• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

海を埋め立てた土地に建てるマンションの耐震性

海を埋め立てて、タワーマンションがにょきにょき建てられています。横浜ですと、みなとみらいのあたりがそうです。 私は、地震の発生を考えますと、支持層もない、この間まで海だった上に建てられた建物に住む気にはなれません。でも、あれほど多くのマンションが大手業者により建てられ、堂々販売されているのですから、法的にも建築技術的にも耐震問題はクリアしているのだろうとは思います。 実際、ああいう海の埋め立て地に建てるマンションは、どのような工法で耐震性を確保しているのでしょうか。残念ながら、当方、建築の専門家ではありませんので、わかりやすい言葉でお教えいただけましたら大変ありがたいです。

noname#247123
noname#247123

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数272
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

東日本大震災の時、千葉県の浦安市はそこらじゅうで地盤が液状化し、地域の上下水道などの地下埋設インフラや戸建住宅はかなりの被害を受けました。 しかし、超高層マンション本体は全く被害がありませんでした。 NO1の方の仰る通り、岩盤まで達する長い杭を打っているからです。 この杭は60m近くある長いものですが、支持層に達するまでは地耐力が殆どないため、もし現在問題になっている欠陥マンションの様に杭が短かったら、すぐさま傾いて大問題が発覚してしまうので、捏造はないと言っていいでしょう。 また、液状化地域では支持層へ達することとと同時に、液状化による杭への曲げ耐力による影響も検討されます。 さらに非常時にも作動する非常用エレベータも設置してあることがほとんどです。 一方で、免震マンションでない場合は、揺れの時間が10分も続き、居住者は大変な恐怖だったでしょう。 非常用エレベータの用途は、火災時の救助用のため、地震時には点検して動作確認をしないと使えません。ですから、食料の備蓄がない場合は20階の階段を昇り降りすることになってしまい、高齢者だとほぼ不可能でしょう。 現在は、こうした問題に対処するため多くの自治体では食料や水の備蓄を超高層マンションに義務付けたり指導を行っています。 生き延びられるかどうかという点で言えば、チンケな工務店が建てた戸建住宅よりはよっぽど安全だと思いますがどうでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常に説得力のある、詳細なご回答をありがとうございました。岩盤まで達する杭を打っているとは。地震国日本の建築技術はすごいものですね。住むなら、免震、非常用エレベーターあり、非常食あり、のところがよさそうですね。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

横浜の埋め立ては、ふつうに土を入れているだけのようです。 新たに土を入れる場合は、好きなように入れる土を決められるので、強度は望み次第です。 (埋め立てでない)軟弱な地盤では、一度柔らかい土を取り除いて、強固な土を入れなおすことがあるぐらいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですか、土の入れ直しというのもあるのですね。ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.2

1981(昭和56)年に建築基準法の耐震基準が大きく改正されました。以降、新潟県中越地震や阪神淡路大震災、東日本大震災といったような大地震が各地で起きましたが、現在のところ1981年以降に建てられたビルやマンションで地震により倒壊した建物は1件も発生していません。阪神淡路大震災ではバッタリと倒れたビルがありましたが、あれは81年より前に建てられたビルでした。東日本大震災では、柱などに大きなひび割れが発生して「建て替えないと危険だから住めない」となったマンションはありました。しかし、倒壊したマンションやビルは一棟もなかったのです。 ですので今のところ日本の81年以降に建てられたビルやマンションは姉歯物件や先日の杭打ち事件のような不正が行われたものでない限りは世界一地震に強いと断言してよいかと思います。ですから東日本大震災を受けて地震に遭ったときの対策もそれまでの「すみやかに建物から外に逃げる」から「すみやかに建物の『中に』逃げる」になりました。ただ天井が高い建物だと天井板が落ちてくる可能性があるのでその注意は必要です。 東日本大震災のとき、浦安などの湾岸地区では液状化現象が起きて多くの一軒家が大きな被害を受けました。人間とは不思議なもので、液状化によって自宅がたった一度(たった一度ですよ!)傾いただけで「家にいると酔って気分が悪くなる」なんて状態になるのです。しかしマンションでは傾くほどの被害は起きず、補修程度で済んだのです。 東日本大震災で分かったことは、ああいう埋立地は一軒家を買ったらだめ、どうしても住みたいならマンションで、ということでしたね。実際に浦安辺りで一軒家を購入した人は、ローンは残る、自宅の改修が何百万円単位で必要、売却しようにも買う人が皆無で値段さえつかないという悲惨な状況になったのに対してマンション価格は全く影響を受けなかったそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細なご回答をありがとうございました。マンション、一戸建て、それぞれ善し悪しはありますが、地震の場合はマンションの方に軍配があがる点が多そうですね。もちろん、マンションのエレベーターが停止し、20階30階まで食料品を持って階段を上がる、とかは困りますが。 大変参考になりました。

