解決済み

中日:彼岸の「ちゅうにち」と相撲の「なかび」

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9416
  • 閲覧数347
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 77% (7/9)

タイトルの通りですが、
彼岸の「ちゅうにち」と相撲の「なかび」と、
同じ漢字ですが読み方が違います。
由来を知りたいのですが。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

もともと、「なかび」の方が一般的で「ちゅうにち」は彼岸に限って使われていました。17世紀の始めに出版された「日葡辞書」によると「ちゅうにち」とは「日本で死者のために供養を行う、ヒガンと呼ばれる週日中間の日」となっています。「なかび」といっても、当時は相撲、歌舞伎などの興業界ぐらいにしか使っていません。この区別ですが「なかび」がやまとことばで、もともとあったものが、「ちゅうにち」がたまたま同じ漢字を使う外来思想の言葉として入って来たものと思います。明治になり、混同が生じ現代に至りました。
お礼コメント
shigezo

お礼率 77% (7/9)

ありがとうございました。
こんなに詳しい回答を頂けるとは思っていなかったので、色んな意味で感動しましたです、はい。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 36% (291/804)

yodaです。
「ちゅうにち」
彼岸七日間のまんなかの日。春分・秋分の日。
(仏教からきています)
「なかび」
一定の期間の真ん中にあたる日。
特に芝居や相撲の興行期間の、真ん中にあたる日の事。
由来まではわかりません。
お礼コメント
shigezo

お礼率 77% (7/9)

早い回答ありがとうございます。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