• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

必殺仕事人、どのシリーズで、ゲスト出演したか?

「朝日放送が、松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)と、共同制作した、連続テレビドラマ方式による、時代劇番組。 「必殺仕事人」シリーズで言えば、ひかる一平さんが、医師の卵である、仕事人西順之助役で、レギュラー出演し始めた、「必殺仕事人III(パート3)」以降のシリーズで、登場した回なのは、確かなので、質問したい」と、思います。 問題の回ですが… 「日本テレビ系列で、テレビアニメ番組化される等、大ヒットした、マンガ「キン肉マン」。 作者である、二人の漫画家による、「ゆでたまご」さんの内、一人の漫画家が、被害者的な立場の人間役で、ゲスト出演してた。 その漫画家が、扮する人物は、正義感、あふれる人間だった。 これを見た、悪の一味は、悪用した」のが、主なストーリーに、なります。 そこで、質問したいのは… 「まず一ツは、「ひかるさんが、仕事人西順之助役で、レギュラー出演し始めた、「必殺仕事人III」。 そのひかるさん扮する、西順之助を、「順ちゃん」と、追いかけ回す、ギョロ目の玉助役で、梅津栄さんが、レギュラー出演し始めた、「必殺仕事人IV(パート4)」又は、次のシリーズ」。 これら、何れかで、何と言うシリーズの何回目として、制作して、本放送された、何と言う題名の回で、担当の監督さんは誰か? 一番肝心である、「正義感あふれる人間」役で、問題の回に、ゲスト出演したのは、ゆでたまごさんでは、何と言う漫画家になるか? 又、仕事人達に、始末された、悪の一味役で、ゲスト出演した、俳優さんの名前と役名は、それぞれ何と言うか? それと、それぞれの俳優さんが、演じた悪の一味は、どの仕事人に、始末されたか? それと、ここから先は、分かる範囲内で、構わない。 本放送されたのは、昭和何年の何月何日頃か? それと、DVDソフトで言えば、何巻目の何番目として、収録してると、思われるか?」に、なります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数672
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

『必殺仕事人V』第9話 「主水、キン肉オトコに会う」1985年3月15日 中原朗  脚本/津島勝  監督 出演者 松之助 - 嶋田隆司(ゆでたまご) 竹吉 - 中井義則(ゆでたまご) 上林 - 上野山功一 梅太郎 - 高石太 三谷 - 芝本正 上州屋 - 大木悟郎 原田 - 筑波健 おみよ - 本阿弥周子 仕事人に憧れる上方の若者三人組の巻き起こす珍騒動、 実の伴わぬ張り切りは自らを陥穽に落とす結果となる。 無惨な死を見た真の仕事人たちは、彼らをハメた公儀勘定方一味を仕置する。 加代に技を見てもらうため必殺技のトレーニングに励む三人組、 流れ橋下(橋脚に的置いて卵ぶつける)。 敢無く失敗のあと落ち込んだ三人組が佇むのは 橋上~橋脚。勘定方の情婦が騙りの芝居、 相国寺湯屋角~法堂基壇。政が勘定方の家来を仕留める、 北野天満宮本殿裏。竜が上州屋を追い詰め吊るす、 中ノ島橋(上州屋が逃げてくるのは水路のへり、竜は橋上から紐を投げ、 欄干を支点にしたあと下に飛び降り吊るし上げる。 堰堤下の瀬をざぶざぶと引っ張られるのが珍しい趣向。最後は川にドボン) DVDはわかりません。 なぜ私は朝から必死で『必殺仕事人』調べてるんだろうと 自問自答してしまいました(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、有難うございます…。 「ロケ地込みで、求めた内容により、詳しい回答されたので、BAにしたい」と、思います。 又、質問した時は、よろしくお願い、致します…。

質問者からの補足

分かる範囲内で、詳しい回答、有難うございます…。 私は、言わゆる「ロケ地めぐり」も、年に1回程度、ヤってますので、ロケ地も分かって、良かったです。 実際、かんざしの秀役である、三田村邦彦さんが、テレビ大阪系列で、放送してる、大阪方面メインだが、旅行する、ローカル単位の旅番組「おとな旅あるき旅(テレビ大阪では、毎週土曜日、午後6時半から本放送で、再放送は、翌週の土曜日の午後零時半から)」で、京都市内が、舞台の回を、ロケする時。 必殺仕事人シリーズでのロケ地付近に、差し掛かった時、共演の女性リポーター(テレビ大阪の女性アナウンサー)に対して、三田村さんは、「必殺仕事人シリーズで、レギュラー出演した時、現地で、撮影した時の逸話」を、話すシーンは、確かに良く見ます。

