• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

土地の境界線について

知人が土地の境界線の事で悩んでいますが、私にはさっぱり分からないのと、知人はネットにも疎いもので代わりに私が質問させて頂きます。 知人が新しく土地を購入しました。 何年もほったらかしの土地だったため、業者に頼んで整地してもらいました。 綺麗にした途端に隣の家の人がここまでは自分の土地だと主張されたそうです。 杭も打ってある、と言うことで書類を取りに行った所、確かに隣家の土地になっていたそうです。 しかし、その境界線確定をした日付を見ると知人が購入した後だったそうです。 その後日付が訂正されており、購入前になっていたそうです。 判は、購入した不動産やと元の地権者と隣家の人だったそうです。 元の地権者は、他県に住んでおり、10年以上放置していたので売りたいと言うことで今回知人が購入しました。 元の地権者は不動産やに全て任せていたようです。 知人は、自分の知らない所でその様な事になっており、どうしていいのかわからない状態です。 不動産やに「どういう事なのか説明してくれ」と言っても「今更何を言ってるんだ」と取り合ってもらえないようです。 今回お聞きしたいのは (1)このような場合でも、その土地は隣家の物でどうしようもできないのでしょうか? (2)もし、今回の境界線確定が不当だと裁判などにした場合勝てるのでしょうか? (3)又、裁判にならないですむ方法はないでしょか? (4)不当だと訴えた場合、不動産やとの絡みは出てきてしまうのでしょうか?(不動産やが癖のある人で知人は関わりたくないそうです) 文章が下手なもので、わかりにくいかとは思いますが、ご回答の程お願い致します

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数244
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • 21s-a
  • ベストアンサー率40% (160/398)

まず、不動産屋にとりあうのではなく契約書はどうなっていますか? 重要事項説明書でもいいですけど、公簿地積や地積測量図のデータをお持ちのはずですよね? そこに記載のある内容と登記簿の内容に相違がある場合、不動産屋の詐欺行為が認められる場合があります。 『登記は絶対』と思われる方も多いようですが、登記には第三者抵抗力はありますが「公信力」はありません。 公信力とは・・・登記簿の内容がウソであっても、それを信頼して行った取引は保護される効力のことです これがないのでお隣さんは登記簿を以って抵抗はできますが、契約書に相違があれば契約書の方が強いです。 (この契約書作成に不動産屋の過失・悪意が認められれば詐欺行為です) もちろん、その場合は知人さんに権利が移ったあとでの登記簿内容修正なので無効です。 ただし、知人さん側にも確認義務違反がありますので 上記を証明するので非常に難しく 被害者側は泣き寝入りするケースがほとんどです。 現実的な解決方法は『整地したお隣さんの土地を買い取る。』や『原状復帰の上、返還する』などの『和解』が考えられますが 現段階では『知人さんが勝手に整地したお隣さんの土地』に対して整地費用を請求するのは不可能かと思います。 手続きや知識など複雑ですので、不動産屋と関わりたくなければ弁護士や(現段階では)司法書士に相談すればいいと思います。 文面だけでは判断できませんが、今回のケースではお隣さんに対抗するこいうよりは不動産屋に対して訴えをおこすほうが現実的かと思います。 参考意見

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆さん回答ありがとうございました。 お礼が遅くなり大変申し訳ありません。 皆さんの回答を知人に見せ、境界線より隣人側の土地は諦める毎になりました。 一番分かりやすかった方にベストアンサーをつけさせて頂きました。 他のかたのご意見も参考になりました。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 土地の境界線

    父親が土地を購入したのですが、 不動屋さんの説明した境界線と、隣家との言い分と違うのですが、 こういう場合どうするのがいいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 土地の境界線

    平成16年に建物つきで土地を購入したのですが、元の地主が測量し、私どもの建物が地主の土地に出ていることで土地家屋調査士の立会いで境界線を確認し、そのとき境界線から出ている説明を受け、借りていることで確認書に印鑑を押しましたが出ている部分を壊して境界線から内側に戻さないといけないのですか? 元の地主から平成1年にMさんが買って平成16年に私どもが購入しました。もともと出ている状態で購入しました。どのような条件になっているのか今ではMさんと地主は現在は亡くなっていません。 知合いに相談したところ20年間、請求などが無かった場合は権利が建物を持っているほうが有利と聞きましたが不動産ごとは素人なのでどのようにしたらいいのか分かりません。詳しい方教えてください。よろしくお願いします。

