• 締切済み
  • 困ってます

無意識はまだわかってない?

フロイト、ユングや仏教など、意識無意識の説明がありますね。 ユング心理学と仏教の説明はある意味似ている部分もあるようですけど。 何層になっているとか元型だとかありますが、現状ではやはりまだわかってないのでしょうか?

noname#228303

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数165
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • 441moe
  • ベストアンサー率16% (75/448)

分かっていません。 立証難しい為でも有ります。 第6感、虫が知らせるとか昔から言われています。 記憶に無意識領域があり、その中で独自に活動しているようです、それが顕在意識に出てきて始めて認識されます。 心理学の分野ではないようです。 場合によれば、無意識領域が脳ではなく、心臓に有るかもしれません。 心臓移植の方の体験から、某の記録が心臓にされている可能性高いと言われます。 また、無意識ですので研究は極端に難しいでしょう。 心理学、宗教は顕在意識からの推測です。 個人的体験は父親は2時間前、祖母は7日前、叔父は2日前に亡くなるの分かりました。 断片的僅かな情報を無意識領域で計算し、結果でたので顕在意識に出てきたと思います。 記憶の蓄積領域と思考領域が有るのでしょうが、研究待つ意外ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ユングの集団的無意識について

    大学で心理学を学んでいるうりと言います☆ 今、ユングの集団的無意識の理論がよく分からず困っています。 どちらか知っている方ぜひ教えて下さい!! それはとくにフロイトの集団的無意識との比較の中でのことなのですが、 集団的無意識はフロイトの個人的無意識の考えで言えば 無意識の根底にあるものなのでしょうか? そして、どのように作用しているのでしょうか? そちらのほうも知っている方どうか回答お願いします☆

  • ユングの集合的無意識は可能か?

    ユングの有名な、「集合的無意識」について質問させて下さい。 「個人的に経験され獲得されたものではなく、生得的に備わっている共通の無意識」という事で、後天的に獲得した情報では説明出来ないもの、とされていると思いますが、どうも、疑問に思ってしまいます。 この元型はよく神話で説明されていると思いますが、例えば世界各地で共通の習慣があったり、似た言語(単語)があったり、離れた土地でも似た特色があったりしますよね。 移民などで習慣が広まったり、情報を伝搬したり、という事が歴史上色々とあると思いますが、それで説明がつかないものなのでしょうか?また、本能でも説明が付かないものでしょうか? また、先祖代々受け継いできた特定のパターンが無意識の中にあるという事ですが、その根本は、「情報」だったのではないでしょうか?情報が受け継がれるのはわかりますが、無意識が遺伝してゆく、というのは不可能に思えます。 「心の働き方」の事を言っているのならわかりますが、どうも「集合意識」との区別が付きません。 後天的に獲得したものに思えてしまうという点と、元は経験だったものが無意識として保持するに至る過程が、どうにも良くわかりません。 こんな質問をしている時点でド素人でありますが(^^;;)、初心者なので、出来るだけわかりやすくご解説頂ければと思います。どうぞよろしくお願い致します。

  • 【無意識】とは?

    あるフロイトの解説書には、『無意識とは、個の内部に留まるものではなく、際限なく、果てしない広がりを持つもので、宇宙の「存在」そのものと同等である』という内容でした。 漠然とこれまで「無意識」とは、「個人内部、自我以外の意識できない部分」と思っていて、ブランクスレート(石版)理論とも符合する概念だと思っていました。 無意識とは何ですか?

  • 集合的無意識に到達するには?

    催眠術で、ユングのいう集合的無意識に、意識を保ったまま到達することは可能でしょうか? もし、可能な場合、何かリスクはあるのでしょうか? 場合によっては挑戦してみたいので、ご存知の方回答願います。

  • ユング心理学の治療技法の大枠を教えてください。

    臨床心理学を勉強している者です。 なかでも、ユング心理学に興味があります。 一応、フロイトやユングに関する入門的な書籍はだいぶ読んで来たつもりですが、最近、ようやくフロイト心理学(精神分析学)の治療技法の大枠が理解できた程度です。 それは、「自由連想法」により、「転移」と「抵抗」を足がかりとして、患者の「洞察」を導く、というものです。 一冊の本に、上のようなことがまとめて書いてあれば、苦労はないのですが、そうなっていない場合が多いです。違う本を何冊も読んで、個々ばらばらな記述から、同じようなことが書いてある箇所がだんだんと重なってきて、ようやく上のようにまとまったという感じです。 ユングも、もっと時間をかければ、上のようなまとめに辿り着くことができるのかもしれませんが、なかなか難しいです。そこで、もし知っている方がいらっしゃったら教えて欲しいものです。できれば、まとめのような形がいいのですが、長文でも箇条書きでもどんな形でもかまいません。 ユング心理学において、どのような技法を用いてどのような機序で患者は治るのか、そのメカニズム、大枠を教えてください。

