• ベストアンサー
  • 困ってます

障害年金の差引認定について

障害年金の申請にむけて準備をしています。 私は聴覚障害者です。 純音聴力は右100db 左85db 語音明瞭度は右0% 左40% です。 今現在、両耳でみると障害厚生年金3級に該当しますが、私の問題は左右の難聴の発症時期が違うという点です。 右耳は小学生の時に聴力検査で引っかかり、町の耳鼻科を受診しました。その時はまだ軽度でしたが「難聴は治らない」と言われ受診したのはその一度きりです。 その後も少しずつ聴力は落ち20歳頃には失聴しました。左耳は全く問題なく正常でした。 左耳は数年前(厚生年金加入中)に突発性難聴を患い、今の聴力に至ります。定期的に病院で聴力検査をしています。 私はこの場合、右耳の初診日が小学生時代なので二十歳前傷病の事後重症請求にあたると思っていたのですが、左右で発症時期が違う場合、両耳をまとめて請求してはいけないと知りました。 同一部位で、因果関係のない前発(国民年金加入中もしくは二十歳前)と後発(厚生年金加入中)の障害により障害認定の程度になった場合は差引認定がなされる、とネットで読んだのですが私の場合も当てはまりますか? 差引認定は不利になることもあるようですが、併合認定表で確認してみたところ(私の見方が間違いなければ)"厚生年金3級"になり、両耳でみた時の障害等級と一致するので不利ではなさそうです。 左耳に関しては今の病院で初診日の証明や診断書をとることはできますが、 右耳に関しては何の記録も残っていません。むしろ記憶すら曖昧です…。 右耳はきっちり初診日を証明することはできませんが(廃院)、二十歳前に受診もしくは発症していたことを証明すればよいのでしょうか??   診断書も左右別々の2通必要ですか? また右耳に関してはいつの診断書がいるのでしょうか? というより、今の病院に直近の診断書を書いてもらうしか手立てはありませんがそれでも大丈夫でしょうか? 右も左も事後重症になります。 ちなみに左右の難聴に"因果関係あり"、または"因果関係不明"の場合は、二十歳前傷病の事後重症請求となるのでしょうか?(2級相当になってからの申請になりますが) ちなみに二十歳後ずっと厚生年金なので未納なしです。 質問ばかりで読みづらい文章になり申し訳ありません。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数642
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

