• 締切済み
  • 困ってます

中古住宅 個人 不動産売買契約書

宅建業者 仲介の元 個人売主の中古住宅購入後2ケ月目にして不同沈下 布基礎が折れ 居住の用を満たせず不安で 傾斜している床で目眩も止まりません。 瑕疵担保責任を個人の売主にお願いできるでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数236
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3

 うーーん・・・ 。お気の毒ですが・・・ 。  盛り土したばかりのふかふかの土地に新築されたばかりの住宅を買った、とか言う場合は、2か月で不同沈下などもおこるかもしれませんし、基礎が折れたりもしそうですが、  中古の建物で、それまでなんともなかったのに、質問者さんが買った直後から不同沈下が始まり、布基礎が折れて、傾斜が始まって、わずか2ヶ月間で目眩するほどになった、というのはちょっと考えられません。  なにか原因があるのでしょうか?  なにも原因がないとすると、それらの欠陥(瑕疵)買う以前から始まっていたのではないか、それなのに質問者さんが気がつかなかったのではないか、気がついていたけど安いから買ったのではないか、というのがふつうの見方だと思います。  ところで、「隠れた瑕疵」とは、通常の人なら気がつかない、気がつかないのは当たり前、と思われるような欠陥のことです。  また、瑕疵担保責任というのは、そのような「隠れた瑕疵」に対する責任なので、見れば分かる・体感すればわかる・測ればわかるというような瑕疵についての責任ではないのです。  不同沈下や布基礎の切断、傾斜などは、見れば分かります。特に傾斜などはビー玉を置いてみるという実験などはテレビでよくやっています。転がるから一目瞭然なのです。  なので、元から不同沈下していた、元から布基礎は折れていた、もとから傾斜していた、というような状態だと、「瑕疵担保責任とは関係ない」ことになってしまうのです。瑕疵だけれども隠れていないから。  「だから安くしたでしょ」みたいな話になってしまうのです。  ですから、瑕疵担保についての記載の有無に限らず、2ヶ月間で中古住宅の状態が悪化したこと、それが「隠れた」瑕疵に起因することを「証明できるかどうか」を先に考えたほうがよいと思います。  以前からあった欠陥で、隠れていない・見れば分かるなどなどの欠陥だったとすれば、たとえ「瑕疵担保責任は10年」と約定していても、その条項に基づいて請求はできないからです。  なにか、「通常の人なら気がつかない欠陥」があったことを証明できれば、瑕疵担保責任は追及できますので、そのような欠陥に気がつかれることをお祈り致します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>宅建業者 仲介の元 仲介業者に相談することです。 作成された契約書に基づき補償が決まるわけで、売り主の依頼で作成していると思われるので仲介業者にもある程度の責任があると思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • l4330
  • ベストアンサー率22% (4372/19593)

  契約書にどの様に書かれてますか? 個人間の中古売買の場合は「売主の瑕疵担保責任を免除する」と書かれてる場合が多いですよ。 場合によっては瑕疵担保責任の期間を1~2ヶ月としてる場合もあります。 何れにしても契約書を確認してください。 質問の答えは契約書にあると思います。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 中古住宅売買契約で困っています!!

     実は今日は、司法書士を交えての中古住宅(築22年)引渡しの日でした。当方は、売主です。  そこで今日突然、司法書士が「売り渡し証書」という用紙を出してきて、売主に署名押印を求めてきたのでそのとおりにしました。ところが、後になってその内容に不安を覚えたので、どなたか教えてください!!  その内容の一部に、「上記不動産について万一他から故障を申し出るものがあった場合には、私において一切を引き受け、貴殿には決してご迷惑をおかけ致しません。よって、後日のためこの売渡証書を差し入れます。」という一節があったのです。  実は、売買契約書においては、中古住宅瑕疵担保責任は免除になっているのですが、どうも両者の内容に矛盾があるように思えます。  この場合、この「売渡証書」なるものは、契約書より効力があるのでしょうか?教えてください!!

  • 今回中古住宅の売却を検討しています。個人売買で行うのですが買い手の方が

    今回中古住宅の売却を検討しています。個人売買で行うのですが買い手の方が司法書士を使い契約書を用意してきました。瑕疵担保責任に関しては三か月間は瑕疵があった場合売主が負担するとありました。住宅に関しては昭和38年に最初に建築してその後55年に増築リフォームしました。建て物が古い事もあり瑕疵担保は負いたくないのですが、瑕疵担保を負わない契約をする事は出来ますか? また売り主の立場として個人売買で気をつける点はありますか? また外に物置きの倉庫があるのですが、買い手から購入する際にその倉庫の撤去もお願いしたいといわれたのですが、解体が個人で出来ない為そのままの引き渡しでお願いしたいのですがそいうのも契約の際に表記することは出来ますでしょうか? 是非回答の方よろしくお願いいたします。

  • 中古住宅のアスベストについて

    中古住宅を購入した後、アスベストが発見された場合は瑕疵担保責任を問うことはできますか?

