• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

フーリエ変換を勉強したいです

光学の授業でフーリエ光学という章をやっていてるのですがさっぱり理解出来ません。フーリエ変換を詳しく丁寧に説明してあるオススメの参考書やウェブサイトがありましたら教えて下さい。物理学科なので単なるフーリエ級数の計算ではなく、光学や固体物理学にも応用できるようにフーリエ変換の物理的な意味やフーリエ空間に対する実空間などをよく説明してあるものでお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数868
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • wata717
  • ベストアンサー率45% (72/160)

金丸隆史著「Excelで学ぶ理論と技術 フーリエ変換入門」(2007)ソフトバンククリエイティブ を推薦します。一度調べて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

少しだけ読んでみたのですが良さそうでした。回答有難うございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

こんにちは。 参考書としては  フーリエ解析 (理工系の数学入門コース 6)  大石進一,岩波書店,1989 あたりがよさそうですね。 ───わたしはこの本を持っていない、中を見たことがない(ポリポリ)─── この本の書評は http://blog.chase-dream.com/2012/04/29/2694 理工学者が書いたの数学の本 フーリエ解析 江沢洋 講談社 この本の書評は http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1868365 あとは、 海外(といってもアメリカ)の工業数学(工業の名前がついているけれど、実際は、応用数学)のフリーエ解析の翻訳書がお薦めなんだろうね。 ネットでは、 フーリエ解析入門 山上滋 http://sss.sci.ibaraki.ac.jp/teaching/fourier/fourier.pdf があるけれど、 「おいおい、どこが入門なんだ。結構、ムズいじゃないか・・・」という内容。 日本の数学者が書くと、こうなってしまう(笑い)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • Tann3
  • ベストアンサー率51% (707/1379)

 私は、フーリエ変換の数学的な厳密な計算などできませんが、音楽やオーディオが好きなもので、「周波数特性」を求めるものだ、と理解しています。 (参考書やWebサイトは、厳密・正確で詳細なものが多いので、逆に概念や本来の目的が把握しづらいです)  耳で聞く音楽(音)の中で、低音の成分や高音の成分がどの程度あるか、一定以上の高音成分が出ていないとか、特定の周波数に耳障りなピークがあるとか、そういったことを知りたいときに、横軸に音の周波数(振動数)、縦軸にその周波数成分の強さをとったグラフを書きます。周波数特性図とか、周波数スペクトルといいます。  あまり適切な例が見つかりませんが、たとえば下記はスピーカーの出す音の音圧(音の大きさ)を縦軸にとって、どの周波数の音がどれだけ強く出ているか、を示したグラフが載っています。  オーディオでの理想的なスピーカーは、低音(低周波数)から高音(高周波数)までの範囲(帯域)が広く、帯域全体にわたって均一な周波数特性を持つものです。周波数特性図で描くと、「広く平らな特性」です。実際には、このように凸凹や、低音、高音が低下してしまいます。    ↓ http://www.mx-spk.com/spk-measure.htm  こういった周波数特性、周波数スペクトルは、実際に出ている「音」の波形をフーリエ変換することで求められます。  下記のサイトの絵にあるように、複雑な音の波形(時間変化)を、正弦波の重ね合わせに変換して、個々の正弦波の大きさ(係数・強さ)を、その正弦波の振動数(周期)の関数として表わす、といった変換操作です。    ↓ http://www.ne.jp/asahi/shiga/home/MyRoom/highlimit.htm  この変換操作が、フーリエ変換なのです。  物理的には、生の波形から、周波数成分の大きさを抽出する、といった操作です。  こういった「物理的な概念」を理解すると、数学的に何をしているのかのイメージがつかみやすくなると思います。  ご専門が「フーリエ光学」という「光」のようですが、「光」も「音」と同じ波動現象ですから、意味合いは同じだと思います。  いろいろな振動数の混じった光波から、振動数成分を抽出する、どんな周波数成分をどの程度の強さで持っているか、ということを調べるという操作です。対象とする光を分析する一つの手法・手段ということです。  同様に、電磁波、固体振動など、振動現象であれば広く応用できると思います。  ちっとも正確で厳密な理解ではありませんが、概念はこんなものと思っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • usami33
  • ベストアンサー率36% (808/2209)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • フーリエ変換:実空間と逆空間の対応について

    実空間をフーリエ変換すると逆空間になります。逆空間では逆格子ベクトルというものがあり、これが小さい時は実空間においてはかなりの大きなベクトルに対応するらしいです。すなわち、実空間で大きな範囲は、逆空間では小さな範囲に対応しているようです。これらを理路整然と説明して頂きたいです。  また、実空間と逆空間を関係付ける式もあれば示して頂ければ、納得します。