  • 回答No.1
  • okhenta
  • ベストアンサー率10% (82/773)

タワマンは埋め立ての上に立てて有るのでは無くて 埋め立て下の岩盤の上に立てて有るのですよ この前の手抜き立て替え? の中層マンションは 手抜きで岩盤迄杭が届いて無かったから問題 しかし超高層建築の基礎の手抜きは怖くて出来ないから 割と安心

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「埋め立て下の岩盤の上に立てて有るのですよ」 そうだったのですか?存じませんでした。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 耐震性について教えてください。

    今度賃貸物件に引越しをする予定の者です。 建物の耐震性についてお伺いします。 ひとつは 建築年が1983年鉄筋コンクリート、1階/3階建ての物件 もうひとつは 建築年が1993年軽量鉄骨造、2階/2階建ての物件 この場合、やはり築年数的にも後者の物件の方が耐震性は優れているのでしょうか? 防音は前者のほうが優れているでしょうか? また、耐震性の気になる物件(前者の物件)に住む場合、気をつけることはありますか? 実際には耐震性、地震のことを気にしているとどこにも住めないのですが、気になったのでご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。

  • マンションの耐震性について

    大阪に転勤になり、今、検討中のマンション(2)ついてです。 ●1995年築 ●鉄骨鉄筋コンクリート ●9階建て ●一階が駐車場 この年代の鉄骨鉄筋コンクリートのマンションの耐震性はどんなものでしょうか… 一階が駐車場だと弱いのでしょうか… 今日、地震があった事もあり、どなたか詳しい方がいらっしゃれば教えて下さい。

  • ユニットラーメンの耐震性について

    ユニットラーメン工法が一番耐震性があると聴きましたが本当でしょうか? 他の工法は一度は大きな地震に耐えれても後に大きな修理が発生するのは本当でしょうか? 特に木造は横揺れに弱いというのは本当でしょうか?

  • 耐震性について

    当方、神奈川県南部の海沿に在住です。 昨今、急に話題になっていますが活断層群に関する地震の他、南関東地震 等、数パターンの地震が発生する確率が非常に高くなっていると言われて いる地域で、震度7程度、少なくとも震度6弱程度は、覚悟する必要があ る考えています。 そこで、新築する場合に、耐震性を強く意識したいと考えております。 同時に、小屋的な小さなスペースの居住空間で十分と考えているものです から、ログハウスや2×4なども候補にあげて検討しています。 面積やレイアウト、価格などをざっと見たところ以下のようなものが候補 として考えるようになってきました。必ずしこの製品には固執しませんが。 ログも、2×4も、耐震性に優れており、コンパクトな平屋だけに、さら に、対応力はあるかと思って、候補に入れています。 実際に、耐震性に優れているのは事実なのでしょうか? 耐震性以外にも、さまざま要素はあるのですが、価格や工費、メンテナン ス、面積なども含めて、かなり近い条件だと考えています。 震度6や7程度にも耐えられるほど、耐震性が本当に優れているのかなど も含めて、アドバイスなど頂ければ幸いです。 候補1 レポ 建築面積 約18.5坪 (134mmのラミネートのログ 価格が約620万円~780万円程度) 工費を含めると、やはり1200万円~1500万円程度は必要でしょうね。 http://www.fin-bigbox.com/news/campaign/uni_laminate_log.html#lepo 候補2 サーファーズハウス 建築面積 約16.5坪 キット価格が 約600万円 工費を含めて約1500万円 http://www.ei-publishing.co.jp/add/surfershouse.html#planning どちらも面積の割には、割高な感じはしますが、諸条件を考慮すると 最低限の金額なのかなと思えています。

  • 15~6年前のマンションの耐震性について

    私の住んでるマンションは築16年なんですが、耐震性がどうなのかすごく気になっています。 阪神淡路大震災の年に完成したマンションです。 構築?はRC構築という作りでした。 階数は8階立てです。地盤はゆるめです 外壁のひび割れとかは無いです。 近々関東大震災が来るという噂があるのでとても心配です・・・ 毎日地震のこと考えてます・・・ 震度7とかに耐えられるとは思えないんです。 どなたか詳しい方教えていただけると助かります。大地震起きたときのマンションの予想だけでもいいので・・・

  • 中古戸建ての耐震性を知るにはどうしたらいいですか?

