• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

部分積分の仕方

∫1/{(a-x)(b-x)}の仕方が分からず解説を見たら画像のように部分積分をしたら求まるよ。 と書いてありましたが理解できませんでした。 一応統計とかで使う超簡単な部分積分の解釈は出来ているのですが どうして部分積分からこのような式に変形できるのかがわかりません。 たとえばxcosxとかなら x(sinx)'としてxsinx-∫1・sinxとかで求めるのが部分積分ですよね。 なんで(b-a)が外に出てるのかそれすら理解できてません。お恥ずかしいですが、わかりやすくご指導お願い申し上げます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数162
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

この積分には部分積分はいらないと思いますが? この解説は、何かの参考書のコピーでしょうか? いずれにせよ、解説の画像が途中で切れているのでそこまでしかコメントできません。 この置換えは基本なので、かならずできるようにならないといけません。 二次の反応速度式などの積分で出てきます。 まず、1/(a-x)(b-x) = c/(a-x) + d/(b-x) と変形できたと仮定しましょう。 右辺を変形すると c(b-x)/(a-x)(b-x) + d(a-x)/(a-x)(b-x) = {(bc-ad) - (c+d)x}/(a-x)(b-x) となります。 これが左辺と等しくなるには、 bc-ad = 1 c+d = 0 でなければなりません。右辺の分子は、xに関して0次式だからです。 後は単純な連立式を解くだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼を申し上げるのが遅くなり失礼しました。 また、おかげさまで解答解説そのものが間違った指導をしていることならび適切な導出方法のどちらも理解できました。 ほんとうにありがとうございます。

関連するQ&A

  • 部分積分

    問題に ∫(-∞→∞)(x*e^(-(x^2)/2))dx このような積分があり 解説には ∫(-∞→∞)(x*e^(-(x^2)/2))dx =[-e^(-(x^2)/2)](-∞→∞)=0 というのがありました。 [-e^(-(x^2)/2)](-∞→∞)=0 この計算に問題はないのですが その前の ∫(-∞→∞)(x*e^(-(x^2)/2))dx =[-e^(-(x^2)/2)](-∞→∞) の意味がわかりません。 部分積分をしようとしているのはわかるのですが、どのように変形すればいいのかいまいち理解できないのですが、ご教授よろしくお願いします。

  • 部分積分の導き方・・・、

    部分積分法を導くとき、積の微分の公式 { f( x )g( x ) } ′= f ′( x )g( x )+f( x ) g ′( x ) 、を使いますよね。 教科書には、両辺の不定積分を考えて、 ∫{ f( x )g( x ) } ′dx = ∫{ f ′( x )g( x )+f( x ) g ′( x ) } dx ・・・(1) になり、 f( x )g( x ) = ∫f ′( x )g( x )dx + ∫f( x ) g ′( x )dx・・・(2) と書いてあります。(1)から(2)へ式変形するとき、左辺は、f( x )g( x )+Cになると思うのですが、Cはどこへ消えたのでしょうか?

  • 部分積分法の変形版にてです。

    画像の2~3行目の下線がされている所は定積分の「部分積分法」の変形版を使っているんですか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • bran111
  • ベストアンサー率49% (510/1034)

解説を書いた人間がよほどおっちょこちょいかいい加減な奴で部分分数展開を部分積分と言い間違えただけのことです。そんな本はやめた方がいいのではありませんか。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A8%E5%88%86%E5%88%86%E6%95%B0%E5%88%86%E8%A7%A3

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 部分積分法について

    微分方程式の問題を解いているときに出てきた式 ∫(logt/t)×(1/t)dt を部分積分法で解くと (-1/t)logt+∫(1/t)(1/t)dt となるらしいのですが、自分で解くと ∫(logt/t)dt であることから解がlogtとなり、部分積分の公式に代入すると「+」よりも前の式が (1/t)logt というように「-」が付きません 以上の解き方は間違っているのでしょうか? 正しい解き方を教えてください

  • 部分積分法

    ∫[0→π]e^x*sinxdxを求めなさい。 ∫[0→π]e^x*sinxdx=[e^x*sinx][0→π]-∫[0→π]e^x*cosxdx =-{[e^x*cosx][0→π]+∫[0→π]e^x*sinxdx}          =-(-e^π-1-∫[0→π]e^x*sinxdx) というかんじになって永遠に部分積分法が続いてしまいます。 どのように対処すればよいでしょうか?? もうひとつ質問なのですが、アークタンジェントと呼ばれる(Tan^-1)xがありますが (tan^-1)xもまったく同じ意味をあらわしているのでしょうか?? また、cotxと(Tan^-1)xは同じ意味なのでしょうか?? 初歩的な質問ですがよろしくお願いしますm(__)m

  • 部分積分の直感的な理解

    部分積分の公式を、関数の積の微分の公式から導くのではなく、 部分積分の公式そのものから直接的にすぱっと理解する方法はないでしょうか? 物理の計算とかで、部分積分を使う場面がよくありますが、「部分積分すると」という表現に出くわすと、妙にはぐらかされた気分になるのです。

  • 部分積分の積分定数

    いつもお世話になっています。 部分積分の公式は積の導関数  (fg)' = f'g + fg' の両辺を積分して変形すれば出てくると思うのですが、 そのとき  fg = ∫f'g dx + ∫fg' dx + C のように積分定数をつけなくてもいいのはなぜですか?