回答を続けます。 初診証明や診断書などに関する事項についてです。 全体としての初診日は、前発障害(右耳)での初診日となります。 通常、受診状況等証明書という書類に初診時医療機関から証明を受けることで、その初診日となります。 しかし、当時の初診時医療機関が既に廃院となってしまっているため、受診状況等証明書を取ることができません。 そのため、これに代わる書類として「受診状況等証明書が添付できない申立書」という書類を用意した上で、かつ、「その後にかかった医療機関の中で最も過去の医療機関であって、当時のカルテが現存している医療機関」で「(仮の初診証明としての)受診状況等証明書」を取って下さい。取ることができない医療機関があったときは、順次現在に向かって、最も過去の医療機関で取れる所を探して取ります。 ◯ 受診状況等証明書が添付できない申立書(PDF)‥‥ http://goo.gl/bgRtgY ◯ 受診状況等証明書(PDF)‥‥ http://goo.gl/JTVXfv また、公的年金制度に何1つ入ってはいなかった時期(つまりは20歳前など)に初診日があったことを証明しなければならないため、以下のような書類の添付も必要です。 ◯ 初診日に関する第三者からの申立書(PDF)‥‥ http://goo.gl/eb0dXL ◯ 同 記入上の注意事項(PDF)‥‥ http://goo.gl/Yh0Fcj さらに、先天性疾患となる疑いも否定できないため、下記のような調査票の提出が求められる場合もあります。 ◯ 障害年金の初診日に関する調査票【先天性障害:耳用】(PDF)  ‥‥ http://goo.gl/joQcmm その上で、幼少時の難聴を何らかの形で証明し得るもの、たとえば、学童・学生当時の健康診断票の写しであったり、診察券などがあれば、できるかぎり添えて下さい。 要は、何らかの形で右耳の初診時の障害状態を証明し得ないと、現障害を加味した障害年金全体の請求がきわめて困難になってしまう‥‥とご承知おき下さい。 診断書に関しては、同一部位(先の回答で説明済)であることから、左右別々に取る必要はありません。 というより、そもそも1枚の診断書(年金専用の様式)で左右の聴力(オージオグラムと言います)を同時に示します。 ◯ 聴覚障害用の年金専用診断書様式(PDF)‥‥ http://goo.gl/hjL5ha ◯ 同 記入上の注意事項(PDF)‥‥ http://goo.gl/aTXoK4 ◯ 同 記入要領(PDF)‥‥ http://goo.gl/frwy0f 必要となる診断書は、原則、以下の2通です。 但し、前発と後発との間がたいへん間が開いているので、それ以外の特定の時期の診断書の提出も、ある種の例外的な取り扱いとして要求されてくる可能性が大です。 そのあたりは日本年金機構の判断によるので、年金事務所に請求された際、年金事務所等の指示にしたがって下さい。 ◯ 障害認定日(初診日から1年6か月経過後。但し、1年6か月経過時がまだ20歳到達日前であれば、20歳到達日[20歳の誕生日の前日(年齢計算に関する法律)]に置き換える。)のあと3か月以内の実診察時の障害状態が示された診断書 ◯ 請求日(現在。窓口提出日のこと。)の前3か月以内の実診察時の障害状態が示された診断書 後者しか用意できなかった場合には、添付書類(申立書や調査票など)で差引認定の可能性を見た上で、障害厚生年金の事後重症請求として取り扱われます(過去の遡及分は支給されません。請求月の翌月分からの支給となります。)。 一方、双方が用意できた場合には、もしも前者の診断書での障害状態が障害年金でいう等級のどれかにあてはまるのならば、障害厚生年金の遡及請求(障害認定日請求の遡及)として取り扱われることも可能で、現在からさかのぼる過去5年分までを遡及受給できる可能性も出てきます(過去の遡及分も支給される、ということ。)。 つまりは、右耳・左耳と分けて考えるのではない、ということに留意して下さい。 要は、時期だけに注目するわけで、各々の時期に両耳とも所定の聴力レベル値が求められていることに注意が必要です。 とりあえずではありますが、必要最低限のことを回答1・2で回答させていただきました。 実際にはさらに若干複雑なケースになると思われますので、必ず、年金事務所などに詳細をお尋ねになった上、場合によっては障害年金を専門とする社会保険労務士さん(社会保険労務士ならば誰でもいい、というのではなく、できるだけ障害年金に特化した業務をメインとする社会保険労務士さんを強く推奨します)を頼って下さい。 お力になれなかった場合には、お許し下さい。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧な回答をありがとうございます! この質問をした時に、kurikuri-maroonさんから回答がついたら嬉しいなと密かに思っていたので、まさかそのご本人から回答をいただけたなんて!本当に光栄です。 すぐさまお礼を申し上げたかったのですが、ページが開けず、お礼が遅くなってしまったことをどうかお許しください。 いただいた回答を読み、また新たに数点お伺いしたいことがあるのですが… ここはもう締めている?ようなので、また改めて質問のスレを立てようかと思います。 本当にご丁寧にありがとうございました!