  • 不動産を個人間取引で売りたい

    不動産を個人間取引で売りたい 土地プラス一戸建ての家を知り合いに売ることになったのですが、不動産業者を通さずに取引する場合(相手がそれを望んでいます。)、具体的にどのような手順ですすめることになりますか?(作業内容、依頼する相手、費用など。) また、不動産業者を仲介させないことの売る側のデメリットとして瑕疵担保責任の問題があると思うのですが、契約書の中に特約として「売主は瑕疵担保責任を一切負わない」と入れることで解決できると他の方の質問で見ました。これは本当にそういうことでいいのでしょうか? それから瑕疵担保責任以外に不動産を個人で売却することのデメリットがあったら教えてください。

  • 中古住宅の契約について

    はじめまして 近日中に中古住宅(築33年)の契約を行おうと思っています。 不動産会社から電話がかかってきて、 「売主から現在のところシロアリ、雨漏り等々の被害を感じたことはないけども  築年数も年数なので、3か月の売主瑕疵担保を免責にしてもらえないか?」 という提案があった、とのことでした。 私は 「それはしたくありません。無いとは思いますが、もし何かが発見されて修理すると なれば多大な金額が発生するかもしれません。もしするなら物件価格を値下げして いただけたら考えるかもしれません。」と答えました。 不動産会社も「そうですよねぇ」と同感した答えでした。 この場合、売主が物件価格を下げてきたら何か瑕疵を隠している可能性はあるのでしょうか? それともこの物件によほど何もないという自信があるのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 不動産取引で誤った情報を基に契約

    基礎のしっかりしたものを購入したいことを仲介業者に告げ、売主よりべた基礎であることを確認しました。 契約の際もべた基礎であること条件として重要事項説明者である売主側不動産会社に確認したが異論がなかった。 古い建物であることで瑕疵担保責任を除外とされた。 引渡し後、説明になかった重度の不同沈下が発見されたため、基礎を調査すると説明と異なった弱い基礎であった。 仲介業者は責任はないといい、契約に影響はないといっています。 この場合、契約の条件とした内容のものが、契約時の事実と異なる説明に基づく契約ですが法的扱いを教えてください。

  •  中古住宅の瑕疵担保責任

     中古住宅の瑕疵担保責任  購入予定の物件は日本有数の不動産開発業者(以下業者という)の分譲住宅。  築20年で5年前に地盤沈下があり、業者がくい打ち工事を実施。  一体は業者が開発した街で、泥炭地なるも分譲時は杭は打たず。  分譲後は毎年業者が自ら調査し、レベル値が下がった為に建物をジャッキアップし、杭打ち  工事を実施。(実際は住んでいた家が傾いた感じはなっかた模様)  現状家の中を見ても傾き、不具合は感じません。  今回上記分譲住宅を業者から購入した個人と売買契約(仲介は業者の子会社の不動産会社)  を結ぶ予定ですが、契約後に地盤沈下の影響が発生した時に業者の瑕疵担保責任を問う事は  できないのでしょうか?  不動産の法律に詳しくなく、ご存知の方!回答をよろしくお願いいたします。

  • 中古車個人売買の瑕疵担保責任について教えてください

    中古車を個人売買(ヤフーオークション)で売却しようと思っています。 走行距離も多く、とても安い車なのですが現状では機関に問題なく絶好調ですが あくまでも中古車ですし、引渡し後に急に壊れる可能性もあるかと思います。 売却後、1年間は瑕疵担保責任というのが売主にはあるようですが オークションの商品説明でノークレーム条件でと書いておき 瑕疵担保責任は負わないという条件付きの売買契約書を交わせば もし引渡し後に故障した場合でも修理代等を払う義務は無いでしょうか? ネットで調べてみたのですが個人売買の場合、瑕疵担保責任自体が売主には 無いとの意見もあり、実際のところ、どうなのか知りたいのですが 詳しい方、ぜひ教えていただけると助かります。よろしくお願い申し上げます。

  • 中古住宅の瑕疵担保責任について

    築5年の木造住宅を購入予定で、もう少しで売買契約予定なのですが、 契約予定の売買契約書には瑕疵担保期間は「引渡しから2ヶ月間に限り”私に”対して責任を負う」と書いてあります。そこで以下3つ質問です。 1 中古住宅の瑕疵担保責任は法律ではどのくらいなのでしょう? 販売元の不動産屋は民法で2年というのがあると言っていたが、この売買契約書にうたわないと無効になりそうだと思うし、また、調べたが2年という期間があるかわかりませんでした。  2 この契約通りに契約して瑕疵があった場合、期限の扱いはどうなると考えたらいいのでしょうか? 2ヶ月目以内に瑕疵がある旨を売主に知らせた時点でOKなものなのでしょうか? 3 また売主がご近所になる為、トラブルは避けたいのですが、瑕疵があった場合、売主から施工業者に負担の依頼をするものでしょうか? それとも私が直に元の施工業者に言ってもいいものでしょうか??

  • 不動産取引契約での瑕疵担保責任

    中古物件(築20年)の家を購入しようとしていますが、契約書では 「瑕疵担保責任」に関しては「負担しない」となっています。 売主は個人で、仲介業者が入っています。 建売なんかだと瑕疵担保責任というのは聞きますが、個人から購入する中古の場合は、一般的には「瑕疵担保責任」では売主は「負担しない」ものなのでしょうか。 それから 「経年劣化」により雨漏り等や破損が起きても修理する責任はない。 とも書かれています。 この場合、付帯設備確認書では「雨漏り」は「発見されていない」となっていますが、購入後雨漏りがあった場合、隠れた瑕疵になると思うのですが、修理の負担は売主には要求できないものなのでしょうか。 契約前なので、サインすべきかどうか悩んでいます。 よろしくお願いいたします。