• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

床下点検口からすべての床下にいけない!

家を新築中です。 今基礎工事をしているのですが、 見てみると家の北側と南側が基礎(ベタ基礎)で 分断されています。 床下点検口は北側に一つついています。 (ちなみに水周りもすべて北側です) つまり南側の床下は、床板をはがさないと 点検できません。 営業の人から 南側に点検口をつけるとすれば、 和室に収納庫をつくるプランを 提案されたのですが、 けっこう追加費用がかかります。 他に安くあがる点検口のつくりかた(?) があれば教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数2652
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

床下点検口は主に水周りの点検のためのものです。 ですので、南側の和室にもぐることはあまりないかもしれません。 何がなんでも点検口というよりは、点検の時は畳を上げて、荒床(畳の下の板:大抵コンパネになっています)に45センチくらい入れるようはずした部分をつくってもらったらどうでしょう。 費用はただですし。 畳をあげることは専門家でなくともできますし、頻繁に見ることもないと思いますので…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>床下点検口は主に水周りの点検のためのものです。 言われて見ればそうですね。。。 >45センチくらい入れるようはずした部分をつくってもらったらどうでしょう。費用はただですし。 とりあえず床下に入れるようになってたら いいので、こんなふうにしてもらおうと思います。 回答ありがとうございました。

質問者からの補足

コンパネって何ですか?

関連するQ&A

  • 床下について

    ベタ基礎、在来工法、内断熱で新築の者です。 床下の点検を自分でしたいので床下の高さを確認した所、350mmでした。ちなみに基礎立ち上がりはGLから450mmでした。350mmで床下にもぐって点検するには匍匐前進(ほふくぜんしん)の格好でしなくてはならないです。高基礎もあるようですが、ベタ基礎でこの高さは普通ですか? もし普通なら床下の点検は大変です。

  • 洗面所の床下点検口

    今家を建てています。参考のために色々な建売の家を見て歩きました。 洗面所に床下収納が付いているお宅があり、便利そうだったので、 我が家にも取り入れました。台所より一回り小さき大きさで 一辺が45センチです。 この間見に行ったら、蓋はあるものの中のかごがない。 工務店に確認した所、これは床下収納じゃなく 床下点検口です。この大きさの床下収納なんてありませんよ。 だいいち洗面所に床下収納なんていう家は聞いたことがありませんよ。 どうしても床下収納を作りたいなら、台所と同じ大きさのなら ありますがといわれてしまいました。洗面所に床下収納なんて作ったら いくらユニットバスとはいえ、湿気で大変なことになりますよ。 換気にも良くないしと言われたのですが、洗面所の床下収納って 本当に珍しいのでしょうか?作られた方いらっしゃいませんか?

  • 床下断熱材の垂れ下がりは施工ミス?

    昨年5月引渡しの新築です。 昨年12月ごろ床下(ベタ基礎の床断熱仕様)へ潜ってみたところ、床下から見て1Fフロア側に貼り付けてある、スタイロエースという水色で発泡スチロールのような断熱材が、2ヶ所傾いてきて下がってきてました。垂れ落ちて基礎までは届いているわけではありません。床板とは隙間ができている状態です。 その後、ホームメーカーの点検担当者へ見せたところ断熱材を貫通してビス止めして復旧してました。その際は、ただ単純に外れてきたのかと思いなぜ?と問いませんでした。 今月で1年になるため再度床下を確認したところ他にも断熱材が傾いてました。6月頭にホームメーカーの1年点検があるため、何かしらの対応をしたいと思っております。 ここで専門家の方へご意見いただきたいのですが・・・ 1.建築時の施工方法が知りたいのですが、添付画像にあるように白色の薄い紙みたいなもので断熱材を吊るしてある?ように見えます。実際施工時は床板を張る前に断熱材を吊るして?から床板を施工しておりました。床下へ潜って貼り付けてはいないと思います。また、床板へ接着していたかは確認できてません。一般的にどうやって施工するのでしょうか? 2.1年足らずで剥がれてくるものでしょうか?施工ミスでしょうか? 3.剥がれたときの復旧方法は何がベストでしょうか? 4.ホームメーカーにて再度点検、復旧させたいと思ってます。ホームメーカー次第なのかもしれませんが、対応してくれるものでしょうか? どうかよろしくお願いいたします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.7

