• 締切済み
  • 暇なときにでも

ACサーボモータのサーボON、サーボロックとは

ACサーボモータの取り扱い説明書に、 サーボON、サーボロックという言葉がでてきます。 この言葉の定義が今ひとつわかりません。 また、 サーボモータをサーボONして、回転させていないとき、 停止トルクがありますが、あれは、どのような方法で、 発生させているのでしょうか? 巻き線には、DC電流がながれているようなのですが、 詳しく原理的に教えてください。 追記です。 サーボONで、フィードバック制御がかかり、 停止している状態の一形態として、サーボロックというものがあり、 エンコーダ座標を保持する状態だそうです。 この時の、静止トルクをどのように生成しているというところが、 特にわかりません。 回答(1)への追記です。 例えば、回転子が停止した状態で、回転子のS・Nの磁極配置は、 決まります。 それに対し、最も引き合うような磁極配置となうように、 固定子巻き線に、DC電流をながすということでしょうか? このとき、回転子がどの機械角度で停止しているかを、知る必要が あると思います。 回転子の機械角に合うよう、3相にDC電流を流す必要があると、思います。 この時の、電流は、スイッチングされているのか、いないかという点も、 疑問です。 例えば、インクリメントタイプのエンコーダを持つACサーボの 場合、電源ON時、どのようにして、回転子の機械角度をサーボドライバ 側が、知りえるのかが、解りません。 電源OFF中に、モータの軸を回した時点で、サーボドライバ側は、 モータの回転子の角度情報を失うのに、どうして、回転子の機械角に合うよう、3相にDC電流を流すことができるのでしょうか? さらに、回転開始のことになるのですが、 モーター回転開始についても同様で、3相PWMスイッチングを行う時、 固定子巻き線に、回転子の機械角度と会った位相で、正弦波電流を流す、必要があります。 回答(2)さんへの、追質問です。 紹介していただいた、HPはみていませんが、 インクリ、アブソタイプのエンコーダーの双方について、 RST極検出用の1回転3plsの3相エンコーダは、 電源OFF中に、モータの軸を回しても、サーボドライバ側は、 モータの回転子の角度情報を失わないという観点から、 RST極検出用エンコーダは、アブソリュートなのでしょうか? それと、最近のシリアル通信タイプでも、 AB相+RST相の計5つの信号が出ているのでしょうか? それと最後の疑問は、 RST極検出用の1回転3plsなので、 角度分解能が機械角120度となり、電源ON時のサーボロックで、 停止させた時、任意の位置で回転子が、静止できる点が、 今ひとつ不明です。 120度単位で、回転子の位置が固定されるような気がするのですが・・・ 回答(3)さんへ 静止トルクの生成法は、かなり複雑そうですね。 色々、細かな問題があるようで。 3相PWMブリッジにスイッチングで、各3相線電流を 微妙に調節しているような、イメージでしょうか? 私には、電源OFF後、モータ軸を任意の位置に回転させて、 再度、電源ON、サーボONした時に、きちんとその場で、ロックされることが、 とても疑問なのです。 サーボロックは現在のエンコーダの位置を保持するような、 フィードバックが、かかっていると思います。 ということは、電源ON時のローター角をINCタイプの エンコーダーであっても、ABS並に検出する必要があるように、 思えて仕方ないのです。 回答(4)さんへ いろいろ詳しく説明していただき、すいません。 紹介していただいた、HPをざっと見ましたが、解らない、理解できない が、多かったです。 各種サーボモータがあるようですが、 今は3相電圧型PWMインバータを用いた、3相ACサーボで考えています。 ロータは磁石のシンクロナスタイプです。(かご型ではありません) なお、私はブラシレスモータも理解していません。 DCサーボであれば、ロータ機械角の位相情報が不要なので、 私の持つ疑問は発生しません。 基本的には、3相ACサーボの場合、 位置ループがあり(位置パルス入力)、位置偏差を入力とする速度ループ、 速度偏差を入力とする、電流ループがあり、電流制御器にて、 電流制御(トルク制御)をしていると解釈しております。 電流制御器では、3相電圧型PWMインバータのスイッチングDutyを計算して 制御していると、解釈しています。 この時、DUTY計算には、3相の位相情報が必要ですから、 エンコーダからの機械角θを用いて、 座標変換(U,V,W->d,q、d,q->U,V,W等)を用いていると思うのです。 よって、一旦、ロータの機械角が絶対角度で詳細に解れば、 あとはINCエンコーダのパルスで追いかけることができます。 よって、回転中も、サーボロック中も、 高精度でロータの機械角がわかる必要があると思うのです。 「サーボロックする場合には3相エンコーダのみではできません そのために位置ループがあります」 とのことですが、位置ループに使用するエンコーダは、 「位置決め用の1回転1000plsなり8192plsなりのエンコーダ」 のことなのでしょうか? 又、「位置決め用の1回転1000plsなり8192plsなりのINCエンコーダとRST極検出用の1回転3plsの3相エンコーダ」 を用いて、位置決め用ABSエンコーダと同様の機能が持たせれるのでしょうか?

