• 締切済み
  • 暇なときにでも

ホームページかウエブサイトか

 以前から目にしてはいたのですが、今回の日本の官庁の「ホームページがハッカーに侵入された」という報道に対して、「ウエブサイトがクラッカーに侵入された」と言うべきという意見を見かけます。  そこで、ホームページとウエブサイトのそれぞれの意味、語源。誤用がこれほど広まった理由(誤用とされるホームページという言い方のほうが大勢ですよね)。英語圏での現状について教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.15
noname#151056
noname#151056

ハッカー&クラッカーについてですが、参考資料に挙げた場所が なかなかおもしろい文書がそろっていますよ。 また、No.2で挙げた「home page」の意味の(1)はWWWの考案者の弁によるもの ですので確かです。(情報元の場所を忘れてしまいました。ごめんなさい) しかし(1)の意味よりも(2)の意味のほうがはるかに普及しているのも事実です。

参考URL:
http://www.vacia.is.tohoku.ac.jp/~s-yamane/hackersML/papers/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.14
  • kamuy
  • ベストアンサー率32% (51/156)

ちょっとした例を思いつきましたので、読んでみて下さい。 例 -- 本来の言葉 -- 誤解されている使い方 という形式で書きます。 piccoli様宅の全体 -- webサイト -- ホームページ piccoli様宅の玄関 -- webサイトのトップページ -- ホームページ piccoli様宅の部屋 -- webサイト内のページ、webページ -- ホームページ piccoli様が目覚めたときに最初に見る風景 -- home page -- ホームページ 例えば、ワンルームの下宿部屋で、風呂・トイレは共同で、 扉をくぐると中が全て見えてしまう、というような場合で、 更に、その部屋で寝起きしている人からすれば、 上記の「全てホームページ」という状況は当てはまると考えられますが、 実際はそうではなく、全てが別々に分かれているわけですよね。 (私は寮住まいなので、実は「全てホームページ」なのですが(笑)) (詳細な言葉の意味については、NO.2,NO.3の書き込みを確認下さい) こうやって書いてみると、件の報道における表現の意味が 以下のように変なことになっていることが分かると思います。 1. webサイト自体へ侵入されたのか? 2. トップページへ侵入された(?)のか? 3. webページへ侵入された(?)のか? 4. webブラウザの初期画面へ侵入された(?)のか? 2.~4.である場合、「ページへの侵入」ってなんなのか? >「kaneto」様 参考資料、拝見しました。なかなか興味深いですね。 が、ちょっと気になる点が… 「参考資料」の欄のURLなんですが、複数ある場合、 そのURL同士がつながってしまうようですね。 まあ、文字列自体を コピー→一部削除 すれば良いんですが、 これもバグになるのかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.13
  • kaneto
  • ベストアンサー率50% (1/2)

●インターネット用語辞典<英語> http://www.netlingo.com/ で「homepage(home pageも同様)」検索すると http://www.netlingo.com/lookup.cfm?term=homepage <引用> The first or "front" page on a Web site that serves as the starting point for navigation. Where the site's information actually begins. Also known as the Welcome page. This should not be confused with a buffer page or splash page. >以下省略 <引用終わり> ●情報・通信辞典「e-Words」 http://www.e-words.ne.jp/ でホームページを検索すると <引用> 本来は、Webページの中で一番最初に表示されるページ(トップページ)のことを指す語だったが、日本ではWebページの同義語として普及した。 <引用終わり> それぞれ関連リンクも多数紹介してくれています。 >> 管理者です。 OKWebの主旨としましては、[質問に対して、「こう思う」、「ここをみたらこうだった」、「実際にこうのようにしている」などの"答え"が多数提示され、質問者がそれらを参考にして、質問するにいたった問題解決の糸口としてもらえること]です。 できるだけだされた答えに対して「それは違う、こうだ!」という議論を回答者さま同士でおこなうのではなく、だされた回答を質問者が見比べやすいようにしていただくようにしていただくと幸いです。