こんにちはー。#3のものです。 また立ち寄ってみました。 他の回答者の方やその返信を拝見しました。 個人的意見ですが、追加金額が10万20万でないならば、 いま南側にも点検口を作る方が無難だと思います。 先の回答者の方のおっしゃるとおり、普通は 『ベタ基礎で仕切られていても、そこに人が腹ばいで 抜けられるへっこみ部分を作る』はずです。 ですが今の時点でそうなっていない以上、 基礎を切り欠くわけにも行きませんし、 対応策としてはやはり、点検口をもう一つ作る、ではないでしょうか。 その際の費用については、あちらのミスなので、 あちらに持って欲しいところですが、 現実的には「実費だけ(材料代)だけはお施主さんの 負担にしてください…」となる場合は多いです。 気密タイプでもない収納庫の場合、 材料代(点検口・収納庫代)は大きい金額ではないはずで、 定価でも2~4万の5掛け~7掛けで購入、 1万とか2万程度です。 それくらいの金額分は持ってくれることは多いですが お手ごろ価格(請負金額が小さい)の注文建売などで 利益率が薄い場合や、 値引きを既にギリギリまでしていて、 1万2万で利益率のパーセンテージが大きく変わる時は 負担を渋る場合もあります。 対応優先順位としては、 (1)あちらの設計ミスということで交渉して持ってもらう (2)多少負担して、今やって貰う (3)#5の方の回答のように、入りやすい箇所を事前に確認、後で対応する (4)後で必要になった時に別口で頼む 点検口はあとで作ることも出来ます。 別に全く難しい工事ではなく、半日あれば終わるかな。 その場合は大工さんの手間と材料代で、 4、5万も見れば充分ではないかと思います。 その時に備えて、作って良い場所(切り欠いて良い床)を 工事中に確認しておくと良いですよ。 床板(床下地の板)を貼る前の写真があると、 なお良いと思います。 または、点検口をつけずに、#5の方の回答のように、 畳の下の板を、丸々1枚もしくは適当な大きさに切って、 フタを取るように外して入り込むこともあります。 終わればまたその板をはめ込んでおくだけです。 床鳴りの原因にならないように、釘1本2本くらいは止めておくかも。 要は人間と、修理の機材が入れれば良いわけです。 ただし、床の構造によってはそうできない場合もありますから、確認しておいたほうが良いと思われます。 2箇所くらい床下に入り込めるところがあった方が、 #6の方の回答のような補修や点検の際はとても便利です。 長いコードで電灯や機材を引きずって、迷路のような床下を、 1箇所からずるずるはって行くのも結構大変です。 新築工事中ですし、今つけておいた方が後で面倒臭くないと思いますよ。 また、非常に個人的意見で申し訳ないのですが、せっかくの新築、できればちゃんと点検口をつけて、きれいに納めてほしいかと。 スミマセン…。 ちなみに、コンパネとは、大まかに言って 「分厚いじょうぶなベニヤ板」だと理解しておけば良いかと思います。 12mmが一般的です。 コンパネやその仲間でよく聞かれる構造用合板などは、 細かくは種別や差異がありますが、 床の下地(フローリングやビニールのシート貼のすぐ下の下張り用の板)や、 手すりをつける等で丈夫にしておきたい壁に使ったりします。 昔は畳の下は15cm幅くらいの長い板(荒板)で貼る事が多かったですが、 最近は畳1帖の大きさの「丈夫な板」を使うことも多いです。 どちらが間違い、ということではないと思いますよ。 ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。 結局、和室の畳下に点検口を設けることに なりました。 追加費用はなしでいいそうです。 >2箇所くらい床下に入り込めるところがあった方が、 #6の方の回答のような補修や点検の際はとても便利です。 確かに作業する人の立場になってみれば 腹ばいになって進む距離が短いほうがいいですよね。 点検口が無駄に増えたってことには ならなくて安心しました。

  • 回答No.6
  • mt3000
  • ベストアンサー率14% (3/21)

床下の点検口は是非作っておいたほうが良いと思います。 理由は自分の家に建築後10年ほど経過してからシロアリが着きシロアリの業者が床下に入るのに洋室の部分に入れなく、基礎の一部を空けて入りました。 以上のような点でも床下は全部が行かれるようにしたほうが良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • mak0chan
  • ベストアンサー率40% (1109/2754)

電気工事業者です。 新築の際には、床板を貼る前に仕事を済ましてしまうので、特に点検口は必要としません。 ただ、何年か経つと、コンセントを 1カ所増やしたくなったりして、床下に入りたい場合があります。そのようなときでも、和室なら、畳の下の床板は、釘さえ抜けば簡単にまくれますから、特に点検口まで必要としません。 2階に和室がある場合は、コンパネといって、厚い合板を貼るので簡単にめくれない場合もあります。しかし、今回は 1階で、しかも高気密高断熱住宅ではないということですから、幅20~30センチ、長さ180センチ程度の杉の板を貼るだけだと思います。1階は畳の通気を確保するため、あえて隙間ができるような無垢材しか使わないはずです。 もし、コンパネを貼るようでしたら、大工さんに頼んで、1枚分だけ普通の釘でなく、ねじ釘止めにして、あとで取れるようにしてもらうとよいですね。 その程度なら追加の費用も発生しません。帰り際に、ビール瓶の 1本も差し上げれば十分です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

