• ベストアンサー
  • 困ってます

回転盤の歪み原因と平面度の測定

材質:SUS304(生材)直径φ380mm 板厚12mmのワークを乗せる回転盤を 直径φ100mmのシャフトの部分に取り付けて縦軸で使用しています。 その回転盤のワークを乗せる平面が使用している間に歪んでしまいました。この部品は外周付近に大きな荷重がかかっています。 また、結構温度差がある条件で使用しているのですが。(-30+120度)この条件で回転盤は歪むものなのでしょうか? また、平面がどのように、どれくらい歪んでいるのか 測定したいのですが測定方法と解析の仕方が分かりません。弊社に唯一あるのがマイクロメータだけですので、知り合いの旋盤屋さんにチャッキングしてもらい 円周と横送り台等を使って中心方向を測定しようかなと・・・素人考えですみません。 簡単で良い測定方法、分析方法をご存じの方がいらっしゃいましたらご指導願います。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数131
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#230359

> 直径φ100mmのシャフトの部分に取り付けて縦軸で使用しています。 まずこの状態での測定が必要と思います。→現状把握 お持ちの測定具はマイクロメーターのみということですが,せめてダイヤルゲージとマグネットスタンドがほしいですね。 0.01mm単位のダイヤルゲージとマグネットスタンドであれば数千円で購入できますので、この際準備されたら如何でしょうか。 装置から回転盤を外してからの計測解析では判断ミス、対策ミスを起してしまいます。 現状を確実に把握することが対策には欠かせません。 ダイヤルゲージでどこがどの様にどのくらい歪んでいるかを知ることが大事です。 円盤が波を打っているのか,傾いているのか,規則性が有るのか無いのか等々、ダイヤルゲージから得られる情報です。 以上、参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今となっては装置に取り付いた状態での測定は出来ませんが旋盤屋さんに行けばダイヤルゲージは貸して頂けるのでそれで測定してみます。データの取り方が難しそうですが、ダイヤルゲージで色々な情報が得られるのですね、参考になりました。ありがとう御座います。

関連するQ&A

  • 薄物円盤の平面度測定

    円盤の平面度測定に腐心しています。 6インチの円盤ですが厚みは0.1mmです。 平行度はマイクロメータなどで厚みを測定し、最大値と最小値で読み取り可能ですが、平面度はそうはいきません。 これまではワークを定盤上に滑らせて、ダイヤルゲージやレーザー変位計で測定しましたが測定毎にバラツキが大きく、殆ど勘で測定値を読みとっている状況です。 レーザー干渉計も検討しましたが、表面が梨地状態なので光が返ってこなく測定できません。 なにか良い測定方法又は測定機などありませんか?

  • ベークライト板の平面度を出したい

    380mm x 420mm x t12 のベークライトの板を、t10±0.05 平面度0.1程度 に仕上げようとしているのですが、加工中および、加工後に 反りが出てしまいます。 いろいろと苦労した結果、現在の加工方法は、 1.材料を一本刃のフェイスミルで粗加工(板厚12mm→10.5mm)   (材料は平面度 2.外周形状をマシニングで仕上げ 3.板厚と平面度を研磨仕上げ(平面研磨機で、水溶性研削液使用) です。 何とか一枚仕上げたのですが、 休日の3日間、完成品を定盤の上に平置きしておいたところ、 平面度が0.05の品物が、反ってしまい、平面度が0.15になってしまいました。 ちなみに、休日の間は、空調は停止していましたので、 気温は30~35℃(東南アジアのため、高温)でした。 質問 1.そもそも、この平面度にベークライトを使うのは、現実的でしょうか?   (客先納品後、組み立て、最終ユーザーにて長期間使用しますので、    その間、反ってしまっては問題があるようです。    ただし、今まで他社が納めたベーク板には、問題がなかったようです。) 2.なるべく反りが出ないように加工するにはどうすれば良いでしょうか? 3.完成品が反らないようにするには、どんな点に注意が必要でしょうか? 以上、よろしくお願いいたします。 加工方法の一部が、抜けていました。 (材料は、平面度0.3程度です。)

