• 締切済み
  • 困ってます

私人逮捕の際に犯人の車の窓を割るのは合法ですか?

現行犯人が車の中に籠城した場合、私人逮捕の一環として窓ガラスを割って犯人の身柄を確保することは出来ますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数288
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3

 沖縄の事件の件、私は存じませんでしたが、表彰したのは裁判所ですか?  また、窓ガラスを割った人(Aさん)は、まちがいなく犯人の車だと知っていて窓ガラスを割ったのでしょうか?(他人の車でも壊した?)  (済みません、前2回の回答は、窓ガラスを割った人は、割った時点では誰の車か分からないで割ったのだろう、と思って書いてました。そのあたりがゴチャゴチャになっていました。おわびします)  ほかにも、Aさんを持っていたナイフで刺し殺す可能性はなかったとか、暴走して他人を事故に巻き込む心配がなかったとか、Aさんには警察が来るのを待てない特別な事情があったとか、なにか「その事件特有の事情」があって、その表彰となったのではないか、と思います。  私は、すべての私人による現行犯逮捕に一般化できる事情とは思いませんねぇ。  一般市民でさえそれができるなら、警察だってどんどんやりそうじゃないですか。「説得なんてまだらっこしいことをする必要はない、すぐ窓ガラスを壊せよ」ということになってしまいます。  それに、表彰したのは裁判所ではなく、警察のような気がする(裁判所が表彰するというのは聞いたことがナイ)のですが、最終的に有罪か無罪かを決めるのは警察ではなく裁判所ですからね。もちろん私でも無いですが。  まあ、警察署は、逮捕に協力して、面倒な作業を手抜きさせてくれたのですから、「感謝状」くらい贈るでしょう。  警察が無反応なら、今後警察に協力してくれる人は減りそうですしね。一種の「打算」です。  私だって、暴力を使ってでも、家賃を滞納して居直るヤツから家賃を取って追い出してくれる人がいれば表彰状くらい贈ります。暴力が正しいかどうかは、表彰とは関係ない話です。  話を戻しますが、警察署が表彰した=裁判所がAに対し「無罪判決」を下す とは、私はまったく思えないのですよ。  「たまたま」被害が広がらなかったから、警察が検察を動かさなかった、検察が動かなかったから訴追されなかった、被害が広がっていれば遺族になったかもしれない人たちからの抗議が出なかった、抗議が出ないから検察審査会も登場しなかった、ダケだと思います。  たまたま被害が広がらなかった、という偶然の流れです。  とにかく、Aの行動は、一般的に「必要無い行動」であるばかりか、危険な「有害」行動なのです。正当な行動とは思えません。 > 場合にもよりますが、もし、割った方が有罪になったら、 > 大衆の怒りを買うでしょう。  そうでしょうか?  「ケガをするかもしれない行動だった」「顔などの特徴や車のナンバーを覚えるだけで十分だった」、「運良くそうならなかったが、近くの小学生の列に車が飛び込む事件になる危険な行動だった」「だからもう、しないでください。顔などの特徴や車のナンバーを覚えるだけで十分です」と丁寧に説明したら、大衆だって馬鹿じゃナイのですから怒らないと思いますよ。  割られて焦った犯人が車の中に置いてあったナイフで割った人Aを刺し殺したら、あるいは、慌てた犯人がアクセルを踏んで逃走し、子供の集団などに衝突して何人も死んだとしても、遺族や大衆の皆さんはAを賞賛するんですか?、と聞けば良い。  犯人を、心にやましさを持っていてすぐに逃げ出したく思っている人間を、窓ガラスを割ってさらに心理的に追い詰めるのは、正しい行動なのでしょうか?、と。  パトカーが追跡途中で追跡を諦めたのに、まだ追跡されていると思った犯人があせって衝突して事故死したりすると、マスコミは警官を叩きますよ。わざわざ警察上層部が「問題なかった」などと声明を出したりするくらいです。  マスコミが執拗な追跡をたたくのは、大衆が、「犯人を追い詰めるのは、より大きな事故などを誘発する、有害な行動だ、問題行動だと思っているから」ではないでしょうか?  犯人を心理的に追い詰めて、焦らせて、自暴自棄にさせることが、結果として別な殺人事件や交通事故をおこさせることになっても、「正しいこと」ならドンドン追い詰めてやればいいということになりますよね?  私はそうは思わないですし、大衆もそれが正しいことだと思ってはいないと思います。仮に思ったとしても、「話せば分かる」と思います。 > この辺を踏まえると、どうしていいか分からなくなります。  前に述べた通り、事件は1つ1つ違います。判決も、その違いに応じて1つ1つ違うものになります。  高裁が最高裁の判決に拘束されるのは、その事件だけです。別な事件で、高裁や地裁が最高裁の判決と矛盾する判決を下しても問題にならないのが、日本の司法制度です。  判例も変わりますし。  なので、前回こうだったから、次もこうだろう、という予測は難しいです。どうしてもやりたいなら、実践してみてどうなるか、表彰状が来るか、有罪の判決書が届くか、結果を待ってみるしかないと思います。  私は、「君子危うきに近寄らず」ということをモットーにしていますので、やりませんけどね、迷い悩むなら、自己責任でやってみればいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ちなみに台湾や米国では、市民によるこれ位の行動は日常茶飯事です。 窓ガラスを割るなんて、まだまだ可愛らしいです。