関連するQ&A

  • 必殺仕事人シリーズで、流れて来るBGM

    「朝日放送と、松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)が、共同制作した、連続テレビドラマとしての時代劇、「必殺仕事人」シリーズ。 この内、「ひかる一平さんが、電気を利用した技で、悪の一味を始末する、医者の息子でもある、仕事人の西順之助」役で、レギュラー出演し始めた」シリーズとなる、「必殺仕事人III(必殺仕事人3)」について、BGMの視点から、質問したい」と、思います。 「?」となった、曲は… 「仕事人のメンバーが、悪の一味を、始末する、クライマックスシーン。 この内、「ひかるさん、扮する順之助は、、手下を…? 三田村邦彦さん扮する、かんざしの秀と、中条きよしさん扮する、三味線屋の勇次は、手下又は、準幹部を…? それぞれ、始末する時、流れて来る」BGMとして…。 何でも屋の加代役で、レギュラー出演してた、鮎川いずみさんが、唄った、主題歌「冬の花」。 これと、必殺シリーズの歌としては、名曲となった、「荒野の果て」を、編曲して、合体させた、歌無しの曲」に、なります。 そこで、質問したいのは… 「必殺シリーズのCDアルバムで、収録されてれば、順之助・秀・勇次による、クライマックスシーンで、流れて来るBGMは、曲名としては、何と言う曲名か…?」に、なります。

  • 必殺仕事人シリーズ、このストーリーの回は?

    朝日放送と、松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)が、共同制作して、放送した、連続テレビドラマとしての時代劇、「必殺仕事人」シリーズで… 「仕事人の一部が、京本政樹さん、扮する、組紐屋の竜。 これと、村上政明さんが、扮する、花屋の政か、鍛冶屋の政へ、変わった」シリーズなのは、確かです。 以前、制作局でもある、朝日放送で、地元大阪方面のローカル単位による、深夜の再放送番組として、ある日曜日(翌月曜日)の深夜、急遽放送してたのを、私は、自宅のテレビで、見たのを、先日思い出しました。 問題の回ですが、主なストーリーは… 「ある雪国にある、ある藁葺き屋根の住宅で、立てこもり事件が、発生した。 そこへ、その雪国に、藤田まことさん(故人)扮する、中村主水が、表の仕事で、山内としおさん扮する、上司の田中様と一緒に、出張してたら、巻き込まれた。 所が、現場の住宅には、住宅の住人や、近所の人だけで無く、用事あって、出かけてた、他の仕事人も、人質になってた。 この為、主水等、仕事人達は、3人程の犯人達に、バレない様に、打合せて、急遽その犯人達を、始末する事になり、住人達や、田中様に、バレない様に、仕事人達は、犯人達を、始末した。 これにより、まんまと、「犯人達は、仲間割れで、死んだ」様に、仕向けた…」内容に、なります。 この回で、「悪の一味である、3人組の犯人役の2人」として、石橋雅史さんか、野口貴史さん辺りが、ゲスト出演してた様に、記憶あります。 そこで、質問したいのは… 「問題の回だが、必殺仕事人シリーズでは、どのシリーズで、何と言う、題名の回か? 又、担当の監督さんは、誰か? それと、肝心な話だが、悪の一味である、犯人役として、ゲスト出演してたのは、石橋さんと、野口さん辺りと、記憶あるが、間違い無いか? 又、ここから先は、分かる範囲内で、構わない。 被害者役として、ゲスト出演した、主な俳優(女優)さんは、誰か? それと、本放送したのは、昭和何年の何月何日頃で、DVDソフトで言えば、何巻目の何番目として、収録されてると、思われるか?」に、なります。