  • インロー部の直径の測定方法について

    ?1500mmの直径をインサイドマイクロメーターで測定したいのですが、インロー部なので、深さが5mmしかなくインサイドマイクロメーターが入らないため測定ができません。こんな場合どのような測定方法があるのでしょうか。 ご存知の方、教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#230359

 使用状態がよく判らないので,想像しますが,回転盤の歪む原因は,塑性変形ではないでしょうか。  塑性変形は,材料の弾性限度を超えないと起きませんが,温度が影響しているのではと想像します。例えば,温度が急上昇して伸びを吸収できないような構造になっているかもしれません。  可能であれば,常温下で使用してみれば,判明しますが。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。塑性変形を念頭にいれながら確認してみようと思います。

  • 回答No.1
noname#230359

変形を起こすか否かは、これだけでは判断できません が、しているのであれば塑性変形でしょうか? 平面度を測定したいのであれば、質問として投稿 されている方法でよいと思います。   但し、得られた結果は平面度ではなく軸に対する 平面の振れです。限られた諸条件の中ではしかた ないでしょう。   (平面度)≦(振れ)です。測定時にワーク中心と 外周付近の差が大きいと思います。同一円周上では あまり差がないであろうと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます、参考にさせて頂きます。

関連するQ&A

  • 測定効率について

    工場で数物の測定を行なっています。 現在、大量のパイプ状のワークの全長を作業員の手でマイクロメーターを使用して測っています。 問題として、その中で検査員によって不良品を出したりバラつきがすごい多く困っています。 過去に全長検査で全自動のワーク検査機(ワークをタンクに入れて、一つずつワークが測定機に流れていき、測定器がワークを押した際に全長が測れるようなイメージ)を導入しましたが効率が非常に悪く、尚且つコストがかかるため使用していません。 なにかこういうような大量の数物検査の品質の安定した効率の良い測定方法はありますでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • マイクロの測定誤差の要因

    測定器について全くの素人です。 私の働く部署では、3Φ、5Φ(U字型)のマイクロメータを使用しています。 同じワークを両者で測定すると誤差が出るのですが、この誤差の要因は 測定面の大きさによるものなのでしょうか?

  • 精密回転ステージの選定について

    みなさまいつもお世話になります。 タイトルの件、今弊社で製作している 円筒状(φ10)の部品の平面度を測定する治具を 製作しようとしています。 測定交差は20μです。 そこで回転テーブルを使用し、レーザー変位計 を使用しワークを手動で回転させ、 ピークtoピークでブレ量を測定しようと 考えております。 これに使用する回転テーブルはかなり面ブレ量が 小さくなければならないと思いますが(5μ以下?) 何か良い製品はご存知でないでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • ピンの外径の高精度測定方法

    外径パイ10長さ25のワークの外径を測定したいのです 公差が厳しいので公差中央で加工する為に、0.001の測定精度で、 出来れば0.0005で測定したいです。 0.001のマイクロメータでは不安です どのような測定方法がいいのでしょうか? よろしくお願いします

