締切済み

こども学概論

  • 困ってます
  • 質問No.9322811
  • 閲覧数518
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

保育を学ぶ者です。
カール・ロジャースが提唱したカウンセリングの問題で
あなたは保育の専門家として、「受容」の前段階である枠組みを保留するために「こども」とどう接していくか私見を述べてください。
とあります。
つまりどういう事を書いたらいいのでしょうか?

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 24% (46/189)

保育ってずいぶん難しい議論なんですね、初めて知りました。素人ですが、子供を相手にするのにこんな話を追及しないといけないというのは奇異に思えます。門外漢の感想です。
で、問題文が理解できないと書きようがないと思うのですが、受容の前段階の枠組みって、なんのことを言ってますでしょうか。また、それを保留する、というのは?保留しないとどうなるんでしようか?

素人が普通に考えると:
大人の考えを是とすることなく、子供がありのままに考え表現するに任せるべきであり、受容することすら不要である、受容は何かを認めることだが、そこには認めるまたは認めないという無意識の判断が紛れ込んでいる。

みたいな話しでしょうか。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
同じような状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集

ピックアップ

ページ先頭へ