  • 福本清三さん、必殺シリーズで出演した時。

    時代劇の斬られ役としては、有名である福本清三さん。 「約8年前には、個人として長年夢だった、「朝日放送と、テレビ朝日に松竹が、合同で制作した、連続ドラマとしての時代劇番組「必殺仕事人2009」で、津田寛治さん扮する、悪の米問屋に雇われて、津田さん扮する主人に歯向かった、渡辺いっけいさん扮する地方の藩の侍を斬り殺したが、藤田まことさん(故人)扮する中村主水に、仕事人として始末される、凄腕の用心棒の浪人役でのゲスト出演」が、 達成出来た」と言うのは、ご存じと、思います。 ただ、「必殺仕事人シリーズで、藤田さん扮する中村主水に、仕事人として始末される、悪の一味役でのゲスト出演」自体は、昭和時代に検討されてたそうで、実際昭和60年(1985年)前後に、本放送された、「必殺仕事人V」で、ある回では…。 「撮影前、朝日放送と松竹並びに、松竹の制作子会社京都映画(当時)、それぞれの担当スタッフは、福本さんの所属事務所としての東映に、「ゲスト出演の許可」を、求めた。 すると、東映側の担当スタッフからは、「自分達が、制作してる時代劇番組も、必殺シリーズのスタッフで、フリーで仕事してる人も、担当スタッフとして加入してる番組ある のと、福本さんは殺陣師的な経験や知識も豊富で、松竹(京都映画)さんや朝日放送さん、両社の担当スタッフや出演者にも、指導や助言が出来るので、ゲスト出演させるのは認めます」的な内容で、快諾されたので、必要な台本を仕上げて、撮影をスタートしようとした。 すると、松竹側の担当スタッフ中心に、「福本さんは、斬られ役だから、藤田さん扮する中村主水に、始末される悪の一味役でのゲスト出演は、未だ早いわ」と、言い出すスタッフが出て来たと言う…。 その上、福本さんと藤田さん、それぞれの撮影期間の予定を、松竹と朝日放送が調べたら、「予定が合わない」と、判明した。 この為、台本を急遽訂正して、福本さんについては、藤田さん以外に、レギュラー出演してる仕事人役の俳優さんの予定を、改めて撮影期間の予定で、松竹と朝日放送が調べたら、花屋の政役の村上弘明さんとなら、予定が合うのが判明した。 この為、福本さんについては、「浪人である、悪の一味のまま、村上さん扮する、花屋の政に、バラか椿の花付きの枝で始末される」設定で、台本を訂正する事により、何とか撮影は出来た。 なお、藤田さん自身は、福本さんと同じ東映所属の白井滋郎さんとなら、撮影期間の予定と合ったので、こちらも松竹と朝日放送は、東映から許可を貰ってだが、白井さんには、「福本さん扮する、悪の一味の浪人と常に行動したチンピラで、藤田さん扮する中村主水に、仕事人として始末される、悪の一味役」で、ゲスト出演 して貰った事で、こちらも撮影自体は、予定通り済ませる事が、出来たと言う…」逸話が、あるそうです。 問題の逸話ある回、題名としては、「加代ゴリムリンを売る」で、担当の監督さんは、田中徳三さん(故人)。 大阪住まいだが、私が住む市は放送エリアであるKBS京都テレビ で、「毎週火曜日、午後8時からの再放送番組」として、8月30日午後8時から、再放送されてました。 そこで、プロフィールの視点から、質問したいのは…。 「昭和時代に、本放送された必殺仕事人シリーズ(必殺シリーズ)では、問題の逸話ある回以外では、福本さんは更に1回。 「仕事人に始末される、悪の一味」 役で、 ゲスト出演した回が、ある模様である。 被害者役は誰かは、今回は回答を求めない。 その回、本放送日と担当の監督さんは、分かればで構わないが、どの必殺仕事人シリーズの何回目として本放送された、何と言う題名の回か? 又、「浪人」的な言い方で言えば、福本さんは、どう言う悪の一味役で、ゲスト出演してたか? そして、他にゲスト出演した俳優さん扮する、他の悪の一味も含めてだが、どの仕事人が、どの悪の一味を始末してたか? 」に、なります。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#211806
noname#211806