  • 低トルク測定を行う場合の測定子の重量条件

    現在、自動車部品のトルク測定を行う設備を設計しています。 機械の構成としては、ステッピングモーター+トルク変換機+ワークを掴むエアーチャックという構成になります。 (各軸受け部にはベアリング、ロータリージョイントを入れてあります) 測定するトルクは、操作時にクリック感がある感じです。 そのため、サインカーブのような0付近~0.02Nm前後のトルク値が出てくると思います。 以下のような条件で測定を行います。 ・測定時の回転数:10rpm ・測定するワークのトルク値:0~0.02Nm(±0.01Nm) ・”ワークを掴むエアーチャック”の重量:10N ・トルク変換機の定格容量:0.5Nm ・ロータリージョイント始動回転トルク:0.05Nm以下 ここで疑問に思ったのが、トルク変換機以降の”ワークを掴むエアーチャック”の重量です。 もちろん、低トルクを測定するため、軽い方が良いのは分るのですが、この部分の重量が測定するトルク値にどのような影響が出るのかが、 不明です。(例えば、測定する回転数が、何rpm以下、何kgf以下までは、測定するトルク値に影響が無い等の理論的な事が不明) たしかに、”ワークを掴むエアーチャック部”の重量が重くなれば、慣性で回り出し、止まる時のトルク値が大きくなりそうな気がしますが、あくまで理論的に理解しいるわけではなく、なんとなくそんな感じがする程度です。 そして、実際に考えていた測定方法は、ワークをチャックしないで、空運転時のトルク値を測定して、その後実際のワークをチャックしてトルク値を測定する。その差の値が、ワークのトルク値になると思っていました。しかし、上に質問したように”ワークを掴むエアーチャック”の重量が、測定するトルク値に関係があるとすると、ワークのトルク値が”ワークを掴むエアーチャック”重量によって変化してしまう事となり、実際のワークのトルク値と違いが生じてしまいます。そのため、何kgfまでokなのかと疑問に思い、質問させて頂きました。 このあたりの知識のある方が、ご教授願えればと思います。お忙しい中、すみませんが、一度ご検討をよろしくお願い致します。

  • 比較的高硬度のワークの外周削りに関して

    こんにちは初めて投稿しますが、宜しくお願いします。 購入したばかりの旋盤は中国産のホビー用ですが比較的小型の芯間400ほどの旋盤です、重量的には130Kg程度です。 早速テストでS45CとSK4の外周削りをチップ交換型スローアワェイの右勝手【同じく中国産】で外周削りテストしてみました。 シャンク12mm、チップは比較的低レベルな超硬チップ【だそうです】で刃先のR0.4【くらい】で仕上げ刃に近い?刃を使用して、ワーク径は12mm、長さ200mmをチャッキングして突き出し量は約70mmです。 切削油はある技術者が調合した刃物が長持ちすると言われる良好なタイプを 筆塗りで削りました。 一応乾式と湿式両方テストしました。 主軸回転数は計算値で決定せずに回転計で適当に500rpmや1000rpmまたその中間回転数、最後は1300rpmで送りを比較的早くも遅くもない中間くらいで送ってワーク端面から約60mmまでを切込量0.04~0.16の間でそれぞれ外周削りしました。 送りの早送り、遅送りもテストしました。 【結果】 非常に曇った感じの汚い表面です。【光るとはほど遠い感じ】 何度どの様なタイプの切削条件でテストしても表面の仕上がりは変化なし。 ただ、削ったワークを50mm間で直径差をマイクロメーターで計測すると ±1ミクロンです。【室温20度に保って何度神経に計測しても】 ある技術者曰く固いワークであればあるほど仕上がりは光る方向に向かう【研磨したような】と聞きました。 勿論刃物の種類や刃先のRでも影響するのでしょうが、上記の使用した刃のR 0.4くらい【多分もっと小さい】でどちらかと言えば仕上げ用に近い刃です。 ネットに出ている数ある動画でホビー用小型旋盤でスローアワェイチップの Rははっきり判らないが主軸回転数も何ら変わらず送りも普通で、見る限り仕上りは光っています。 動画で使用されている刃物のRは見る限りではかなり小さい方かな? これらの事から外周削りで使用する刃【チップ】の種類で仕上がりにどれだけ影響があるのか経験不測で良く判りません。 ご教示願います。 因みに数ある情報の中で見たり読んだりの記憶中ではダイヤモンドの刃が非鉄金属の場合粗引きも仕上げも両方いけるような削り方をしていましたが、やはり刃が命なのでしょうか? ダイヤモンドでない通常の汎用チップ【コーティング】や超硬を使用して同じようにS45Cなどの外周削りを見ましたが一発仕上げで光っています。 よろしくお願いします。 現在所有しているチップは中国産の一応超硬なんですが、ホルダのチップが乗る部分の平滑度が肉眼で判るほど悪く、それが直接の原因かどうかは未知ですが何度かチップを固定しているとルクスが緩みました。 切削前は当然の事ながら緩みチェックはしています。 また、これらのチップ以外をまだテストしていませんし過去に使用していた完成型安物付属バイトで非鉄金属の外周削りなどでは光っていたように思います。 現在、刃物を最初から揃え直す目的でネットの情報を漁っています。 三菱マテリアルズが他社と比較して小型旋盤用のホルダを数持っているようですが・・・

