• ベストアンサー

頭の読み方(あたま、かしら)の読み分け方

(1)(お墨付き等の)権威を頭に戴いて、云々(2)実力、人望ともにそろった新左衛門が頭ひとつ抜け出た形勢になる。 日常会話では、(1)(2)ともに「アタマ」で通用すると思うが、時代小説中に出てくる言葉を音訳する際は如何?「頭抜けた」はヅでしょうが。 広辞苑その他の辞書、岩波「日本語の使い方考え方辞典」、NHK「ことばのハンドブック」等には用例が見つけられませんでした。 音声訳ボランティアです、よろしくおねがいします。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • kine-ore
  • ベストアンサー率54% (808/1481)
回答No.1

読み方毎での文例を幾つか添えてみます。 出所:小内一編「てにをは辞典」三省堂 http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/dicts/ja/tenioha/subPage2.html 1)つむり <を>なでる。を冷やす。を上向かせる。を落ち着かせる。を傷つける。 2)かしら <を>挙げる。を下ろす。を傾ける。を垂れる。を勤める。を振る。を巡らす。 <に>立つ。長男を頭に三人の子供がいる。 3)こうべ(首とも) <を>あげる。を打ち振る。を傾ける。を垂れる。を反らす。を正す。を振る。を巡らす。 4)ず <が>高い。が低い。 5)あたま <が>いい。がいかれる。がおかしい。が重たい。… <を>仰向ける。を上げ下げする。をあげる。を打ち振る。をかきむしる。… <から>一蹴する。から受け付けない。から押さえつける。から決めつける。… <に>入れる。に浮かぶ。に描き出す。にちらつく。にある計画。に地図を叩き込む。… <の>一角を占める。の後ろをかすめる。の調子が変。 以上の文例から、「頭を~」とヲ格の場合のみ多様な読み方が現れてきます。 それ以外ではニ格の「かしら」が例外なくらいで、大方は「あたま」と読んで問題がないのではないでしょうか。 (1)(お墨付き等の)権威を頭(あたま)に戴いて (2)実力、人望ともにそろった新左衛門が頭(あたま)ひとつ抜け出た形勢になる。 これはもともと、古い言い方なら「首(くび)一つ」もしくは「首(かしら)一つ」となるでしょう。 「頭抜けた」は「図抜けた」とも書き表す「連語(慣用語)」ですから「ず(古語では「づ」)」以外は考えられません。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (2)

  • OKAT
  • ベストアンサー率38% (247/639)
回答No.3

時代小説と言えども、現代の作家が書いた文章なら現代語で考えていいと思います。 >(1)(2)ともに「アタマ」で通用すると思うが、  たぶんそうでしょう。  ただし、会話文となると事情は違います。優れた作家ほど当時の言語を研究しているようです。もっとも、それも「時によりけり」です。例えば、芥川龍之介が平安時代や中世に題材を取った作品は、会話文も当時の言葉では書かれていません。(一部には引用的に古語が使われていますが)それは古語を理解できない人に読んでもらうためで、やむを得ぬことでした。それに比べると、江戸時代あたりに題材を取った作品は、当時の言葉を出来るだけ使おうとした作品が多いようです。 「早水氏(はやみうじ)が是非こちらへ参れと云われるので、御邪魔とは思いながら、罷(まか)り出ました。」(芥川龍之介・「或日の大石内蔵助」)  厳密な証明は出来ませんが、恐らく当時の言葉と思っていいでしょう。  漢字の読みに迷った時の解決法の一つは、その作品の古い時代の出版物を見ることです。戦前(1945年・昭和20年以前)の場合は、随分丁寧にルビが付いています。現在「朝日新聞」に漱石の「こころ」が連載されていますが、それにもかなり多くの漢字がルビ付きです。さらに、朝日新聞デジタル版では大正時代の文面が見られます。そこでは漢字全部にルビが付いています。  同様のことは「青空文庫」でも見られ、多くの漢字がルビ付きです。上に引用した「或日の大石内蔵助」もそこからコピーしました。ただ、コピー&ペーストしただけなのにルビが( )に入って出力されます。 「青空文庫」は著作権が絡んでいて本当の現代作品は入っていないのが残念です。      

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • fxq11011
  • ベストアンサー率11% (379/3170)
回答No.2