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1301
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359

質問者です。 最近、ACサーボ製造メーカの技術者の方に会ったので、聞いてみました。 インクリタイプのエンコーダであっても、1回転10000Pls以上の精度の、ABS エンコーダを積んでいると、聞きました。 あくまで1回転内だけの角度を検出するもので、ABSタイプのエンコーダのような、何回回転したかということは、検出しませんが、精度はよいとのことです。 これより精度よく機会角θを検出できるそうです。 このθにより、サーボON時の電流をどう流すか、また回転開始時の、 正弦波PWMの角度の値を得ることができるそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ACサーボモータの負荷率

    ACサーボモータの負荷率とは一般的にどのような意味を指すのでしょうか? 意味と算出式を教えてください。 下記まで調べましたが断片的な情報で全くつながりがなく、また負荷率との 結びつきも分からない状況です。 会社の上司は知らないことに対し怒るだけで、自分で調べろと言いますが、 インターネットやモータ関係の書籍、カタログにも載っておらず困っている状況です。すみません助けてください。よろしくお願いします。 またどこを見ると良いというアドバイスを頂ければ幸いです。 ・モータの効率は出力が大きなものほど高いこと。 ・モータの損失には鉄損、銅損、機械損失がある。 ・銅損は固定子及び回転子巻き線によって生じる損失で   銅損=抵抗X(電流)^2 で表わされる。モータの相抵抗は   一定なのでモータに流れる電流値で銅損が決る。

  • スピンドルの角度割出

    現在サーボモータでスピンドルを回転させたり、角度割出が出来る装置を作成しようと考えています。 サーボモータとスピンドルはベルトを介して回転させ、サーボモータ側プーリ径19,スピンドル側プーリ径40です。 モータの角度は、サーボアンプのエンコーダパルス出力を3600pls/revに設定し、高速カウンタでカウントして算出しています。 スピンドルの角度は(19 / 40) * 3600 = 1710pls/rev に設定して角度の算出を行おうと思いテストしましたが、スピンドルを何回も回転していると、角度位置がずれてしまいます。 上記のような場合でスピンドルの角度を算出するためにはどのようにすればよいでしょうか? スピンドル側にエンコーダを追加すれば可能であると思いますが、それ以外で案はありませんでしょうか? 以上、何卒ご助言よろしくお願い致します。 皆様、アドバイスいただきありがとうございます. ベルトはタイミングベルトを使用し、モータはACサーボを使用しています. 高速カウンタの設定や機械的な部分を見直して問題なく動作するようになりました. いろいろなアドバイスをいただきありがとうございました.

  • ACサーボに使われる用語、”ゲイン”って?

    生産設備の業務を行ってる者です。仕事柄、卓上の3軸ロボットなどのカタログやら、取説をみることが多いのですが、”ゲイン”とゆう言葉の意味がどうも理解できていません。ステッピングモーターでは不要でサーボになると必要とゆうことは、モーターへの出力パルスとエンコーダーからの入力パルスの差(時間差)を調整するものとゆうことでしょうか?それにしては、位置ゲインとか、いろいろあるようですが・・・。切羽詰まった疑問とゆうわけではないので、理解している方、時間があるときにお答えいただければ幸いです。