参考URL:
http://www.netlingo.com/ http://www.e-words.ne.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.12
  • kamuy
  • ベストアンサー率32% (51/156)

>「shigatsu」様 >このOKWEBでは充分ではないですか? このOKWebだからこそ、なんです。 以下、このツリーの内容から外れつつありますので、 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru_reply.php3?question_id=797 へ、書き込みます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.11
noname#151056
noname#151056

口をはさんでしまうようですが… 「ホームページ」は日本が産んだ用語だというのでしたら、それはかまいませんが、 「ホームページ ≠ home page」という意識くらいは徹底して欲しいです。 日本人だからいいじゃん、というのは通用しないのはわかりますよね。 なぜならThe Internetは日本に限ったものではないのですから…。 世界に向けて情報発信しているという意識があれば、おのずと「home page」 を全てのページという意味では使わなくなるはずです。 まさか、日本語が読める外国人はいない!と思ってる方はいませんよね?(^^; このOKWEBが日本外からのアクセスを認めてないわけでもないですよね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10

いつもぶり返し役ですいません。 kamuy さんのお考えはほぼ理解できているつもりです。完全に納得したわけではあり ません。完全に納得しなくても特に支障は無いと思っています。 しかし、用語としてのホームページというのは存在してるわけですよね?だとしたら 闇雲に「ホームページという言葉はNGだ」と決めるのは少々危険ではないでしょう か?更に、回答欄で間違いであると断言し、訂正を強要するのはちょっと・・・ TPOと言うんでしょうかね、質問者も自分の思いもよらないところをいきなり指摘 されて戒めのような回答をもらうと、それだけで「なんじゃここは」になるのでは? マスコミやメディアからのあおりでインターネットの世界に入りこむ人も少なくない はずです。というか今は大多数の人がそのようななりゆきで入っていると思います。 ということは、彼らにしてみればWWWブラウザで見える世界はすべて「ホームページ」 であるわけです。確かに正しい知識は必要ですが押し付けは良くない。 間違いならばなぜ間違いなのかを説明しなければ、相手も納得しないはずです。 だって初心者の見方の入門雑誌ではことごとくホームページって書いてありますもん。 勝てっこないですよ。ビギナーズインプリンティングとでも言うんでしょうかね? 確か私が「行動するべきでは」と言った手前なんとも心苦しいのですが・・・・ 訂正できるってことは、意味が通じているわけです。質問の意味が通じているならば このOKWEBでは充分ではないですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9
  • kamuy
  • ベストアンサー率32% (51/156)

>「yoh」様 >専門家は誤用を認めないと… むしろ、認める認めない、それ以前の問題、だと思います。 「prog001」様も仰っておりますが、例えば、 強力な技術を持つUNIXの技術者・プログラマーについては、 今なお「UNIX-Wizard」と称されるわけです。 また、伝説にさえなっているハッカーもいるわけです。 彼らは素人目にすると、まさに「魔法でも使っているのか?」というくらいの 技術を持つわけで、素人には理解不能であるという点においては、 魔法も技術も変わらないわけですね。 (あ、これって、現代の魔女狩りかもしれない…) そういう事情を知ってしまうと、とても混同出来るものではない、と。 >「まわし」と「ふんどし」 これはなかなか良いですね。 ただ、双方の持つ意味合いが、全く逆をいっていることを考えると、 「まわし」と「ふんどし」どころの騒ぎではないですね。 「ハッカー」と「クラッカー」の場合は。 >「prog001」様 >「たたき切る」「めった切りにする」 多分、これがそのまま語源なのでしょう。 つまり、コンピュータシステムを、自力でバラバラに解体し、 その中身を解析するわけですから。 しかも、物理的な解体から、OSのコアのバラしというソフト的なところまで、 全てやってしまうと云うとんでもない人もいるわけで、 まさに「めった切り」にする人ですよね。 んで、本来は、この「OSのコアのバラし」とかの行為をhackingと云うわけです。 そうそう、いい表現を思いつきました。 ハッキング 自力でシステムをたたっ切る。 クラッキング 既にある穴なり不具合なり(crack:ひび割れ)をほじくる。 しかも、自力で探すのでなく、人から聞いてやる。 という感じでいうと、どうでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • prog001
  • ベストアンサー率28% (13/45)

