• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

本を借りるのは無料。ビデオを借りるのは有料。 なぜ?

本を借りるときは、図書館から無料で借りる。 ビデオを借りるときは、レンタルショップから有料で借りる。 これが9割以上の人にとって普通になってますよね。 法律がどうこうというよりは、なぜ、どういう背景で、そういう世の中になっているかが、わかりません。 例えば、 文学作品や伝記を読むのはタダ。 文学作品や伝記を映画化したビデオを見るのは有料。 不可解です。 なぜ、これが普通な世の中なのでしょうか。 本の貸し出しが有料になったり、ビデオの貸し出しが無料になったり、色々な場合があったほうが、かえって、不自然でないような気さえします。 説明していただける方、いらっしゃいませんか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数17
  • 閲覧数254
  • ありがとう数24

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.11
  • nebel
  • ベストアンサー率37% (117/308)

個人的な意見です。 ビデオやDVDなどの映像媒体の歴史が浅いからではないでしょうか? 例えば、昔は、文化に触れるには紙媒体しかありませんでした。 また娯楽に関しても、本が最も大きいものでした。 しかし、本は一般庶民からすれば高いものでした。 また、今のように印刷技術・物流が発展していない時代では手に入れることも難しかったのではないでしょうか。 そのことから、公共の福祉や文化水準の向上を考えると、 国や地方自治体がそういった場を用意したほうがよくなります。 そのことから図書館がうまれたのではないかと。 また本については、学術的な面もありますし。 (昔は識字率の向上などの面もあったのかもしれません) 逆に映像媒体は本に比べて歴史が浅いですよね。 また、本は歴史的経緯から、価値観など商業的・娯楽的側面が低いようにおもいます。 本と映像媒体の扱いの差といってもよいかと。 それらのことから、公共の観点から映像媒体の図書館といった位置付けのものがないので、 質問者さんの意図する、有料と無料といったケースがないのではないでしょうか。 著作権の概念が希薄だった時代に図書館制度ができているという経緯も大きいかとおもいますが。 個人的には今のままの図書館制度なら廃止してしまえと思っています。 著作権者に対する報酬というか保護がないシステムですので。 この辺は近年問題になっていますけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 だんだん核心に近づいてきたような気がします。 やはり、ビデオは歴史的が浅くて、社会的地位が低いですね。 商業的価値や著作権者に対する報酬の件等々、ごもっともだと思います。 図書館からの貸し出し回数に応じて、ロイヤルティーが入るようなシステムは、実は、あって当たり前のことのような気もします。 一方、個人的に思っているのは、たとえば、NHK教育の理科番組みたいなのや歴史・伝記物のビデオが、図書館にずらーっと置いてあるといいな、と。 そういうのがあれば、月に何度も借りに行って、子供に見せるのに。 (プロジェクトXが、「子供に見せたい番組」No.1であるという調査結果が最近出てましたけど、私はあまり子供向けじゃないと思います。)

関連するQ&A

  • 文学を勉強出来る本

    文学の勉強がしたいです。 あまり文学作品を読んだことはありません。 なにかしらの文学作品についてわかりやすい解説を書いているような、文学を学ぶ入門書や教科書になるような本はありませんか?

  • 本を寄贈したいことに関して質問です。

    本を寄贈したいことに関して質問です。 不要になった本があるのですが、ドイツ語の文学作品・英語の文学作品。辞典類であり全てカバー等なし、図書館で到底引き取ってもらえません。引き取ってもらえても、あるいはどこの団体に寄贈できても、ゴミ処分されるのが自明です。 学問的なこういった本を受贈してくださって活用してくださる方が見つかる方法を教えてください。

  • 有料?無料?

    つい3日前にインターネットを始めたばかりで分からないので教えてください。 昨日、quick time playerというものをダウンロードしました。これは無料と書いてあったので安心してダウンロードしたのですが、(少しドキドキでしたが・・)世の中そんなに甘くないと思うのです。さっきも無料で音楽を聞いて得した気分になってたのですが、なんか不安なんです。「数日後に請求書が来たりして・・・」とか思っちゃうんです。(gooのメンバー登録するのにも有料か無料か考えちゃいました・・・) そこで、皆さんにお聞きしたいのですが、ネット上で金銭的なトラブルに巻き込まれないようにするにはどうすればよいでしょうか?どのようなものが有料で、どのようなものが無料なのか、開いただけでお金を取られるサイトとかがあるのか?ナドナド教えてください。また、そういうネット上で注意するべき点などに関する本、HP等があればお教えください。よろしくお願いします。