  • 最小回転半径の測定

    最小回転半径の測定 以下のような条件の下で、車の最小回転半径を実測して求めたいのですが、 良い方法が思い浮かばず困っています。 ホイールベースと切れ角から計算するのは、 切れ角の正確な計測が出来ない(ガタがある)ので採用できませんでした。 ・測定したい車両は2tロングトラック程度の大きさの複数の構内車(検無) ・特装車でカタログスペックが存在しない ・測定箇所は回転外側の前輪の外側の接地点 ・測定に使用できるスペースは12m×12m程度の平地(上記車両が一度では転回できない) ・使用できる道具は50m布巻尺×2、5m鉄巻尺×2、チョーク、その他自動車整備用工具、関数電卓 ・測定スペース内に収まる大きさであれば、上記の道具で複数の基準線の作図が可能 ・測定精度は一回の「測定による誤差」が10~15cm以内に収まってほしい ・可能であれば、左右の最小回転半径の差を比較したい ・具体的な数値が算出できればよいが、できなければ車両ごとにどの程度の差が出るか数値で比較したい 以上補足すべき事柄があればいたします。よろしくお願いします。

  • 回転体の体積に関する問題

    ある"平面図"を"平面図を交差しない任意の軸"で回転させた場合にできる立体の体積Vは 平面図の面積をS、回転軸と平面図の重心までの距離をrとした場合。 V=2πrS で求めることができるそうなのですが、この式は上記条件の一般式として正しいですか? 導出方法も含めて教えていただきたいです。

  • 90°回転で要する直結が1.35m。180°が1.

    90°回転で要する直結が1.35m。180°が1.7m。360°で1.8m。 この場合、90°回転から180°回転になったら直径は何倍になりますか? 90度、180度、360度ごとにどのように使用直径が拡大していますか? これらに法則性はありますか? これらの条件から270°回転の円の直径を求めれますか?

  • 画像処理カメラで測定したワークの角度分だけサーボ…

    画像処理カメラで測定したワークの角度分だけサーボモーターを回転させる 私は機械設計専門です。方向性のあるワーク(楕円柱:長直径60mm,短直径30mm,高さ20mm)の短直径側をエアチャックで把持し、XYZ軸ロボットで搬送する装置を試作しました。ワークをチャック位置で上面からカメラ撮影し、ワークの水平方向の角度を測定します。その角度データをシーケンサに取り込み、回転軸(先端にチャックがついている)のサーボモーターを原点位置からその角度分回転させ必ず短直径方向を把持するようなラダーを組んでもらいました。動作手順は原点復帰ボタンを押し原点復帰、待機位置ボタンを押し待機位置へ移動、スタートボタンを押し、カメラ撮影しワークを把持するためワーク配置位置へ移動しチャックし搬送。となります。この時待機位置ボタンを押し待機位置へ移動した時点で回転軸が必ず5度ずれます。回転軸用原点位置検出スリット円盤のスリットから5度ずれているのを確認しました。カメラで角度測定前の現象なのでどうしてなのかわかりません。ラダーを組んでもらった外注設計者も画像処理を使ってサーボモーターを動かすのは初めての人だそうです。その人の話だと溜まりパルスで5度ずれると言っています。が、5度もずれると位置決めになりません。なぜ、ずれてしまうのか理由のわかる方は教えていただけないでしょうか。シーケンサメーカに問い合わせたところそこまでずれるはずないといわれました。ちなみに画像処理はキーエンス、シーケンサ、サーボモータは三菱です。サーボモーター搭載のエンコーダはインクリメンタルです。待機位置からワークチャック位置までX軸は340mmを0.5秒で移動、Y軸は15mmを0.3秒で移動、Z軸は50mmを0.3秒で移動し、チャッキングします。