  • 回答No.4
noname#230359

#2です >RST極検出用エンコーダは、アブソリュートなのでしょうか? 説明が不足していました その通りアブソリュートエンコーダです http://www.sumtak.co.jp/japanese/top.html 具体的には以下のようなエンコーダです(90度位相差出力) http://www.sumtak.co.jp/japanese/products/rotaryencoder/opticalencoders/irh3.html http://www.sumtak.co.jp/japanese/products/rotaryencoder/opticalencoders/pdf/irm3.pdf http://www.sumtak.co.jp/japanese/products/rotaryencoder/opticalencoders/pdf/irt3.pdf >それと、最近のシリアル通信タイプでも、 >AB相+RST相の計5つの信号が出ているのでしょうか? シリアル通信タイプ http://www.sumtak.co.jp/japanese/technicalinfo/endat/endat.html http://www.sumtak.co.jp/japanese/technicalinfo/endat/endat.pdf 8/15ページに 「付加情報2 磁極位置信号」 があります また、各社サーボモータメーカがどこのメーカのエンコーダを内蔵しているかの 情報は開示されていません  エンコーダのシリアル通信規格で業界統一規格も無かったと思いますので 実際にサーボモータのシリアル通信がどのようなプロトコルかは不明です >RST極検出用の1回転3plsなので、 >角度分解能が機械角120度となり、電源ON時のサーボロックで、 >停止させた時、任意の位置で回転子が、静止できる点が、今ひとつ不明です。 サーボモータには速度サーボと位置サーボとあります 速度ループ--->位置ループ--->位置決め制御 3相エンコーダは速度制御(トルク制御)の為に使います http://www.orientalmotor.co.jp/cgi-bin/WebObjects/OMBLMotor.woa/wa/f3?bk=0&ls=&sid=5300&md=BLF230A%2D%5B%5D&gr=&gmd= サーボロックする場合には3相エンコーダのみではできません そのために位置ループがあります 位置制御用エンコーダで現在位置とのズレを検出してその差を修正動作させる事を サーボロックと呼びます つまり速度制御用エンコーダと位置制御用エンコーダと2種類あります 太古の昔のDCブラシ付きサーボとこの原理は変わりません http://www.maxonjapan.co.jp/product_mmc.htm http://elm-chan.org/works/smc/report_j.html http://www.japanservo.jp/products/explanation.html 1999年10月 モータの基礎知識 http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/00134/contents/0027.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

色々と、調べてくださりありがとうございました。 しかし、自分ではまだ、理解できていません。 頭が付いていってないのかもしれません。 こんどの仕事でサーボモータ・ドライバを使います。 どのような動きをするか、よく観察しておきます。

  • 回答No.3
noname#230359

>静止トルクをどのように生成しているというところが,特にわかりません. 私も良く判りません. ACサーボは,電流形PWM方式で制御しています. インバーターのトランジスタ・スイッチング素子の組合せでは, 微妙な直流電流による励磁制御が無理で細かなスイッチングで励磁制御していると考えます. ■三菱電機 webより....※メンバー登録が必要です.  └http://wwwf3.mitsubishielectric.co.jp/members/o_manual/servo/sh030037/sh030037g.pdf   └ACサーボ....MR-J3-□A 技術資料集    └http://wwwf3.mitsubishielectric.co.jp/members/o_manual/servo/sh030037/sh030037g.pdf     └p244/419  第11章 特性   11.1 過負荷保護特性   サーボアンプには,~昇降軸のようにアンバランストルクが発生する機械では,   アンバランストルクが定格トルクの70%以下で使用することを推奨します.....とあります. ACサーボのロックは,モーターにDC電流を流してロックしているのではなく, 表現は難しいのですが,常に位置修正するために非常に短いサイクルで励磁しているようです. 定位置 ̄ ̄\  ↑ ̄ ̄\  ↑ ̄ ̄\  ↑ ̄ ̄       \ │   \ │   \ │        \│    \│    \│ 落下位置-------------------------------------- 励磁電流   ┌┐    ┌┐    ┌┐     ───┘│┌───┘│┌───┘│┌──         └┘    └┘    └┘ 励磁電流    ┌┐    ┌┐    ┌┐     ────┘│┌───┘│┌───┘│┌─          └┘    └┘    └┘ 励磁電流     ┌┐    ┌┐    ┌┐     ─────┘│┌───┘│┌───┘│┌           └┘    └┘    └┘ 位置ズレを起こさないように停止しているロック状態での励磁は, 励磁が1サイクル有るか無いかのような,パルス状だと思います. また,各極均等に励磁されているのではなく,ある特定の極に集中して恐れもあります. 特定の極に励磁が集中しても過熱しないようにするため, 停止中の励磁電流の大きさは,定格励磁電流の70[%]以下にするように 三菱電機の取扱説明書は,指定しているのではないでしょうか? 三菱電機SEは, 停止中の励磁の大きさは停止位置が電磁石と永久磁石の停止位置の条件が悪いと 最大磁束で励磁し続ける必要があり,その平均値が定格を超えないように 励磁電流を最大値が70[%]を超えないような使い方をして欲しいと説明していましたが, どうも説明内容が,シックリ来ません. 三菱電機さん,どうも励磁電流の抑制は,巻線温度の二乗平均法のような気がしますが....