関連するQ&A

  • 差引認定の請求方法

    以前、障害年金の差引認定について質問した聴覚障害者です。 『右』難聴は小学生で発覚→初診、『左』難聴は厚生年金加入中に発症→初診、です。 現在、『両耳』の聴力でみると障害厚生年金3級相当です。 右100db(0%)左85db(45%)です。 以前の質問の回答で、差引認定に該当し、『障害厚生年金』での請求となると教えていただきました。 早速先日、年金事務所に行って請求方法を聞いてきたのですが、職員の方も面倒な案件に困惑されていて、書類はいただいてきたのですが、どの書類をどのように提出すればいいのか私も混乱しております。 まず、初診日の証明ですが、右耳の初診日と左耳の初診日、それぞれの証明書を提出しようと思っていますが合ってますか? 請求するのは厚生年金だけど、二十歳前初診の証明もするのですよね? 聴覚の診断書は、左右の耳で分けずに1枚にまとまて書いてもらえばいいとのことですが、診断書に記入する『発症年月日』は小学生の頃の『右』難聴発覚の頃の日付でしょうか? それとも、『右』はいついつ 『左』はいついつ と小さく2つ書いてもらうべきでしょうか? 病歴就労状況等申立書には、右難聴発覚~左難聴発症~現在まで詳しく書くつもりですが、この用紙にも『発症年月日』の記入が必要で・・こちらはも右難聴発覚時(小学生)の日付でしょうか? ちなみに年金事務所の人には、「左難聴発症時(厚生年金加入中)を初診日として、厚生年金でまず請求してみては??」と言われたのですが、そうするとなおのこと発症年月日を書いてもらう上で厄介ですよね… 同一部位で前発後発の障害がある場合(差引認定になり得る場合) どのような請求書類が必要で、それらの書類には前発後発のどちらの日付を基準にして書けばいいのでしょうか? そもそも聴覚障害者の方で私のように、片耳は子供の頃に難聴発症、もう片耳は社会人になってから難聴発症、というような人は少なくないんじゃないかと思うのですが、そういう方々は年金請求はどのようにして行ったのか教えていただきたいです。

  • 耳の障害年金について

    両耳が難聴の方です。主治医から、両耳なら、もしかしたら障害年金がもらえるかもしれないが、右耳と左耳の「初診の日」と「病名が異なる」ので、それぞれ別々にとなると、何とも言えないと言われたそうです。やはり、別々に認定されるのでしょうか?

  • 障害年金の疑問あれこれ

    お世話になります。年金について勉強しているものですが、 障害年金について、こういう場合はどうなるのか?という疑問があり、教えていただきたく、よろしくお願いします。 (1)都道府県によっては、障害者に福祉的給付を行っているかと思いますが、その給付と障害年金は併せて受給することは可能なのでしょうか? 東京都の場合は、重度心身障害者手当ですが、HPを見ても支給制限の記載がないように見えますので、受給できるのかな?と思われますが、いかがでしょうか。 (2)特別支給の老齢厚生年金における「障害者特例」は、申請時に基本的に診断書を添えると思いますが、その後65歳までに診断書を提出することもあるのでしょうか? (3)60歳前から障害年金を受けていて、特別支給の老齢厚生年金をもらえる時点で障害者特例の申請もする際、障害年金における次回の診断書提出月まで1年を切っている時は障害者特例の申請時に診断書を添える、というようなことを聞いたことがあります。 その際、障害年金の診断書は、それとして提出を求められるのでしょうか? (4)障害基礎年金を受給している方がいるとします。その人が、後に厚生年金に加入し、厚生年金加入中に初診日がある他の傷病により、次のような等級で障害厚生年金に該当したとなると、この人の年金はどうなるのでしょうか? ・障害等級3級の時→併合改定として、請求月の翌月から障害厚生年金(3級)+障害基礎年金(1級または2級)を受給できる?(障害厚生年金は、3級のままでしょうか?) ・障害等級2級の時→併合認定として、今までの年金は失権し、新しく障害厚生・基礎年金の受給権が発生する。 誤りがありましたら、ご指摘いただけますでしょうか。 (5)障害厚生年金(等級2級)を受給している方がいるとします。その人が、後に国民年金に加入し、国民年金加入中に初診日がある他の傷病により、次のような等級で障害基礎年金に該当したとなると、この人の年金はどうなるのでしょうか? ・障害等級3級以下→障害基礎には該当しませんが、併合改定されるのでしょうか?それにより、障害基礎も発生するのでしょうか? ・障害等級2級以上→併合認定により、今までの年金は失権し、新しく障害厚生・基礎年金の受給権が発生する。あるいは、国民年金加入期間のため、障害基礎年金についてのみ併合認定され、障害厚生ねんきんは等級変わらず、年金額も変わらず。 状況で色々あるかと思いますが、当方混乱気味になっております。。 (6)障害厚生年金は、障害認定日の属する月までの被保険者期間をもとに計算されます。 こういう方が厚生年金に加入し続けた場合は、老齢厚生年金や基礎年金に反映されうると思いますが、障害厚生年金としては、別な傷病で2級以上の障害が発生でもしない限り、変わらない(以後の厚生年金が障害厚生年金に反映されない)という理解で正しいでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

