• ベストアンサー
  • 困ってます

東京ドームと阪急阪神東宝グループのつながり

  • 質問No.8974296
  • 閲覧数685
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 79% (871/1101)

たまたま別口で調べていたら気になってしまい、直接何か影響があるとはかなり考えづらいのですが質問させていただいた。変な質問で大変申し訳ございません。

東京ドームといえば、今は株式会社東京ドームや東京ドームシティですが、後楽園の頃から、巨人 読売ジャイアンツの本拠地で、当然読売新聞や日テレ等と強い繋がりまたはグループ会社、だと思っていたのですが、「ジャイアンツの親会社である読売新聞グループ本社および日本テレビ放送網との直接の資本関係は無い」というところでまずビックリしました。そして「小林一三が設立に参加していたこともあり、旧来より阪急阪神東宝グループとも資本・取引等で関係が強い」というのも見て、色々気になってしまいました。

大筋気になっていることは、巨人と阪神の球団関連への関係性と、東京ドーム及び東京ドームシティは阪急阪神東宝グループ関連の会社や施設になるのか、ということです。

質問しておいてなんですが、うまく言えなくて申し訳ないです。また書いていてもう一つ思っていたのですが、これも影響は無いだろうし、そもそもが思い込みなのですが、東京ドームシティ(後楽園)といえば、僕と握手!というような感じで、シアターGロッソをはじめ、東映及びスーパー戦隊との関係も強そうに思っていたのですが、特に記載が見つからないところを見ると、読売ジャイアンツ同様、関係があるというのは思い込みなのですよね。もし関係があると、やはり東宝の持ち物で東映がプロモーションや営業をしているのかな、と気になってしまいました。

変な質問で大変申し訳ございません。お詳しい方いらっしゃれば色々教えていただけましたら幸いです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 30% (96/312)

阪急阪神ホールディングス、東宝、エイチ・ツー・オー リテイリングの関連会社一覧に
東京ドームの名前が無いので
関連会社や施設とは言えないでしょう。
お礼コメント
d-daisuke

お礼率 79% (871/1101)

ありがとうございます。

なるほど、創設者関連の繋がりはあるけど、企業同士の繋がりはないのですね。

ありがとうございました。
投稿日時:2015/05/14 00:07

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 41% (20356/48646)

こんにちは

後楽園スタヂアムを建てるのに出資したのが小林一三らしいです

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E6%A5%BD%E5%9C%92%E7%90%83%E5%A0%B4
その流れで
http://fukuju3.cocolog-nifty.com/footbook/2009/03/post-e381.html
お礼コメント
d-daisuke

お礼率 79% (871/1101)

ありがとうございます。

後楽園球場(こうらくえんきゅうじょう、 英語: Korakuen Stadium)は、かつて日本の東京都文京区(建設当時は、東京府東京市小石川区)にあった野球場で、正式名称は「後楽園スタヂアム」(こうらくえんスタヂアム)。株式会社後楽園スタヂアム(現:株式会社東京ドーム)が管理していた。

球場の閉鎖、東京ドームへ編集
競輪場跡に東京ドームが建設されたことで球場としての役割を東京ドームに譲り、1987年(昭和62年)11月8日に開催された巨人ファン感謝デーのイベントを最後に閉鎖・解体された。このイベント終了後、スタンドの椅子などを取り外して持ち帰ったファンもいたと言われている。跡地は駐車場として用いられた後、プリズムホールや東京ドームホテルが建設された。最後のパ・リーグ公式戦は1987年(昭和62年)10月13日の日本ハム-近鉄戦で、近鉄先発の吉井理人がプロ初完投勝利を挙げている。最後のセ・リーグ公式戦は10月18日の巨人-広島戦で、巨人の吉村禎章が4ボール2ストライクから本塁打を打っている。最後のNPB主催試合は10月30日の日本シリーズの巨人-西武第5戦で、最後の投手は西武の工藤公康、最後の打者は篠塚利夫である(結果は三振)。

