解決済み

アンプ回路図から音声を出力するに

  • 困ってます
  • 質問No.9050191
  • 閲覧数621
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 76% (222/291)

シミュレーションソフトLTspiceを使ってつぎのような手順で
パソコンから音声を出力させたいのですが、初心者でも解る
ような参考書を教えてください。

(1)外部マイクを使って音声や外来ノイズをパソコンに取り込む。
(2)LTspice上のディジタルフィルタに取り込んだ音声や外来ノイズを入力する。
(3)ディジタルフィルタの出力をLTspice上のアンプに入力する。
(4)アンプからの出力をパソコン内臓のスピーカーから音として出力する。
以上です。
ディジタルフィルタやアンプというような個別の回路の設計はできるのですが
音声や外来ノイズの取り込む方法や部品を使わずにLTspice上で設計しただけの
アンプからスピーカーを鳴らす方法が解りません。
電子工作のような雑誌にも見当たりませんでした。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 78% (648/828)

以下の手順でできます。
添付図は、適当なwaveファイル(chime1s.wav)の信号をコンデンサと抵抗から成るハイパスフィルタ(HPF)を通した信号をHPF.wavという名前で保存した例です。

(1) 信号源のwaveファイル(拡張子がwav)をLT-spiceフォルダの直下に保存する
こちらのPCでは「C:\Program Files\LTC\LTspiceIV」がLT-spiceフォルダに相当しますが、環境によってパスが異なるかもしれません。libフォルダがある場所がLT-spiceフォルダの直下になります。

(2) waveファイルを信号源とした電圧源を作成する
・回路図画面をアクティブにした(回路図画面にマウスカーソルを合わせてクリック)状態でファンクションキーのF2を押して、出てきた部品画面の中から voltage (添付図のV1のような記号)を選択して回路図上に配置する
・voltage記号にマウスカーソルを合わせて右クリック → Advanced → PWL FILEを選択(ボタンをクリック) → Browseをクリック → (1)で保存したwaveファイルを選択(ファイルの種類を「全てのファイル」としないとwaveファイルがリストに出てきません)→ 開く → OK
・voltage記号の近くに「PWL file=選択したファイル」という文字が表示されるので、その文字にマウスカーソルを合わせて右クリック → 「PWL file=選択したファイル」を「wavefile=選択したファイル」に書き換える → OK

(3) 回路図画面をアクティブにした状態でメニューのEdit → SPICE Directiveで出てきた空欄に
.wave HPF.wav 16 44.1k V(out)
などの形式で出力ファイル名(HFP.wav)、ビット数(16)、サンプリング周波数(44.2kHz)、出力したい場所(ノード)を記述(waveの冒頭がドットになっていることに注意) → OK。添付図のように、waveファイルとして書き出したい回路図上の点の名前を out とした場合は、出力したい場所にはV(out)と書きます。waveファイルの名前とノードの名前は何でも構いません。回路図上の点に名前(ラベル)を付けるには、ファンクションキーのF4を押して、出てきた空欄に名前を書いてOK→回路図上に配置(クリック)です。

(4) シミュレーションをスタートして終了すると、LT-spiceフォルダの直下に、waveファイルが保存されています。

注意点として、保存する信号の振幅(電圧)が-1Vから+1Vの範囲にないと、波形がクリップしてしまうので、最大電圧で規格化するなどしてその範囲になるようにして保存してください。

添付図の音源は学校のチャイム音ですが、ここ
http://www.tam-music.com/se.html
からダウンロードしました(フリー音源)。

以上は、waveファイルを信号源とする場合ですが、回路だけで発振器を作ったときなどの音も、上の方法で録音することができます。
お礼コメント
nn1230

お礼率 76% (222/291)

さっそく回答していただきありがとうございました。
たいへん分かり易い解説で助かりました。
これならすぐに実験できます。
ほんとうにありがとうございました。
投稿日時 - 2015-09-20 12:03:11

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 31% (3688/11598)

お礼コメント
nn1230

お礼率 76% (222/291)

さっそく回答していただきありがとうございました。
真空管アンプの回路図を懐かしく拝見しました。
また、実際の回路図による解説でよく理解できました。
ほんとうにありがとうございました。
投稿日時 - 2015-09-20 11:51:23
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