「ゆでたまご」さん「片方だけ」ではなくて「2人共出演している」んですよね。 何でも「お2人が熱烈な必殺ファンで何かの折に出演を強く希望しているというコメントをしていたから実現したらしい」です・・・。 「劇中」で「バッファローマンのイラストをまんま出していた」し・・・。 「仕事人シリーズは全作『レンタル版DVD』がある」ので「ツタヤ」とかで借りられますよ。 近隣のレンタル店舗に無かったとしても「宅配レンタル」もありますし、「有料動画サイト」とか「有料衛星放送」でもね・・・。 唯、「仕事人シリーズ以外の中村主水がレギュラーの『主水シリーズ』」は「新旧の『仕置人2作(「旧仕置人」はシリーズ2作目・「新仕置人」は10作目)』」しか無いんだよなぁ・・・。 「仕事人2009」を入れて「全31作の必殺シリーズ」の内の「主水シリーズ全作だけでも『レンタル版』」を出してくれれば良いのに、キングレコード様・・・。 DVDは既に「必殺シリーズ全作品」をキングレコードからリリースされているけれど、「再版無し」・・・。 「劇場版だけ」は「松竹ホームビデオ」だったかな? 「2009以後のテレビスペシャル」はどこからだったっけ!? 「ブルーレイ」は「新 仕事人」が今月、「劇場版」が来月、「松竹」から出るけど(この時点で「新 仕事人」もう出ている)、「シリーズ全作品を『ブルーレイ化するのかは不明』」だしねえ。 ちなみに「レンタル化されていない『主水シリーズ』」は4作目(主水シリーズとしては2作目)の「暗闇仕留人(「しとめにん」と読みます)」、6作目(3作目)の「必殺仕置屋稼業(「しおきやかぎょう」と読みます)」、7作目(4作目)の「必殺仕業人(「しわざにん」と読みます)」12作目(6作目)の「必殺商売人(正式タイトルは「大江戸プロフェッショナル必殺商売人」なんだけどね)」・・・。 「主水シリーズ」としては「旧仕置人」が「1作目」、「新仕置人」が「5作目」。 以降は15作目「仕事人」が「7作目」・17作目「新 仕事人」が「8作目」・19作目「仕事人III」が「9作目」・21作目「仕事人IV」が「10作目」・23作目「仕事人V」が「11作目」・25作目「仕事人V激闘編(何故VIじゃないのか?)」が「12作目」・27作目「仕事人V旋風編(何故VIIではないのか?)」が「13作目」・28作目「仕事人V風雲竜虎編(何故VIIIではないのか?)」が「14作目」・30作目「必殺仕事人・激突!(何故IXではないのか?)」が「15作目」・31作目にして最後となった「2009(何故Xではないのか?)」が「16作目」と、「『全31作』中の約半分が『主水シリ-ズ』な訳」ですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答、有難うございます…。 「ゆでたまご」さんは、「ドラえもん」の作者である、以前の藤子不二雄さんと同じ、「二人一組による、漫画家」と言うのは、以前聞いた事あるので、知ってます。 ですが、「二人の内の一人だけ、必殺仕事人シリーズにせよ、個人として、時代劇が好きなので、熱望したら、出演するのが、出来たのでは…?」と、思ってました。 「二人とも、出演してる」旨も、回答して頂き、有難うございます…。 DVDソフトについては、「必殺仕事人(伊吹吾郎さんが、妻子持ちの仕事人役で、レギュラー出演したシリーズ)」から、番組名としては、忘れてしまったが、「20年以上前、亡くなった、歌手兼俳優の出門英さんが、「表向きは、船宿の主人だが、刃物の様な切れ味の折り鶴を、釣竿を使って、担当する、 悪の一味の首元へ投げて、その折り鶴を、首のすぐ近くに寄せて、切り殺すと言うか、刺し殺す」仕事人役で、レギュラー出演した」シリーズ迄なら、レンタル扱いであれば、自宅近くにある、TSUTAYAの店舗(地元では、有名な本屋さんが、フランチャイズチェーン方式で、加入して運営してる、本屋兼用の店舗)にあるので、探せばなら、あるにはあると、思います。 (何れのシリーズも、欠巻として、置いてない巻も、幾つかあります。) 当然、「福本清三さんが、藤田まことさん(故人)扮した、準主人公たる、中村主水に、始末される、悪の一味でもある、米問屋が雇った、凄腕の用心棒役により、個人として、熱望してた、「主水に、始末される、悪の一味役」で、ようやくゲスト出演するのが、出来た」逸話ある、米相場を、活用した第7回を含む、「必殺仕事人2009」。 こちらも、レンタル扱いであれば、であれば、全ての巻のDVDソフトも、あります。 ただ、「仕事人による、悪の一味の始末のシーン」中心にですが、必殺仕事人2009で、米相場を活用した、第7回含めて、「世相反映重視型とした」回は、本放送では、全て見れてます。