2010年9月27日に工藤公康が西武から戦力外通告を受けたことにより、2013年4月現在で後楽園球場のプロ野球一軍公式戦に出場したNPBに在籍する現役選手は山本昌(中日)のみとなっている。

日本プロ野球(日本野球連盟・日本野球機構)史上、後楽園球場での開催試合数7172試合、本塁打10416本は現在でも球場別ランキングの第1位である。

後楽園スタヂアムの資本系列
Mar 26, 2009 8:33:23 PM
『後楽園スタヂアム50年史』(後楽園スタヂアム, 1990)p.16に創立当時の株式会社後楽園スタヂアムの役員と主な株主が記載されています。1936(昭和11)年12月25日創立総会時。

取締役会長 田辺七六
取締役社長 早川芳太郎
専務取締役 田辺宗英

早川芳太郎 2,130株
水上金三郎 1,500株
手塚丈夫   1,380株
田辺宗英   1,300株
水上源太郎 1,100株
小田進平   1,090株
大橋松雄   1,050株
小林一三   1,000株
正力松太郎 1,000株
以下略

早川芳太郎は東京米国商品取引所理事長、最初は兜町系の人が中心でプラス東宝、野球人人脈といったところでした。球場の開業は1937(昭和12)年9月11日。

ところが経営は思わしくなく、株価は額面20円を1円か2円下回っており、小林一三が額面価格で過半数の株を取得したいと申し出て、1938(昭和13)年6月28日の株主総会で東宝系列になり、主要役員は以下に交代します。

取締役会長 渋沢秀雄
取締役社長 吉岡重三郎
専務取締役 秦豊吉

戦後、1947年にGHQによる財閥解体で東宝から独立ししました。しかし、戦時中から続いた秦豊吉会長、田辺宗英(小林一三の弟)社長の東宝系経営陣は戦後もそのまま継承されています。現在は株式会社東京ドームとなっています。

参考項目としてはこちらですかね。

ちなみに、私は、

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0_(%E4%BC%81%E6%A5%AD)

主にこちらを見ていました。

株式会社東京ドーム(とうきょうドーム)は、東京ドーム・東京ドームシティアトラクションズ(旧後楽園ゆうえんち)などを運営する会社。旧称後楽園スタヂアム。東京都文京区に本社を置き、東京ドームグループという企業グループを展開している。

解説編集

資本・融資関係では第一勧銀グループ(旧勧銀十五社会や第一勧銀グループ三金会に加盟)・みずほグループに所属している。

元々後楽園球場建設のために会社が設立され、後楽園球場時代から現在の東京ドームに至るまで、.読売ジャイアンツの本拠地として定着している。

ジャイアンツの親会社である読売新聞グループ本社および日本テレビ放送網との直接の資本関係は無いが、読売新聞グループ本社系列の株式会社よみうりランドの大株主である。 よみうりランド同様に公営競技場および場外投票券発売施設を所有しているが、これはかつて後楽園競輪場を運営していた流れによるものである。

小林一三が設立に参加していたこともあり、旧来より阪急阪神東宝グループとも資本・取引等で関係が強い(第4代社長・田邊宗英は小林の異母弟、第5代社長・真鍋八千代は小林と田邊の義従弟に当たる)。

東京ドームシティ・札幌・熱海の後楽園ホテルとは別に、かつては「舞子後楽園(スキー・ホテル・ゴルフ場)」・「城島後楽園(ゆうえんち・ホテル・ゴルフ場)」をはじめとする6つのリゾート・ゴルフ場や、アエルなど中小の消費者金融業者へ事業資金(貸付金)の融資を行う卸金融業「後楽園ファイナンス(登記上はフアイナンス)」を有し、多角面な経営を行っていた。