  • 土地の境界線について

    初めまして。 早速質問させてください。 私は、去年の暮れに土地と建物を購入しました。 その際、隣家との境界線には石が埋め込まれて明確になっているのですが、木と砂利が流れ込んでしまっている状態でした。(隣家の方が15cm程高い) 家を建ててもらう際に、業者さんの方でその事を言い、隣家も「引っ越してくるまでには外壁を作ります。木も移動します」と、言ってくれたそうです。 しかし、引っ越しをしてきて挨拶に伺った際にも奥様に「外壁はもう少し待ってください」と、言われました。 それで、その言葉を信じて待っていたのですが、いつまで経ってもやる気配がありません。 業者を通して言ってもらってから約1年になろうとしています。 私達も、庭をいじりたいので、外壁のことと木の事を伺うと、「じゃあ、折半でやればいいのでしょうか?」と、言ってきました。(この時点で前の約束は忘れているもよう…) しかし、「現在の時点で流れてしまっている分については、お宅でやってください。そこから更に下げたりする場合は、うちできちんと壁を作りますから。」と、言って相手も納得し、4月末までには工事を始めてくれる…と、なったのですが、その土地を所有していた不動産に外壁を作る際の相談を隣家がしたところ、不動産の担当者に「まだ様子をみていてもいいのではないでしょうか?」と、言われたらしく、工事はやっぱりやらない…と、言う方向に行ってしまいました。 支離滅裂な文章で申し訳ありませんが、質問は… (1)土地の境界線について、隣家の方が土地が高い場合、必ず折半でやらなくてはならないのか。 (2)今回の私達の対応は、法律的に言うと、適当なのでしょうか? (3)せっかく話がまとまったのに、不動産の担当者の一言で、振り出しに戻ってしまった場合、この担当者にどのように対応すればよいのでしょうか? 申し訳ありませんが、ご回答宜しくお願い致します。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • tmyhmy
  • ベストアンサー率52% (27/51)

地形と境界が一致してるとはかぎりませんよ。。。 友人の勘違い(思い込み)です。 ココでは良い回答は得られませんから現地の近くの■土地家屋調査士に相談して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

知人が土地を購入しようとする時に示された土地図面があるはずです。元地権者が法務局に登記してあった公図です。それと今回知人が登記した登記後の公図とに違いがあるのでしょうか。それが違っていたら、詐欺にも匹敵する宅地建物取引業法違反です。不動産業者の免許を出している市町村役所に行って訴えると、事実であれば業者は免許が取り消されます。不動産屋は振るえ上がります。 境界線確定の件ですが、腑に落ちない点があります。購入決済とは現金と土地権利書の交換のことで、その日のうちに司法書士が法務局で登記を済ませて知人の土地になるのですが、購入したと思っている日にはまだ登記がなされていないと思われます。購入日と同じ日付けの同意書に元地権者と隣家の捺印があり、つじつまが合わないので境界線確定の日付の訂正が行なわれたとのことですが、そのことが事実であれば同意書の法的根拠は無くなります。 想像するに不動産屋にまんまと嵌められたように思います。信用して事務手続きを不動産屋に任せていたと思われます。もし司法書士がこのようなことに関与すると資格剥奪されます。いずれにしても、前述したように市町村役所の建築指導課に行って相談することです。結果によっては、取引を白紙に戻せます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

土地の売買契約書に土地の面積計算書が添付されているはずですが確認して尚。売買代金の決済前に確認をしましたか。土地求積図が有れば周りの距離は確認ができますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • lv4u
  • ベストアンサー率27% (1862/6716)

不動産をめぐる詐欺事件は、ネットをみると、わりとあるようです。 ドラマ「難波金融伝ミナミの帝王」でも、土地詐欺がテーマの作品があったと思います。 この場合、一般の詐欺事件と同様に、被害者は泣き寝入りになるみたいです。 つまり、土地を返すことになり、お金は戻ってきません。 つまりは、 1:どうしようもできない 2:勝てない 3:裁判しなければいい。取られたものが戻らないだけ。 4:わかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • yasuto07
  • ベストアンサー率12% (1343/10621)

普通は公図、登記簿、現地の杭、、、確認の元の購入でしょう。 何が、どのくらい違うかによるのでは、、。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

皆さん早速の回答ありがとうございます。 大変助かります。 専門用語は私にはわかりませんが、明日知人に見せてみます。 それから又解らないことがあったら補足させて頂きたいと思いますので、お礼ポイントはもう少し待って下さい。