  • 回答No.2

 補足を拝見しましたので回答します。  警察官は逮捕のために、法によって特別に与えられた権限を行使しています。その職務行動は「公務執行妨害罪」などで厚く保護されています。  逆に、逮捕が間違いだったり、取り扱いが乱暴だったりした場合は、その警察官らは「特別公務員暴行陵虐罪」などなどによって処罰されます。  一般の民間人はどちらとも無関係です。  保護され処罰も重いという特別な地位にある警察官がやっているから、そういう権利義務とは無関係の一般市民である自分もやっていいということにはなりません。  だいたい、なんで「籠城している犯人」を、他人の自動車の窓ガラスを割ってまで、逮捕しなければならないのでしょう?  逃走するから? 逃走するなら窓ガラス(簡単には割れない)を割られる前に、割られても捕まえられる前に発進させてますでしょう。発進すれば逮捕しようとした人も、掴んだ手を離すでしょう。  犯人が、ドアに捕まった警察官を振り落とそうと急発進したような場合なら窓ガラスを壊すでしょうけど、そうなってからなら、警察官はもちろん一般市民の質問者さんが窓を壊しても「正当防衛か緊急避難」になります。  警察などの活動を記録したテレビ番組などをしばしば見ますが、警察官はそんな状態にならないように注意深く行動していますよ。  窓ガラスを割ってまで逮捕しようとなんてしません。犯人を刺激しないように遠巻きして、何時間も説得していますよ。窓ガラスを割って強行突入するのは人質などがいて、犯人や人質の体力が限界にきている場合ですね。  籠城しているだけならあわてて逮捕する必要性がナイのです。逮捕を焦って、自殺でもされたり、急発進されて事故でもおこされたら警察官でもその責任を問われます。  窓ガラスを割られそうになって動揺した犯人が車を急発進させて、歩行者にぶつかり、死人や怪我人が出たらガラス窓を割ろうとした人(一般市民でも警察官でも)のせいですよ。そう言って非難されます。  警察官なら上司が「問題なかった」とかばってくれますが、一般市民なら誰がかばいますか? まあそれは、対遺族、対マスコミ の話であって法律論ではないですがね。  ともかく、ガラスでケガするリスクまで犯して、人の車のガラスを割るのは、必要無いどころか、自分にとってはもちろん、犯人を刺激してもっと大きな犯罪・事故を誘発するので「有害」な行動なのです。  犯人の所有する車ならナンバーを覚えるだけでも、十分逮捕に役立ちます。籠城している犯人を自分の手で捕まえるなど、自己満足に過ぎません。  質問者さんの書かれた「しおかぜ事件の判例」というのは分かりませんが、事件は1つ1つ違います。判決も1つ1つ違うのが日本の裁判制度です。  ただ1つ「犯人逮捕」という目的があれば、有害・危険なことをやっても「正当だ」とは裁判所は言わないと思います。  そういうのを刑事事件だとなんと言うのかわかりませんが、民事だと「権利の乱用」といいます。  犯人逮捕が正当な場合もある。一応「逮捕権もある」。しかし、その権利を行使して良い場合と良くない場合がある。良くない場合なのに権利を行使したら、それは「権利の乱用」です。  民事なら、たっぷり「損害賠償を命じる判決」が出ますが、刑事で出るのは「有罪判決」でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ここで一つ疑問が出てきます。 2007年2月に沖縄・那覇で、札幌市から社員旅行できた男性が、 ひき逃げ犯を追って窓を割って取り押さえ、のちに表彰されています。 これはどう説明がつくのか、という問題があります。 もう一つ。 場合にもよりますが、もし、割った方が有罪になったら、 大衆の怒りを買うでしょう。 まんだらけの万引き公開宣言の時も、脅迫罪が既遂などと、 偉そうな弁護士が出てきて断罪していましたが、 実際にまんだらけは検挙されたでしょうか? 法律は自然法則とは違い、人為的法則に過ぎません。 民衆が蜂起したら法治社会など簡単に壊れます。 警察や検察はそう言った社会的限界も察知の上、 実際に検挙するかどうかを決めているのではないでしょうか? (別に警察や検察に圧力をかけるつもりはありません。) 実際、警備員や一般市民が犯人を取り押さえた際に、 取り押さえた犯人が死亡する事故が数年に一回起きていますが、 よほど行き過ぎでない限り、少なくとも刑事では責任を問われてません。 この辺を踏まえると、どうしていいか分からなくなります。