こんにちは。 追加費用は実際どれくらいなんでしょうか? 収納庫でなく、点検口(フタの部分)だけではダメなんでしょうか? フタを空けるとすぐ床下が見えるようなフツーの奴です。 収納庫付で大掛かりなものだと高いものもありますよね。 電動でせりあがってくるものなんてのもありますし。 普通の台所の床についているような簡単なものならそんなに高くないと思いますけども。 ただし、高気密高断熱住宅の場合、ちょっとだけ、普通のより高くなります。 高気密高断熱用の気密タイプの点検口にする場合が多いからです。 でもせいぜい3万~5万程度? 新築中であれば、一緒にやってもらったほうが、面倒でないと思いますよ。 その会社会社で計算の仕方があるので何とも言いようがないですが。 うーん、答えになってないですね…。m(_ _)m

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

点検口だけだったらそんなに 費用かかりませんよね。 高気密住宅でもないですし。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.2

設計ミスなので営業でなく設計士に確認すべきです。 通常はベタ基礎で仕切られていてもそこに人が腹ばいで抜けられるへっこみ部分を作ります。 基礎にへっこみがなければ畳の下か押入れの床を50センチ四方くらいを開け閉めできるようにしておけばいいわけでこの位は追加費用なんてかかりませんよ。 収納庫に変更なんて話に持っていくから追加費用になる訳です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっぱり設計ミスでしょうか。 だとすれば追加費用発生するのは おかしいですよね。 そのように話をしてみます。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

和室を含めた南側の各部屋に、押入などがある場合は、その床部分に簡単な点検口をつければ良いと思いますが。 (ただし、点検時は、その上に置いたものを退けないといけませんけれど)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

点検口だけならそんなに費用はかかりませんかね? 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 床下の湿気対策について・・・

    こんにちは。床下の湿気対策について質問します。 築25年の家に2年前から住んでます。立地条件は山の斜面に建っており、北側が高く杉の木で高く覆われており、風通しも悪くいつも湿っております。この辺は地下に沢が流れていて常に湿気がある場所なんだそうです(隣のおっちゃん談) 最近和室(南側)がカビくさいので畳をめくって床下を見てみたところ、じめじめで土にカビが生えておりました。(土の床で防湿処理はされてないようです)畳にも黄色いカビが生え、床板も湿っています。 床下は通気口が数カ所ありますが、建物が古いからなのか基礎が部屋ごとに床面まで立ち上がっているため上記の南側の部屋の床下と隣(北側)の床下はさえぎられており見えません。(外から見ると通気口は南側も北側も東と西に通気口がありつながっているようです。北側は床下がのぞけないので分かりませんが) 他のQ&Aでいろいろ見て自分なりに考えたところ、防湿シート→コンクリ打設がいいのではと思っておりますが・・・ (1)この作業をプロに頼むとどれくらいの予算でしょう? (2)作業の状況が説明してあるサイトをご存じでしたら、お教えください。 (3)上記の作業の他に方法がありましたらお教えください。 (4)日常の湿気対策で何かできることがありませんでしょうか?炭等の調湿材ではもたないとの意見が多いようですし・・・ (5)(内容は異なりますが)「暗渠工事(あんりょう?)」と出ていましたところがあったのですがどのようなものでしょうか? お分かりになる範囲でかまいませんので、よろしくお願いいたします。

  • 床下点検口の最適位置について

    床下点検口の最適位置について教えてください。 新築一戸建て購入を予定しており、現在設計段階です。 図面では床下点検口が洗面室とキッチン(兼床下収納)に一つずつあるのですが、キッチン部分にある点検口は家事作業の動線部分に位置しているので点検口の上を歩いた時のキシミ音を避けるためにも無くしてしまおうと思い施工業者に相談したところ、基礎の部分に人が通れるくらいの穴が空いているので、面倒ではあるが洗面室の床下点検口から入ればキッチンまで行けるので特に問題は無いと言っています。 しかし洗面室とキッチンは家の対角線上に位置しており、その移動距離は8m位あるために、実際にキッチンの水回りで何か問題があった時にちょっと自分で見てみようという気にはなれませんし、もし配管業者が作業を拒否したり、多額な追加料金を取ったりしないか不安に思っています。 やはり今後のメンテ性を考えると、キッチン部分の床下点検口は残しておいた方がよいのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 床下の電気配線

      友人の新築した家を見せてもらいました。台所の床下収納から床の下も見せてもらったところ、すぐそばにある床設置のコンセントの配線が床下に無造作に垂れ下がって床板収納の下にあまった配線が2メートルほどおいてありました。普通、収納部分を避けて床下の垂木?に打ち付けておくものでは??友人は床下に少し炭をおいたのでそれでかうなったのかな~といっていますが、これでよいのでしょうか??

