• ベストアンサー

もし、徳川吉通が生きていたら、8代将軍は誰だった?

もし、7代将軍の徳川家継が死んだ時点で、尾張藩第4代藩主の徳川吉通が生きていたとしたら、8代将軍は誰になっていたでしょうか? 徳川吉通になっていたでしょうか? それとも、徳川吉宗だったでしょうか? 尾張藩の方が紀州藩よりも家格は高いですが、徳川吉通は家康の玄孫なのに対して、吉宗は家康の曾孫であり、吉宗の方が家康との血縁が近いです。 7代将軍の徳川家継が死亡した時点で、徳川吉通が生きていたら、8代将軍は徳川吉通になっていたか、それとも徳川吉宗になっていたか、予想を教えてください。

noname#224259
noname#224259
  • 歴史
  • 回答数3
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • oska2
  • ベストアンサー率44% (2130/4736)
回答No.1

>もし、徳川吉通が生きていたら、8代将軍は誰だった? 難しい質問ですね。 が、徳川吉通は「藩内でも評判が芳しくない殿さま」だった様です。 尾張徳川藩の畳奉行の日記「鸚鵡籠中記」には、 「吉通は、ひどい大酒飲みで酷い事をする」 「家臣をいつも批判して、他人の意見を全くきかない」 など、延々と批評が書いています。 ※松の廊下事件や赤穂事件(吉良邸押し込み事件)についても、冷めた記録を残しています。 ※この日記によると、フィクションである忠臣蔵とは全く異なった内容が書いてあります。 >徳川吉通は家康の玄孫なのに対して、吉宗は家康の曾孫であり これも、眉唾なんですね。 徳川実記は、あくまで勝者の+為政者の都合による記録に過ぎません。 ただ、玄孫・曾孫といっても・・・。 吉通の実母が、宜しくない。 色んな色男に手をつけています。 流石に藩主の御生母でも、41歳で蟄居謹慎となり71歳で亡くなるまで幽閉生活です。 家臣の評判も実母の評判も芳しくない事は、幕府でも把握しています。 対して、吉宗の場合。 何故か、紀州徳川家を継ぐ兄が順番に死んでいますよね。 棚から牡丹餅形式で、吉宗が尾張藩主の座に付きました。 実母も、質素な農家の娘ですよね。 藩内では、まずまずの評判だった様です。 ※これも、為政者の記録に過ぎません。 この点から見ると、やはり吉宗でしようかね。

noname#224259
質問者

お礼

御回答ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • jkpawapuro
  • ベストアンサー率26% (805/3023)
回答No.3

徳川吉通の評判も徳川継友の評判と同じで、手堅い財政通で藩財政を建て直しそのうえで尾張全体の経済も底上げしてますよね。まあ尾張全体の経済は藩政とは無関係に向上したのかもしれませんが、財政規律がきっちりしてるってのがポイントです。無駄金使わない藩主というのは大奥にとって最大の敵です。 一方吉宗は自分の立場を確立するといった意味できわめて手堅い政治家で、将軍就任前には確実に幕閣や大奥にたいしては耳障りのいいことしか言わず手堅く支持を集めたことでしょう。 となると将軍継嗣争いの立場としては、吉通にしろ継友にしろ立場がまったく同じなので、大奥の支持は得られず吉宗が勝つと予想します。

noname#224259
質問者

お礼

御回答ありがとうございました。 吉宗の将軍就任は、天英院の鶴の一声で決まったとか聞いた事があります。 月光院に押され気味だった天英院が大奥の最高実力者に戻れたのは、江島生島事件がきっかけだそうですね。 ありがとうございました。

  • ithi
  • ベストアンサー率20% (1957/9566)
回答No.2

jmpwygko さん、こんばんは。 答えは微妙ですね。確かに吉通の評判や歳暮の性格はよくないけれども、御三家筆頭の当主ですからね。それなりに、資格はあるのです。一方吉宗はどうか?彼自身は兄綱教、頼職の死を受けての相続ですから、綱教であれば対抗馬になりますが、吉通に対して正当性にどうしてもかけるのです。

noname#224259
質問者

お礼

御回答ありがとうございました。 吉宗では、吉通に対して正当性にどうしても欠けますか。 という事は、吉通が生きていたら、8代将軍は吉通だったという事ですよね。 綱教ならば吉通の対抗馬になり得たのですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 吉通と吉宗はどちらの方が宗家と近いと思われてたか?