かつて、コンピュータに対して多くの知識や経験を持った人々 は「ウィザード」、「グル」、「マスター」そしてハッカー などの尊称で知られていたわけですが、その呼称を使うほとんど の人々がコンピュータそのものを愛する人々だったわけです。 しかし、今日においてはコンピュータユーザーのほとんどが コンピュータそのものを単なる道具(しかも異常に使いにくく 理解しがたい)としてしか見ておらず、一般人から見れば、 「こんなものをいじって楽しんでる奴等なんてちょっとおかしい 」なんて思われたりすることも少なくは無いわけです。 (たしかに「おかしい」人も多いけど(自分も含めて)) このような一般人のイメージからすればハッカーだろうが クラッカーだろうがきっと「やばい」ことをやって楽しむ ような反社会的な奴だろうな、ということで一緒くたにされ てしまったのではないでしょうか? (私は反社会的=悪であるとは思ってはいません。パーソナル コンピュータの思想も元は反体制ですし、最近ではThin Client などのネットワークを使った悪しき先祖がえりが見られますが。) 特にマスコミあたりの人々はきっと文系人間が幅を利かせているので 自分たちの仕事が脅かされているのと同時に「コンピュータは 人間をだめにする」的な警世的な意見を持っている人も多いのでしょう。 そのようなバックグラウンドを持っている上に急速なネット社会 の形成(と、いうか浮上)に知識が追いついていけない状況で 一般的に広まっていた用語をほとんどそのまま使いまわして しまっているのではないでしょうか? しかし、一般のマスコミよりもコンピュータ関係の雑誌などでの 誤用がかなり致命的ではなかったかと私は思うのですが、、、。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • prog001
  • ベストアンサー率28% (13/45)

辞書と言えばうちの辞書(学研のPCバンドル用のOEMのもの)では hackerについて 『コンピュータマニア,(特に他人のコンピュータに不法に侵入する)ハッカー.』 と言う風になっていました。 たしかに自分も5,6年前までハッカー=悪人的なイメージがありました。 いったいどのあたりからハッカーと言う言葉にネガティブなイメージ が着いてきたのでしょうか? hackと言う単語には「たたき切る」「めった切りにする」などの意味 があるので日本語的にはあまりイメージのよくない感じがしますが、 英語的にはどのようなイメージの単語なのでしょうか?

参考URL:
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/history.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • yoh
  • ベストアンサー率16% (2/12)

>kamuy様 >また、クラッカーに対する呼称を間違えているのは、 >国内に限らず、アメリカなどの報道にもあります。 ということは要するに専門家は誤用を認めないということですか? 今もめてるのはハッカーが世界的に見て日本独特の誤用だということじゃ なかったんですか?ずっとそういうことだと思い込んでみてました。 じゃあ「ハッカー」と「クラッカー」の関係は 相撲の「まわし」と「ふんどし」の関係に似てるんでしょうか? 映画「しこふんじゃった」でマネージャーが「ふんどし」というと 主将が「まわしだ」というシーンがあったような。 もしそうなら専門家ぶりたい私としては今日からきっちり使い分けます。 ちなみにホームページの場合は日本独特の誤用なんですか?

参考URL:
専門家ぶりたい素人。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 韓国語での홈페이지の意味

    日本語で「ホームページ」とは 英語のhomepageよりもやや意味が広がり、本来の ウェブブラウザを起動した時や、多くのウェブブラウザに存在するホームボタンを押した時に表示されるウェブページ だけでなく 「ウェブサイト」や「ウェブページ」の同義語として使われることが多いですよね。それで、韓国語にも 「홈페이지」という単語が借用されていますが、本来の英語の意味で厳密に使っているのか、それとも日本語のように少し誤用されている のどちらでしょうか?

  • in the Web site は間違い?

