電動機シャフトの軸受け部硬度

インダクションモータのシャフトの軸受けハメアイ部の硬度はどの程度で出来ているのですか。軸径は40~50mmで回転数は18...

noname#230359 さんからの 回答

  • 2007/01/18 12:13
  • 回答No.3
軸受け相当部というか軸そのものの話となってしまうかも知れません。
軸の設計ですから、?強度、?変形、?振動 が考慮されていると思います。
?強度については省略します。
?変形については、工作機械のスピンドルの場合、たわみやねじれ変形の
問題あります。
 スピンドルが変形したのでは、物の精度出ません。
 硬度UPは、スピンドルの変形対策と思われます。
?振動については、軸の硬度により固有振動数が決まりますが、
 外力あるいは入力の周期とこの固有振動数の周期が一致すると共振の
問題あり、振動の問題さらには軸の破損も考えられます。
 使用回転数によっては、硬度変更による固有振動数の移動が必要な
 ケースも考えられます。

モータの場合、軸の材質が先ず決定されることが多く、自動的に硬度は
決まってしまいます。決定された材質の硬度で上記問題ある場合、
硬度変更となるのが通常です。
軸受け相当部のみに着目して硬度UPというのは、考えずらいと思います。
というのは、荷重、用途によりますが、軸と軸受け内輪は圧入とする
こと多く、硬度UPは作業性を悪くするだけだからです。

回答(4)の通りです。勉強させて頂きました。
以下余談となりますが、
実際、図面記載、検査を考えると、弾性係数XXXとは規定できず、
簡単に検査できる代替特性が必要な状況です。
お礼コメント
noname#230358
回答ありがとうございました。
投稿日時:2007/01/18 13:05
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 脱水機の軸受けについて 機械設計

    初めまして。 脱水機の軸受け部の設計についてお聞きします。 投入する物は20kg程度で回転数は1000rpm程度となります。 シャフト径はφ40~50程度と考えてまして垂直軸を上下2ヶの軸受けで受け、(この2ヶの距離は150~200程度)シャフトの最下のプーリーをベルトを介してモーターで回す構造です。 この際、上からの荷重は軸受けの上側で受けると考えて設計すればよいのでしょうか? また、ベアリングカタログからアンギュラベアリングorスラストとラジアルベアリングの併用を考えていますが何が良いと思われますか? 最後に設計する際、上下のどちらを固定側、自由側にするべきなのでしょうか? よろしくお願いします...

  • シャフトの軸受け部について 機械設計

    機械加工を施したシャフト(Φ25くらい)を両端6005のベアリングで受けて2200rpmくらいで回転させて加工機として使用しています。 シャフトの長さは600mmほどで軸受け間寸法は300ほどです。軸受けから片側は200mmほどシャフトがでておりそこに側圧がかかります。 もう片側はプーリをつけてベルト駆動させています。 そのシャフト先端で側圧(70kgfくらい)がかかっており、またシャフトの回転モーターに4P,5.5KWのものを使用していることもあってか、すぐにシャフトの軸受け部がヘタってきます(半年くらいでシャフト交換)。 長持ちさせるには軸受け部に焼きいれをしたらよろしいでしょうか? もしくは現在シャフトの材質はS45Cですが、SCM材に変更したらいいでしょうか? なんとか耐久性をあげたいので、最良の方法を教えていただけますと助かります。...

  • 電動機シャフト 交差について。 その他(学問・教育)

    3.7KW-6Pの電動機のスプロケット作成で悩んでいます。 カタログを見るとシャフトの交差が38 k6となっております、交差を調べたら+18 +2とありました。 シャフト加工時0.002~0.012まで大きくなっても良いという事ですよね? 電動機のシャフトの場合は先輩から、スプロケットは交差H7で加工すれば良いと聞いていたのですが、穴を38 H7とするという事はH7は0 +25ですのでもしも穴を0だとしたらシャフトは圧入と言う事になりませんか? 理解できません! 詳しい方教えて下さい!...

  • 軸受の定義 その他(開発・設計)

    こんにちわ 軸受の定義に及ぶかもしれない質問です。 危険回転数(危険速度)を計算する場合「軸受スパン」を用いますが、軸受とは具体的な定義があるのでしょうか? 当然ボールベアリングは軸受なのは当たり前として、 「カーボンブッシュ」のようなものでシャフトを受けている場合、軸受と考えて良いのでしょうか?ラジアル隙間は0.20.4mmくらいです。「シャフト」と「受け」とのラジアル隙間などの目安があるのでしょうか? もしくは「シャフトの撓みが無限大になる回転数・・」という事からすると、それを制限するような構造になっていれば軸受として考えて良いという事になるのでしょうか? (例えばグランドパッキンとか・・・。まさかとは思いますが。) ちょっと気になるもので・・・。 ご存じの方、ご教示下さい。...

  • アルミ軸受けについて その他(開発・設計)

    A2024を使用してφ10のシャフトを半割りのクランプで挟んで軸受けを作ったのですが、手でゆっくり廻しても徐々にかじってしまいます。 軸受け部の面粗度はかなり良いと思いますし一応少量のグリスを塗布しています。 アルマイト(黒)を剥がしても同様なことが起こります。 アルミの軸受けに問題があるのは サイトの金属/材料のカテゴリにて聞いていますが、 以前同様(材質はアルミ50系と思われる)のものを見て問題ないと思ったのですが、材料に問題があるのでしょうか? もしくは表面処理で良いものがあるのでしょうか?以前見たものは通常の黒アルマイトのようでしたが.....

ページ先頭へ