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 かなり難しいです。

  • 回答No.2
noname#230359

>例えば、インクリメントタイプのエンコーダを持つACサーボの >場合、電源ON時、どのようにして、回転子の機械角度をサーボドライバ >側が、知りえるのかが、解りません。 >電源OFF中に、モータの軸を回した時点で、サーボドライバ側は、 >モータの回転子の角度情報を失うのに、どうして、回転子の機械角に合うよう、3相にDC電流を流すことができるのでしょうか? ACサーボモータのエンコーダは2種類内蔵されています(インクリ、アブソともに) 位置決め用の1回転1000plsなり8192plsなりのエンコーダと RST極検出用の1回転3plsの3相エンコーダです モータに3相電力を供給するのはこの3相エンコーダに合わせて出力します コアの磁極のR相を追跡するように回転磁界を発生させます 例えばコアのR相に界磁コイルがS相を出力していたらトルクは出ません 誤解を恐れず乱暴に言えば3相のステッピングモータに近い動作です (1パルス120度) 最近のACサーボモータはインクリでもシリアル通信ですので 外部からはその信号は見えませんが古いタイプのサーボモータは AB相+RST相の計5つの信号が出ています http://www.tamagawa-seiki.co.jp/japan/products/sensor/rotary.html http://www.sumtak.co.jp/japanese/top.html http://www.e-mechatronics.com/index2.html http://www.orientalmotor.co.jp/ http://www.nagoya.melco.co.jp/index_j.htm http://www.japanservo.jp/digital/general/a_bls/index.html http://www.nagoya.melco.co.jp/fair/fa_basic/05/51ap02.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359

毎度JOです。 ACサーボモータは、コントローラーで順次励磁を切り替えて回転させるのですが、 励磁を切り替えずに固定させると、S・N極で引き合い停止しようとします これが停止状態で、これを「引き離して」回転させる力を停止トルクといいます。

参考URL:
http://www.cityfujisawa.ne.jp/~iijima-p/BRA3.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • サーボアンプとインバータ

    サーボアンプでACサーボモータを制御するときと ベクトル制御インバータでベクトルモータやその他のモータを制御するときにおいて トルク制御の原理の違い(仕組み)が知りたいのでどなたか教えてください。 ?共にPWM制御で制御?  インバータで細かい制御をしようとすると位置、速度、電流などのフィードバックを必要としベクトル制御インバータというところに行き着くのですが、最終的にサーボと同じことをしているのでしょうか? ?静止中のトルク制御はそれぞれどのように行っているのか?  各相の電圧実効値が停止時は一定を保つのでしょうか?  サーボではサーボロックという言葉がでてきましたが、いまいち理解できませんでした。   足を踏み入れたばかりの分野なので、初心者向けに教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。 lumiheart さん 回答ありがとうございます。 サーボロックというのは位置制御であり、トルク制御ではないということはわかりました。 ではプレス機で考えたときに、あるトルクでプレスしようとトルク制御を行います。最終的にモータはほぼ停止した状態になります。 このとき、どうやってトルクをキープしているのでしょうか? サーボアンプやインバータはどのような出力をしているのでしょうか? ゼロ速度時のトルク出力の原理が知りたいです。 ちなみに ******************************* 各相の電圧実効値が停止時は一定を保つのでしょうか? 一定である事は有り得ません、常に変化してます(細かい振動してます) ******************************* というのは位置制御だからですよね?

