• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

先物取引

大学の講義で先物取引について学びました。 例えば3ヶ月後に100万円を受け取るとして、1ドル120円で売る権利を1ドルにつき3円で購入したとき、 3ヶ月後に1ドル130円ならば、そのときの利益は (130円×100万ドル)-300万円で求めれば良いでしょうか? また、直物相場が1ドル120円であり、日本の利子率を4%、アメリカの利子率を8%としたときの3ヶ月先物の相場を求める場合には、どのようなロジックで計算すればよいのでしょうか? 3ヶ月後なので利子率が、それぞれ日本では1%、アメリカでは2%になることは分かるのですが....。 どなたか解説していただけると助かります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数402
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • simotani
  • ベストアンサー率37% (1880/5060)

先物オプションと為替予約は別です。1USD=120JPYのオプションを購入して当日130JPYになっていたらオプションを放棄して当日レートで精算する事を選択可能です。 為替予約契約を締結した場合、通常はオプション料の支払いは要しません(その分も含めて先物為替を契約すれば良いから)。こちらですと当日の為替に関係無く予約の為替レートで精算されます。つまり1USD=120JPYで精算確定します。どちらも損得は無いと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 母が金の先物取引で・・・・

    私の知識不足の為、質問させて下さい。 母が今、私に内緒で金の先物取引をやっているようです。 (その事を母が唯一打ち明けた叔母から私は聞きました) 今現在、母は約300万程つぎこんでいるようですが、 それも損をしたらしく、(ここら辺の原理がよく分かりません・・) 昨日取引業者から『更に100万をつぎこんでくれ』という 電話が母にあったようで、今日100万を振り込むようです。 正直、私は詐欺にでもあっているんじゃないかと心配しています。 母が直接私に話している訳ではなく、叔母経由で聞いているので、 叔母の手前上、母に苦言を呈する事が出来ません・・・。 私なりに色々とネットで調べてみましたが、調べた結果、 専門知識のない人が先物取引をやっても儲けるようにはとても私には思えず、 母のことがとても心配です。 私はどうしたらいいでしょうか・・。 母の性格上、叔母や娘である私が『やめて!』と言っても聞きません・・。 むしろ母意固地になってしまう可能性もあります。 それと、先物取引で損をした(?)300万円というのは、 もうどうしようもないのでしょうか。

  • 小麦の貿易・先物取引のしくみ

    小麦の貿易・先物取引について教えてください。私は経済的知識が非常に乏しいのですが、一応以下のように自分なりに考えてみました。間違っているところや補足事項など、少しでもいいのでご指摘をお願い致します。 =============================== A)日本の場合、国(農林水産省)が米国などから小麦を買っている。ただし輸入港(横浜港?)までは商社(カーギル社・丸紅など?)に委託。貿易保険がかけられている。 B)生産農家・穀物メジャーなどの商社は小麦の価格変動リスクを減らすために小麦の先物取引を利用している。住宅ローンの保険・再保険のようにリスクを減らしている? C)米国産小麦の売買はシカゴ商品取引所(シカゴ・マーカンタイル取引所に買収されるが)で行われる。米国以外にある穀物商品取引所などでも売買可能?               ~小麦先物市場のお金の流れ~ (1)米国生産農家・穀物メジャーなどの商社 / 投資家 の間での売買 一部の投資家が"将来の一定時期後に○○ブッシェルの小麦を△△ドルで買う"という契約を、現時点で米国生産農家・穀物メジャーなどの商社との間で行う。 ↓ (2)投資家 / 投資家 の間での売買 "将来の一定時期後に●●ブッシェルの小麦を▲▲ドルで売買する"という契約を多くの投資家間で高いレバレッジをかけあって売買。 ↓ (3)一定時期後、小麦価格変動予測が外れた投資家の売買差損にレバレッジがかかり、大量のお金が米国生産農家・穀物メジャーなどの商社、予測が当たった投資家に流れ込む。