    [新TOEICテスト でる模試 もっと600問] 別冊 解答・解説 (3), P46, No.118 についての質問です。 Senior citizens may apply for a discount on public transportation __ the city's Web site. (A) over (C) in (D) on 問題集の正解: D 問題集の日本語訳: 高齢者は、市のウェブサイト上で公共交通機関の割引を申請できる。(原文まま) 問題集の解説: 正解は、「~で、~上で」 という位置を表す on。in や over でもよさそうだが、Web site とともに用いて、「ウェブサイトで、ウェブサイト上で」 とする場合には、on を用いることを覚えておこう。 意味不明です。辞書には前置詞の使い分けとして以下が記述されています。 over: (上方の位置)…から離れて上に(⇔under)(▼aboveで言い換えられるが,overは真上を表す) in: (場所・位置)…の中に[で,の] on: [場所の接触を表わして](場所)…の上[表面]に これらの情報から以下の結論になります。 ・over は、ウェブ サイトから離れた真上を意味するため不適切です。 ・in は、話者がウェブ サイトという場所の中を想像していれば適正です。 ・on は、話者がウェブ サイトという場所の表面上に接触した状態を想像していれば適正です。 今回の場合、話者の脳内想像は問題から類推できません。よって、on、in、の両方が答として適正です。よって、問題集の解説は間違っています。そもそも英語とは、自分の頭の中の想像を前置詞だけで自由に表現できる、とても便利で柔軟な言語です。"Web site の場合に限って絶対に on でなければならない" などという珍妙なルールは存在しません。 また、仮に百歩譲って正解が on だとしても、問題集は その理由を説明していません。これでは問題集として失格です。 質問としては、正しい選択肢は どれなのか、その理由は何か、を教えていただきたいのです。もちろん、問題集のような意味不明な説明でなく、出典や論拠を知りたい、という意味です。よろしくお願いいたします。 なお、英文が may なのに日本語訳が "~できる" と記述されているのは誤記と想定されます。正しくは "申請するかもしれません" です。 参考文献: http://dictionary.goo.ne.jp/ http://ejje.weblio.jp/ http://www.oxfordlearnersdictionaries.com/ http://dictionary.cambridge.org/

  • コンピュータ用語の危機

    「ハッカーがHPを不正書き換え」 やばいです。このままではおかしな用語が一般にどんどん 広まってしまいます。新聞やTVニュースを作ってる側は いったいどういうつもりで記事を作っているのでしょうか? 今回も文字化けを「意味不明の文字列」などと報道したり してマスコミ屋さんの知識のなさが思いっきり露呈しています。 このまま間違った知識が広まっていってしまうのでしょうか?

  • ヤフーの大量パスワード漏洩

    ヤフーユーザのIDとパスワードが、大量に漏洩したと報道されましたが… 仮にそのパスワードを他人に使用されたらどのような被害が 考えられるのでしょうか? 具体的にご教示頂けると幸いです。 またヤフーも含め、 IDやパスワードはハッカーの攻撃で簡単に漏洩してしまうので、 ネット上での電子決済は一度も行った事はないのですが今回の漏洩で、例えば、突然知らない請求書が来る事もあるのでしょうか? 個人的にセキュリティの構築はしてますが、ハッカーに狙われたら簡単にデータを、盗み取られるので怖くて電子決済は出来ません。 ましてや何をするにもユーザIDやパスワードが必要なので、それを覚えているのは不可能です。 定期的にパスワードを変更する等はやってますがあまりにユーザIDやパスワードの種類が多すぎて管理しきれないのが現状です。 皆様はどのように管理されてるか教えてください。

  • 辞書にない言葉なんですが

    「scammers」って言葉ですが語源は何から来ているのでしょうか? 最近よく目にするので辞書や翻訳ソフトなどを使ってみましたが意味がわかりません。 検索などで出てくる英語サイトをWeb翻訳しても「scammers」だけは変換されずに出てきます。 最近使われる俗語か何かなのでしょうか? ご存じの方がいましたら宜しくお願いします。