結論から先に記しますと、厚生年金保険での障害厚生年金として現障害での請求を行なう、ということになります。 但し、前発障害も後発障害も同一部位(いずれものちほど説明します)であり、かつ、前発障害が「厚生年金保険の被保険者期間ではない時期」にあるため、前発・後発の併合は行なわれません。 その代わりに、現在の障害の程度から前発障害の障害の程度を差し引くという「差引認定」が行なわれます。 発症時期が違う場合に「まとめて請求できない」という真意はこれです。 まとめて請求できない‥‥というよりも、「前・後発が同一部位のときに、前発と後発とで加入制度が異なっている場合には併合がなされないので、後発での差引認定による請求しか行なえない」という意味になります。 「同一部位」とは、障害のある箇所が同一であるものはもちろんのこと、その箇所が同一ではなくとも眼や耳のような相対性器官である場合も含みます。 たとえば、前者であれば、上肢または下肢。それぞれ一側の上肢または下肢をもって、同一部位とします。右上肢・左上肢・右下肢・左下肢‥‥といった4区分で、各々を1つの同一部位としてとらえます。 一方、後者の相対性器官ですが、たとえば、右耳と左耳とをもって同一部位(一器官)と考えます。 前発障害・後発障害とは、文字どおりにとらえます。 質問者さんの場合、前発障害は右耳。初発(初診日)は小学生時代であり、20歳頃には失聴されています。 要は、何1つ公的年金制度の被保険者とはなっていない期間のときに、初診日があります。 当時、左耳のほうは正常聴力が保たれていました。 この右耳だけであれば、20歳前障害による障害基礎年金の事後重症請求としてOKです。 ところが、今度は左耳に聴覚障害が出現しています。こちらが後発障害です。 厚生年金保険の被保険者期間中の初発(初診日)です。 既にある右耳の障害と合わせて障害年金を請求してゆかないことには、事実上請求する意味がなくなってしまいます。 このとき、先ほど説明したように、年金のしくみの上では同一部位ではあるものの、前発と後発とで加入公的年金制度が異なっているため、単純に合わせる(=併合する)ということが認められていません。 その結果として、「差引認定」が行なわれることになります。 (ちなみに「相当因果関係」うんぬんは無関係です。同一部位以外のときに考慮される、というものだからです。) 差引認定における具体的な流れは、次のとおりです。 1) 国民年金・厚生年金保険障害認定基準の「併合判定参考表」で、現在の障害の状態が何号に該当するのかを調べる[http://goo.gl/X61H2k(PDF)の8頁目] 2) 同じく「現在の活動能力減退率及び前発障害の活動能力減退率表」から、該当する「現在の活動能力減退率」を求める[http://goo.gl/X61H2k(PDF)の14頁目] 3) 国民年金・厚生年金保険障害認定基準の「併合判定参考表」で、前発障害の状態が何号に該当するのかを調べる[http://goo.gl/X61H2k(PDF)の8頁目] 4) 同じく「現在の活動能力減退率及び前発障害の活動能力減退率表」から、該当の「前発障害の活動能力減退率」を求める[http://goo.gl/X61H2k(PDF)の14頁目] 5) 上記2から上記4を差し引いた残りの数値として「差引残存率」を出す 6) 上記5の結果を「差引結果認定表」にあてはめて、障害厚生年金の等級を定める [http://goo.gl/X61H2k(PDF)の14頁目] 現在の障害の状態は「両耳の平均純音聴力レベル値が80デシベル以上のもの」に該当するため、併合判定参考表の「5号の3」です。活動能力減退率(現在/後発障害)は73%となります(5号だから)。 一方、前発障害の状態は全く不明ですが、最低限、併合判定参考表の「11号の4」(一耳の平均純音聴力レベル値が70デシベル以上のもの」であることが必要ですから、11号だと仮定すると、活動能力減退率(前発障害)は最大でも8%(=8%以下)となります。 したがって、73引く8で差引残存率は65%(=65%以上73%以下)。 この結果を差引結果認定表にあてはめると、少なくとも、障害厚生年金3級12号になるという結果が導かれます。 長文になっていますので、続きの回答を分けたいと思います。 たいへん申し訳ありませんが、お許し下さい。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 障害年金を申請しようと思うのですが