  • 自動先物取引システムに関して

    友人から、年利15%ほどの運用実績のある「自動先物トレードシステム」を紹介されています。 詳細は下記ですが、実際、どうなんでしょうか? 将来の不安もあり、投資してみたい気もする一方、美味しい話でもあるのでまさか詐欺?とも考えてしまい。。。 これだけの情報で、判断するのは難しいとは思いますが、最終的に私が決めるためのアドバイスがいただけたらと思います。 ・システム料40万円で30年間使用可能 ・アメリカの先物市場商品(金属、穀物、エネルギー、通貨、株価指数、金利) ・ドル建て ・一般投資家からの資金をプールし、その日本法人と取引のあるアメリカの証券会社がシステムを利用して運用 ・最小投資金額は2000ドルから ・プール金の資金管理はアメリカの大手銀行(実在) ・追証金なし ・月末単位で講座を閉じることが可能 ・お金を引き出す際のフローは、私本人がFAXでアメリカ運用会社に引き落としの旨を伝える⇒自分が指定した銀行に振り込まれる(申し込んだ日から5日後程度でいつでも可能とのこと) ・4種類のシステムを使用して、安定した収益確保を目指しているとのこと。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

質問の内容がいまひとつよくわからないのですが、、、 ◆前半の質問 > 1ドル120円で売る権利を1ドルにつき3円で購入 この記述からすると、先物のオプション取引のようですが、言い換えると下記のようになりますか? < 権利行使価格として1ドル120円で売る権利(プット)を1ドルにつきプレミアム(手数料)3円で購入 だとすると、満期日(3か月後)に1ドル130円の円安になると損が出ます。買い手は権利放棄ができますから、損失はプレミアム分の3円に抑えられます。(利益は出ません!) 「3か月後に100万円を受け取る」という仮定はよくわかりませんでした。 また、「(130円×100万ドル)-300万円」の利益なんてありえないでしょう。 ◆後半の質問 直物相場:1ドル=120円。3か月後の利子率=円:1%、ドル:2%ですから、 3か月後のドルの価値は、1×1.02=1.02ドル 3か月後の円の価値は、120×1.01=121.2円 したがって、3か月後の円とドルの価値が等価であるとすると、 1.02ドル=121.2円 ですから、 1ドル≒118.82円

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • mpascal
  • ベストアンサー率21% (1135/5190)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 円高、円安についての疑問です。

    円高、円安についての疑問です。 円高の時の日本が輸出をすると損をすると聞いたのですが、 100万円の日本の車をアメリカに売る時 相手は100万円分のドルを支払うわけですよね?そうなると(すごく極端ですが) 円安で1ドル200円の場合 100万=5千ドル 円高で1ドル50円の場合 100万=2万ドル こうなるとすれば 円安の時は 5千ドル 円高の時 2万ドル もらえます 取引を終えた後相手が払う金額が円安の時より円高の方が大きくなるだけで日本に結局損をしたように見えないのですが でも実際には違いますよね・・・ よくわからないんのでどなたか教えてもらえないでしょうか?

  • 為替スワップとは?

    為替スワップとは、直物と先物を同時に購入する事によって 為替のリスクヘッジを抑えるという事で合っていますでしょうか? 例えばドル直物を1ドル120円で買ったとしたら先物のレートは 1ドル120円で維持したままなので為替の変動で損失が出てくるのを 回避できるという事です。 そうでなければ例えば1ドルが125円で円安になったとしたら 円に戻す時に5円分が損失となってくるので、直物と先物を同時に 購入する事によってそれをあらかじめに防いだという事です。