  • 接頭尾辞や語幹、もしくは語源から英単語を学びたい

    英語が特に得意でも不得意でもない、高校2年生です。 接頭語や接尾辞や語幹などの、 語源から英単語の説明をしている本などは無いでしょうか? 接頭語などの話は授業で何度か聞いたことがあります。 辞書を見ると、原義として、単語を分解して説明してあることがあります。 例えばordinaryは 「順序(ordin)の定まった(ary)→通常の、ふつうの」と書かれています。 orderの「順序」という意味から来ているのかな、などと関連付けると、 覚えやすいし、英語って面白いなと感じます。 辞書として使えるものがいいとか、これで大学受験の勉強をしたいとか、 そういった目的ではなくて、単に、語源が面白く知りたいと思っています。 (別にそれが辞書代わりになったり、 大学受験に使えたりしたら、それはそれでさらにいいのですが。) 語幹などの説明が充実している単語帳でも、 語源や接尾辞・接頭辞を扱った英語の本でも、 本でなくホームページ等でも良いので、 なにか良い情報があったら、教えていただけないでしょうか?

  • 操作中、突然青い画面いっぱいに英文が出現、操作不能

    Win 7、IE10のノートPC(VAIO)、ウイルスセキュリティZEROを使用しています。操作中に突然青い画面いっぱいに英文が出現することがしばしばあります。原因不明で、ウイルス?ハッカー侵入?ではないかと危惧して直ぐに Ctrl+Alt+Delete を指で抑えて電源ボタンを押し、画面を緊急消去します。また、私は英語の翻訳に弱いので、画面に表示されている英文の意味を理解出来ていません。 (Q1)このようなことが度々発生する原因を知りたく思います。(Q2)このようなことが発生しない対策、方法を具体的に教えて下さい。

  • 東日本大地震大津波で。

    昨夜のNHKの東日本大地震津波の報道番組で山田町の避難している避難所が津波に襲われ、避難したにも関わらず大勢が無くなった事を言っていました。 何故過去に此処まで津波が来たと言う記録があるのに津波が到来する所を避難所にしたのでしょうか。今回の被害は過去の教訓を生かさずの被ったものが多いようです。 過去の教訓を忘れず被災するのは今後どうすれば良いのでしょうか。 住居の高台移転も反対者が多くて進まない現状ですが、過去の災害の教訓を生かしていくにはどうすれば良いかお教え願います。

  • 『スーパーナチュラル(Super Natural)』という表現について

    『スーパーナチュラル(Super Natural)』という表現について教えてください。 この単語は直訳すれば『超自然』ですが・・、日本語ではオカルト的な「超自然現象」といったニュアンスで使われたり、片や「すごく自然に」といった表現で使われたり・・。 この辺り、実際に英語圏ではどのような用法をされているのでしょうか? 現代の英語表現事情や、この言葉の語源、用法の移り変わりについて意見を聞きたく、こちらのカテゴリにしました。 さて、事の発端は海外ドラマの『SuperNatural』です。 こちらはオカルト的内容なので、表題も「超自然」「この世ならざる」といった意味と分かります。 一方で、この言葉でググってると『Super Natural Makeup』という表現も散見される他、 カタカナ語でも「私のお化粧はスーパーナチュラルメイク派なんだよね」といった文を見かける訳です。 どちらも言わんとしてる事は分かりますが、はたして正しい用法はどちら? っと疑問が・・。 日本的に言うところの「同音異語」ととらえるべきか、どちらかを誤用法と捉えるべきか・・? くだらない疑問ですが、専門家のご意見をお聞かせ下さい。

  • 評判のよいホームページ・Website

    インターネット広告の研究をしています。 企業のホームページ・Websiteのランクを公表しているサイトや雑誌をご存知でしたら教えて下さい。 既存の広告では、新聞社や広告会社で表彰をしていますが、ホームページ広告についてのリストはないのでしょうか。 アメリカには Lycos5%というのがあるそうで、日本にも 同じような、利用者から見たよく出来ているホームページのリストを探しています。