• 締切済み
  • すぐに回答を!

本などで心理学の話しが出てくると8割フロイトが!

本を読むのですが、ビジネス文書や心理学の本などで人間の内面を分析しようとなると よくフロイトの考えはこうだったとか、ユングはどうのこうのといった話が出てきます! あまりにもフロイトの無意識の考え方とかリビドーがどうとか出てくるので いい加減フロイトの話しを出すのは、にわかだと思えてきました(わたしもにわかです) なぜ120年も昔のフロイトやユングの話を持ってしか心理学の話しをしないのでしょうか? 120年の間フロイトの考えを軸にちまちま改変を重ねてきたのが心理学の世界なのでしょうか? フロイトという第一版の本があって、それを何年何月改正みたいにこまごま変えてきたようで 100年以上も心理学の考え方は変わってこなかったのでしょうか? このフロイト至上説みたいなのはなぜ続いているのでしょう? 天動説から地動説になったように 新しい考え方や基礎を考えた人物はここ50年以内に現れていないのですか?? 教えてください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数173
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2

アインシュタインの一般相対性理論、という壮大な理論を 後の学者がいろいろな方法で証明して来たけど、「やはり正しかった」と言うからにはその学者じゃなくてアインシュタインの名前だけが残っていくでしょう。 もしかしたら、もっとたくさんの学者の名前がその道では知られているのだろうけど、ワレワレの耳には届かないですよね。 フロイトの弟子は「フロイトはこう言っていたが」という文章を書くでしょう。 その弟子もフロイトのこういう説が、、、、さらにその弟子も、ッて感じでさ、 実は有名な学者がたくさんいるんだろうけどソレは新しい理論じゃなかったんでしょうね。 だってですよ、 世界最高峰の精神科治療を受けている(だろう)雅子さんだって未だにあの調子ですよ。 脳の病気じゃなくて精神の病気ですからね。 つまり、心理学ってまだぜんぜん真理にたどり着いていないんでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ここに良い回答がありました http://okwave.jp/qa/q561219.html

  • 回答No.1

今は「アドラー心理学」ですよ。 フロイトが多くの著作に登場して有名なのは「弟子をたくさん作った」「著作が多かった」かららしいです。 質問者さんの疑問の経緯もこれをよめばスッキリします。 http://yuk2.net/man/110.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

いやいや、ここ50年でいないのですか? 結局フライト・ユング・アドラーと120年前の人じゃないですか(´`;) なぜ120年前の人達を引き合いに出すのかという質問ですので 120年前の人を例に出されても回答になってないんですが

関連するQ&A

  • フロイトの心理学について

    心理学についてはほとんど何も知らないんですが昔から疑問に思ってることがあります。フロイトの心理学では人の成長を性衝動の変化で語っていますが、この説明に根拠はあるんでしょうか。確かに性欲というのは根底から湧き上がってくるようにも感じられますが、それを合理的に証明できている文章を未だに読んだことがありません。ラカンの著作を読もうと思ったこともありますが、ラカンの学説の解釈をちょっと読んでみた程度です。ですから僕の中では心理学について何か統一した考えがあるわけではなく、フロイト、ユング、ラカン、などその他が飛び石のように浮かんでいる感じです。心理学を学ぶって基礎を積み上げていくように学習できるんでしょうか?

  • 心理学の理論の科学的根拠はあるのでしょうか?

    心理学においてフロイトやユング、アドラーなどのさまざまな考え方がありますが、それらは科学的な根拠(客観的な根拠)に基づくものなのでしょうか? 例えばフロイト・ユングでは「原因論」、アドラーでは「目的論」といったような理論がありますが、あくまでフロイトやアドラーがそのような考えを発表したというだけで、その根拠に関してはよくわかりません。何か実験のようなもので実証することで彼らはその考えに至ったのでしょうか? もし科学的な根拠がなければ、それらの理論は心理学でありながら科学とはいえないような気がします。 どなたかお詳しい方がいらっしゃいましたら、ご説明を宜しくお願いします。

  • ユング、フロイトの理論に対する現代の心理学

    ユング、フロイトといえばどちらも夢診断などで有名な昔の心理学者ですが、彼らの考えたことは現代の心理学でも取り入れられているものなんでしょうか? たとえば集合的無意識や、エディプスコンプレックスといったものについてです。 自分としてはもう古典みたいなものなんじゃないかなと思っているんですが、今でも文学の講義などでは彼らの考え方をもとに話を続けていることが多いみたいなんです。 実際のところ、どうなんでしょう?