  • 回答No.1

 多くの場合、合法ではありませんね。  まず、車の所有者が同意していれば、合法です。  犯人が誰かの車を乗っ取ってしまって、中に籠城した場合などですね。所有者が「窓を割ること」に対して許可を与えていれば問題ありません。  そうでないとしたら、犯人の車を含めて「他人の所有物」を、故意をもって壊すことになりますので、「器物損壊罪」となります。  他方、それを免責する、正当防衛、緊急避難、正当業務など、「違法性阻却事由」に該当する事由がありませんので、合法にはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

警察官が行なっていて、なぜ私人が行うと器物損壊罪になるのですか? 私人による現行犯逮捕も正当行為であり、 しおかぜ事件の判例で「警察官であると私人であるとを問わず」実力行使は認められると判示されています。

質問者からの補足

私人逮捕は正当業務ではないのですか?

関連するQ&A

  • 「私人逮捕」に関するイメージ調査

    ネットで話題の「私人逮捕」。 日本国内では現行犯人のみ「私人逮捕」が可能です。 「私人逮捕」という言葉を聞くと、あなたはどんなものを連想しますか?

  • 私人逮捕権に「連行権」は含まれるのでしょうか?

    私人逮捕権に「連行権」は含まれるのでしょうか? 原則として現行犯は誰にでも逮捕できます。 現行犯を逮捕した場合、警察へ通報するのは当然ですが、 その身柄を自身で管轄の警察署へ連行しても、 法律上問題はないのでしょうか? 民間警備会社や小売店、鉄道事業者の関係者などは、 被疑者を傷つけたり過度に拘束をしたりしないよう、 実際上はかなり気を配っているようです。 (司法警察権を有していた旧国鉄職員を除く。) 逮捕監禁や監禁致傷事件などにならないようにするため、 どこの会社も神経質になっていると思われます。 私人逮捕権に被疑者の「連行権」が含まれるのか否か、 裁判所も学者も明確な見解を示していません。 これは一体なぜなのでしょうか? 何らかの事情であえて判断を見送っているのでしょうか? 現状では私人が現行犯人を逮捕した場合においても、 自身の手によってその身柄を警察署へ連行することは、 法的リスクが大きいと考えたほうがよいのでしょうか? 【問題の所在】 1.現行日本法において,私人による現行犯逮捕権については,   以下の規定が存在する。  (1)現行犯人は,これを何人でも逮捕できる(刑事訴訟法213条)。  (2)しかし,私人すなわち司法警察員ではない者が,    現行犯人を逮捕した場合,当該被疑者の身柄を,    「直ちに」司法警察員へ引き渡さなければならない(同214条)。  (3)よって,理由なくして司法警察員への引き渡しが遅れると,    被疑者を逮捕した私人が逮捕監禁罪に問われる(刑法220条)。 2.そこで,刑事訴訟法214条に規定される「直ちに」の文言が,   具体的にいかなる義務を,逮捕した私人に課しているのか,   明文の規定を欠くため問題となる。  (1)この点,かかる文言は,逮捕の意味を広義に捉えると,    私人が現行犯逮捕を行った場合につき,被疑者の連行権,    すなわち,被疑者の身体を縛って警察暑などへ連行することを,    被疑者を逮捕した私人に認めたものと解される。  (2)一方,逮捕の意味を狭義ないし限定的に捉えると,    被疑者を逮捕現場から動かすことなしに,    司法警察員が現場に到着するのを待つことを,    逮捕を行った私人に要求したものと解される。  (3)判例・通説は,私人逮捕にかかる連行権の有無に関して,    明確な見解を示していない。    