その他の回答 (16)

  • 回答No.17

戦前戦後を通じて日本が貧しい時代がありました 印刷技術も現代とは比べようも無く未熟で手間もかかるものでした 従って庶民のなかでは書籍を比較的身近に感じていない人も多く生活していました そんな折、国の政策や、教育者、文化人などが国民の素養の基本として学問が奨励されると共に、娯楽の少ない時代でもあったことから良質の娯楽として読書が奨励されました しかしながら国民の収入が少ないためなかなか書籍を購入出来る家庭は限られていましたから国や自治体でせっせと図書館や学校などの公共施設には図書室が併設されました こうして無償で読書が出来る環境が整えられました 一方ビデオは記録媒体として教養にも役立っていますが開発当初から娯楽の道具或いは器具として社会に提供されてきたことが新しい商業施設、ビジネスモデルを開発させたと思います 時はすでに貧しい時代を過ぎて世界有数の経済大国で国民の生活レベルも高くビデオデッキを各家庭が所有できる環境が有料のレンタル事業を発展させたと思いますが如何でしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 本は貧しい時代にレンタルが始まったから無料、 ビデオは豊かな時代の豊かな人が見るから有料、 ですね。

質問者からの補足

あらためて、この場をお借りして、皆様に御礼申し上げます。 皆様のご意見を拝聴し、私なりの結論が出ました。 1.ビデオは第一感、娯楽であると考えられていた 2.本のほうが歴史が古い 3.媒体・機器・保存について、本のほうが投資等の面で有意であった 皆様の一つ一つのご回答が参考になったのですが、規程上2名の方にしかポイントを差し上げられない非礼をお許しくださいませ。

  • 回答No.16

こんばんは。 本・CD・ビデオ等を公立の図書館で借りる場合が常に無料な理由ですが、実は「図書館法」の中に 第17条 公立図書館は、入館料その他図書館資料の利用に対するいかなる対価をも徴収してはならない という一条があるからなのです。 本の盗難やページ切り取りなど、今日の利用者側のモラルの低下を考えますと、むしろ有料の方がいいのではとする向きもありますが、この法律が改正されない限り無理なのでしょうね。 ちなみに私立図書館も基本的には無料の所が多いですが、最初の利用カード作成のみ有料、という話はよく聞きます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 国会図書館の高すぎるコピー代は、対価に相当するような気もしますけどね。(笑)

  • 回答No.15

本は図書館で無料で借りられるが、ビデオなどはレンタルショップから有料で借りる、ことになっているのは、(sanoriさんの気持ちを裏切ることになりますが)法律の背景があります。 つまり、1984年に著作権法が改正され、その時に「貸与権」という権利が新しく認められました。つまり、著作権者はその著作物について「購入者がその著作物を誰かに貸しても良い」という権利を持ったのです。ただし、この改正時に「当分の間、書籍・雑誌には当分の間貸与権を適用しない」と定められました。 また映画(映像著作物)については貸与権は認められず、代わりに頒布権というのが認められました(頒布権は貸与権も含んだより広い権利です)。 これが基本的な理由です。 単純に言えば、図書館は貸与権が適用されていない書籍・雑誌を無料で貸し出すが、レンタルショップは貸与権料を支払うことで有料で貸し出すのです。(もちろん、貸与権料を払って無料で貸しだしても良いのですが、それでは営利企業としては成り立ちません) 公共図書館が無料でビデオなどを貸し出すことは可能ですが、おそらく、(税金から支出される)年間購入予算という制約からそう出来ないのでしょう。 なお、参考URLに貸与権について詳しく説明されています。

参考URL:
http://copyright.jugem.cc/?eid=160

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 昨年か数年前か忘れましたが、某有名企業が、「(このソフト媒体は)法律上、映像と見なされるから」云々の主張をして話題になっていましたが、このことに関連するのでしょうね。