関連するQ&A

  • 土地が古く、面積・境界線がはっきりしない土地の売買について

    土地が古く、面積・境界線がはっきりしない土地の売買について 土地の購入計画を進めている者です。 希望の土地が見つかったのですが、少々不安なことがあり 皆様のお知恵をお借りしたいと思います。 今回の土地は、数十年前からある古い住宅地です。 仲介業者と打ち合わせや現場確認を進め、昨日、申込書の記載を行いました。 仲介業者から売主へ申込書を送付し、第一の申込者となりましたので 今後契約に進むところですが今日になって仲介業者より ◆古い土地のため、測量図がない。売りに出すにあたり、事前の実測も行っていない。 ◆一部、境界線がはっきりしていない可能性がある。(境界杭の見えない場所がある) ◆実測した場合、面積が変わる可能性がある。 との話がありました。 こちらでは、境界線がはっきりしない土地は隣家とのトラブルになる可能性もあり 事前に確定した上で契約したい、との意思を伝えましたが、 ◆通常は公募売買となるため、登記上の面積での売買となる。 ◆境界線は確定していない場合、通常は、契約後決済までに隣家立会いの元で  測量を行い境界線を確定させるとの条項を入れる。 ◆重要事項説明時はその旨の説明となるため問題ない。 ◆契約の事前測量は売主の費用負担となるため、いやがられたり断られたりすることが多い。 との説明を受けました。 ここで疑問がありましたので、下記お尋ねいたします。 (1)公募売買は不動産売買の慣習である、との話でしたが、やはりよくある取引方法なのでしょうか? (2)境界線がはっきりしないまま契約しその後測量した時、たとえば、境界線が大幅に違う、  実は隣人と境界線の相違があったなどのトラブルが発覚した場合でも、契約書上は特に  相違がないため買主による手付金流しの解約しか道がないように思えるのですが、いかがでしょうか? (3)このようなトラブルを未然に防ぐために、どのような対処法をすべきでしょうか?   ※仲介業者からは、契約前に近隣にいろいろ聞きにいくことは、売主側の心象を悪く    するため今後の交渉に響く可能性がある、と言われました・・・ なお、この土地はかなり気に入っており、大きなトラブルがなければ購入したい気持ちでおります。  どうぞよろしくお願いいたします。

  • 隣家との境界線にある電柱の敷地使用料

    このたび土地を購入することになりました。 図面を見ますと、隣家との境界線の奥、きっちりの所(形でいえば’T’のつきあたり的な感じ)に電柱が建つとのことです。 土地に電柱が建つ場合、敷地使用料が支払われるとのことですが、境界線の場合それは半々に支払われるとかいうことになるのでしょうか? 私としては別にお金はいらないので、隣家寄りにしてくれたらいいのにとわがままな事を思っています。 電柱だけならまだしも、支線、支柱(名称がわかりませんが斜めの線で黄色と黒のカバーがかかってるあれ)が出ると、車の幅が大きいので駐車するのに邪魔です。 まだ整地中で隣家となる土地は誰も購入してません。 こういうのって先に言ったらなんとかなるものなのでしょうか?その場合はNTT?電力会社?不動産屋?どこに言えば良いのでしょうか?

  • 土地の境界線で・・・

    自宅の隣地が空き地になっています。その土地を持っていた不動産会社が倒産して、最近になって別の不動産会社が購入をしました。ところが一ヶ月もしないあいだに、別の人(業者?)がこの土地を買ったといって、境界線のことを尋ねに来られました。 自宅と空き地との境界にブロックが2段ほど埋め込まれているのですが、その境界は「ブロックの真ん中か、左端なのか右端なのか」と、今まで考えてもみなかったことを聞かれ困っています。一般的には、こういう境界はどうなっているのでしょう。相手は専門のはずなのに、そういうことを素人の私にわざわざ尋ねてくるというのは、なにか言質を取ろうとしているのではないかと、疑心暗鬼にもなってしまいます。 正確な測量図もなく、自宅を建てた不動産会社は倒産してしまっているしで、どのように返答したらいいのかわかりません。 どなたかアドバイスをお願いします。