司法警察員ではない者が現行犯逮捕した被疑者の身柄につき,    いかなる程度まで,当該私人による制御権が及ぶとされるのか,    裁判所や学説が具体的に明示した事例は存しない。 3.もっとも,私人に被疑者の連行権が認められないとすれば,   私人逮捕権は逮捕権として実効性に乏しいものと言える。   さらに,日本国内においては,私人が現行犯人を逮捕しても,   管轄の警察暑名義による逮捕として報道発表がなされる。   この点,私人逮捕権が事実上形骸化する恐れはないのか,   懸念されるところである。                                        以 上

  • 私人逮捕の際に捕縄連行は認められていますか?

    私人逮捕の際に捕縄連行は認められていますか? 法律上は一般市民も現行犯を逮捕できます。 でも実際のところ、司法警察権のない民間人には、 どこまでの権限が認められているのでしょうか? 日常的感覚では犯人を縛って連行することが、 「逮捕」という言葉のイメージです。 しかしマスコミ用語と法律用語とでは、 「逮捕」の意味にも若干のズレがあると思われます。 これだけ法規範や法学・法曹界の解釈が曖昧では、 監禁事件になるのが怖くて私人逮捕などできません。 一体どこまで自分で行動してもよいのでしょうか? 【問題の所在】 1.私人による現行犯逮捕に関し,現行日本法には次の規定が存在する。  (1)現行犯人は,「何人でも」逮捕状なくして     これを「逮捕」できる(刑事訴訟法213条)。  (2)しかし,司法警察員ではない者が現行犯人を逮捕した場合には,     逮捕を行った私人は「直ちに」その身柄を     司法警察員へ引き渡さなければならない(同214条)。  (3)よって,正当な理由なくして司法警察員への引き渡しが遅れると,     逮捕を行った私人が逮捕監禁罪に問われ得る(刑法220条)。 2.そこで,刑事訴訟法が,司法警察権を有しない私人に現行犯人の   捕縄連行権を認めているか,明文の規定を欠くため問題となる。  (1)この点,刑事訴訟法213条における「逮捕」の文言を     広義に解すると,同214条における「直ちに」の文言は,     司法警察員への身柄引き渡しを目的とする範囲において,     現行犯人の捕縄連行権を私人に認めるものとなる。  (2)反対に,同「逮捕」の文言を狭義ないし限定的に解すると,     同「直ちに」の文言は,現行犯人を現場から動かすことなしに,     司法警察員の到着待機を私人に義務付けるものとなる。  (3)判例・通説は,私人逮捕にかかる捕縄連行権の有無に関し,     明確な見解を示していない。     司法警察員ではない者が逮捕した現行犯人の身柄につき,     いかなる範囲まで当該私人による制御権が及ぶとされるのか,     裁判所や学説が具体的に明らかにした事例は存しない。 3.もっとも,現状の法運用においては慣習上,   司法警察員のみが現行犯人の捕縄連行をなし得る。   ゆえに事実上,刑事訴訟法213条における「逮捕」の文言は,   行為者によってその含意を異にする。   また,日本国内では私人が現行犯人を逮捕しても,   管轄の警察署名義による逮捕事実として報道発表がなされる。  (1)この点,同条は「何人でも」と明文で前提していることから,     当該法運用は法の下の平等に反し,妥当ではないと解する。  (2)さらに,私人逮捕が逮捕権としての実効性を没却し,     形骸化する恐れはないか懸念されるところである。                                         以  上

