• 締切
  • 暇なときにでも

PX5について

  • 質問No.9440987
  • 閲覧数461
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0
プラスチック金型をしている者ですが、大同のPX5の材質について硬度や用途、良い点や悪い点などについて教えてください。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
こや様
 先日、NAK55の代わりの材料を探されていた方ですね。
 選択肢の一つとして、日立HPM7を挙げましたが、その大同の相当材がPX5になります。
 33HRCクラスのプリハードン鋼で、クロモリ鋼の改良鋼とされているものです。
 まず長所ですが、NAK55より安いこと、被加工性が良いこと、溶接性が良いこと等が特長です。
 短所としては、硬さが低い分、ヘタリ易く、磨耗に弱いこと、磨きあがりにくいこと、といいながら快削元素は少ないはずなので、それなりにキレイに磨けると思います。
 溶接割れ難さが売りですが、大きく溶かし込んだり、大きなもので早く冷やすのは危険を伴うので、溶接の予後熱、除冷は一応はやった方が良いでしょう。
 用途としては、キャビ、コア、バックプレート等普通に使われています。軟らかい材料なので、大量生産型に向くわけではないと思いますが、見切れば、それなりに使えると思います。
 全部そうしてしまうとスライドの焼き付きなどの問題も出やすいので配慮も要ります。
お礼コメント
noname#230358
度々、回答いただいてありがとうございました。
いろいろな意見を参考にして、材料選びをして行きたいと思います。
投稿日時:2003/08/01 16:48
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