  • 回答No.14

だらだらと思いつくままに書きます。 日本で、一般の人が本を気軽に借りられる図書館という考え方が広まったのは、昭和40年代のことです。 それ以来、日本の公共図書館は館数、利用者数の面でも大きな伸びを見せます。利用者とその要求が増えるほど、図書館が必要とする資料費は増えていきます。 しかし、当然財政上の制約があるので、本以外の媒体の導入はなかなか進めることができなかったというのが、まず一つの原因ではないでしょうか。 (ちなみにこのような財政上の制約を考えると、著作権者への使用料等の支払いは、かえって図書館の購入冊数の減少を招き、一部著作者のみに収入が偏る現象を招きかねません) また、過去に、公共機関が映像媒体を扱っていたことがないわけではありません。 「視聴覚ライブラリー」というものがあり、学校や地域団体の教育用に映画や8ミリフィルムなどの貸出を行っていました。 このように異なる機関が映像媒体を扱っていたことが、かえって図書館への映像媒体の導入を遅らせる一因になったのかもしれません。 また、もちろん、図書館員、または各利用者に、「印刷媒体至上主義」のようなものがあったのではないか、ということは、容易に想像できます。 それから、再生に機器を必要とすること、媒体の変化が激しいこと、保存が難しいことなどの要因も考えられます。 現状からみると、映像ソフトの場合、1つのソフトについて、短期間に需要が集中するというのも、図書館よりビジネスに向いている理由と言えるでしょう。 図書の場合でも、最近ベストセラーの複本購入が問題になっていますが、実態としては、それほどの冊数を買うわけにもいかず、多くの利用者が予約を入れて待っている状況です。また、ベストセラー以外の貸出の方が、当然多いのです。 映像ソフトの場合は、レンタル店の棚を見てもおわかりのとおり、新作は何十本と同じショップに並べられます(それでも待ちがでますけど)。利用者から見ても、有料でもすぐに見たいというニーズがあるわけです。 教育用ソフトなどの長期にわたって需要を見込める映像ソフトについては、図書館で扱うメリットはあると思います。 一方、貸与権が法制化されましたので、体制が整えば、ベストセラーなどを専門に扱う貸本屋(すぐ読める!)が現れてもおかしくないでしょう。 映像ソフトには、本ほどの多様性がない、というのも一因なのかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。勉強になります。 私自身のためになってしまいますが、箇条書きで復習させていただきます。 ・映像媒体を扱っていた機関が不統一 ・印刷媒体至上主義 ・機器、媒体の規格変更 ・保存の難しさ ・需要の期間集中 ・映像には本ほど多様性が無い ご回答を見て気づいたのですが、中古市場では、従来、ビデオよりも本のほうが圧倒的に数が多いですね。しかしDVDの中古は、ここ半年ぐらいで急激に増えてきました。 私の質問は現状についてのことなのですが、この先の展望を考えるに、映像のデジタル化によって、状況は大いに変わってくる可能性があるかもしれませんね。

  • 回答No.13
  • ice_rif
  • ベストアンサー率20% (68/325)

本を全ページコピーする人はあまりいませんが、 ビデオは簡単に安価にコピーできるからだと 思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 私も、そのことは大きな要因だと思います。 本は、コピーするほうが、逆にコストが高くなる場合が圧倒的に多いですからね。

  • 回答No.12

#7です >映画監督や俳優を目指す少年少女より、文学者を目指す少年少女のほうが偉いのだと、文部科学省が考えられていたりして・・・? そんな考えはないと思います。 映画監督や俳優を目指す為に何が必要か。 それこそが、文学ではないでしょうか? 本には様様な者があります。歴史の本もあれば、心理的な本だってあります。 人間の心理や歴史をしらない人間が作った映画は、はたして、人間の心にどれだけ影響を及ぼし、その心に残るでしょうか? 他人の気持ちを知らない人間が、はやして名役者になれるでしょうか? 私は、なれないと個人的にですが思っています。 趣旨がはずれてしまい、申し訳ありません。 sanoriさんの疑問に対する答えは、すでに良い回答がでていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あ、申し訳ないです。 先程の、その1行は、やや戯れで例えを書いただけでして、完結した文章ではないです。 ただ、文学どうこうは置いておいて、物事の勉強方法が、文字からビジュアルに変わりつつあるのは事実だと思います。 例を挙げると、電気回路も、本を読むより、ビデオを見たり、さらには、設計するにあたっても紙をつかわなくなりました。 趣味の勉強では、将棋の勉強も、本や紙の資料ではなく、テレビ番組を見たり、パソコンを使うことが多くなってきました。 ビジュアルだけでなく、音もそうでしょう。 名曲は図書館に一式そろえるべきだと思います。 国語教育でさえも、音読した声を聞かせ、それを真似て反復練習させるのが、最近、重要視されてきています。良い文章かどうかは、上手に音読してみて初めてわかる、と。 すみません。自論をだらだら書いてしまいました。

  • 回答No.10
  • taranko
  • ベストアンサー率21% (516/2403)

#6です。 高校で貸し出しではなく、公共の図書館にLDが置いて いて、図書館内で無料で見ることができました。 大学の図書館にもビデオがあり、大学内の図書館で 無料で見ることができました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 私が先程のご回答の文章を正確に読んでいませんでしたね。