  • 都市伝説の発生や特徴を、こじつけで構わないので、ユングの集合的無意識(

    都市伝説の発生や特徴を、こじつけで構わないので、ユングの集合的無意識(普遍的無意識)で説明したいのですが、どういった説明が出来ますか?

  • 無意識ないしアーラヤ識をめぐって おうかがいします。(続編)

     この主題じたいが 広い範囲のことがらを扱うと思いますが この質問も 項目がいくつかあります。  質問の基本的な志向内容は なぜ無意識の理論を必要とするのかです。なくてもかまわないのではないかという見方からです。  (A) 《wiki:無意識=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E6%84%8F%E8%AD%98》の中から 質問です。  (1)《言語能力は先天的であるので これは 無意識の領域である》との趣旨で伝えていますが これは 《記憶という行為能力》に含まれるとすればよいのではないか。  心臓の鼓動は 意識し得ますが なぜ動くのかは意識し得ません。では そのことを称して 無意識と言うのかと言えば そうではないはづです。それと同じように 意識し得ない言語能力を わざわざ無意識と呼ぶ必要はないように思われます。  (2) フロイトは《精神分析の理論の応用として、個人における「良心」、社会における「道徳」の起源を、無意識の抑圧構造の文化的な作用として説明した》というとき 《「抑圧する無意識」は 実証できない》とも同時に批判しています。上の応用は 分かったようになっているだけではないですか。言いかえると 意識的にしろ無意識的にしろ 《わたし》が 世間に倣ったり反発したり 発現しようとする自己を抑圧したりあるいはいろんな形で表現したりしているというただそれだけのことではないですか。  (3) ユングの理論に対して wikiは次のように批判しています。 《「神へとみずからを高める無意識の構造」は実証できない。しかし、「ユングの基本理論」と「ユングの思想」は分けて考えねばならない。ユングの理論は反証可能性を持たず、現代的な範疇での科学としては、成り立たない》。つまり 記憶なり精神なり《わたし》の自己同一性のことを 《無意識》という言葉でわざわざ指し示す必要もないのではないでしょうか。  (B) 《wiki:唯識=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%AF%E8%AD%98》の中で質問です。  (4) 《三性》を立て   ▲ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  1.遍計所執性(へんげしょしゅうしょう):〔自己が世界を描き出したという〕構想された存在  2.依他起性(えたきしょう):相対的存在、他に依存する存在  3.円成実性(えんじょうじっしょう):絶対的存在、完成された存在 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ の如く――つまりはいわゆる《仏性》のごとく―― 最終的に《円成実性》を想定するときには その扱いが 《有神論》のようになるので微妙ですが そうではなく あくまで《識・こころ》も実体ではないという大前提に立つならば(立つのですから)  そうするならば なぜそのような《相対的で移ろい行くアーラヤ識》を《根本の心》として出してくるのですか。なぜ すべてを取り仕切る働きであるかのように  ▼ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  この〔アーラヤ〕識が前五識〔* つまり眼識(視覚)・耳識(聴覚)・鼻識(嗅覚)・舌識(味覚)・身識(触覚など)そして〕・意識・末那識を生み出し、さらに身体を生み出し、更に我々が「世界」であると思っているものも生み出していると考えられている。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ということになるのでしょう? 《わたしとその記憶行為またその知解行為そして実行としての意志行為》では 足りませんか。世界とわたしとが互いに応答するというその相互作用という見方では 足りませんか。  * ご回答の中で 精神分析の継承・発展として ラカンやクリステワ゛を出されたときには 分からないなりについて行きますが そのほかの人びとを出されれば 一から尋ねてまいります。

  • 空腹でほぼ無意識に甘い物を食べてしまう

    ほぼ毎晩のことなのですが、睡眠後約1時間で目が覚めてしまい、ほとんど無意識にアイスやチョコなど甘い物を食べ始めています。 食べている最中に意識がしっかりしてくるのですが、それでもかなりの量を食べてしまっています。 その後はまたきちんと寝付けるのですが、これってある意味病気なのかもと思っていますし、また今はよくても今後健康に影響がでてくる可能性があります。 この症状はもう10年以上つづいています。 医者にいったほうがいいでしょうか? よろしくお願いします。

  • 本などで心理学の話しが出てくると8割フロイトが!

