• ベストアンサー
  • 困ってます

わかりやすい材料力学のサイト

材料力学にうとく、以下の計算方法がわかりません。 このようなケースを解説しているサイトとかがあったらご紹介頂けないでしょうか? 変形が無視できる剛体の板の先に金属の板をつないだ物を水平な面に対して角度θで当て、 剛体の上の方を荷重Fで押し上げた時の、金属板の変形と力の伝わり方を計算する方法を探してます。 押し上げによるたわみで金属と水平面近傍の実角度θ’は? 水平面に伝わる力は? 位置ズレしてしまうかもしれませんが、下の記号で図を描きます。 ■のつながりで変形が無視できる剛体の板を表します。(/と比較して変形が無視できる) /のつながりで金属の板を表します。 ●は剛体板の支点を表します。 剛体の支点より上の長さはa 剛体の支点より下の長さはb 金属の長さはc 金属の断面係数:Z 金属の2次モーメント:I 金属のヤング率:E                ■             a ■↑              ■ |          支点 ●  F            ■         b ■          ■           ■        ■     c /      / θ ――――――――――――

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 金属
  • 回答数1
  • 閲覧数770
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

この場合はCの部材で先端集中荷重の片持ち梁として計算できます。 (片持ち梁であればすぐ探せると思います) Cの剛体との接続部分を固定端、Cと水平面の接触点が荷重点とします。 (Fは垂直上向きと解釈しています。各部材の質量は考慮しません) 1.Cの先端が水平面に及ぼす力   てこの原理で   Fc=F*a/(b+c)(*は掛け算)・・(1)   (水平面に対する法線荷重)   モーメントのつりあいで   a*F*sin(θ)=(b+c)*Fc*sin(θ)・・(2)   部材に対しての法線分力、これを変形すれば上記の式のなります。 2.先端集中荷重の片持ち梁の先端の荷重(FCとします)   上の(1)式から   FC=Fc*sin(θ)です。 あとは通常の先端集中荷重の片持ち梁の計算で出せます。 厳密に言えばcの部材にFc*cos(θ)荷重が軸方向にかかる座屈も考慮しなければなりません。 材料力学のサイトの紹介を希望されているようですが、Webサイトで調べるよりも、手元に「機械工学必携」(三省堂)等のハンドブックを一冊置いておかれることをお勧めします。 良いサイトがあったとしても、通常一つのテーマしか出ていないと思います。 ハンドブック等であれば、調べたいものを探している間に、他の事柄も目に入ってくるので、後々あなたの引き出しを増やすことになると思います。 また、サイトでもハンドブックでも、実際の計算したい形状その物ズバリということはごくまれだと思います、ですから、単純化と、構造の要点をしっかり見極めることが大切です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 ”単純化”の重要性をあらためて痛感しました。

関連するQ&A

  • 材料力学です

    間違いがあれば指摘してください 図のように、段付き丸棒と円筒からなる組合せ棒について考える。αは熱膨張係数である。 段付き丸棒と円筒は同軸に配置して下端を剛体床に固定し、上端には平らな剛体板を接着することなく置く。 ただし、段付き丸棒および円筒の自重と剛体板の重さは無視する。また、座屈は生じないものとする。 (1)段付き丸棒と円筒に生じる応力は? 段付き丸棒にかかる荷重をP1 円筒にかかる荷重をP2 とする。よって力の釣り合いと変形の釣り合いは P=P1+P2・・・(1) λ1=λ2・・・(2) ↓計算して σ1=4E1・P/(4A1・E1+3A2・E2) σ2=3E2・P/(4A1・E1+3A2・E2) (2)荷重Pが作用した状態で、温度がΔTだけ上昇したとき、段付き丸棒に生じる応力が0となるΔTの限界値を求めなさい σ1=0よりP1=0 よってP=P1+P2=P2 円筒がPによって変形λ2=(2PL)/(A2・E2) このλはΔTによって段付き丸棒と円筒の伸びの差と等しくなければならない すなわちλ2=(2PL)/(A2・E2)=(α2ーα1)ΔT2Lでなければならない よってΔTはP/{(α2ーα1)A2・E2} と考えました。