  • 購入を考えている土地の隣家の外壁が境界線上

    購入を考えている土地の隣家の外壁が境界線上 新築予定で土地を探している者です。最近、非常に気に入った土地を見つけました。ところが、1つ気になることがあり相談します。 土地は更地で、長く駐車場として貸されていたようです。持主は少し遠くに住んでおられ、実際にこの土地に居住したことはないそうです。数年前に隣家が家を建てたようですが、隣家との境界線上にある低いブロック塀の一部が数メートル取り崩され、その部分には隣家の外壁が境界線上まで来ています。つまり、民法234条では隣地境界線から50cm離して家を建てるように規定されていると思うのですが、50cmどころか0mmです。隣家はこちらの土地に入らなければ外壁のメンテナンスすらできないということです。 持主はこの土地に居住していなかったため、売りに出すまでこの事実を知らなかったようで、もちろん承認もしていないそうです。それでも「完成まで異議申し立てをしなかった」ということで黙認=承認したということになってしまうのでしょうか? 周辺の家を見てみても、このように敷地ギリギリに建てている家などありませんので、この地域の慣例と言うわけでもなさそうです。 第2種住居地域ですから、おそらく防災・準防災地域ということもありません(これは不動産業者に調査依頼中)。 比較的、間口が狭くて奥行きのある土地なので、もしこの土地に家を建てるとすると、隣家との間にこちらが随分後退して家を建てる必要があり、間取りも制限されてしまいます。 まだ私が購入している訳ではありませんが、もし購入して住むとなるとずっとモヤモヤした気持ちを隣家に対してずっと抱き続けることになるのかと思うと気が重いです。 また、私は実際にその隣家の住人と接したことはありませんが、「自分の家さえ良ければ隣が迷惑しようが知ったこっちゃない。気付かれる前にさっさとギリギリまで建ててしまえ!!」とばかりにこのような暴挙(?)をやってのける住人が隣に住んでいるというのもリスクが高いと考えたほうがよいのでしょうか? 御回答宜しくお願いいたします。

  • 購入した土地の境界

    購入した土地には複数の隣接地権者がいます。 昔の所有者Aは地元では実力者だったのですが、 晩年、事業に失敗。隣接地権者から金銭を工面しても 追いつかず、今から10年ほど前にこの土地は一度 競売になり、結局、抵当権をもっていた企業Bが一旦、 所有し、その後、個人Cに売買しました。 その個人Cの方は10年間、この土地の所有者となり、 その方からわたしが購入したわけです。 昔の所有者Aが、隣接地権者から借金をし、 そのとき約束したらしく、競売になったときに、 隣接地権者が自分の取り分を取って、家を建てたり、 庭を広げたりしています。 公図や登記簿を見る限り、私の所有地の上に 隣接地権者の取り分があったり、 また他にも「昔の所有者Aからもらった」と 主張されたりします。 おそらく問題は、昔の所有者Aは実力者だったので 口約束で金の貸し借りがあって、競売になったときに 隣接地権者は急いで自分の取り分を取ったのでしょうが、 登記上はまったく当時のまま、境界もあいまいで、 未だに取り分を主張する地権者もいます。 隣接地権者と昔の所有者Aとの間のことなど、 私自身にはまったく関係のない話であり、 困っています。 これから境界を決めていこうと思いますが、 注意すべき点やアドバイスをお願いします。

  • 土地の境界線トラブルです・・・

    よくあるトラブルなのかもしれませんが、土地の境界線のトラブルで困っています。。。 ぜひ詳しい方、お力添え頂ければ助かります。 どういうふうに説明すればいいのかよくわからないので、箇条書きで説明させていただきますと、 1近所に売地があり、売主の看板があったので、そちらに連絡して土地を購入したい旨連絡しました。 2「現状渡しになりますよ」ということで売買することに決定。公図を確認。 3両方土地に関しては素人のため、間に司法書士さんに入ってもらって、売買契約完了。 4件の土地は売主の担保になっていたので、担保の解約、土地の売買を同時に司法書士さんと銀行の方に立ち会ってもらって手続き完了。 5測量士さんに頼んで購入した土地を測量してみると、隣家の境界線の塀が公図のとおりではなく、境界が少しずれていることが判明。 (少しクロスしている状態です。) 6それと、塀から40cmくらいのところに杭がうってあることが判明。 7隣家と境界線のことで話合いに行った際、「杭のところからこちらの土地であるということでずっと住んできた。」とのこと。(隣人の言うことを了解すると、およそ4,5坪) 8境界をはっきりしておかないと面倒だと思ったため、分筆しようかということになり、「5坪ほどお渡しするので登記はそちらで払ってください」と話してみると、どうして、「登記代をもたなくてはならないのか」と言う話に。 9実際隣家の人は区画整理?の時に市役所の人と話して今の境界線に塀をしたらしい。ただ、法務局にも確認しましたが、公図は現在測量したものと一致しています。それで、隣家の人も「どうして」という思いがあるらしい。 わかりにくい説明だと思いますが、これがだいたい今現在の状況です。 わからないのは、 ・購入した土地の自分のものでもない5坪の固定資産税をこれからずっと払わなければならないのか?(分筆しない場合) ・売主には一切問題がないのか? ということです・・・。 正直言うと、お断りされましたが5坪ただでお渡しするのも納得できないです。 司法書士さんと売主と契約書を結んだとき、その契約書の内容に、土地に問題があった場合は代金が戻る(契約を解除できる)とあるんですが、そこまでしなくても、問題の部分の金額を返金してもらうとか法律的に可能かどうか知りたいです・・・。 迷うのは、購入時、「現状渡し」と言われたことですが、実際売主方も杭のことは了解していたようです。そうなると、実際自分の土地ではない部分を売ったことになりませんか?こちらはその坪分もお金を支払って購入しています。 わかりにくい説明で長々と読んで頂きありがとうございました。 どうか教えてください。よろしくお願いします。

