• ベストアンサー
  • 困ってます

関数の極限 不定形について

問題と途中回答は写真の通りです。 回答ではx→-無限のところを-x=tとすると t→無限となり 無限-無限の不定形になり 有理化しすっきり極限が出ています。 基本的にx→-無限 となるときはx→+無限となるように、置き換えたりして直さないといけないのでしょうか? またなぜ私の解き方では極限が出ないのでしょうか? 上の通りx→-無限のままのところがいけないのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数142
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

x をくくりだすところで間違えている.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 極限の不定形

    数学IIIの極限に関して質問です。 n→∞のとき、1/nlogn→0 を言いたいのですが、 nlogn=logn^n なので、n→∞のときn^nが正の無限大に発散すると 書いても問題ありませんか? はじめ、n→∞のとき、logn→∞より nlogn→∞と書こうと思ったのですが、 無限大×無限大って不定形ですよね? どなたかご教授ください。m(_ _)m

  • 極限値

    こんにちは。今、極限値の勉強をしているのですが、いくつか不明な点があるので質問させて下さい。 まず、lim tan^-1*X/X の解き方の仮定を教えてください。      x→0 次に、x→+0はプラスがつく事により、問題の解き方の仮定でただの0とどう変わるんでしょうか。 最後に不定形の極限値はロピタルの定理を用いると簡単に解けますが、ただの極限値か、不定形の極限値だと簡単に見分ける方法はないでしょうか。 ご回答お願いします。

  • どなたかこの問題の解き方を教えてください。

    どなたかこの問題の解き方を教えてください。 不定形の極限値を求める計算です。  

  • 不定形の極限値

    次の式の極限値を求めよ。 {(1/sinx)-(1/x)} (x→0) この式は、不定形なので、ロピタルの定理を使うのは分かります。 計算してみると、なかなか計算が終わりません。 どこかの段階で、工夫すると思うのですが… 何かアドバイスなど頂けたら、嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 極限値と不定形

    こんにちは。高校数学2の極限に関する質問です。 参考書の問題です。 Q:次の等式が成り立つように、定数a,bの値を求めよ。   lim{(x^2+ax+b)/(x-2)} =5   x→2 A:x→2のとき 分母→0   極限をもつためには、分子→0でなければならない。   …   この問題は4+2a+b=0とし、b=-2aー4と仮定し、   lim{(x^2+ax+b)/(x-2)} =lim(x+a+2)=5    x→2              x→2  とし、2+a+2=5とし、a=1、b=-6 を求めます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー x→2のとき 分母→0   極限をもつためには、分子→0でなければならない。  ここで質問ですが、↑不定形の問題ということですがなぜでしょう(?) よろしくお願いします。

  • 数学の問題です。

    解き方が分からなかったので教えてください。 次の不定形極限値を求めよ。 lim[x→∞]{(x-2)/(x+2)}^x よろしくお願いします。

  • 動詞不定形に決まった形の語尾の無い言語

    語学に関心があるだけで専門的な勉強をしていない者の質問なので、 用語の使い方がでたらめかもしれませんが、 そのてんは大目に見てくださることをお願いします。 「語尾」というタームがこの質問内容に即した適切な用語であるかどうかはあいまいですが、 動詞の不定形(辞書形と呼んでよいのでしょうか)のいちばんおしまい(語末)の部分のこととお考えください。 多くの言語では不定形の語尾が決まった音・綴りで終わるようです。 たとえば、日本語では動詞の終止形は必ず「ウ」の段の音で終わりますよね。 (古文では「り」で終わるものもありますがここでは現代語だけにとどめます。以下も同様です) 韓国語では「タ」あるいは音便化(と言うのかな?)して「ダ」で終わります。 フランス語では「er」「ir」「re」「oir」で終わるようです。(きちんと調べてません) このほかのラテン系言語も「母音+r」や「母音+re」などの形で終わりますよね。 ロシア語では「ть」が基本的で一部「ти」で終わります。 ドイツ語は基本的に「en」または「n」で終わります。 いっぽう、英語の動詞はヨーロッパ言語であるにもかかわらず決まった不定形の語尾を持ちません。 いちおう「en」をつければ動詞化できるというルールがあるようですが、そんなことしなくても動詞として さまざまな名詞を流用していますよね。 中国語の動詞にも、決まった不定形語尾が無いようです。 さて質問になるのですが、動詞の不定形に決まった形の語尾の無い言語とある言語で ・実例をそれぞれもう少し挙げてください。  とくに欧州と東アジアにこだわる必要はありません、というより世界各地の言語を偏りなく見ることのできる視点を求めています。東南アジアとか…アメリカとか…アフリカとか…オセアニアとか……。 ・言語数としてはどちらが多いですか。 ・定まった語尾が無いのって使用者(話者)としては不便じゃないんでしょうか。また外国語として学習する者としてはどうなんでしょう。  やっぱり慣れてしまえば不都合ないのでしょうかね。 ・そのほかいろいろこの主題に関する知見や情報があればいただきたいと存じます。

  • 数学3 関数の極限 負の無限大の計算について

    lim (x → -∞) x^2+x = ∞ となるのは、  lim (x → -∞) x^2 = ∞ lim (x → -∞) x = -∞ とすると、∞-∞ の不定形になってしまうので、(x+1)x と変形し -∞(-∞) = ∞ ということでいいですか。 また、 「x^2が正の無限大に発散する速度の方が速いのだから、x^2+x は正の無限大に発散する」 といったような直感的な説明はおかしいですか。 よろしくお願いいたします。

  • 極限に完全な不定形はあり得ますよね?

    お世話になります、以下の極限の問題で行き詰まり困っております。 皆様のお知恵をご教授願います。 lim[x,y→0] √|xy| / √(x^2+y^2) の極限を求めたいのですが、 x=y方向から (x, y) → (0,0)の時、√|xy| / √(x^2+y^2)の接線が定まらない事は何となく理解できるのですが… x=yの条件下では、分子も分母も同時に0になり、 lim[x,y→0] √|xy| / √(x^2+y^2) =0/0…不定形 x≠yの条件下では、分子(積)が分母(二乗和)より先に0になるので、 im[x,y→0] √|xy| / √(x^2+y^2) =0 以上の2通りが解になると考えても良いのでしょうか? ご指導願います。

  • 不定形の極限値

    不定形の極限値の範囲で下の2つの定理の証明がわからなくて困っています。 どなたか解説をお願いします。 定理1 f(x),g(x)はある開区間(a,∞)で微分可能な関数とする。 もし、lim(x→∞)f(x)=lim(x→∞)g(x)=0が成立し、 極限 lim(x→∞) f'(x)/g'(x) = L が存在すれば lim(x→∞) f(x)/g(x) = L が成り立つ。 定理2 f(x),g(x)はaを含むある開区間で微分可能な関数とする。 もし、lim(x→a)f(x)=lim(x→a)g(x)=∞が成立し、 極限 lim(x→a) f'(x)/g'(x) = L が存在すれば lim(x→a) f(x)/g(x) = L が成り立つ。