  • 物理学科と応用物理学科

    早稲田大学の理工学部には物理学科と応用物理学科がありますが、公式webサイトの学科紹介の説明を読んでもよく違いが分かりませんし、カリキュラムを見てもあまり大差ないと感じました。二つに分ける必要はあるのでしょうか?また、それなのに物理学科のほうが応用物理学科より入試のレベルが若干高い(予備校の偏差値や合格最低点から判断)ようで、これはたぶん物理学科のほうが受験生から人気が高いのが原因だと思うのですが、物理学科にはどんな魅力があるのですか?ご存知の方がいらしゃれば、是非教えてください。

  • すいません!もうひとつだけ筆問!

    またまた早稲田大学理工学部しかも応用物理学科と物理学科についてのことなんですが、今年の一般入試における得意科目選考の合格者の人数は 物理学科:11名 応用物理学科:2名 と物理学科が圧倒的に多いのですが(昨年度も同じくらいでした)、これはどのような解釈ができるのでしょうか?

  • 高校物理教員になるための学科

    こんにちは、質問させてください。 高校物理の教員になりたいのですが、 物理学科と応用物理学科 上の二つでは、どちらが物理教員に向いていますか?(言い方が少し変ですが) どちらの学科でも理科の教員免許が取れると思うのですが、 世間的にみて、物理学科出身者と応用物理学科出身者では、 評価の違いはありますか? 現在どちらの学科出身者が多いのでしょうか? あまり気にするところではないと思うのですが、 気になりました。 宜しくお願いいます。

  • 自己相関について質問です

    自分は今、パワースペクトルの逆フーリエ変換によって自己相関を求めています。しかし、期待していたような結果が得られなかったため、今度は定義式(実空間?)による計算をしてみろと先生に言われました。 そこで質問なのですが、上記の二つの計算にはどういった違いがあるのでしょうか?同じ自己相関を求めるのになぜ次は定義式による計算をしろと言われたのかがよくわかりません。 よろしくお願いします。 なお、パワースペクトルの逆フーリエのほうは確かめ計算で合っているのを確認したので期待した結果が得られなかっただけです

  • スピンとは

    自分で物理の本を読んでいると統計力学や固体物理などでスピンというものが突然でてきます。毎回面食らうのですが、物理学科だといつスピンといものを習うのですか?電磁気の本でも出てこなかったと思うんですが。

  • 弁理士になるための学科選択

    現在受験勉強中の理系の高校2年生です。 東大の物理学科(応用物理ではない)または数学科志望なんですが、 工学系でない理学部出身だと弁理士試験や、受かった後の就職や実際の業務で不利になることはあるのでしょうか? また有利になるような学部はありますか? 一応、絶対物理学科に行きたいと思っているわけではなく、 そもそも、進振りで物理学科は行けないかもしれないので 化学系以外でお勧めな学部を教えてください。(化学は興味が薄いので) ちなみに、ソフトウェア工学や計算機数学には興味はあります。

  • 応用物理とは

    物理が好きなので、物理学科に進学したいと思っています。 そこでよくわからないのが「応用物理」という分野です。 主にどのようなことを研究しているのでしょうか。 また物理学の「何」を「どこ」に対して応用しようとしているのでしょうか。 高校生でもわかる様な言葉で教えていただけないでしょうか。 そして、その分野で学ぶためにはどのような基礎知識が必要とされるのでしょう。 お奨めの参考書や、これを読むとよくわかるという本があったら教えてください。

  • 東京理科大 理学部第一部 物理学科 B方式入学試験

    一応、教科書問題を全て解き終わりました。 (国語・数学・英語・物理) そこで、思ったのですが東京理科大 物理学科の試験で応用って必要ですか。このまま教科書の基礎を固めて受かりますか。

  • 物理学科の学生は賢いですね

    僕は建築学科の学生なのですが物理学科の学生に建築構造力学の不静定構造モーメントの問題やマトリクス解析などのみんな苦労する問題を見せました。彼は悩むどころかスラスラ解いて8割あってました。彼は物理の力学より簡単だな。俺たちは力学のプロだからこれぐらいの問題解けて当たり前だよ。といわれて赤っ恥かいてしまいました。教授は物理の力学を応用したのが構造力学だといってたので物理の力学のほうが簡単だと思ってました。物理学科の方は構造力学や流体力学や土質力学の参考書を見てすぐ理解できるものなのでしょうか?