むしろ、頭抜けた、がただの当て字のようにも思います。 ズバ抜けた、と似ているのもきになりますね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 「お求めやすい価格」という表現について

    こんにちは。 ちまたでよく見られる「お求めやすい価格」という表現ですが、 「お求め」と名詞形になると「やすい」には接続しないため、 「お求めになりやすい(お求めいただきやすい)価格」と すべきことは知っています。 ただ、本日、広辞苑のCD-ROM版を買おうかと岩波書店の サイトを見ていたら、岩波が「お求めやすい」を 使っていてものすごい衝撃を受けました(以下の最終段落)。 http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/1300720/link06/link6.html 私は特に権威主義者ではありませんが、 少なくとも日本の国語界をリードしている岩波の、 それも広辞苑を売ろうというサイトで 「お求めやすい」を使うということは、 これが現在の推奨される表現になっているという ことなのかと戸惑うばかりです。 ささいなことでも結構ですので「お求めやすい」の 表現周りで、何らかの情報をお持ちの方は お教え願えませんでしょうか? (認めるべきだといったような説があるとか…) ---------------------------------------------- 【補足】 ・広辞苑が誤用表現を多く掲載しているのは知っています。  ただそれは、言葉のコレクションにすぎず、  推奨しているわけではないと認識していました。 ・言葉が時代とともに移り変わっていくもので  あることは認識していますが、  「お求めになりやすい価格」の方を「あえて」使わない  という部分に戸惑っています。  岩波の大チョンボならまだ納得できるのですが  「広辞苑を売るページ」ですので悶々としています。  大チョンボにすぎないのでしょうか?

  • 頭が固いけどMATHで遊びたい

    おねがいします。 その人のアタマの柔軟性に、伸びしろがと~っても大きそうに見える。 その人はムチャムチャな欲求をかかえています。 それは 岩波数学辞典をほとんど理解することであります  こんな人に 応援のコトバなどを 思いつくだけあげてください。 実際には ひっじょーに厳しい とは口には出さずに  図書館で 記号学辞典 哲学辞典 数学入門辞典などを読んでいます といっても ページをめくっていくだけなんですけど 。  深く読まずに(この質問文を) 気軽に  コーチング CHEER  おだて  など いただければ嬉しいです。 では。。。 【】回答締め切りは、非常事態でもない限り、一週間を予定【】 

  • 「関心事」の読みって「かんしんごと」は間違い?

    「関心事」って「かんしんじ」って読むみたいで、辞書で調べても「かんしんごと」っていう読みはないようです。 ですが、自分は今まで「かんしんごと」という言葉の方をよく聞きますし、この読み方は間違いなのでしょうか? ちなみに辞書で調べてみたところ、広辞苑には「かんしんじ」っでは載っていましたが、 「かんしんごと」では載ってなく、明鏡国語辞典には用例として「じ」と出ていました。 ですが、自分としてはそれに納得いきません。例えば、「心配事」は「しんぱいごと」と読みますよね。 なぜ「関心事」だけ「じ」と読むのでしょうか?

  • 「一拍子」の読み

     音声訳ボランティアからの質問です。岩井三四二著「天を食む者 斎藤道三」に出てくる言葉です。文脈は、広川原での合戦の場面で、右手に鉄砲を一斉に放った轟音が轟いた、の記述の後、「一拍子置いて、左手でも喚声が起こった。」とあります。  拍子(ひょうし、二びょうし・三びょうし)、一拍(いっぱく)は辞書にもありますが、「一拍子」の語は一般の辞書には記載なく、剣道の用語に一件見つけただけです、しかしルビを振っていない。  文中の一拍子は、「一拍の間を置いて」の意でしょうから、「イッパクシ」と読むのがよいか。  または、(一呼吸置いて、の言い方もあるので)「ヒトヒョウシ」なのか、しかし、戦いの場面の語感としては弱いなとも思います。  NHK「ことばのハンドブック」、岩波「日本語の使い方考え方辞典」をしらべてもわかりませんでした。国語に詳しい方、あるいは剣道用語からでも、お教えいただけたら幸いです。お願いします。 

  • a warmth ?