  • 土地の境界線について

    土地の境界線について 地続きの隣の土地を購入することになりました。 境界線がどこにあるのかを探してみたのですが、「杭」が全くありません。 測量士さんにお願いして測ってもらったら正確な坪数がでるのでしょうか? 公図は取り寄せてもっていますが、素人の私が単純に測ってみたら公図と坪数が違うように思えます。(測り方が違うのかも・・・) 契約書には「測量した面積によって坪数×坪単価=支払い金額になる。」と書かれています。 境界線がはっきりしていないので、測量がしっかりできるのか不安です。 よろしくおねがいします。

  • 境界線の主張はどこまで?

    以前の古家は、隣家と壁を共有していたため、 私が新築を建てる際(6年前)に、共有していた柱の中心を境界線に決め、 今後のこともあり、家屋調査をしてもらい境界抗を立てました。 近々その隣家を工務店が購入し、 大規模な改装を行い、売りに出されるそうです。 そこで問題なのが、 今まではこちらの都合(新築)もあり、 柱や壁の養生が境界線から越境していても 何も文句はありませんでしたが、 その隣家が売買されるとなると、 その改装を機に、すべてを境界線内に収めてほしいのですが、 法的には主張できることなのでしょうか? 身も知らない方が購入されることになりますので、 今後のこともあり、 境界線の問題を納得がいく形にしたいと思います。 隣家の土地は狭小地。 そしてかなり痛んでる二階建て家屋ですが、 新築はないと思われます。

  • 土地の境界線について

    両親が所有している土地の境界線でもめています。 私の両親が年を取ってきて現在の土地を売却し長兄の近くに引っ越す計画をしています。 土地の売却先は決まっているのですが右隣との境界線でもめています。同意をしてくれないのです。 境界線に杭が打ってあるのですが隣がその杭は地震で動いたと言って同意してくれません。(論理的な話ができない)  隣の旦那さんが生きてたときは口頭で合意し塀を立てたのですが(その時も隣の奥さんは強烈に文句を言っていた)今は隣の旦那さんが亡くなっていて(その時に合意を文書で残してればよかったのですが)埒があきません。話をしに行っても居留守を使って会ってくれません。 売却先の業者も何回かコンタクトを取ろうとしていたのですが今はあきらめており、私達で話を決めてくださいといわれています。 そこで質問なのですがこのような場合の対応はどのようにすれば良いのでしょうか? やはり裁判で決着する必要があるでしょうか? その時に準備することや 期間および費用等はどのように考えればよろしいでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 隣家から求められた境界線確定への対応について

    ご教示をお願いします。 親族が所有している家の隣家が、自己の家・土地を売却を計画しており、親族の家との間で、境界線確定をしたいとの要望があります。なお、親族と、この隣家とは、かねてより折り合いが悪く、また、両者の間で、境界線についても、互いに主張がある経緯があります(境界杭が存在していませんが、法的プロセスにはなっておりません)。 お伺いしたいのは、以下の点です。 1)今回の境界線確定は、先方の売却の都合であり、親族として、この境界線確定のために「協力」する義務があるでしょうか(折り合いが悪いため)?もしこれを拒否した場合、なにか法的に不都合な状況が発生するでしょうか?また、法的でないとしても、何か不都合が生じる可能性があるでしょうか? 2)この場合の測量費用などについては、先方(能動的行為者)の負担と考えて差し支えないでしょうか? 3)先方は窓口を、仲介不動産業者にしておりますが、仮に確定のための作業に協力する場合、中立的な立場?の測量士の立会いを求めたいと思いますが、これは妥当でしょうか? 4)親族としては、協力に積極的でないものの、先方売却日付も迫っていることから、新地主との関係もあるので、必要な内容(費用負担は先方・測量士立会いが必要・境界線について争いがあると理解している事実)について、事前に内容証明郵便で、先方不動産業者と隣家主人に送付することを考えています。これは賢明な対応策でしょうか?また、付け加えるべき内容などほかにありますでしょうか? 以上、どうぞよろしくお願いいたします。

専門家に質問してみよう