-PR-
締切済み

復縁したい元彼女に連絡した後

  • 困ってます
  • 質問No.9307732
  • 閲覧数121
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

それなりにやり取りをし、彼女の方は復縁に了承しませんでした。考えたいと言っていました。
すると男性側は暫く大人しくしていると言い、そこから連絡して来なくなりました。
これにはどんな思惑があるのですか?
焦らずにゆっくり仲良くなりたいと話していたそうですが、今回は諦めたのでしょうか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 15% (113/719)

あまり重くなると逆効果だと思って待ってんだと思います。
あまり重くなると逆効果だと思って待ってんだと思います。
関連するQ&A

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 48% (16986/34857)

恋愛相談 カテゴリマスター
「それなり」のやり取りを経ての告白(復縁打診) 当然復縁を求めた側の元彼は、 自分と近い感覚で(復縁)世界を捉えてくれている。 その前提で復縁を求めた筈なんだよ。 決して一方的では無い筈だ、と。 復縁という世界への波長も合う筈だ、と。 今求めたら、 きっと元彼女にも良い届き方をする筈だ。 元彼はそう考えた。 ところが、 現実の彼女の対応は想像の範囲外だった。 ⇒考えさせて。 ある程度その場で決着(白黒)が ...続きを読む
「それなり」のやり取りを経ての告白(復縁打診)
当然復縁を求めた側の元彼は、
自分と近い感覚で(復縁)世界を捉えてくれている。
その前提で復縁を求めた筈なんだよ。
決して一方的では無い筈だ、と。
復縁という世界への波長も合う筈だ、と。
今求めたら、
きっと元彼女にも良い届き方をする筈だ。
元彼はそう考えた。
ところが、
現実の彼女の対応は想像の範囲外だった。
⇒考えさせて。
ある程度その場で決着(白黒)が見えると思っていた分、
持ち帰って考えます的な平熱返答は、
彼側の高まる気持ちにかなり水を注した。
正直ガッカリ感もある。
何より、
自分と近い感覚を彼女も有しているのでは?
そう思っていたが故のガッカリ。
ガッカリした彼には、
感情的な深追いをするエネルギーも出なかった。
悩んでいる相手の肩を感情的に揺すっても、
そこから良い返事なんて出ないし、
そういう形の復縁の先には温度差が残るから。
やっても意味が無い。
彼は、
求めた際の元カノ側の反応(熱)に対して、
割と冷静に判断をしたんだと思う。
また復縁を求めたくなるような、
そんな気持ちの再盛り上がりが起きるか?
起きるかもしれない。
でも、
今回の返事を以って、
もう元カノとの復縁にはある程度のケジメを付ける。
結果的にそうなってしまう可能性も十分ある。
今の彼は、
動いた後の自分自身の変化、
それに対して素直に向き合っている段階。
自分自身が向き合う対象だからこそ、
復縁を求めて空かされた元カノは、
今は向き合う対象から外れているんだよ。
連絡してこなくなったのは、
彼の中ではとても自然な状態なんだと思う。
特に元カノに対する打算や思惑は無い。
彼は彼の「中」で整理をしていくつもり。
その整理がどういう形でつくのか?
彼自身も分からなない。
分からないうちはおそらく連絡は無い。
連絡が無い元彼の事が、
元カノの方が逆に気になってしまい、
気付いたら彼女の方が追い掛けてしまうような、
そんな関係になるのか?
それも分からない。
元カノも深追いをせずに、
去るもの追わずの態度を選ぶなら・・・
もしかしたら縁自体が細くなっていく可能性もある。
今後の縁の維持継続の鍵は、
元彼次第でもあり、元カノ次第でもあるんだと思うからね☆
  • 回答No.2
レベル6

ベストアンサー率 11% (1/9)

考えたいと言った彼女に、落ち着いて考える時間を与えているのでは? 彼女の判断を待っているのではないでしょうか。
考えたいと言った彼女に、落ち着いて考える時間を与えているのでは?
彼女の判断を待っているのではないでしょうか。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
辛かった!うまくいった!自分ならこうする。体験や感想を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