    岩波新書の「日本人の英語」を読み返してましたら、 wood という名詞の使い方に関して、「Wood retains a warmth of texture and, ....」 という英文が挙げられていて、意味は、 「木材というものは暖かな肌あいを保っており、」となってました。 ここでの warmth にこんな風に不定冠詞が付くのはどうもピンとこない感じもしまして、 手元の普通の英和辞書を見ましたら、そこでは U (不可算名詞)と記されてました。 ただ、研究社の新英和大辞典なんかでは、不定冠詞が付いた用例も挙がってますね。 こういう warmth のような言葉についての ”英語の感覚”について、 ご存知でしたらよろしくお願いいたします。

  • 「内数」という言葉の意味がよくわかりません(ToT)

    こんにちわ。 日本の難民政策に関して調べていたところ、 →http://www.moj.go.jp/PRESS/060224-1/060224-1-4.html というサイトを見つけたのですが、実際にこのページを覗いてみると、 (注1 )認定のカッコ内は,難民不認定とされた者の中から異議申立の結果認定された数であり,内数として計上されている。 という表記がありました。 そして「内数」という言葉の意味がよくわからず、岩波の広辞苑や講談社の類語大辞典などで調べてみたのですが、どちらにも掲載されておらず、インターネットで“内数”と入力しても、その意味を説明してくれているページはみつかりませんでした。 一体“内数”とはどういう意味なのでしょうか? 皆様のお知恵をお借りしたいです。 よろしくお願いします<m(__)m>

  • 「○っ□り」という副詞について

    「○っ□り」という副詞を□の部分を50音順にいれて逆引き広辞苑で調べてみました。結果は うっかり すっきり  ざっくり ずっけり もっこり どっさり ずっしり  ぐっすり 該当無し のっそり まったり がっちり  ぷっつり ぼってり うっとり すっぱり ちょっぴり どっぷり のっぺり がっぽり の言葉が見つかりました。例えば、「○っくり」のばあいは、しっくり、がっくり、じっくり、ぽっくり・・・・などたくさんの言葉があります。 これらの副詞はオノマトペアでもなさそうだし、古語辞典にも殆ど出ていないのでそんなに古い言葉ではなさそうです。 これらの言葉の成り立ちや何か言語学的に共通点があるのかどうか、ご存じの方がいましたらご教授いただければ助かります。 今日、帰りの電車の中で急に気になって頭から離れないものですから質問させて頂きました。  

  • 函数という言葉

    「関数」と書くのは、「函数」の代わりですよね。 私がある辞書で読んだ記憶では、「関数・函数」の項に 「functionの中国での音訳」 と書いてあったと思います。 日中辞典で確かめますと、普通話(中国の共通語)では「函数」(han2shu4 ハンシュー)です。 「函」が音訳なのはその通りだと思います。しかし、「数」も音訳なのですか? 函数の原語は本当に英語のfunctionでしょうか。 同じ中国でも地方や時代で発音は違うはずで、現在の普通話で考えてよいかもわかりません。 もとの本の作者はなんという人で原語は何か、誰が「函数」と訳したのか、それはいつのことかなど、「函数」という言葉について知りたいのです。 私の高校の教科書では、 「変化する2つの変数xとyの間で、xがきまればそれに対応してyがただ1つ決まるとき、yはxの関数であるという」 と書いてあります。 しかし、同じページに「xに対してyがきまる、その働き自体を関数ということもある」と書いてあり、注として「関数にあたる英語functionの、第一の意味は働き・機能である」とあります。 yを決める働きを指すのがもとの使い方だ、という感じです。「働き」なら別に「数」ではないですね。 手元の英和辞典ではfunctionの第一義は「機能・働き」などです。 しかし、数学の「関数」の意味の比喩として次のような用例が載っています。 "His temper is a function of his digestion. 彼のきげんは胃の腑の状態いかんによる。" この言い方ですと、「よくなったり悪くなったりするきげん(temper)がfunctionだ」と言っているのですから、「変化するyが関数だ」というのと同じで、どちらかというと従属変数を指す使い方に近いです。 そうすると、函数に「数」が付いているのも、意味として通ります。 「函数」を箱にたとえることが多いようですが、訳者もそう考えたのでしょうか。