  • 私人逮捕権って実際には形だけの権限なのですか?!

    私人逮捕権って実際には形だけの権限なのですか?! 現行犯逮捕は民間人にでも出来ると言われていますが, 私人逮捕は実運用上どのように位置付けられているでしょうか? 以下に掲げる【a】と【b】の各疑問に答えることのできる方へ, それぞれについての解説をお願いいたします。         **** 1.現行日本法における私人逮捕権については,明文によって以下の規定が設けられている。   (1)現行犯人については,何人でも逮捕することができる(刑事訴訟法213条)。   (2)しかし,私人すなわち司法警察員ではない者が,現行犯人を逮捕した場合,被疑者を『直ちに』司法警察員に引き渡さなければならない(刑事訴訟法214条)。   (3)従って,正当な理由なしに司法警察員への引き渡しが遅れた場合,被疑者を逮捕した私人が逮捕監禁罪に問われ得る(刑法220条)。 2.そこで,刑事訴訟法214条に規定される『直ちに』の文言が,具体的にどのような義務を私人に課しているかが問題となる。   (1)まず,当該条項は,私人が現行犯逮捕を行った場合につき,被疑者の身体を縛って管轄の警察暑などへ連行することをも,逮捕した者の権限として認めているとも解される。   (2)他方,被疑者を逮捕現場から動かすことなしに,警察官などが現場に到着するのを待つことを,当該私人に期待したものとも解し得る。   【a】これにつき,判例や通説はどのような見解を示しているのか。司法警察員ではない者が現行犯逮捕した被疑者の身柄につき,どの程度まで当該私人による制御権が及ぶとされるのか。 3.また,仮に現行犯逮捕を行った私人に被疑者の連行権が認められないとすれば,私人逮捕は逮捕権として実効性に乏しいものとも言える。   当該見解を肯定する論拠として,日本国内では私人が現行犯人を逮捕しても,管轄の警察暑名義による逮捕として報道発表がなされる点が挙げられる。   【b】この点,私人逮捕権は事実上の空文規定となる恐れはないのか。                      以上         ****

  • 私人逮捕にも警察比例の原則は適用されますか?

    私人逮捕にも警察比例の原則は適用されると考えるべきでしょうか? たとえば、逃走している放火の現行犯人を常人逮捕する場合に、車で体当たりしても、殺人未遂罪には問われないでしょうか?

  • 私人逮捕時の制圧死で死刑になることはありますか?

    私人逮捕を行う際の実力行使で犯人を死亡させた場合、 逮捕行為に行き過ぎがあり、かつ死亡した現行犯人が二人以上だと、 相手が強盗や傷害などの重罪犯であっても、 私人逮捕を行った側が死刑に処せられる可能性はありますか? 誤認逮捕ではないものとし、私人による現行犯逮捕が有効である前提とします。 また、私人逮捕を行う側に殺意はないものの、 万が一の際には犯人が死ぬ可能性を認識していたものとします。

  • 警備員・店員の方へ‐私人逮捕を躊躇しますか?