  • tan の部分積分

    いつもお世話になっています。 tan x の積分をしたくて、新しく覚えた部分積分というのを使ってみると  ∫tan x dx = ∫(sin x)/(cos x) dx = ∫(-cos x)' (1/cos x) dx = (-cos x)(1/cos x) - ∫(-cos x) (sin x/cos^2 x) dx = -1 + ∫tan x dx と、おかしなことになりました。 部分積分の公式の元に戻って  (fg)' = f'g + fg' と考えると  f(x) = -cos x  g(x) = 1/cos x となって、左辺が定数の微分になるので  (-1)' = tan x - tan x だからあってます。 定数を f(x), g(x) に分解したあたりが怪しいような気がするのですが、 最初にやった部分積分の式で何をどうしたのがいけなかったのかが説明できません。 いったい何がだめだったのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 不定積分 部分積分

    ∫(3x+2)sinx dx =∫{(sinx)×(3x+2)} dx =(-cosx)×(3x+2)-∫{(-cosx)×3}dx =-(3x+2)cosx-3∫-cosx dx =-(3x+2)cosx+3∫cosx dx =-(3x+2)cosx+3sinx or =(3x+2)(-cosx)-∫(3x+2)'(-cosx)dx =-(3x+2)cosx+3∫cosx dx =-(3x+2)cosx+3sinx この2つのやり方どちらで部分積分で解答した方がいいんですか? また、他の部分積分の時にはどちらのやりかたでやったほうがいいですか?

  • 部分積分法

    部分積分法にて解きましたが途中計算のどこかが間違っており答えにたどり着きませんでした。 ミスした箇所を教えていただけると嬉しいです。 ∫x^(2) (e^x) dx = x^(2) ・-e^(-x) - ∫2x・-e^(-x) dx = -x^(2)・e^(-x) + 2∫xe^(-x) dx  ・・・(1) ----------------------- 上記の式の∫xe^(-x) dx について積分 ∫xe^(-x) dx = -xe^(-x) - ∫-e^(-x) dx = -xe^(-x) + e^(-x) dx これを(1)の部分に当てはめる = -x^(2)・e^(-x) + 2{ -xe^(-x) + e^(-x) } = -x^(2)・e^(-x) - 2xe^(-x) + 2e^(-x) = -{x^(2) + 2x - 2 }e^(-x) + C     ← 答え しかし解答は  -{x^(2) + 2x + 2 }e^(-x) + C になります。私の回答とは +2 と-2の違いなのですが、 どこから、差がでているのかがわかりませんでした。

  • 理解困難な部分積分

    ∫(0~1) {e^(-u)} lnu du の変形の際、 私の本に、  「 e^(-u) を -{e^(-u)} +1 に積分するという不思議な方法を使って以下の式を得ます。   [(-{e^(-u)} +1) lnu](0~1) - ∫(0~1) ({e^(-u)} + 1) / u du 」 とあります。 この変形が理解できません。 ご教示ください。

  • 積分計算(部分積分)

    大学から理転し、現在微分方程式を勉強しております。 高校数学3Cの範囲は一通り独習しておりますが、以下の積分計算が分かりません。 ∫xe^(x^2)dx = e^(x^2)/2 ∫xe^(-(x^2)/2)dx = -e^(-(x^2)/2) いずれも部分積分法を用いるように思われるのですが、どうしても右辺が導けません。 途中式を詳しく解説していただける方、よろしくお願い申し上げます。

  • 積分がわかりません

    いくつかわからないので教えていただきたいです。∫は省略します。 まずlog(1+√x)dxですが、t=√xと置換してdx=2tdtとなり 2tlog(1+t)dtとなります。しかしここからのやり方がわかりません。 次にcos^3xsin^2xdxですが、部分積分を使ってやってみたのですがどうもうまくいきません・・・しかし部分積分を使うのは間違いなさそうなんです。 次に(1/(x^3-x))dxですが、この式は1/x(1-x)(1+x)に変形できます。 分母が2つの掛け算ならば部分分数にできるのですが3つの掛け算なのでどうしたらいいのかわかりません。 次に(x/(x^3+1))dxですが、この式をx/(x+1)(x^2-x+1)と変形したあとのやり方がわかりません。 最後に、これが一番聞きたいことなんですが (1/cosx)dxの積分です。 分子分母にcosxを掛けてcosx/cos^2xとします。 sinx=tとおくと、dx=dt/cosxとなり、最初の式はdt/(1-t^2)になります。 部分分数にして1/2∫(1/(1+t)+1/(1-t))dtになります。 よって1/2(log|1+t|-log|1-t|)=1/2log|(1+sinx)/(1-sinx)|になりますよね?? でも、解答にはlog|(1+sinx)/cosx|って書いてあるんです。 どこが間違ってるのかわかりません。 以上長いですが教えていただけたら幸いです。