-PR-
解決済み

VDT障害?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.859896
  • 閲覧数146
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

先日ずっと勤めていた会社を辞めました。ストレスと鬱気味で医者に通ったり、自分なりにはなんとか周囲にあわせようと頑張ってきたのですが、力不足で頑張れず・・・。今後どうしようかと思いつめていたところ、会社の友人や上司にもパソコンを使った在宅ワークとかいいんじゃないかとアドバイスを受けしばらく頑張って勉強していたのですが、どうも眼精疲労が激しく、VDT障害ってやつだろうかと思い、休憩をマメに入れたりモニターの位置にも気を配ってみたのですが改善されず。それどころか目が痛くなってきてあわてて眼科へかけこみました。ドライアイで目が傷だらけ?なようで治療中です。
こんなんじゃ仕事にならない、使えないとかなりへこみ気味であります。ムリをせず気持ちを切り替えて違う仕事を探すのが得策なのでしょうか。。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 62% (53/85)

私は仕事で10年、趣味を入れると15年以上パソコンの画面を毎日見る生活をしていますが、ドライアイがどのような症状なのか分かりません。
つまり、なったことは無いということです。

これは単にVDT障害なのではなく、身体的な向き不向きの問題のような気がするのですが、どうでしょうか?

VDT障害の対策のためにパンフレットなども出ていますが、経験的な事でいくつか注意点を挙げておきます。

・CRT(ブラウン管ディスプレイ)よりは液晶の方が目には優しいです。
・CRTの場合は視力に問題がないなら適正な距離を保つようにします。50cm~100mの間程度です。
・CRTはなるべく良いものにしましょう。平面のトリニトロン/ダイヤモンドトロン系がお薦めです。
・グラフィックカードからの出力周波数はCRTが対応する範囲で高く、チラつきを感じない値に設定します。
理想は1024*768/17インチ/75KHz以上です。液晶は例外でどんな解像度でも60KHz。
・ブライトネスとコントラストは適切に。基準は黒を表示しているときに明るさを感じない程度まで絞ることです。
・画面と周りの明るさを均一に保ちます。画面が周りと比べて明るいと感じる環境は良くないです。
・キーボードやマウスは体に合った形状や高さを選びます。
・仮性近視を避けるためにも、画面を凝視せずヨソ見を意識しましょう。
(焦点距離を固定しないことで近視を防ぎます)

私の場合は画面の表示周波数が低い(70KHz以下)だと画面がチラついて見えます。この状態だと目とか頭が痛くなりそうなので、早いところ設定変更したくなります。
また、何故か100KHzを超えた設定でも画面が揺れている気がするようになって、やっぱりイライラしてしまうようです。

この辺は個人差かもしれません。
お礼コメント
noname#6364

おおっ!お仕事されてる方から身体的な向き不向きの問題・・・と言ってもらえると、なんだかスッキリしてきました(笑)固執することもないですかねw。今持っているスキルをうまく生かして、職探しをがんばろうと思います。
すぐ目が疲れて頭もガンガンしてきたり・・・もともと頭痛になりがちなんですけど、仕事にならないですよね。
でも大切な趣味として、パソコンと仲良くつきあっていこうと思います。
モニターの位置とか角度、あとは液晶の方がいいとかっていうのは聞いたことあったのですが・・・ここまで丁寧に書いてくださるなんて!そういやブラウン管使いだしてから目が余計疲れてきました。今後は回答者さんのおっしゃる点にもようく注意していきます。
大変丁寧に教えていただき有難うございます。
投稿日時 - 2004-05-17 21:35:46
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
職探しで苦労したこと、重視したポイント。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