    現在障害者1級1種の認定を受けています。 去年から入退院を繰り返し、仕事したいのですが、今一歩無理な状態です。 病気を発病した時(約7年前です)、正社員で勤務していましたので厚生年金に加入していまして、おととしの暮れまで厚生年金を合計で18年払っています。その後アルバイトを1年していましたがその間国民年金を払っていません。4ヶ月分は時効になってしまいましたが、その後の分は収めました。私の場合、初診日から1年半後の認定日には働いていまして、障害者の認定を受けたのは働けなくなった昨年の10月からです。 障害厚生年金を受ける資格はあるのでしょうか。社会保険事務所に聞いてもあまり詳しく教えてくれません。初診日にかかった病院の診断書が必要と言われ、前医に電話したら、本当に診断書が必要か確かめてくれと言われました。年金のことに詳しい方、詳しく教えてください。よろしくお願いします。

  • 障害年金の認定について

    現在、人工弁埋め込みによる障害厚生年金3級受給中の者ですが質問です。 実は人工弁埋め込み手術中、つまりは術後に後遺症が残ったのですが、認定基準にどのような影響があるのかが知りたいです。1つは術中に肺が傷つき潰れて、そこから常に出血があり喀血や血痰がある事、2つは右踵下の麻痺による歩行障害がある事。 この2つの後遺症は心臓手術によるもので、手術が無かったら起こり得なかった事なのですが、これらは障害認定の場合、人工弁埋め込みとの因果関係があるとして総合的に心疾患の括りで判定されるのか、それとも心臓、肺、下肢それぞれの障害として個別に診断書他必要書類を提出して障害認定されるのか。 もう数年前の事で、初めの請求時には人工弁埋め込みの事実だけでこのような事はしっかり記載されておらず、日常生活にも支障があるレベルとして、改めて額請求?手続きをしてみようか悩んでいるところです。 詳しい方、宜しくお願いします。

  • 軽度の難聴で障害年金はもらえるか?

    昨年、突発性難聴で入院しました。 現在は、退院したのですが左耳の高音域が少し聞き取りづらい状態です。 医師からは「これ以上聴力は回復しない」と言われました。 たしかに、日常生活では右耳が聞こえるので不自由はありません。 左から耳鳴りが少しある軽度の難聴です。 なので、障害者手帳を持っていません。 この場合「障害年金」の受給の権利はあるのでしょうか? 専門家に相談しようかと思っているのですが、社労士さんがベストでしょうか? 詳しい方がいたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 障害者認定についてです。

    聴覚障害6級の認定を受けた場合のメリット・デメリットはありますか?詳しい方お願いします。 あと、私の耳についてなのですが左右の聴力が70・80dBでこれをネットでしらべたところ、やや・高度難聴と書いてあり6級に値するらしいのですが、聴力の検査を受けた際病院からは何も言われませんでした。 障害は軽いと見れたから認定を受ける必要な無いと言うことでしょうか? 意見のほうお願い致いたします!