しかし、2006年(平成18年)7月中間期連結決算で、金融事業が貸金業の環境変化による貸倒引当金等の損失計上が引き金となり過去最大の赤字を計上したことから、リゾート事業はモルガン・スタンレー系のセントレジャー・グループへ売却。金融事業については後楽園ファイナンス子会社の「サイエンスファクタリング」「理想ゴルフサービス」を東京ドームが特別清算し、ファイナンス社はローンスターへバルク売りと噂される程の安価(500億円)で売却された。その後、2007年(平成19年)度連結決算で736億円の特別損失が発生している。この整理が完了した事で、現在は東京ドームシティの施設運営を核にした事業経営を行っている。

株式会社東京ドーム本体の流通・小売部門に「SHOP IN」(ショップイン)がある。

株式会社東京ドーム
Tokyo Dome Corporation
種類株式会社
市場情報
東証1部96811949年5月上場
本社所在地日本の旗 日本
〒112-8575[1]
東京都文京区後楽一丁目3番61号[1]
東京ドームシティ後楽園ホールビル3F・4F・6F
設立1936年(昭和11年)12月25日[1]
(株式会社後楽園スタヂアム[1])
業種サービス業
事業内容野球などのプロモート事業、娯楽施設の経営、健康施設の経営、ショップ・飲食店の経営、新規リゾート開発、ビル経営他
代表者久代信次(代表取締役社長)
資本金20億3800万円
発行済株式総数191,714,840株
売上高単独592億5600万円
連結835億6200万円
(2014年1月期)
営業利益単独101億8100万円
連結117億2400万円
(2014年1月期)
純利益単独68億7500万円
連結80億7700万円
(2014年1月期)
純資産単独732億3900万円
連結744億3200万円
(2014年1月31日現在)
総資産単独3,078億7900万円
連結3,045億9500万円
(2014年1月31日現在)
従業員数単独821名 連結1,873名
(2014年現在)
決算期1月31日
主要株主日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 12.22%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 7.30%
株式会社みずほ銀行 4.75%
富国生命保険相互会社 4.48%
株式会社竹中工務店 3.50%
(2014年1月31日現在)
関係する人物田邊宗英
眞鍋八千代
田邊七六
小林一三
正力松太郎
保坂誠
押川清
渋沢秀雄
外部リンクhttp://www.tokyo-dome.jp/


すみません、私に理解力がないせいかと思いますが、結局のところ

>東京ドームと阪急阪神東宝グループのつながり

東京ドームといえば、今は株式会社東京ドームや東京ドームシティですが、後楽園の頃から、巨人 読売ジャイアンツの本拠地で、当然読売新聞や日テレ等と強い繋がりまたはグループ会社、だと思っていたのですが、「ジャイアンツの親会社である読売新聞グループ本社および日本テレビ放送網との直接の資本関係は無い」というところでまずビックリしました。そして「小林一三が設立に参加していたこともあり、旧来より阪急阪神東宝グループとも資本・取引等で関係が強い」というのも見て、色々気になってしまいました。

大筋気になっていることは、巨人と阪神の球団関連への関係性と、東京ドーム及び東京ドームシティは阪急阪神東宝グループ関連の会社や施設になるのか、ということです。

質問しておいてなんですが、うまく言えなくて申し訳ないです。また書いていてもう一つ思っていたのですが、これも影響は無いだろうし、そもそもが思い込みなのですが、東京ドームシティ(後楽園)といえば、僕と握手!というような感じで、シアターGロッソをはじめ、東映及びスーパー戦隊との関係も強そうに思っていたのですが、特に記載が見つからないところを見ると、読売ジャイアンツ同様、関係があるというのは思い込みなのですよね。もし関係があると、やはり東宝の持ち物で東映がプロモーションや営業をしているのかな、と気になってしまいました。


についてはわからない状態でした。せっかくご回答頂いたのに理解および解決出来ず申し訳ございません。
投稿日時:2015/05/13 15:34
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