  • 回答No.9
  • 918BG
  • ベストアンサー率48% (476/984)

私が居住している自治体の公立図書館では、本だけでなくVHSのビデオテープやCDも貸し出していますよ。さすがに公立図書館ですから、人気アイドル物はほとんどありません。世界名作全集的な作品や古典芸能などのジャンルが目に付きますが、娯楽作品もけっこう有ります。 職員の方にお話を聞いたかぎりでは、著作隣接権の関係で図書館で貸し出しができる作品とできない作品とがあるそうです。 質問者さんの地元の図書館では貸し出しをしていないのですね。もしも他の自治体や地区に通勤や通学していて、そちらの図書館では貸し出しをしているのでしたら、その地区の学校に通ったり企業に勤務していることが証明できれば図書館を利用できる場合があります。調べてみてはいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 私の住んでいる、ごく近辺にも公立図書館があり、ビデオも置いています。 しかし、ビデオ本数は少なく、かつ、借りる人の率も低いようなのです。 私の質問は、なぜ図書館からもっと借りないのか、なぜ図書館はもっと置かないのか、ということも含むのです。 言い換えれば、なぜ、ビデオを借りるときに、9割以上の一般市民の目は図書館に向かないのか、ということです。

  • 回答No.8

こんにちは!これはあくまでも私個人の漠然とした考えなのですが・・・。 図書館は確か古代ギリシャなどからたあったと記憶しています。 その頃は庶民まで学問が広く行き渡ってなかったでしょうから、強くてい良い国を目指し、 そのために良い人材を作るという意味で国などが公共でつくった施設なのではないでしょうか。 なので本=学問=知識人を作るために国が税金でまかなう=無料ということなのでは・・? そしてその頃から最近まで映画というのは教養と言うよりも娯楽だったので図書館に配置されなかったのではないでしょうか。 現在では古典的な映画などは教養と見なされるので図書館でもおいておくところが増えたんでしょうね。 レンタルビデオは単に「あれ?映画って手軽に家で見られれば楽じゃーん」 「ん?一本いくらかで貸せばいい商売になるじゃーん」 と言うところに目をつけた人が始めた単なる商売ですよね。 マンガ本に目をつけた人は貸本屋をやってますし。 すでに図書館があったので普通の本のレンタル制というのは採算が取れませんからね。 ・・・・てな感じで考えてます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。主観的なお答えも期待していましたので、うれしいです。 なるほど。国力増強のために図書館は必要だったわけですね。 レンタルビデオの商売の発想も、なるほどです。 ということは、やはり、本よりもビデオのほうが、歴史的に新しい分、ビデオの社会的地位が定着していないということなのでしょうかね。

  • 回答No.7

中々難しい話題ですね。 まず、根本的なところから。 本を借りるのは図書館→図書館は市や国などが、「文学の勉強の為」に無償で本を貸していますね。 市によっては、「アンパンマン」や「おじゃるまる」といった、子供向けのビデオも無料でかしだしていますし、歴史を舞台としたビデオも貸し出しがあります。 図書館の基本としては、「勉強や社会において役立つ物」といった物が定義です。 映画やアニメなどは、文学や勉強というより「娯楽」だから貸し出しはしないと思います。 レンタルについて レンタルは、映画は見に行けない、ビデオ買うお金は無い。と言った人のために『娯楽』を提供する物です。 漫画等の本なども有料での貸し出しがあります。 図書館が無料でやっている限り、娯楽以外の本等は、貸し出す事はないと思います。 図書館がなかったとしても、娯楽以外の本は、あまりお金になりませんので、置く可能性は低いと思います。 そこにはメリットがありません。借りる客が少ない物のために、棚を開けることは、経営を成り立たせないからです。 レンタル店では「お金になるかどうか」で置く物が変わります。経営ですからね。 どうでしょうか?少しはお役に立てましたか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 本=勉強、ビデオ=娯楽 という第一感のイメージは根強いですよね。 本来、どこを境に娯楽の範疇に入るかの線引きは、難しいところですね。 夏休みや冬休みに、小中学生に教育委員会推薦の映画の鑑賞割引券とか配られますけど、そういう映画は「娯楽」なんですかね。 私の少年時代の話ですが、「エーゲ海に捧ぐ」が教育委員会の推薦になっててびっくりしましたけど、芥川賞になれば、なんでもオッケーなんですかね。(笑) 文学作品なのだから、図書館で貸し出してよいかも? 映画監督や俳優を目指す少年少女より、文学者を目指す少年少女のほうが偉いのだと、文部科学省が考えられていたりして・・・?