  • サーボの減速比

    三菱のサーボモーター:HF-KP23BK(J3)とプーリー歯60と歯30をタイミングベルトでつなぎ、 ハーモニックドライブのSHF-45-100-2UHを使用して、回転ステージを制御します。 サーボ1回転あたり、262144pls、プーリー比1/2とハーモニック1/100で、 1/200となり、1回転あたりの移動量は1.8度となると思うのですが、 実際は、ちょっと足らない動作になります。181.2度くらいで180度の位置のようです。 なぜこのようになるのでしょうか? ハーモニックは一応ノンバックラッシとなっているようですし、 ボルトがゆるんでいるようでは、ないです。 ちなみに基準の0度に戻すと、ちゃんと戻ります。 どなたかご教示願います。

  • エンコーダの計算方法

    1回転する機械にエンコーダが付いています。 その機械には160分の1の減速比のモータが付いています。 つまり1回転するとそのモータは160回転します。 モータが1回転するごとにエンコーダから100パルスの信号が出てきます。 その時にコントローラに信号を取り込み、 0(度)~360(度)まで表示させたいのですが、 計算方法が分かりません。 拙い説明で申し訳ありませんが、 ご教授いだだければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • サーボモータとステッピングモーター

    いつもお世話になっています。 大学で3Dの研究をしているものです。 以前秋葉原でのモーター購入を検討していたのですが、やはりそれでは 性能不足であると考え、業者から購入することになりました。 そこでステッピングモーターかサーボモーターどちらで設計を実現するのか? ということを考えているところです。 教授に説明するのにまずどのような点が違うのか?というのを明確にしなければならないと思い、勉強して、説明をしました。 私自身はモーターの特徴としてステッピングモーターは1パルスに対応したステップ角分回転するのがステッピングモーター(モーターの型でステップ角は決まっている)、そこにエンコーダーがつき、フィードバックにより脱調を防いだり、より正確な位置精度やPWMによって角度分解能が細かく決められるのがサーボモーターという認識でした。 しかしその説明は特徴を説明しているだけで、アクセルを踏めば車が走るって言っているのと同じだよと言われてしまいました。 どのような構造の違いがあるのか説明しろといわれたのですが ステッピングモーターにもサーボモーターにも様々な種類があり 単純に構造を比較できるものではないのでは?と思うのですが 両者を使い分ける基準とその基準をもたらす構造的な違いとは 何なのでしょうか? ご意見いただければ幸いです。

  • サーボの誤差のフィードバックと、角度のキープ方法

    こんにちは。いつもお世話になっております。 現在、RCサーボモータを使ってロボットを作成しようとしています。そこで、サーボの制御方式である、PWM制御方式の勉強をしています。 簡単に言うと、PWM制御はモータに電圧を加えたり、加えなかったりして角度を決める制御のことであると認識しております。 そこで、2つの疑問が出てきました。 1.サーボは今の角度から相対的に角度を決めるので、誤差が出た場合はどのようにして正しい位置に戻すのでしょう?原点などの概念はあるのでしょうか? 2.例えば、棒を取り付けたサーボに電圧を加えて棒を持ち上げるとします。そして、電圧を加えるのを止めると、棒にかかる重力によりサーボが戻されると思います。その棒を一定の角度でキープするにはどのようにしたらよいのでしょう?ちょうどキープするようなパルスを加えるのでしょうか? 初心者なので、できればあまり専門用語を使わないで回答していただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • モータをPWM駆動した際の電流について

    ┌── 電池 ── 電流計1 ── モータ ─ 電流計2 ────── FET ─┐ │ └ 電圧計 ┘        └←← ダイオード ←←┘           │ │                                            │ └──────────────────────────────┘ となるシンプルな回路でPWM制御によるモータ駆動のテストしています。 周期は24kHzで、モータは安いDCモータです。 ※実際にはHブリッジでかつゲートドライバが入っていますが省略しています。   また、Hブリッジの駆動にはデッドタイムを500nsほど入れています。 この回路における電流計1と電流計2で計測される値の意味が、分からなくて困っています。 任意のPWM比でFETをドライブした際に、電流計1 & モータ & 電流計2には、 ほぼ電圧計*PWM比の平均電圧が加わる考えており、 電流計1と電流計2の抵抗値と、FETによる抵抗値が十分小さければ 平均電圧のほとんどはモータに加わる。 電流計1ではPWMのON期間の電流のみが計測され、 電流計2ではダイオードで帰還する分も併せて計測している。 このため概ねでは、電流計2 = 電流計1/PWM比 の値となると考えています。 電圧計*電流計1が電池の消費電力(入力電力)であり、 少なくともモータをロックしておけば、モータに加わる出力電力は(電圧計*PWM比)*電流計2となり、 電圧計*電流計1 = (電圧計*PWM比)*(電流計1/PWM比)が成り立つと考えてよいでしょうか? モータが熱として捨てる以外の損失が無ければという前提ですが。 実際に計測してみた値は、電圧計=11.6V、PWM比=10%、モータはロックにおいて 電流計1=0.26A、電流計2=0.48Aでした。 これに対し、直流安定な電源として、充電乾電池1本を繋いでモータをロックして計測した際に、 電圧=0.85V、電流=0.394Aより、巻線抵抗=2.16Ωでした。 PWMで計測した際の値で、平均電圧=1.16V、電流=0.48Aがモータに加わっていれば 巻線抵抗=2.42Ωのため充電乾電池による結果と概ね一致します。 しかし、電流計1の値をどのように読み取れば良いのかが分かりません。 私の考え方では、電流計1=0.048Aでなければ入力電力=出力電力が成り立ちません。 お手数ですが、どこに間違えがあるのか御教授いただきたいです。