  • 回答No.2
noname#211806
noname#211806

「セル版DVD」も同じかどうかは分かりませんが、「レンタル版DVD」だと「必殺仕事人Vの3巻目」に収録されていますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答、有難うございます…。 「フランチャイズチェーン方式で、本屋さんが、運営母体として、営業してる」TSUTAYAの店舗が、自宅近くに、あります。 この店舗では、「伊吹吾郎さんが、「妻子持ちで、悪の一味を、始末する時の技を、途中で、柔道を活用した技へ、変更した」仕事人役で、レギュラー出演した」必殺仕事人以降。 番組名は、忘れましたが、「亡くなった、出門英さんが、「表向きは、船宿の主人だが、刃物の様な折り鶴を、付けた釣竿で、悪の一味を、始末する仕事人」役で、レギュラー出演した」シリーズ迄なら、古い「必殺仕事人」シリーズであれば、レンタル用のソフトは、基本的には、全て置いてます。 ただ、人気ソフトかして、どのシリーズも、レンタル中が殆どなのが多い為、意中の回が、収録されたソフトが、レンタル中なら、借りるのが、大変です。 レンタル用だけど、「収録してる、ソフト」が、手掛かりとして、分かったので、良かったです。

関連するQ&A

  • どの特撮番組に、出演してたか?

    「連続テレビドラマ方式による、時代劇としては、悪のボス役か、準ボス役が、比較的強い」俳優の石橋雅史さんについて… 「朝日放送と、松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)が、1981年(昭和56年)前後に、共同制作して本放送した、連続テレビドラマとしての時代劇、「新必殺仕事人」で、拳法が出来る破戒僧で、中条きよしさん扮する、三味線屋の勇次と、その拳法を使って、対決した。 しかし、結局は、勇次に始末された、悪の一味の1人役として、ゲスト出演した。 石橋さんは、テレビ朝日が、東映と共同制作した、子供向きのミニドラマとなる、「スーパー戦隊」シリーズで、悪の一味の幹部役として、レギュラー出演したシリーズがあって、戦隊のメンバーと、直接対決する回も、度々あった…。 この為、石橋さんは、個人的には、元々格闘技が好きなので、休みの時は、スポーツジムで、格闘技を、練習してると言う…」的な内容による、プロフィールとしての逸話が、自宅で購読してる、スポーツ新聞の芸能面で、載ってたのを、以前に見た記憶、あります。 参考迄に、新必殺仕事人で、石橋さんが、ゲスト出演した、問題の回では、他の悪の一味役としては… 「藤木孝さんが、被害者の商家の親戚だが、乗っ取りを図る悪の一味の1人役として…。 西沢利明さん(故人)は、石橋さんと、藤木さん扮する、悪の一味の話に乗って、加担した、被害者側の商家の番頭か手代役」として、それぞれ、ゲスト出演してます。 そこで、「プロフィールの視点から見た、石橋雅史さん」について、質問したいのは… 「分かる範囲内で、構わない。 石橋さんが、テレビ朝日系列のスーパー戦隊シリーズで、「悪の一味の幹部」役により、個人としての趣味である、格闘技を活用して、レギュラー出演してたのは、昭和何年(西暦何年)に、本放送してた、何と言うシリーズか…?」に、なります。

  • 西部警察シリーズ、このゲスト出演者は、どうして…?