関連するQ&A

  • 翻訳本について。

    日本語で書かれた文学作品が、他言語に翻訳された場合、”これは名訳だ!!”と言われるような作品は、どこで探したらよいのでしょうか?ある本が英語に訳されていますか?ということを知りたいわけではなく、あくまで、”名訳文”を原文と比較してみたいという目的です。英語かドイツ語の範囲で探しております。

  • 夏休みの宿題なんですけど・・・

    夏休みの宿題で「文学作品を読め」っていうのが あるんですけど、梶井基次郎は文学作品なんですか? あと檸檬の本には昭和文学って書いてあるんですが、 「じゃあ平成文学ってなんなの?」 って思っちゃって・・・ 平成文学なんてあるんですか? 教えてください・・・

  • 映像化された本

    今、生徒に本に興味をもってもらいたいです。 それで、大学の講義で『原作と映像化された作品の比較』というのがあったのを思い出し、生徒も興味をもってもらえると思い、本を探しています。 何冊か知っているのですが、あまりテレビとか映画とかみないのでわかりません。 なるべく有名なところまたは、高校生におすすめの映像化された文学作品(ジャンルとわず)を教えて下さい。

  • 文学や小説を楽しむ

    ビジネス書、歴史本、雑誌、専門書など の書籍はよく読みます。 読もうという気持ちになります。 何かを知りたい、知的好奇心 今まで知らなかった世の中の仕組みや 物事の仕組みや成り立ちなど知るのが 楽しく思えます。 文学作品、小説だと知識を得るための 読書でないので読もうという気持ちが わいてきません。 文学作品でもストーリーを楽しむことなく そそくさとあらすじを理解しさえすれば 終わりという感じになって味気ないです。 文学や小説、推理小説などを楽しめるように なるにはどうしたらよいでしょうか。 よろしくお願いします。

  • ドイツ語初学者がとりあえず読めるようになったらいい本を教えてください。

    こんにちは。 今日からドイツ語の勉強を独学で始めました。 2~3年位でドイツの神学者や哲学者の論文を ドイツ語でなんとか読めるようになるのが目標です。 話すことは出来なくて良いです。 今年は独検3級以上を取れるよう取り組もうと思います。 そこで、タイトルにあるような本や、比較的読みやすいドイツ語で書かれた本(文学作品でも構いません) を教えてください。 文学ではギュンター・グラスを読んでみたいです。

  • 中学一年(女子)が読みやすそうな本

    親から、(私からすると)姪について少し相談を受けました。 マンガは好きとのことですが、あまり本らしい本は読まないようです。 あまり堅苦しくない、お薦めの本はありますでしょうか。(急に文学作品などを持ち出すのも難しいと思いますので。) 街の書店で買い求めやすい流行りの本とか、図書館に良く置いてあるのが良いです。

  • 悲恋物語といえば?

    世の中には、ロミオとジュリエットをはじめとする悲恋物語が数多くあります。 あなたが「悲恋」と聞いて思い浮かべる文学作品はなんですか? その作品のあらすじと一緒に教えてください。 日本文学(古典)だと更にありがたいです。

  • 有料図書館

    公共の図書館で本の貸し出しが有料というところはあるのでしょうか? ある学校の先生と図書館の話になってその先生が有料の図書館があると言うので、私は図書館は無料だと思っていたので意外でした。 学校の先生が言うのでそうなのかとは思いますが、確かめたいと思いましたので質問いたしました。 どなたかご存知の方よろしくお願いいたします。

  • 中学生(男子)が夢中になる本とは?

    私(40代)は最近、ようやく読書の面白さ、大切さを知りました。 自分の子供には10代から読書の習慣を身につけさせたいと思っています。 先ずは活字に慣れさせるため、とにかく面白くて、難しくない本を探してます。教科書にでてくるような有名文学作品でなくても良いと思います。 例えば、お笑いタレントなどが書いた本などでも良いかと思っています。(さすがに官能小説などはNGですが・・・) よろしくお願いします。

  • 文献一覧

    文学作品等で、研究者が様々な解釈をして本を出していますよね。その文献が一覧して載っているサイトを探しています。そのようなサイトをご存知でしたら教えていただきたいのです。○○について調べたい、研究したいというようなときに、こんな研究者はこんな本を出している、というようなサイトです。 文学作品以外でも構いません。あらゆるジャンルの文献が一覧して紹介しているサイトがもしあるのならば、お教え願いたいです。 どうか宜しくお願いいたします。