  • 考案した測定装置を現実化するため、お力をお貸し下…

    考案した測定装置を現実化するため、お力をお貸し下さい  はじめてお世話になります。  全長を測定する装置を考えました。 現実化させるため、お力をお貸し下さい。 【仕様】  ?対象ワークは、NCから排出されるφ20丸棒加工品、端面粗さは▽▽、長さ300mm、材質:鉄S45C  ?ステッピング(サーボ)モーターを駆動源とするベルトコンベアーを製作する  ?コンベアー上に光センサーを設置し、ワークが流れて遮光~入光までのエンコーダーパルスをカウントする  ?モーターが1回転したときの移動距離を計算し、1パルス当りの長さを求め係数とする  ??で得られたカウント数に?の係数を乗じて、長さとして表示する  ?コンベアー上でワークは斜めにならない、すべらない前提です   また、コンベアーは伸びない、たるまないものとします  ?要求精度は±0.01mm、サイクルタイム5秒程度  ?光センサーは、スポット径が0.12mmのものを考えています   これで要求精度を満たさないかも?   【所要計算】  ?5相ステッピングモーターの場合、PLS*0.72*2πr/360(r=21.02mmとして)   PLS=5000で1回転⇒132.07244mm   1PLS当たり=132.07244/5000=0.0264144mmで要求精度を満たさない  ?1/20の減速機(ギヤヘッド)を使用   PLS=5000で1回転⇒6.603622mm   1PLS当たり=6.603622/5000=0.0013207mmで、8PLS分の余裕ができ要求精度を満たす  ?コンベアースピードを100mm/1secとすると、75000Hzに耐えられるモーターでなければならない 【質問事項】  ?要求精度に照らし合わせて、可能性はどうでしょうか     ?コンベアーを除く、システム構成(PLC、エンコーダーなど)を教えて下さい  ?他、お気づきの点や指摘事項をお願いいたします。  なお、お礼、補足は週明けとさせて下さい。 よろしくお願い申し上げます。

  • ロータリーエンコーダーのノイズ対策について

    DCサーボモーターに1回転20000パルスのロータリーエンコーダーを 取り付けてあります。PWM制御で回しています。 速度制御はこのロータリーエンコーダーで行っています。 速度制御にしてはこのロータリーエンコーダーの分解能は異常かと思いますが なにぶんにも客先の仕様なのでつっこまないで下さい。 エンコーダーのパルスにはモータのジッターもあります。 このエンコーダーで位置制御も行おうとしています。 分解能が高いのでチャタリングのような現象がでます。 エンコーダーからのパルスのAB相の最短周期は1μSECで、最長は 直流までになります。静止状態でもサーボによりチャタリングのような 状態になります。 このような範囲でチャタリングのようなものを取る方法はあるのでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • IPMモータのベクトル制御について

    こんにちは、 下記HPを見ますと、 ベクトル制御の特長 従来方式(120°通電方式)はモータに印加する電流が方形波であるのに対しベクトル制御は回転子の位置(磁石の角度)に対して正弦波になるような電圧を印加してモータ電流を制御することが可能になります。 と書いてます。 ベクトル制御によって、なぜ方形波が正弦波になるのか?その仕組みを教えてください。 http://www.tosei-s.co.jp/technical/tech_lifter02.html

  • DCモータの電流より速度を検出する方法

    DCモータをPWMで速度制御しています。 このモータの速度を検出する方法として 「モータ電流のリップル」を測定する方法があるとありました。 モータに直列に低抵抗を接続して、 抵抗の電圧をオシロでみましたがPWMのON/OFFに同期した電圧波形しか みれませんでした。 「モータ電流のリップル」からモータの速度を検出する方法を 教えていただければ幸甚です。