    「テレビ朝日系列による、刑事ドラマの名作、「西部警察」シリーズ。 この第2シリーズか、第3シリーズで、番組の名物として放送された、地方ロケシリーズの回。 この内、大阪方面が舞台となる、3~4回の内。 「殺された、自分の姉妹の仇を討つのに、探偵に情報収集を依頼した、下着会社のワコールで、社員モデルとして、勤務してる関係から、活動拠点を東京に移した関係で、自宅も、京都から東京へ引越した、事件解決のカギを握る、1人の女性」役で、浅野ゆう子さん。 「浅野さん扮する、1人の女性の姉妹を、殺した犯人一味が、別の事件も犯してた。 そのボスで、京都の財界関係者でもある、貿易関係の会社社長だが、石原裕次郎さん(故人)扮する、西部署の捜査課長から、「財界での知合い」を理由にした、捜査協力の要請に応じた、宝酒造の社長(会長)に、どこかの邸宅に呼び出される事で、結局は自分の自宅で、事件が失敗(手下達は、西部署の面々と京都府警に、全員逮捕された)と知って、京都府舞鶴市の舞鶴港から、手配した貨物船で海外逃亡する為、舞鶴港へ向かう自動車の用意を、部下に指示した所で、乗り込んだ課長に、任意同行を求められる事で捕まった、悪のボス」役で、神田隆さん(故人)。 この2人が、主なゲストとして、出演してた。 因みに、神田さん扮する、悪のボスを呼び出した、宝酒造の社長(会長)。 並びに、浅野さん扮する、事件解決のカギを握る、1人の女性が、モデルとして勤務してる、ワコールの社長どちらも、当時の本当の社長(会長)が、本人役でゲスト出演してた。 ただ、舞台となった場所が、 場所なので、番組名物、爆破(爆発)を活用したシーンは、殆ど無しにしたと言う…」逸話ある、主な舞台が、京都市方面となる回から質問したいと、思います。 幾つかの関連本を、見た所… 「西川きよしさんも、「浅野さん扮する、事件解決のカギを握る、1人の女性から、「殺された、姉妹の仇を討つ為、居場所の特定等、犯人一味の情報収集」の依頼を、引き受けた、大阪の探偵会社で、上司からの指示で、担当者として調査したが、浅野さん扮する女性から、聞いた事情から、個人的にも動いた為、後で西部署の大門軍団の刑事から、事情聴取を受けてしまった、社員である探偵」役で、友情出演として、ゲスト出演してた。 実際、番組スタート時にある、出演者の名前が出て来る所では、「友情出演」である旨込みで、西川さんの名前が、表示された…」内容で、載ってました。 そこで、質問したいのは… 「西川さんは、西部警察シリーズの問題の回では、友情出演として、ゲスト出演してるが、番組のレギュラー出演者の誰かが、一応友人になると思うが、その友人とは、誰の事と、思われるか?」に、なります。

  • 三匹が斬る、どのシリーズで、どの回か?

    「テレビ朝日と、東映が、共同制作して、平成元年(1989年)前後から、約6年前後、本放送してた、連続ドラマとしての時代劇「三匹が斬る!」シリーズ。 第1シリーズ的な言い方でなら、どのシリーズで、何回目に、本放送された、題名は何か?」で、質問したい回、あります。 問題の回、主なストーリーは… 「とある、宿場町の街頭。 春風亭小朝さん扮する、燕陣内(以降、通称のたこ)は、表向きの仕事、テキ屋として、取り扱ってる商品を、販売する為、通行人へ、呼び込みしてた。 すると、島崎和歌子さん扮する、仕事上のライバル兼相棒お軽から、子守りしてた、田中祐介さん扮する、たこの子供、陣之助の行為から、「お触り賃」を、請求された。 不審に、思った、たこは、お軽に、事情を聞いたら、そのお軽から、「この子(陣之助)、自分の尻、触って来たから、請求した。 あんた、自分の子供に、どう言う躾、ヤってるんの?」的な内容で、指摘された。 その後、たこは、陣之助に対して、「陣之助、どうして、こんな事、ヤったんだ? お前、ヤるじゃないか?」的な内容で、半分は注意しながら、半分は間接的に、喜んでいた。 実を言うと、たこは、自分が、お軽の尻を、触りたかった、模様である…」的な内容による、ホッと一息的なシーン に、なります。 そこで、質問したいのは… 「問題のシーンが、入った回。 第1シリーズ的な言い方で言えば、どのシリーズで、何回目に、本放送した、何と言う、題名の回か? 又、ここから先は、分かる範囲で、構わないが、本放送したのは、平成何年の何月何日頃で、担当の監督さんは誰か? それと、被害者役と、悪の一味役で、ゲスト出演した、主な俳優さんと、女優さんは、それぞれ誰か?」に、なります。