  • 両足人工股関節置換による障害年金の再認定

    現況: 8年前にと6年前に左右それぞれ人工股関節置換手術を受けました。 現在、障害厚生年金の3級の認定を受けています。 障害者雇用により事務職にて正社員として就労しています。 会社には障害厚生年金の事はお話していません。 また、正社員として雇用していただいていますので、厚生年金も納付しています。 質問: 厚生労働省よりH22.4.26付の年管管発0426第1号により再認定の申請を考えています。 再認定申請をした場合、担当医の診断書による判定だけでは無く、就労先の会社等にも 状況の確認、聞き取り、などがなされるのでしょうか? 最初の認定申請の時は無かったように記憶しておりますが… 提出の診断書以外にどのような認定確認作業がなされるのか教えていただけますでしょうか? どうぞ宜しくお願いします。

  • 障害年金

    現在、障害基礎年金を受給しています。 初診日が国民年金だったため、障害基礎年金になりました。 そして初診日から、数か月後に厚生年金を約7年、支払いました。 今は障害者枠でアルバイトをしているため、年金は法定免除の状態です。 今年が障害年金の更新月です。 次の更新が認定されても、国民基礎年金なのでしょうか? もし、認定されて国民基礎年金の場合は、支払っていた厚生年金は掛け捨ての状態になるのでしょうか? 知っている方、教えていただけないでしょうか? よろしくおねがいします。

  • 障害年金について

    障害年金の申請を考えています。 先生からは受給できても3級と言われました。 初診は厚生年金でしたので、3級がありますが、将来貰う年金のことが気になります。 今まで一度も未納はありません。 例えば障害年金3級に認定された場合、将来の年金はどうなるのでしょうか?

  • 障害年金

    会社勤めで退職し年金をもらう場合は 死ぬまでもらえると思っているのですが 会社勤めで途中で労災で障害者になり 障害年金をもらう場合は 退職するまでは障害年金を貰う場合 退職してから死ぬまでは 普通の厚生年金をもらうのですか? それとも障害者に一度認定されたら 死ぬまで障害年金をもらうのですか?

  • 障害年金額改定について

    私は現在障害厚生年金3級を受給しております。 下肢障害で、年金証書には「次回診断書提出期限※※年」とあるので俗に言う永久認定かと思います。 もしもこれから年金額改定請求をして、診断書の内容如何では棄却ばかりか今までの決定内容(3級すら不支給または永久認定でなくなる等)になることも考えられますか? 人工関節にして3級決定が下りましたが、認定日請求ではなく事後重症による請求だったため、「人工関節=3級」と言った認定日請求の図式には当てはまらず足の状態による3級決定だったと思いますので、これから提出する診断書次第で年金自体が不支給になるのではと不安です。 詳しい方からのご回答お待ちしております。

  • 障害年金…この場合、厚生年金で認定は無理でしょうか

    わたしは、現在30歳です 20代前半にうつ病と初めて診断されました。 この時は、国民年金加入にしていました。 そして、1年間??くらい、病院を離れることが出来ましたが、 その後、再発して、再び病院へ行きました。 そして、軽くなることと、病院を離れることを数回繰り返し、 直近、再発したのは3年前です。 問題なのは、3年前の再発時に厚生年金に加入していたことです。 おそらく、厚生障害年金の3級ないし、障害手当金であれば、 認定される可能性があるのですが、 この場合は、厚生年金での申請は可能ですか? 国民保険の2級では、無理があると思うのですが…、 わたしは、申請してみる価値はあるものでしょうか?