  • 床下点検、屋根裏点検できない家のメンテ対策

    現在築1年の戸建てに暮らしています。 基礎はベタ基礎で、床下点検口がありません。 琉球(風)畳コーナーに炉があって、 そこを引き抜くと、少し床下が見えることがわかりました。 ですが、害虫駆除業者にのぞいてもらったところ 床下には潜れる高さがないそうです。 ちなみに天井の点検口は、浴室の下にだけありますが、 それ以外はありません。 いまはまだ築1年のため不具合はないのですが、 今後のことを考えると不安です。 しかも、設計した建築士が自己破産で雲隠れしてしまい 保証も受けられないうえ、施工業者も動いてくれません。 こういう家の普段のメンテナンス対策や、いい対処方法など ありましたら、ぜひご教授いただけますでしょうか。

  • 床下点検口の位置について

     初めて質問します。よろしくお願いします。  床下点検口の位置についてです。現在新築建築中で、大工工事の後半です。建物を見学に行って、ふと気付いたことがありました。それは床下点検口の位置についてです。  床下点検口が洗面所内の洗面台の足下付近にあります。つまり、毎朝・毎晩立つ位置の足下にあるわけです。長い目で見ていくと、当然ゆがみや変形が出てくると思います。それが原因できしみや床鳴りの原因になることを恐れています。そこで、現場監督に相談した所、隣接した和室の押し入れ内の床下に点検口を設置してはどうかということになりました。ですが、床下からの湿気が押し入れ内にこもるのも心配です。  そこで、皆様にご意見を頂きたいと思い、質問させて頂きました。セキスイハウスで建築中で、来週からクロス張り予定という段階です。早めに決定しなければならない段階にあります。どうぞ良いご意見をお待ちしています。よろしくお願いします。

  • 住宅の床下結露について

    昨年の春に新築した者です。 2×4住宅で、ベタ基礎、基礎パッキン工法です。 先日、ふと床下点検口(一階の中央辺りにあります)の床下収納容器を取ったところ水がボタボタと落ちて床下の基礎部分(自宅はべた基礎です)に水溜りが出来ましたので、??と思い床下を覗き込んでみると大粒の水滴がびっしりと床下の断熱材(カネライトフォーム)一面についていました。 驚いて工務店さんに問い合わせたところ、早速来ていただけたのですが、 ○床下の中央部分の空気が全く動いていない。 ○梅雨の時期や夏場の朝方と昼間の温度差の違い。 ○この地形(周りは山に囲まれていて昼間と夜間の温度差もあり、地盤が粘土質のため湿気が高い)による影響もある。 解決策としては ○午前中床下の空気が動くようにサーキュレーターのような物で毎日点検口を開け、断熱材の表面が乾くまでまわしておく。 ○10万円程で基礎の立ち上がり部分に穴を開けファンを取り付けて強制的に床下の空気を出してやるというものでした。 現状の結露も空気を動かしてやれば乾くであろうという事でしたので、工務店さんが言われたようにその日しばらくサーキュレーターを床下の北側に向けまわしていましたが、とても水滴が無くなる訳も無く仕方が無いので床下にもぐり自分でタオルで拭き取りました。 家の形状は長方形で、もぐってみたらどうやら中心部分に水滴が酷く、基礎パッキンから風が入り込むであろう部分はぐるっと1~2Mは乾燥していました。 昨年の夏もこうなっていたのか、床下の断熱材を支えている合板の板にカビもみられました。根太は見た感じカビはまだ生えていないようにみえました。 毎日床下を空けてサーキュレーターでかくはんさせている家なんて聞いた事もありません。 水滴を拭いてしまってからは徐々に乾燥していって一週間が経ちましたが断熱材は今のところ乾いたままです。 あと、家の南側に基礎パッキンの部分に、外壁の下に張る防水シートがかかって塞いでしまっていた部分があったので一応綺麗に切り取ってもらいました。 そこでお聞きしたいのですが、工務店さんのおっしゃる原因、対処法はこれで良いと思われますか? あと場所にもよるかと思いますが一般的に梅雨時や夏場などの床下はこのようにまでとはいかないにしても毎日「結露→乾燥」を繰り返しているものなのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 床下点検口から1階全域に行けません