  • FXの取引の悪い例

    『確実に稼げるFX副業入門』のp82に 危険な取引の例としてこんな記述があります。 「具体例を見てみましょう。仮に1ドル120円でドルを買ってしまい (130円になると利益が出る方向の取引をし)、 1円下がるごとに買い足したとしましょう。 そして、1ドル100円を割って95円まで下がって、 その後、1ドル121円になったとしましょう。 このトレーダーはきっと大きな利益を出したのではないかと思いますよね? しかし~~~」 とありまして、 この悪い例を実際にデモで実践してみようと思ったのですが この悪い例で実際に取引している人の『1円下がるごとに買い足」す心理が よくわからないのですが、 何のためにしているのでしょうか。 長い目で見れば確かに121円まで戻るのかもしれませんが 下降し続けていれば全くメリットが無いように思うのですがどういうことでしょうか よろしくおねがいします。

  • 外貨両替について

    例えば、個人で銀行や外貨両替のお店にて、1ドル=100円の時に100万円を全てドルに替えて、1ドル=120円になった時にドルを全て円に戻した時、利益が発生すると思いますが、これを繰り返して行って利益を得る行為というのは問題無いのでしょうか?また確定申告は必要なのでしょうか?お分かりになる方がいらっしゃいましたら、宜しくお願い致します。

  • 日本経済史 1930年の金解禁と為替相場の変動について

    日本経済史、1930年の金解禁についてです。金本位制度のもとでの為替の動きについて、教えてほしいのです。1897年に日本は金本位制度に移行したとき、貨幣法を制定して、1ドル=金1.5g / 1円金貨=金0.75g / 1ドル金貨=2円金貨 というような交換率が定まりました。これを踏まえて、為替相場の安定による輸出振興を説明するなら、次の理屈で正しいでしょうか? 例<為替相場が1ドル=1円のとき> 日本は当時、輸出超過なので、たとえば日本はアメリカの1ドルの品物を買うためには、大量の1ドル為替を外国為替市場で購入して、それで支払う。するとドル為替の価値があがっていって、たとえば1ドル=3円になる。 となれば貨幣法にもとづいて考えたときに、3円払って1ドル為替を購入して支払うよりも、2円金貨で支払ったほうが1円得なので、金貨で支払う。すると、 (1)日本人が1ドルの品を2円金貨で支払う (2)日本国内の金保有量が減り、国内紙幣量も減る (3)日本の紙幣の価値はあがるから、物価は下がる <質問>(1)~(3)の間に、ドル為替相場は1ドル=3円から、1ドル=2円→1ドル=1円というようになっていきますか?(ドル為替を購入しないから、下がるんじゃないかと思うんですが、、、) もしそうなら、(3)のあとにアメリカが輸入超過を経てからアメリカが物価安になったあと、再び日本で(1)~(3)の動きがあり、再びアメリカが輸出超過になる、という動きをを繰り返す。だから為替相場が安定し輸出は振興する、ということでしょうか。

  • 日本にとっては1ドル円安の160円・適正の120円・円高ドル安の80円

    日本にとっては1ドル円安の160円・適正の120円・円高ドル安の80円のうちどれが好ましいですか? また、逆に日本にとっては1ドル円安の160円・適正の120円・円高ドル安の80円のうちどれが一番痛手ですか? 円安 1ドル=160円 日本の株式市場の株価が上昇して、輸出企業の業績は良くなるが、ガソリン代・輸入品が高くなる・ドル圏の土地が高騰するため、アメリカの不動産も高騰する。 適正 1ドル=120円 輸入と輸出のバランスがとれている。 円高ドル安 1ドル=80円 ガソリン代・輸入品が安くなる・ドル圏の土地を安く買えるためにアメリカの不動産も安く買えるようになり、アメリカ都市圏郊外に広い庭付きの一戸建て(土地面積4000m2 建物面積200m2程度)を購入することができるがその分日経平均が下がり、輸出企業の業績が悪化し、そこで働く人の給料が減ってしまうor日本に職場がなくなる。