  • 必殺仕事人(中村主水もの)でこの内容・シーンを含む

    藤田まことさん(中村主水役)主演の「必殺仕事人」シリーズで、以下のシーンを含む作品を知りたいです。キーワードの組み合わせが悪いのか、検索しても分かるサイトにヒットしません。 子供のころ家族でTVで見たのですが、レギュラーの回ではなくて「特番」だった可能性が高いです(とくにA)。映画版をTVで放送していたというケースも考えられます。 またシーンA と同Bは別々の作品中のものかもしれません。 (A) 必殺の話中のところどころに、有名人が登場するというつくりになっている作品だったと思います。 中村主水あるいは他の仕事人メンバーが、白昼、誰かを追跡、あるいは逆に追跡されていて、川か堀に差し掛かる。 橋が無かったが、小舟が泊まっており、その船頭に「乗りな」と声を掛けられ向こう岸に無事渡してもらえる。 その船頭は実は「遠山の金さん」で背中の彫り物が「女の生首」。 ナレーションで「背中の彫り物は“遠山桜・桜吹雪”として有名だが、女の生首だったという説もある」みたいな注釈が入って、金さん(誰だか覚えていませんが、それなりに有名な俳優が演じていたのでしょう)の登場シーンは終わり。 (B) 中村主水が、対象の悪人の一人(武士)を「仕事」中にはどうしても殺せなかった。 話の最後の部分で「で、どうしたかというと…」というようなテロップかナレーションが入り、数年後起こった「戊辰戦争」にシーンが飛ぶ。 幕府軍の一員として従軍していた中村主水が、同じく従軍していたその人物に忍び寄り殺害するシーンがあり「これで落とし前をつけましたとさ」…みたいなエンディング。 以上です。

  • 時代劇による、歴史監修

    朝日放送と、松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)が、昭和56年(1981年)前後に、制作して本放送した、連続テレビドラマとしての時代劇、「新必殺仕事人」。 このシリーズで、もうすぐ、最終回となる頃に、放送された、「主水金魚の世話する」と、言う題名の回で… 「この回は、世相反映重視型として、「個人が、飼育する高級の金魚を、金儲けの手段として、悪用した、悪の一味が、登場した」回で、ある。 必殺シリーズには、必ずある、クライマックスシーン。 藤田さん扮する、主水は、悪の一味である、永野辰弥さん扮する悪の旗本を、始末する事になった。 主水は、悪の旗本宅に行った。 そして、「居間に、明かりを付けてから、畳を2枚裏返したり、居間にあった屏風を、ひっくり返す、「探さ屏風」にした後、ひっくり返した畳に、紙を敷いた三宝を置いて、刃が出たままの脇差しを、1本置く」体制により、あらかじめ準備した。 その後、誰も居ないはずの居間が、明るくて、音がしたのに、不審に思った悪の旗本は、居間を見回したら、出て来た主水に対して、「お前は、何者だ…?」的な内容で、言った。 すると、主水は、「切腹の介錯しに、参りました」と、返事した為、悪の旗本は、逆ギレした。 そして、三宝にあった脇差しで、主水を襲った。 しかし、結局は、その脇差しを、主水に、取り上げられた挙げ句、刺し殺されて、切腹で死んだ姿に、見せかけられる事で、始末された」シーンが、登場してました。 そこで、「日本史に、詳しい」方に、質問したいのは… 「新必殺仕事人で、問題の回の問題のシーン。 「居間で、畳をひっくり返したり、逆さ屏風にする。 そして、紙を敷いた三宝に、脇差しと言った刃物を、載せて置く…」部分だが、歴史監修の点から見れば、本当の話なのか?」に、なります。

  • 必殺仕事人について教えてください。

    ウルトラマンが大好きで、頑なに打ち続けていましたが、先週、遂に通っているパチンコ店から姿を消しました。 致し方ないので、以前から何度か打ったことがある(素人同然ですが・・・)、仕事人を打ち始めたのですが、全く勝つことができません。台の好・不調を見分けるポイントなどがあれば、何でも結構ですので、教えて頂ければと思います。宜しくお願いします。

  • 必殺仕事人3で・・・・・・・・・・・・・・・

    かなり以前のことですが、必殺仕事人3を打っていたときのことです。お突が出てきたのは良いのですが、フッと画面の上に飛び上がったまま画面に降りてくることは無く、リーチの内容は忘れましたがその回転で大当たりしました。これは所謂「バグ」なんでしょうか。どなたかお教えください。

  • 必殺仕事人

    組紐屋の竜(京本政樹) 花屋(鍛冶屋)の政(村上弘明) 何でも屋の加代(鮎川いずみ) 参     (笑福亭鶴瓶) 弐     (梅沢富美男) 壱     (柴俊夫)  三味線屋 勇次(中条きよし) 三味線屋 おりく(山田五十鈴) 飾り職人の秀(三田村邦彦) 以上の人はどの作品で死んでしまうのですか また死なないのならそれも教えてください   

  • 必殺仕事人

    八丁堀の中村主水はいったい誰に殺されるんですか?

  • 必殺仕事人

    必殺仕事人みたいな漫画探してます? よろしくお願いします