    1年半前に建坪11坪ほどの家を工務店で建てました。 先日、床下点検口がないことに気づき、将来のシロアリ薬剤処理を する際などに必要ではないのかと工務店に話したら 「必要になった時にあければよいけど、今開けておきましょうか」 ということでクローゼットの床に床下点検口を開けてくれました。(無料) しかし、その床下点検口から行けるのはクーロゼットの部分だけです。 床下点検口から1階全域に行けません。 基礎のコンクリートの立ち上がりがあって隣の寝室には行けません。 工務店が言うには「一部を切って行けるようにできるから」 というのですが、ほんとにそういうものなのですか? ユニットバス側はユニットバスの下の機器(?)があって行けません。 工務店の言うとおり 基礎やその上にある木を切ってしまって強度に問題ないのですか。 部屋ごとに床下点検口を作って床下点検口だらけにするのも変だと 思うし…。 一階は、玄関・階段ホール、廊下、トイレ、洗面所、風呂、クローゼット、寝室(17mm厚フローリング) です。 基礎はべた基礎、基礎パッキンです。

  • 床下の湿度調整について

    先日、床下の換気孔に害虫進入防止用のネットを取付ける業者が来て床下を点検したところ、この床下には湿度調整剤を敷いた方が良いと言われました。 この業者の話では、最近の新築住宅の床下はコンクリートのベタ基礎であるが、我家(築10年建売)は土のままであるので湿気があがり、カビが発生してくるとのこと。現在のところ白蟻はいないがこのままにしておくとカビを餌に白蟻が発生する可能性があり、ゴキブリ等の害虫も発生しやすい、また床下には断熱材が施工されているので床板と断熱材との間に結露して床板も腐ってしまうので、早く床下の湿気を取ってやななければダメとのことでした。 この業者は台所の床下収納があるところから床下に入ったのですが、確かに床下からはカビ臭いにおいが家の中に漂ってきました。 これまで床下の状態について気にしたこともなかったのですが、カビや害虫の温床になっていたのでは健康のためにも良くないので、床下の湿気除去について考え始めました。 床下の湿度調整には、床下換気ファン、除湿機、湿度調整剤、炭等いろんな方法があるらしいのですが、どんな方法が良いのか、費用はどうなのか、詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。実際に施工されて効果のあったものなども紹介していただけたらと思います。 因みに、この業者がすすめた床下湿度調整剤はゼオライト系(エコドライ、セラミックプルーフの2種)のもので坪当たり6~7万円と高価なものでした。

  • 点検口について業者側の説明をどう思われますか?

    新築(ベタ基礎)です。2階にキッチン、ユニットバス、トイレ、洗面所があり、1階 は洗面所とトイレがあります。ユニットバスの天井以外は、点検口がありません(床下収納なし)。工務店に確認したら、電気の配線はユニットバス側にひとまとめになってるから、他の天井点検口は必要ない。床下については、地下室を除き、通常は要望が無い限り設置してない。床下点検口を設けると床下の湿気や匂いがあがってくるし、断熱性も失われるから勧めない。一箇所だけつけても全体を見れるわけではないから無意味。何を目的につけたいかによる。 床下につけるのは常識では?と言ったら、 現在、何件か設計事務所の施工を請負ってるが、その図面に点検口は存在しない。今までも設計施工もしてきたが、点検口がないという事を指摘されたことはない。との説明でした。 床下点検口をつけてもらうように話を進めてますが、腑に落ちない気分でいます。 建築関係者のご意見聞けたらありがたいです。よろしくお願いします。

  • 脱衣所の床下(ベタ基礎)が水浸しに。。。

    脱衣所の床下(ベタ基礎)が水浸しに。。。 こんばんは。教えてください!! お風呂の残り湯で洗濯をしようとしていたら、誤ってホースから水が漏れていたらしく、お風呂の脱衣所の床下を水浸しにしてしまいました。 水道管やガス管の点検用の床下の蓋の隙間から下に漏れたようです。家は築一年、ベタ基礎です。一応できる範囲の水はタオルで吸収させましたが、とても間に合いません。今夜は除湿機をフル稼働させて、何とか乾燥させようと思っています。 こういうことにお詳しい方、良い対処方法を教えてください。家の床下や基礎が腐ってどうにかなったりしませんか?どうするのが一番良いでしょうか?困っています。どうかお願いします!!