  • 為替損益による確定申告について

    為替による損益に関する確定申告について、いろいろな方がお聞きになってますが、困っているので教えてください。 以下に時系列で取引の概要例を記載します。 2006年4月 1ドル100円を100万円分購入(1万ドル) 1年定期(利率5%) 2007年4月 定期満期 1万400ドル(利子500ドルのうち20%は源泉分離課税) 2007年5月 1ドル120円を5400ドル売却(残ドル 5000ドル) 残日本円:648000円 上記のまま、2007年度を終えた場合、 所得としてはどういった風に換算すればよいのでしょうか? 120円で全ドルを計算した場合、所得が20万を超えてしまい、 確定申告の対象となってしまうので、どうしてよいかわからなくなってしまいました。 ご経験のあるかた、詳しい方がおりましたら、ご教授願います。 よろしくお願いいたします。

  • 先物のアービトラージの具体的流れについて

    あるテキストで、以下のような説明がありました: 先物の理論価格は、現在の現物の市場価格に同額の資金を借りた場合の支払い利子率を乗じて、そこに保有コスト(小豆であれば、小豆を置いておく保管費用など)を足したものが理論価格となります。また、現物が債権などで保有している間に得られる収入(債権の受け取り利子など)があれば理論価格から減らします。 例) 資本コスト5%、収益率3%の債券の現在価格100蔓延で、1年後決済の理論価格は、 100×(1+0.05-0.03)=102万円となります。 仮に、その先物取引価格が103万円ならば即先物を買って売り、100万円で現物を買えば、5%-3%=2%(2万円)の負担をしても、1年後に103万円で売れるので、1万円儲かることが確定するといった具合です。」 ところで、結構余計な要素が多いのですが、疑問点は、 「103万円ならば即先物を買って売り」のところです。 私のこの説明全体についての理解は、先物価格が103万円(もっとギリギリの価格差でもよいですが)になった瞬間を見計らい、満期日に103万円でうるという契約を市場で、おこない、同時に100万円で現物の市場のもの買う契約を行い、実際に仕入れる。それで、満期日にそれを103万円で売る、という内容です。 そすると本文における「即先物を買って売り、」・・の意味が不明となってしまいます。 実際、私は何か勘違いしているのでしょうか。

  • ドル貯金の今後の使い道。

    20代半ばの女です。現在お給料をドルでもらっていて、月に3000ドルほどのお給料をもらっています。 現在16000ドルほど溜まったのですが今後の使い方について迷っています。 1.奨学金を返済中であと200万円ほど残りがあるので、レートもいい今(1ドル114円)すぐ日本円に替えて一括返済してしまう。(年利は1%ほどで、毎年2万円くらいです。)そしてこれからの貯金を全て将来にあてる。これをすると貯金は50万円程まで減ってしまいます。 2.今日本円に変えて、投資信託に興味があるので100万円ほど日本円に変えて運用してみる。奨学金はその増えたお金も利用する。 3.このままドルを保有し続ける。確証はありませんが、2015年末には1ドル120円~150円になると言われているようなのでもっとレートが良くなった時に日本円に替えて奨学金はその時に返す。 この3つで悩んでいます。奨学金は早く返した方がいいと言われますが、年に2~3万円程度の利子ですし、ドルを保有し続けたほうが今後日本円に替えたときに得をするのかなと考えています。 皆様だったらどうされますか? ご意見お待ちしております。

  • 来年アメリカに留学するんですが、今の円高を考えて…

    円高のうちにドルを買っておけば、今後円安になり1ドル115円から120円くらいになったときに、円をドルに換金するよりもいいと思うんですが、その通りですよね? また例えば現実的に、今現在留学費用をドルに換金したい場合、今後どのような手続きで進めていけばいいか、教えていただけますでしょうか。 基本的には銀行でドルを買えば良いだけ? 例えば今現在何百万もの金をドルにしたら、それって日本でそのドルを所有することは出来るんですか? っていうのは、例えば日本の銀行でドルを買って、所有しつつ、 アメリカに行った後にアメリカで開いた銀行口座にそのドルを振り込む、 的なことってできるんでしょうか。 しかし今後の円とドルの展開は誰にも分からないと思うので、 とりあえず円高の現在において円をドルに換金してしまって、 今すぐにドルを自分の手に所有したほうがいいのでしょうか。