    徳川吉宗と徳川吉通とでは、どちらの方が徳川将軍家と血筋が近いと思われていたのでしょうか?(勿論、徳川家継が死んで、徳川宗家の血筋が絶えるよりも前の話) 紀州藩第5代藩主(後の江戸幕府・第8代将軍)徳川吉宗と、尾張藩の第4代藩主・徳川吉通とでは、どちらの方が徳川将軍家と血筋が近いと思われていたのでしょうか? 男系のみで見れば、 家康⇒義直⇒光友⇒綱誠⇒吉通 家康⇒頼宣⇒光貞⇒吉宗 となり、吉通は家康の玄孫 吉宗は家康の曾孫 となるため、吉宗の方が吉通よりも、家康と一世代だけ近いことになります。 しかし、吉通の父の綱誠の生母(光友の正室)は、家光の娘です。 そこで質問があります。 徳川吉宗と徳川吉通とでは、どちらの方が徳川将軍家と血筋が近いと思われていたのでしょうか? 教えてください。 ※ 勿論、家継が死んで、宗家の血筋が絶えるよりも前の時代に、どう思われていたのか? です。

  • 9代将軍・徳川家重

    9代将軍の徳川家重はwiki等で調べた限りでは、8代将軍徳川吉宗の長男となっています。 しかし、wikiにも間違いはあるそうなのですが、 徳川家重が、実際は吉宗の兄で紀州藩の4代藩主であった、徳川頼職の子だったという事は絶対にないといえるでしょうか? wikiで調べた、家重の生年月日と徳川頼職の没年月日を見る限りでは、なさそうですが‥‥ 絶対にあり得ないといえるでしょうか? どうしても気になったのでお願いします。

  • 松平清武は、本当に8代将軍の候補に入っていたのか?

    本当に、8代将軍を決める時に、松平 清武(まつだいら きよたけ)は候補に入っていたのでしょうか? (⇩)下記の URL の松平 清武(まつだいら きよたけ)の wikipedia のページの『2 8代将軍になれなかった理由』の所によると、 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B9%B3%E6%B8%85%E6%AD%A6#8代将軍になれなかった理由 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B9%B3%E6%B8%85%E6%AD%A6#8代将軍になれなかった理由 7代将軍徳川家継が危篤状態に陥った時、家宣の正室だった天英院は8代将軍の候補として清武を推したという。清武が家継の叔父であり、血統的に最も近かったのが理由である。しかし清武は、将軍には相応しくないとされる理由が主に2つあった。 家臣の越智喜清に育てられてその家督を継いでおり、また松平の苗字を許されて大名になったのが宝永4年(1707年)、44歳の時であり、経歴上問題があった。 既に54歳と高齢であった。 また、清武自身にも将軍職に対する野心は特になかったといわれる。これらの理由から天英院は清武を将軍にすることを諦め、紀州藩主徳川吉宗を推し、吉宗が8代将軍に就任した。 (⇧)となっています。 しかし、 松平 清武(まつだいら きよたけ)は、将軍候補を決める際にも、姓が「徳川」ではなくて「松平」のままであり、また、将軍の偏諱も受けられていません。 姓が「松平」でも、福井藩主や松江藩主などは、将軍の偏諱を受けられていました。 綱吉や綱豊も将軍(4代将軍・家綱)の偏諱を受けられていました。 8代将軍の他の候補も、 尾張藩:徳川 継友 紀州藩:徳川 吉宗 水戸藩:徳川 綱條 は、全員、将軍の偏諱を受けられています。 松平 清武(まつだいら きよたけ)は、将軍の偏諱を受けられる家格ではなくて、言ってみれば、将軍の偏諱を受けている福井藩や松江藩などよりも格下です。 この様に家格の低い松平 清武(まつだいら きよたけ)が本当に、8代将軍を決める時に、候補に入っていたのでしょうか?

  • 将軍家は完全な男系以外は意味がないのか?