    本を読むのですが、ビジネス文書や心理学の本などで人間の内面を分析しようとなると よくフロイトの考えはこうだったとか、ユングはどうのこうのといった話が出てきます! あまりにもフロイトの無意識の考え方とかリビドーがどうとか出てくるので いい加減フロイトの話しを出すのは、にわかだと思えてきました(わたしもにわかです) なぜ120年も昔のフロイトやユングの話を持ってしか心理学の話しをしないのでしょうか? 120年の間フロイトの考えを軸にちまちま改変を重ねてきたのが心理学の世界なのでしょうか? フロイトという第一版の本があって、それを何年何月改正みたいにこまごま変えてきたようで 100年以上も心理学の考え方は変わってこなかったのでしょうか? このフロイト至上説みたいなのはなぜ続いているのでしょう? 天動説から地動説になったように 新しい考え方や基礎を考えた人物はここ50年以内に現れていないのですか?? 教えてください

  • やっぱし無意識の概念は要らないのではないか?

     (α) 《意識にのぼっていない記憶野における情報》もしくは《潜在意識》と言えばじゅうぶんではないか?   (β) これは 無意識という概念ないし領域を想定する必要すらないと言おうとするものです。  (γ) 《アーラヤ識》も 同じくふつうの《記憶》ないし《潜在意識》という用語で足りるのではないか?  (δ) 第七識のマナ識は もし仮りに《意志》と言うならそういう精神のひとつの行為能力である。《自我執着心》と言う場合には その種の意志の発動となっている。自我つまり私に執着しない〔で《わたし》たちを生かそうとする〕ふつうの心としての意志もある。  このような(α)から(δ)までの問い求めは つぎのヰキぺの説明内容をさらに深めつつ明らかにしたいという趣旨のもとにあります。  ▲ (ヰキぺ:無意識) ~~~~~~~~~~~~~~~~~   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E6%84%8F%E8%AD%98  フロイトやユングの理論における「無意識」は、彼らが理論的に想定した構造の存在は、結果的に実証されないものであることが判明したが、  20世紀前半に生まれた、このような「無意識の概念」は、文化的に大きな影響を与えたことも事実であり、思想や芸術において、現在もなお影響を有している。  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  ☆ 思想や芸術への影響のうち要らない部分・まちがいの部分を明らかにし 捨てるべきは捨てたいという趣旨です。  (ε) さらにヰキぺの記事のうち つぎのチョムスキーの生成文法仮説〔そのうちの用語法のほう〕にもうたがいを持ちたいという魂胆です。   ▲ (ヰキぺ:同上) ~~~~~~~~~~~~~~~  ノーム・チョムスキーの生成文法は、人間の大脳に、先天的に言語を構成する能力あるいは構造が備わっていることを主張している。  子供は成長過程で、有限数の単語を記憶する。単語は、単語が現われる文章文脈と共に記憶される。しかし、子供の言語生成能力は、それまで聞いたことのない文章、従って、記憶には存在しない文章を言葉として話すというところにある。「記憶したことのない文章」を子供が話すということは、それは記憶ではないのであり、それではどこからこのような文章が湧出するのか。    それは「意識でない領域」、または「無意識」から湧出するのだと言える。チョムスキーの考えた普遍文法の構造は、無意識の領域に存在する整序構造である。  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  ☆ 《記憶という行為能力は みづからの領野としてそれじたいに秩序作用とその構造を持つ》と考えます。《おぼえる》とは《その知識や情報じたいをととのえる》ことだと考えます。  おぼえたものを想起しそれらの知識要素を筋道立てて推論に用い最終の判断のための材料を用意するのは 《知解》というもうひとつの精神の行為能力だと見ます。これに判断をくだすのは 《意志》という能力行為です。  精神(ないし心)は《記憶・知解・意志》の三つの行為能力から成るという見立てです。社会形態における役割になぞらえれば 順に《司法・立法・行政》に当たるという見方です。  ここでも《無意識》という領域を単独分立させる意義はないと見ますが どうでしょうか?