  • Credo,quia,absurdumについて

    タイトル中のラテン語を普通は 不合理ゆえに吾信ず と訳しますね。平たく言えば「不合理だから(だからこそ)私は信じる」ということでしょうか。 この「不合理だから信じる」については、手持ちの辞典等では (1)逆説[英paradox]-1)一般に認められている見解と背反する、あるいは少なくともそう見える見解、奇をてらって人を驚かすために大した根拠もなく逆説が語られる場合もあるが、神の経験は尋常の言語では表現できぬと考えて、それを逆説をもって語る宗教的思索家の場合もある。教父テルトゥリアヌス(Tertullianus)の「不合理なるがゆえに信ず」という言葉などはその例。2)は略 岩波小辞典「哲学」44p (2)不合理なるがゆえに信じる[ラ credo quia absurudum est]-〈(キリスト教の)信仰には理性にたよるよりもキリストのオシエと権威に信頼をおくことが必要だ〉〈不合理な、リクツに合わない事柄をマルノミに信じてこそ、合理的なコトばかり信じるよりも大なる信仰が得られる〉という意味の、信仰第一主義を示す命題。《合理的に考えてもどうせ分からないのだから、グズグズリクツをこねずに頭から信じこむほかはない》という長いモノにはマカレロ的敗北主義を意味するものではない、とキリスト教神学では説明する。(この命題は2世紀中頃に生まれたテルトゥリアヌスTertullianusの語と、17世紀以降考えられ、またアウグスチヌスの言葉ともされた。しかし二人の著作をあらっても、こうした文句は見出されない。もっともこうした考えを示す箇所はある)増補改訂「哲学・論理用語辞典」三一書房 226-7p とあります。 もっと調べればいいのでしょうが、思うに、この文言のキモは「信仰は合理を超えたところにある」という解釈でよろしいのでしょうか。 すれば、当方のように「信仰から遠い存在」者には逆立ちしても「信仰」を理解することはできぬ、と考えるべきでしょうか。 また、このことについて解説してある著作などをご紹介いただければ有難いです。

  • 【あてがう】のニュアンスを教えていただけないでしょうか

     日本語を勉強中の中国人です。「あてがう」のニュアンスで頭をかかえています。下記の段落の中の【あてがう】のニュアンスを教えていただけないでしょうか。 「私は苦心の末、また次の手を考え出した。それは、ハチに気づかれないように獲物をすりかえることだ。獲物を狩りをしてもどってきたフシダカバチは、まず巣穴からいくらか離れたかげのふもとに降りる。そこから、苦労して獲物をがけの上にひっぱり上げる。その時、私は、ピンセットで獲物の足をひっぱってうばい取り、すぐ身代わりのゾウムシを【あてがった】。この策略はうまくいった。ハチは、獲物がなくなったことに気が付くと、あわてて体の向きを変えた。そして、自分の獲物とすりかえられたゾウムシを見つけると、すぐにそいつに飛びかかり、足でかかえて運ぼうとする。ところが、このゾウムシはまだ元気でいる。」 『[適当にみつくろって]与える」と『新明解国語辞典』はこのように説明していますが、「適当にみつくろって」のところはまだよく理解できていません。どんな感じなのでしょうか。『新明解』の用例である「子供に絵本をあてがう」は短すぎシチュエーションがよく分かりません。  オンライン辞典でも調べました。「(2)適当と思われるものを与える」と解釈しています。「適当と思われるもの」もよく分かりません。「酒さえあてがっておけばおとなしい」、「新入社員向きの仕事をあてがう」の場面はそれそれ教えていただけないでしょうか。 「あてがう」は現役の言葉ですか。それともすでに死語になったのでしょうか。日本の方は大体何歳ぐらいで(小学校? 中学校? 高校? 大学? 社会人?)習得した言葉遣いなのでしょうか。日本語を勉強中の私にはとても難しいです。  また、質問文に不自然なところがありましたら、それも指摘していただければ大変嬉しいです。よろしくお願いいたします。

【MFC-J4440N】FAXの電話帳登録件数
このQ&Aのポイント
  • 新規購入予定の【MFC-J4440N】で、FAXの電話帳登録件数を知りたいです。
  • お使いの環境について教えてください。パソコンもしくはスマートフォンのOSは何ですか?接続方法はどうされていますか?関連するソフトやアプリはありますか?電話回線の種類は何ですか?
  • ブラザー製品についての質問です。新規購入予定の【MFC-J4440N】で、FAXの電話帳登録件数を教えてください。お使いの環境や接続方法、関連するソフトやアプリ、電話回線の種類についても教えてください。
回答を見る