    昭和45年築の中古戸建てを購入予定です。 10年ほど前に1000万ほどかけてリフォームしたお宅で、 築年数の割には綺麗です。 2階は30平米程度増築してあります。 前向きに購入を考えているのですが、 この建物の耐震性が気になっています。 10年ほどで建て直す予定なので、地震の時に死なないよう潰れなければいいと思っています。 (地震後に住めなくなってもかまわない) 不動産屋に「耐震性が知りたい」旨伝えたら、 建築家を紹介して下さり、 次回の内覧の時に建築家の人が同行してくれる事になりました。 同行料は1万5千円ほどです。 同行料を払うのはまったくもってかまわないのですが、 同行する事によって何が分かるのかが不明です。 こちらとしては何を聞けばいいのかも分かりません。 不動産屋いわく、「潰れるか潰れないかは家の壁をはがしたり、超音波の検査をしたりしないと分からないと建築家に言われた」そうです。(費用は数十万) 耐震性が悪かったら購入しない物件に数十万はかけられませんし、 壁を壊したりもできません。 中古戸建ての購入前の耐震性は一体どうやって知ればいいのでしょうか。 ご存じの方、詳しい手順をお教え頂けたらありがたいです。

  • 築35年のマンションの耐震性

    1970年築、8階建てのマンションの一室を借りることを検討しています。古いので、耐震性がどの程度あるのかまったくわかりません。(希望する千代田区内だとこれくらい古くないと予算におさまりません。) 大手建設会社の施工なので倒壊はしないだろう、程度の認識しかありません。 建築基準法の構造規定や耐震規定が改定されるまえの物件ですが、耐震面でどのような位置付けにあるか教えていただけないでしょうか。 なにとぞよろしくお願いいたします。

  • FPとSWの耐震性、断熱性について

    現在、FP工法とSW工法で新築を検討しています。私の住んでいる地域は南海地震の確率が高いので耐震性の高い家を建てたいと考えて検討しています。FPは耐震の認定を取ったFPパネルに面材をプラスした特製のパネルらしく、これだけで断熱と耐震を兼ね備えた家ができるといった売り込みをされていますが、坪単価が85万と破格に高いです。SWと競合が多いとのことだったので見積りを取って見ましたが、やはり300万ほどFPが高くなりました。それでも、値引きで対抗しなくても最終的にFPを選ぶ方が多いとの説明で値引きはしない雰囲気でした。とはいえ余りにも高いのでSE工法をやっている一級建築士の工務店にも相談してみましたが、安価なロックウールでも十分な性能が確保できるのに断熱にそこまでお金をかけなければならない理由もないし、FPやSWが構造的に特別に強いとも思ってないし、FPやSWは営業の人が売り込みがしやすく施工の管理もしやすい上に金額が高く取れるので増えてるかもしれないけど、住み心地と耐震性を考えてもそんなに高い家にする必要はないと思いますとのことで、提案された図面としては一番雰囲気がよく、金額も一番安価でした。地震のことを考えたら高くてもと考えてしまいがちでもあり、熊本地震でもあまり揺れなかった実績ありみたいな話もありますが、FPやSWの実際の評価とかご存知であれば教えてください。

  • マンションの支持杭

    新築マンションを購入予定です。 最近地震があった福岡に住んでおり、耐震性が気になっています。設計図書で調べたところ、支持層の強度はN値というものが安定して50に達していませんでした。業者の説明では、支持杭が地面との摩擦を利用するタイプ(支持杭のところどころに出っ張りがありました)なので、N値が50なくても安定性は十分だとの事でした(6階建てのマンションで杭の長さは約20mあります)。業者の言葉を信じてよいのでしょうか? また、建設場所はもともと田んぼでしたが、地盤に問題は無いのでしょうか?

  • 軸組+壁パネルの耐震性

    新築予定で来週あたり基礎着工になります。 HMはクレバリーホームで、金物を使って緊結するタイプの軸組工法です。 「耐震性を上げるために壁パネルのオプションがありますよ」という 紹介があってプラン策定当初からこのオプションを採用しました。 着工の前に「壁量計算書」をもらったのですが、1Fについて、 建築基準法(耐震等級1)の必要壁量22.4に対し、計算結果は24.5でした。 (等級2では38.4、等級3では45.7です) 延床の坪単価にして1万円ほどのコストをかけて耐震性を上げたつもりが、 「基準法ギリギリ」とも思える内容だったので、現場監督さんに相談して みたところ、 「壁パネルは壁量計算に含めない壁も含めて外周は全面張るのでこれでも 十分強いです」という答えで、これはこれでわかる気はします。 実際問題、計算壁量が同じになる筋交いのみの家と壁パネルの家では 耐震性は大きく違うものなのでしょうか? ご存じの方、教えていただけませんか。 ※それでも「やっぱり数値も欲しい」とお願いして、内部の壁に筋交いを 追加して34.5にしてもらうことにはしています。