解決済み

山中慎介 vs ルイス・ネリー

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9363383
  • 閲覧数224
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 99% (590/591)

4ラウンドTKO
最近のボクシングのセコンドは糞野郎が多くてボクシングファンとしてはかなり困ります。
あと27秒山中は持ちこたえることができなかったでしょうか?
スタンディングダウンをレフリーがとらなかったからタオルを投げ入れたのでしょうかあ?
クソなセコンドだと思いました。
どうしたらあのような糞セコンドを改善できるでしょうか?
昔のボクシングはもっとすごかった。
クソなボクシング時代で困っています。
(>_<)

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 41% (1138/2714)

他カテゴリのカテゴリマスター
私もタオルはない、と思いましたね。解説の具志堅も早いと言うぐらいでしたし。
仮にあのままダウしても、それで試合が終わるわけではないし、ダウンして立ち上がってもすぐ4ラウンド終了になるので、仮に止めるとしても1分休ませて判断してもよかったでしょう。そのまま5ラウンドやらせても、ダメだと思ったらそこでタオルでもいいし。

今のボクシングは選手の健康管理を考えて、レフェリーは早くとめるように指示されているので、仕方ないですが、今日はレフェリーより先にセコンドですからね。

ただ現場のことは現場でしかわかりませんし、今の時点でこの件で山中側はコメントがないので、もしかして山中に止めるぐらいの何かがあったかもしれないし、今はとやかく言えないでしょう。コメントが出てからですね、この話題は。
補足コメント
AnataO192

お礼率 99% (590/591)

http://boxingnews.jp/
試合後の山中のコメント
「負けたこんなことを言うのはなんですけど、大したことない。これだったらいけると思った。ジャブもあたっていたし、左も狙いやすかった。距離も戦いやすかった」
4ラウンド…「そんなにもらっているつもりはなかったですし、大丈夫だったんですけど、セコンドを心配させてしまった」… コンディションはまったく問題なかったらしい。
「みなさんの期待に応えられなかったのが申し訳ない」
今後について…「何も考えられない」とのこと。
以上ボクシングニュースより
投稿日時 - 2017-08-15 23:21:28
お礼コメント
AnataO192

お礼率 99% (590/591)

ありがとうございます。
具志堅も昔メキシコ選手にやられました。
メキシコの選手は牛のように進んできて左右にフックします。
日本チームは勉強できていないし、苦手なのかな?
投稿日時 - 2017-08-15 21:38:50

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

試合後の山中本人の談話を見る限り、持ちこたえることはかなりの確率でできたのかなと思われます。
ただ、その間にどれだけのパンチを受けるかも分かりませんし、「たられば」の話にしかなりません。
トレーナーが独断で投げ入れてしまったようで、本田会長も怒りといった報道も見られますし、具志堅さんも早いと言ってましたが、竹原さんも自分なら納得できないとコメントされたようで、まだ一度もダウンを奪われていない段階でしたから、もう少し様子を見ても良かったのではと、私も感じます。
ちなみにスタンディングダウンというのは、20年くらい前から廃止されているようなので、レフェリーも取ることはないわけです。
思えば、具志堅さんもタオル投入のTKO負けでしたから、これで具志堅さんに並んだとも言えるかと思います。
補足コメント
AnataO192

お礼率 99% (590/591)

結局はボクサーの死がトラウマとなっているトレーナーをセコンドに置いた会長(チーム責任者・監督?)の負けですな。
投稿日時 - 2017-08-21 00:18:49
お礼コメント
AnataO192

お礼率 99% (590/591)

ありがとうございます。
会長怒りの報道は後で調べてみたいとおもいました。
スタンディングダウンのことは質問文を投稿してからすぐに調べてたら、ウィキペディア等で…あらそうなのと、気付いていました。このスタンディングダウンの復活も昔から何度か話が出ているようですが、これがないから、あの偉そうなTKO判断をした(世界のボクシングのTKO判断は俺しだいなのさByアホトレーナー)のようなのが出てくるのだろうかとも思われます。へぼへたれトレーナーが偉そうに世界の審判してどんだけヘタレ根性トレーナーだよと思っている方も少なくないでしょう。
そんなことをおもっているのはわたしだけ~(だいたひかるより)
(/ω\)
投稿日時 - 2017-08-16 07:54:58
  • 回答No.3

もうすでに一昔前になりましたが、亀田兄弟のころのテレビ中継は良かったと思います

1分間のインターバルもCMにいかず、生でセコンドの声が聞けました

最近のボクシングの試合はすぐにCMにいくので、選手の疲労感やセコンドとの会話がわからないまま、試合が進行してつまらなくなっていますね

こうなったらタオルを投げるからな・・・とか、もっと身近に試合を感じられるテレビ観戦を昔のような形に戻して欲しいですね・・・
お礼コメント
AnataO192

お礼率 99% (590/591)

ありがとうございます。
亀田戦はあまり見た記憶がありませんが、あそこのセコンドみたいにいい意味でクソ根性丸出しの戦い方があってもいいのではないかと思いましたので、参考になりました。
ついでに…亀田のオヤジは誰が戦っているのかわからないくらいのリングサイドセコンド口攻撃クソ根性オヤジでしたけど…いい意味で。
投稿日時 - 2017-08-16 00:00:10
  • 回答No.2

確かにガードが下がっていたにせよ、採点発表が行われるインターバルで回復を待っても良かったと思いますね
お礼コメント
AnataO192

お礼率 99% (590/591)

ありがとうございます。
m(__)m
なんのために1分間の休憩があるのかでございます。
回復を見るのもファンの楽しみでござるし、入場券も安くはないし、興業スポーツなのに、クソなもの見せやがってと思っている人は少なくないと思いますねえ。
このヘタレ興業スポーツ現象は、ヘタレ日本人育成を虎視眈々と長年にわたり工作してきた工作組織により骨抜きヘタレ日本国民育成だ出来上がりつつある…お手本のような今回のセコンド思考で、いよいよ工作組織国のマインドコントロール成果の片鱗が確かに表れた試合でござります。
ああ、これからどうなる日本でございます。
投稿日時 - 2017-08-15 22:52:53
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集

ピックアップ

ページ先頭へ