  • 高校生のうちに読んでおきたい哲学・心理学の本。

    はじめまして、私は高校一年になる者です。 最近図書館で、心理学や哲学の本などに興味が湧いています。 近頃読んだものは、哲学書で、サルトルの存在と無、ニーチェやマルクスなどです。心理学の方は河合隼雄さんやユング、フロイトとかも齧ってみました。 これから先も色々な本を読んでいこうと思っているのですが、 出来れば高校生のうちに読んでおきたい哲学書・心理学の本をぜひ紹介していただきたいです!

  • どんな心理学の本を読めばいいですか?

    私はどんな心理学の本を読めばいいでしょうか? 私はいじめの歴史があり、いつまでも過去にとれわれています。 いじめがなければ、親が助けてくれたら、自分ならもっとうまくやれた とばかり考えてしまいます。 自分でも生産的でないことはわかっています。もう少し自分を客観的に見つめなおしたいので心理学の本を読もうと思います。 ぜんぜん知りませんが、アドラーやユング、森田療法や自律訓練法とか いろいろあるようです。私にマッチした心理学の本はありますでしょうか?どんな分野の本をよめばいいでしょうか?

  • 日本の心理学は遅れている?

    たまに心理学関係の一般書を読んだりするのですが、 書店でいまだに「フロイト」「ユング」の字が 本のタイトルに踊りまくっている現状を目にすると、 学会、世間一般の関心等の各面で 「日本の“心理学”は、相当に遅れているのかな?」 ・・・と感じてしまいます。 (偏見かもしれませんけれど) 実際のところ、世界的に見てもかなり遅れているのでしょうか? このテの話題にくわしい方、お教えください。 専門家の方でなくてもけっこうです。 心理学については学生時代に少しかじった程度なので、 分かりやすいご回答や情報ソースを 教えていただけるとありがたいです。

  • フロイト アドラー ユング

    心理学って奥が深いですね。勉強すれば勉強するほど、頭が混乱してくるというか。。。 図書館にて、本を読んでまとめてはいるのですが、多すぎてよくわからない。。。 フロイト、アドラー、ユングの心の構造の共通点、相違点を教えてください。 わかり易い参考資料なども教えてくださると嬉しいです。

  • 心理学の本 

    あまり難しくなくて、分かりやすい心理学の本でお勧めがあったら教えて下さい。 人間関係や人付き合いの参考にしたいなぁと思っています。 また、読んで人生観や価値観、考え方が変わったという本もあれば教えて下さい。

  • 現代の心理学について

    今の心理学はこのような人の悩み(嫉妬、妬み、トラウマ、コンプレックス、アイデンティティの損失)を解決するすることは可能なのでしょうか? このような問題に取り組んだフロイトやユングの心理学は深層心理と言われてますが現在では扱われておらずその代わりに行動心理学や認知心理学が主として研究が進められています。 しかし現在の日本では精神医療やカウンセリングという手法が未だにとられています 無論カウンセリングが心を読めないことと鏡のような存在を目指していることは知っています そこで質問ですが現在心理学はこのような人の悩み(嫉妬、妬み、トラウマ、コンプレックス、アイデンティティの損失)を解決するための研究(深層心理)を続けているのでしょうか? それとも割り切って行動心理学や認知心理学を主としており、現在のところこのような人の悩み(嫉妬、妬み、トラウマ、コンプレックス、アイデンティティの損失)を解決するすることは不可能と割り切ってあるのでしょうか?

  • ユングやフロイトの理論の真偽ってどうやって確かめてるの?

    フロイトの無意識や、イド、自我、超自我、ユングの原型理論などは、 どのような方法で実証、もしくは反証されているのでしょうか。 いやしくも心理学が科学なら、当然、科学的検証に耐えうるものでなければならないと思うのですが。 あ、当方、アンチユングやフロイトではありません。 むしろ、その考え方にはなんとなく共鳴できるので、彼らの説がきちんと科学的精査を受けているのか、知りたいのです。 具体的であればあるほどありがたいです。 よろしくお願いいたします。