    将軍家というのは、一般の藩士の家とかとは違って、生母が徳川家光の娘とかであっても、将軍候補とかにはあまり影響を与えないのでしょうか? 将軍家の征夷大将軍というのは、あくまでも正当な完全な男系のみに着目されるのでしょうか? 将軍家というのは、同時代の一般家庭とは違って、正当な男系のみ重視なのでしょうか? (家光の娘が生母であっても女系にはなりませんが。 「家光→家光の娘」は男系ですので。) 尾張藩主の徳川綱誠は生母が家光の娘で、『家康→義直→光友→綱誠』と家康のひ孫でありました。 しかし、尾張藩主の徳川綱誠が、(徳川綱誠と同じく正当な男系では)家康のひ孫の紀州藩主の徳川綱教よりも、将軍候補として優位であったという話は聞いたことがありません。 尾張藩主の徳川綱誠は生母が家光の娘でありましたが、紀州藩主の徳川綱教は生母は徳川家とは全く関係ありませんでした。 正統な男系では、どちらとも、家康のひ孫です。 将軍家というのは、一般の藩士の家とかとは違って、生母が徳川家光の娘とかであっても、将軍候補とかにはあまり影響を与えないのでしょうか? 将軍家の征夷大将軍というのは、あくまで正当な男系のみに着目されるのでしょうか? これは、源頼朝~徳川慶喜までの征夷大将軍が、形式上は八幡太郎義家の男系子孫であるから、完全な男系以外は、例え生物学的に子孫であっても、将軍候補としては、意味がない。関係がない。 という事でしょうか? 教えてください。

  • 徳川光貞が亡くなったのは何年の何月何日か?

    (徳川家康の十男で、紀州徳川家の祖である)徳川頼宣の長男で、徳川吉宗の実父でもある、紀州藩第2代藩主・徳川光貞が亡くなったのは、何年の何月何日なのでしょうか? 徳川吉宗の実父でもある、紀州藩の第2代藩主の徳川光貞が亡くなった年月日を教えてください。

  • もし、徳川綱教が8代将軍になっていたら

    もし、徳川綱教が8代将軍になっていたとしたら、吉宗のように将軍独裁を行ったり、御三卿みたいなものを創設し、自分の血筋で将軍家を乗っとる事はできたでしょうか? 7代将軍家継が死亡した時点で、徳川綱教が生きていたら、徳川綱教が8代将軍になっていたと思います。 その場合、吉宗と比較してどうだったでしょうか? 吉宗のように将軍独裁を行ったり、御三卿を創設して、自分の血筋で将軍家を乗っとる事はできたでしょうか?

  • 徳川治済は何故将軍に成れなかったか。

    徳川治済は何故将軍に成れなかったか。 徳川11代将軍ですが、1779年に家基が亡くなった時点で、28歳(1751年生まれ)、8代吉宗の孫にあたり血筋もよい、77歳まで生きたことを考えると健康で子どもも多い、また事績を見ても性格は今一だが、政治的能力に優れ、向上心もある。 ライバル田安家、清水家にはこの時点では候補はおらず、尾張、紀州も年齢や健康状態からパス。 実際に11代将軍になった徳川家斉より血筋も年齢も体力気力も上だと思うんですが、何故将軍の座を徳川家斉に奪われたのでしょうか。 徳川家斉は8代吉宗のひ孫世代で、1781年に将軍世子になった時点でも8歳、医療の発達していない時代ですから、幼児では成人できるかどうかも怪しいし、政治的手腕も未知数、どう考えても徳川治済の方がふさわしいと思うんです。 一橋家の跡目も、豊千代という長男がいますから安泰、将軍世子になるのに何ら障害はないと思うのですが、何か理由があったんでしょうか?

  • 天下の副将軍

     徳川御三家は、将軍家に世継ぎが途絶えた場合の ストックで置かれたものですが、尾張、紀州藩は官位が 大納言であるのに対して、水戸は中納言で家格が低い為 将軍にはさせないという暗黙の?了解があったそうです。  それで水戸光圀が「なら、副将軍にしてくれ」と5代 綱吉に頼んで「好きにせい」と、天下の副将軍を名乗った ということですが、光圀以後の水戸藩主は副将軍を名乗ら なかったのでしょうか。  ちなみに水戸の中納言で水戸黄門なら7人居てたらしいですが。

  • 徳川吉宗は、何故名前を変えなかったのか?

    江戸時代の3代以降の徳川将軍は、家康の1文字目の“家”の字を名前の最初に付けるのが慣例になっており、「徳川家○」と名乗っています。 しかし、8代将軍徳川吉宗は、紀州藩主時代の「吉宗」のままで最後まで“家”を付けた“家○”に名前を変えていません。 吉宗は家康をすごく尊敬していたのに、何故“家○”に名前を変えなかったのでしょうか?

  • 【日本史】7代将軍徳川家継は8歳で死んだのに8代将

    【日本史】7代将軍徳川家継は8歳で死んだのに8代将軍徳川吉宗がいるのはなぜですか? 8歳でもう子供を作ったのですか?