    警備員・店員の方へ‐私人逮捕を躊躇しますか? 日本では私人逮捕を行う際の民間人の権限について、 法律の文言や法学界・法曹界の解釈、慣習的規範が曖昧です。 これに関し、あなたが感じる「怒り」について教えてください。 自身にどこまで権限が及ぶかわからず、 逮捕監禁罪に問われる恐れから萎縮してしまい、 思うように行動できなかった経験はありますか? 【参考補足‐問題の所在】 1.現行日本法では,私人による現行犯逮捕について,   以下の規定が存在する。  (1)現行犯人は,これを何人でも逮捕できる(刑事訴訟法213条)。  (2)しかし,司法警察員以外が現行犯人を逮捕した場合,    当該私人は「直ちに」被疑者の身柄を,    司法警察員へ引き渡さなければならない(同214条)。  (3)よって,理由なくして司法警察員への引き渡しが遅れると,    逮捕を行った私人が逮捕監禁罪に問われる(刑法220条)。 2.そこで,刑事訴訟法214条における「直ちに」の文言が,   具体的にいかなる法的義務を逮捕を行う私人に課すものか,   明文の定めを欠くため問題となる。  (1)この点,かかる文言は,逮捕の意味を広義に捉えると,    司法警察員への身柄引き渡しを目的とした連行権,すなわち,    拘束した被疑者の身体を縛り,警察暑などへ連行することを,    当該私人に容認したものと解される。  (2)一方,逮捕の意味を狭義ないし限定的に捉えると,    被疑者を現場から動かすことなく,司法警察員の到着待機を,    当該私人に要求したものと解される。  (3)判例・通説は,私人逮捕にかかる連行権の有無に関し,    明確な見解を示していない。    司法警察員ではない者が現行犯逮捕した被疑者の身柄につき,    いかなる範囲まで当該私人による制御権が及ぶとされるのか,    裁判所や学説が具体的に明示した事例は存しない。 3.もっとも,私人に被疑者の連行権が認められないとすれば,   私人逮捕は逮捕権として実効性に乏しいものと言える。   さらに,日本国内においては,私人が現行犯人を逮捕しても,   管轄の警察署名義で逮捕事実の報道発表がなされる。   この点,私人逮捕権が本来の趣旨を没却し,   形骸化する恐れはないか,懸念されるところである。                                   以 上

  • 私人逮捕には強制力がないと述べた法学権威は誰か?

    私人=いかなる強制力をも持ち得ない個人・法人 ↓↓↓ゆえに↓↓↓ 私人逮捕には強制力を伴わない =現行犯人が「拒否」した場合に 当該現行犯人を無理やり現行犯逮捕すると 逮捕した側の私人に逮捕罪・逮捕監禁罪が成立し得る このようなムチャクチャに誤った法学理論を 日本国憲法下で最初に述べた 法学権威は一体誰なのでしょうか? プロの弁護士・法律家でも上記のような 解釈をしている者を数人見たことがあり、 目からウロコが飛び出ました。 刑訴法213条の「できる」を反対解釈して 私人逮捕の強制力を否定しているようです。

  • 私人逮捕が有効でも犯人への暴行罪は成立し得るのか?

    私人による現行犯人逮捕が有効とされ、 司法警察職員によって逮捕手続き書が作成された場合でも、 犯人を抑え込んだ私人に暴行罪が別途成立することは、 法理論上あり得るのでしょうか?

  • 私人逮捕の制度ってなんであるの?

    現行犯で犯人を誰でも逮捕出来ることに利便性を感じる一方で、即座に捕まえなければならないような凶悪な犯人がそんな簡単に私人に捕まるとも思えません。 正義の味方が誰でも逮捕 http://www.stdkousotsu.com/node/3 それと、このブログとか見てると、私人に捕まるような人には、犯罪をしてない人がそれなりに含まれてるのではないかとも思えてきます。 そこでこの2点を教えて下さい。 そもそも私人逮捕の制度はなんのためにあるのでしょうか? また、他国では私人逮捕などという制度はあるのでしょうか? よろしくお願いします。