  • 材料力学の問題で質問です。

    材料力学の問題で質問です。 天井から2本の銅線(縦弾性係数Es,断面積As)と 一本の黄銅線(縦弾性係数Eb,断面積Ab)を介して重量Wの剛体板が 保持されている。 剛体板にかかる重力はあたかもその合力が黄銅の直下に かかるように分布している(剛体板の重心は黄銅線の直下にある)。 このとき、銅線1、3 及び黄銅線2に作用する引張り応力を求めよ。 という問題です。 銅線1,3、黄銅線2は 左から 1、2、3 の並びで剛体板に ついています。1,2間の距離はA,2,3間の距離はBです。 また元の長さはすべて Lです。 ヒントとして、 (1)剛体板に作用する力とモーメントのつり合いで式が2本できる (2)残りの条件は剛体板の傾きにある。剛体板は変形しないので、その傾き に応じて3本の線の伸びの違いが決まることとなる。 というのがあります。 (1)について2本の式は立てれたのですが、(2)の剛体板の傾き というのがよくわかりません。モーメントが釣り合っているのに剛体板は 傾くのでしょうか? 3本目の式はどのように考えて立てればいいのでしょうか、教えてください。

  • 力学計算(開閉扉)

    フタの重量が30kgで支点を中心に、図中の引き上げる位置(固定滑車)からロープで 支点から800の位置でロープを扉と固定し フタを開閉しようと思いますが、水平状態の時からの引き上げる力Aおよび 角度が30°になった時の引き上げる力Bを教えてください 大変申し訳ありませんが、解法も合わせて教えてください 初歩的な質問で申し訳ありません Aはちなみに 固定位置の垂直方向の力をFとして 30*1000/2=800*F F=18.75kg 500/850*tan-1=30.47° A=18.75/sin30.47=36.97≒37kg と計算しましたが、間違っていますでしょうか?

  • 材料力学の問題

    材料力学の問題です。教えてください... 図1のような内径d、肉厚t、長さlの薄肉円筒があり、この両端は剛体版で塞がれている。 円筒内には圧力pの液体が封入されている。 ただしt<<dとして応力は肉厚方向には変化しないこととする。またlはdに対して十分長いものとするとき、以下の設問に答えよ。 (1)円筒に生じている周方向の応力σtを図2のような円環右半分の力の釣り合いから求めよ。 (2)円筒に生じている軸方向の応力σaを図3のような円筒右半分の力の釣り合いから求めよ。 (3)円筒側面にx-y軸を取り、図4に示す微小三角形要素ABCを考えるとき、角度θ傾いた面に発生する応力σθをσaとσtを用いて表せ。 (4)剛体版に図5に示すような外向きの引張荷重Fを加える場合、円筒側面に働く応力σθがθに関わらず一定値となるときのFを求めよ。 特に(4)がわからず困っています。σθのx成分を取り出せばいいのでしょうか...、となるとτθのx成分も関わってくるのか...? お願いします。

  • 物理・工業力学の問題の力の働き方がわかりません><

    問題:図に示したように回転支点上に棒A(質量M[kg])と棒B(質量m[kg])があり、 棒Aが角度45度で、棒Bが角度60度でそれぞれ支えあって静止状態にある場合、 次の設問に答えよ。なお棒の太さは無視でき、図の単位は[m]で重力加速度g=9.80[m/s^2]とする。 (1)両方の棒A,Bが及ぼしあう力Fを求めよ。 (2)棒Aの回転支点からの反力R(a)を求めよ。 (3)棒Bの回転支点からの反力R(b)を求めよ。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 自分で考えた力の働きってこれであってますか? (2)(3)はそれぞれの棒Aと棒Bのモーメントのつり合いと水平&鉛直つり合いで求められますよね?

