締切済み

SPCCとSECCの違いについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9437499
  • 閲覧数12799
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

簡単な板金設計をする場合、だいたい材質はSECCを使用しています。コスト上SPCCより安い為です。
初歩的で素人っぽい質問になりますが、SECCとSPCCの違い、使い分けなどについて教えて頂ければ幸いです。
ご回答頂きたくよろしくお願い致します。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

SECCも破断面は錆びます。用途、使用環境を考えなければ
なりません。

用途的に多いのが
塗装の場合
試作時
錆びても気にしない機構部品

結構、限定されてしまいます。SECC

ちなみに、小さい部品の小ロットだとSUS304とかのほうが
SPCC+メッキより安い場合もあります。
メッキ代ってバカにならないですよ。

最近は、SUSの需要が増えてるような気がします。
SECCって最近使ってないな。
感謝経済
  • 回答No.3

私の場合、設計上SECCを使用する時は処理無しで内部構造部品、ステー等に使用します。逆にSPCCの場合はカバー外板等、直接目に付く場所で使用し、この場合塗装もしくはメッキ処理を必ず指定しています。コストの件ですが、私の使っている加工業者さんではSECCのほうが安いですね。これは私の使い方の場合YASUI-Pの言われるように、処理なしで使用するためメッキ等の処理代が追加されないのと、メッキ屋さんに行かない分短納期が可能なためでしょうか。よって、私の場合は特急処理無しでよくSECCを使用しますよ。
  • 回答No.2

自分の認識はYASUI-Pさんとほぼ一緒なんですが、ちょっと質問させてください。
SPCCよりSECCのほうが安いというのはちょっと考えにくいんですが、どういった
事情でそうなるんでしょうか?
あつかましいとは思いますが、よろしくお願いします。
  • 回答No.1

SPCCは加工後何らかの表面処理を前提として使用します。
油脂分中で使用しない限り錆びてしまいますから。
SECCは電気亜鉛鍍金の皮膜がありますから、酸化はしますが
条件が良い場所でしたらそのまま使用したり、表面処理(塗装)
等を施して使用します。
私どもは塗装業ですので、経験上同じ焼付塗装を施すにしても
SECCに塗装した方が、錆などに対する耐久性はSPCCに同じ塗装したモノとくらべると格段の差があります。
但し、溶接などの加工はSPCCの方が容易です。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