属カバーで覆うのが無難とは思いますが諸事情により動作を確認すル 為にスモークアクリルカバーを検討していますがクラス3R程度のレーザは 無害なレベルまで透過減衰してくれるのでしょうか?
2.クラス3Bでは皮膚照射も危険との事ですがどのようなメカニズムで危険 なのでしょうか?波長が短くなるにつれ体内の分子が運動してしまってや けどするような感じなのでしょうか?またクラス3Rのレーザーを誤って指 先などに数秒間照射してしまった場合の害はどのくらいあるのでしょう  か?

悪い意味で常識の外れすぎた機器をUPすることのないようにしたいという事と、自身の理解度を向上したいという事、作業者の危険を回避するような設置指導ができるようにという観点で質問させて頂いてます。

トンチンカンな文面もあるかと思いますが、トータルの意味合いを汲み取って頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー
レーザーマーカーなどは「クラス4」だと思います。
この場合は s-k さんの回答のような眼鏡の着用が必要で
反射光の遮蔽が目的となります。「クラス3R・3B」 も同等です

機器等の周りに保護具(遮蔽メガネ)を装着していない人が通る可能性が
あれば安全の為に反射光の遮蔽が必要となり、
反射光の遮蔽であればスモークアクリルではなくレーザーの波長に合わせた
遮蔽板が必要となります。(確認が必要な場合)

株式会社 理研オプテック
http://www.rikenoptech.com/protector/product/laser2.html

山本光学株式会社-製
http://www.rikenoptech.com/protector/product/laser2.html

JIS C6802 とは別に下記URLを参照してください かなりわかり易く
まとめられています。
お礼コメント
noname#230358
ご回答頂きありがとうございます。
いろいろお教え頂き、以前より認識を深めることができました。
今回は金属カバーで遮光することに決めましたが、反射光などに対する
対処など、今後の参考にさせて頂きます。
お礼遅れまして申し訳ございません。ありがとうございました。
投稿日時:2008/09/02 09:38

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
測定機の取扱を
※ 測定機調整時
※ 測定機使用時
に分け、運用も分けたら如何でしょうか。具体的には、
※ 測定機調整時は、
  * カバーの一部を『スモークアクリルカバー』とする
  * 調整時の作業では、耐レーザー用の保護めがねを使用する
等々をルール化して、
※ 測定機使用時は、
  * カバーの一部を『スモークアクリルカバー』⇒『金属カバー』に変更
  * 作業時は、可能であれば簡易耐レーザー用の保護めがねを使用する
等々をカバーのインターロックを含めて、ルール化して、
運用しては如何でしょうか?
お礼コメント
noname#230358
アドバイス頂き有難うございます。
理想的な策かと思われます。

当方事情ではワークの試験生産に使用している為、製品仕様・検査使用・ロット取扱がコロコロ変動していく状況下でして、設計構想をそこまで持って行ける段階にないのが残念なところです。 仕方なく仮策の仮策的手法をとらざるを得ない状況ですが、 アドバイス頂きました内容は 最終方向へ向かう際に大いに参考にさせて頂きます。ありがとうございました。
投稿日時:2008/07/29 17:56
  • 回答No.1
ご質問1については、保護メガネではいけませんか?
レーザー保護具
LGMミレニア レーザー用フィルター
耐衝撃性と耐摩耗性にすぐれたポリカーボネート製

斬新なラップアラウンドスタイル。
ゆがみのない広い視野を提供します。
圧力が耳にかからず、頭部にフィットします。
軽量で快適なフィット感。
圧迫感がなくずり落ちません。
一眼式ポリカーボネートがこめかみ部分も保護します。
フレームは、レーザービームが上部や側面から眼に入るのを防ぎます。
とりはずし可能なリテーナー(保持用ストラップ)つき。
ちなみに、私の購入先はhttp://www.haneda-shokai.co.jpです。

ご質問2についてはごめんなさい。
お礼コメント
noname#230358
アドバイス頂きまして有難うございます。
レーザー専用のラインナップ詳細を調べたことはありませんでしたので
参考になります。
反面、作業者のピンセット作業・目視確認・ボタン・マウス操作を踏まえると若干負荷に感じる人がいるかと思われます。
一般に作業者は若い女性が担当することが多く、経験値のみでコミニケーションがなされがちでその手のクレームが多いため別の問題が浮上することが想定されます。

一番確実な防護策でもあることから、現段階では最終策として認識してみようと思います。

有難うございました。


このようなアイテムの詳細は存じていませんでした。
投稿日時:2008/07/29 17:51
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