  • 高校物理の力学の質問です。

    なめらかで水平な床の上に、質量Mの板がある。 その板の左端に質量mの人が立っている。 この人が板の上を、板から水平右向きに一定の力fを受けて動く時、 人と板の加速度を求めよ。 回答 水平右向きを正とすると、 人についての運動方程式 f=mα 板についての運動方程式 -f=Mβ よってα=f/m, β=-f/M なぜこのような運動方程式が立つのか分かりません。 働く力がよく分かっていないのですが、 私は、人は水平右向きに運動するので 板をFの力で押していると考えて、 mα=f+F Mβ=-F と運動方程式を立てたのですが、 間違い含めてご指摘お願いします。

  • 力学

    1.質量mの質点を、原点から角度θ、速さVで投げ上げた。重力加速度をgとして、運動方程式を立て、与えられた初期条件のもとで解け 2.速度に比例した抵抗-mrvを受ける質量mの質点が、水平面を運動する。その従う運動方程式を立て、それが初速度Vで原点から投げられたという初期条件のもとで解け 3.質量mの物体が、壁に固定されたばねに速度Vで衝突し、逆向きに同じ速度で跳ね返されるときの運動方程式をたてて解け。ばねから受ける力はF=-kxで与えられる 4.原点から(-k1x,-k2y)の力を受けて水平面内を運動する質量mの質点の運動方程式を立てて解け。またそのその運動の軌跡はどうなるか求めよ 自分の解答 1.問題の意味がわかりません。初期条件がなにか   mg=Vsinθ? 2. 3.-mV+F=mV   F=-kx   -kx=2mV    4.

  • 物理・工業力学の問題ですが考え方がわかりません

    --------------------------------------------------------------------------------------- 問題:図のような底辺が6[cm]、高さが10[cm]で上面が左右鉛直から45度の角度で くびれている板(厚さは無視)がある。 この板が図のような水平から角度θの斜面上におかれている。このとき この板がすべらないとすると斜面の角度θが何度より大きいとき倒れるか。 ------------------------------------------------------------------------------------------- まず図形の重心をもとめて、重心と点Aが鉛直上にならぶときの モーメントのつり合いを求めると最大角度θ(max)が求まるで良いんですよね? 図形の重心を自分で途中まで考えたのですがよくわかりませんでした>< どうやって重心を導くのかを教えてくれませんか?

  • 力学の問題です

    以下の問題を自分で解いてみたのですがあっているでしょうか 確認お願いします 図のような棒と重りでできた「やじろべえ」かおる。OAの長さはLで、ABとACの長さはいずれも2√2Lである。∠BAOと∠OACはいずれも45°であり、0、A、B、Cは同一の面内にある。重りとして、Bに質量mの小球、Cに質量√2mの小球が付いている。このやじろべえを、Oを支点としてつり合わせたときの傾き角度を求めたい。ただし、やじろべえは変形せず、棒の質量と太さは無視できるとする。                 (a)やじろべえを支える面からOが受ける鉛直上向きの力をR、重力加速度をgとする   とき、やじろべえに作用する力のつり合いの式を示せ。 (b)OAと鉛直方向のなすやじろべえの傾き角度をα(α<90°)とするとき、Aの回りの力   のモーメントのつり合いの式を示せ。 (c)tanαを求めよ。 自分で解いてみたやつです (a)R=(1+√2)mg (b)-(1+√2)mgLsinα-4mgLsin(45-α)+2√2mgLsin(45+α)=0 (c)(b)より、tanα=2(√2-1)/(1+√2) 確認お願いします。

  • 力学の問題を教えて下さい

    周期w0で変化する強制振動 md^2x/dt^2=-kx+asinw0t を場合に分けて調べよ x(t)の式を下さい。共振点とそうじゃない点で分ければいいんですか? 一様な棒が回転せずに落下してきて滑らかな水平面にあたる。衝突直後の角速度が最大になるのは衝突前に棒が水平面とどのような角度にあるときか 運動量と力積、角運動量と角力積の関係を使って解いたんですが違うみたいです 静止している質量Mの剛体振り子の支軸から下方距離lの点に、質量mの弾丸を軸に垂直で打ち込んだところ、振り子は周期T、角振幅a微小振動をはじめた。振り子の重心は軸の下方距離hのところにあり、弾丸を撃ち込んだっことによる重心の変化は無視できるとして、衝突前の弾丸の速さを求めよ 角振幅ってなんですか?振れた角度? Tがわかるので、剛体振り子の運動方程式を使わずにエネルギー保存則だけで解いたんですが v=(M+m)/m√(2gh(1ーcosa)+l^2π^2/6T^2)とでたんですが正しいかわからないです。(次元はあってると思うんですが) どれからでもよいので回答お願いします。