• 締切済み
  • すぐに回答を!

選挙関連

選挙運動期間中に候補者支持企業が、運動資金不足を補填するための金銭供与、候補者の個人的なしゃつさの返済に関わることは、違反てしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数59
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#235638
noname#235638

それは 当選が目的 とダイレクトに判断されるために 違反です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

個人的な借金のは返済されたそうです。

関連するQ&A

  • これって公職選挙法違反?

    私が実際に見かけたのですが。 今まさに行われている地方議員選挙の候補者が、食事休憩の為か、名前の入ったタスキをかけ、 白い手袋をして、支持者を連れてファミレスに入店、支持者の一人は候補者の名前がはいった のぼりを持っている。 候補者はテーブルに着くとタスキを掛けたまま店の奥にあるトイレへ、自ら声は掛けないまでも、店内をきょろきょろ して、候補者の顔を知っている利用客から声をかけられると、そのテーブルに行き。 握手をしながら『お願いします。。』みたいなあいさつ。 トイレをすまして、テーブルで食事を始めても周りをきょろきょろし、面識のある人が店に入ってくると またも『お願します。。。』みたいな挨拶をしていた。 これって公職選挙違反ですか?モラルの問題ですか?それとも何の問題もない選挙運動でしょうか? ちなみにファミレスのスタッフは迷惑そうな顔をしてましたが、責任者が『ほっといていい』 と小声で言ってました。

  • 選挙違反?

    町議員の選挙運動初日の日にお酒2升を持って行きました。地元の候補者なので軽い応援のつもりで届けました。しかしこれってまずいことなのでしょうか?

  • 選挙日の選挙運動は、ダメなんですね

    選挙運動をするのは、告示日から選挙日の前日までとあります。 しかし、選挙日にも、いろいろ訴えてたような気がするんですが、連呼行為ならOKだったんでしょうか? 候補者が、名前入りたすきをかけて、普通に買い物をするのは違法でしょうか? 時間外(8pmから8am)だったらどうでしょう?

  • 選挙公示後の候補者の報道

    最近、選挙公示後に普通の候補者の名前・顔・選挙活動が報道されるようになりました。 多分、以前は個人の候補者はこのような報道はさせれず、党首の街頭演説のみであったと記憶しています。 間違っているでしょうか。 個人候補者が特に某国営放送で報道されると、選挙に有利になるからです。選挙運動が公平ではなくなる。

  • 選挙期間中における政党・候補者への誹謗中傷

    今現在参議院議員選挙が行われています。 ネットでの運動が解禁されたとのことですが、何が合法で何が違反なのかよくわからないところがあります。 しかし、ネット選挙以前であっても政党・候補者への誹謗中傷は選挙違反として取り締まられてきたはずです。例えば、ある政党に対する誹謗中傷のビラがまかれた場合、選挙違反とされてきたはずです。 ネット選挙となった今現在であっても、政党・候補者への誹謗中傷は選挙運動違反として取り締まられるはずです。 そこで、法律上お伺いしたいのは次の点です。 このサイトにも質問を装って、政党・候補者への誹謗中傷の質問・回答・お礼が散見されます。 選挙運動違反として処罰対象になるのは誰でしょうか? このサイトの管理者は処罰対象になるでしょうか? 政党・候補者への誹謗中傷の質問・回答・お礼を行ったIDの持ち主は処罰の対象になるでしょうか? 蛇足: どの政党・候補者を応援しようと自由ですが、誹謗中傷などではなく、この経済政策を支持するからとか、原発に対するこの方針行動に共感するからとか、正々堂々とした対応をしたいものです。

  • YouTubeと選挙運動

    アメリカ合衆国大統領選挙において陣営関係者ではないモデルの方(通称オバマガール)が民主党のオバマ候補を応援する動画がYouTube上で話題になっていますが、インターネット上での選挙運動を禁止している日本でこれと同じことをすると候補者(オバマガールの動画でオバマ候補に当たる人物)は公職選挙法違反に問われるのですか?

  • 選挙違反について

    選挙の告示期間中に他人の肉声のテープを勝手に使い 候補者を応援しているような印象を与える行為は公職選挙法に 違反しますか? 教えて下さい。

  • 選挙違反について

    選挙の告示期間中に他人の肉声のテープを勝手に流して 候補者を応援しているかのように誤解させる行為は公職選挙法に 違反するのでしょうか? 教えて下さい。

  • 選挙 〇〇さんからの紹介

    選挙事務所から「〇〇さんの紹介で~」と選挙運動の電話がかかってきました。 〇〇さんが私達夫婦の連絡先を記入したのだと思います。 この紹介ってのはどういう紹介なのでしょうか? 「有権者」として「支援者」として? 実際のところ電話がかかった選挙事務所の候補者を全く指示してません。 夫は「講演や署名活動?など選挙運動に関わるな」と職業からか職場から言われてるそうなんですが・・・ これって紹介を受けたことは大丈夫なんでしょうか?

  • 【名古屋市長選挙】公職選挙法違反、大丈夫?

    前略  名古屋市長選挙が本日行われていますが、節々に公職選挙法ギリギリ の選挙活動を行うなぁ、と思われる候補者が続出しているのですが、 要するにギリギリだったら良いのですよね?公職選挙法に反し なければ、ギリギリだったらそれらの行動はおこなっても良いの ですよね?思うところお書きください。  私は節々で、ギリギリの選挙活動を候補者は行っているけど、 もしギリギリの一線から飛び越えていたらどうしたものか、と、 色々考えさせられるのですが・・・。  Wikipediaより公職選挙法に違反する行為を以下に列挙します。 どの候補者もみんなこれ守れているかな?思うところ お書きください。一線超えた候補者の行為があったら気になるので それも教えてくださると幸いです。まぁ、そんな事は無いか。 正しい選挙が名古屋でおこなわれていますよね??教えてください。 Wikipediaの情報は2013年4月21日現在の情報です、なお法律を正確に 反映させた情報とは必ずしも言えないでしょう、皆が情報を提供しあって 情報をまとめあげたサイトですから。 ■公職選挙法に反する行為一覧■ 【自由妨害罪】 候補者のポスターを剥がす、いたずらをするといったポスターへの 棄損行為や候補者への暴力行為。2010年の参議院選挙では前原誠司 国土交通大臣が演説中に有権者から投石を受けた事例や、長崎市の 市長選挙では立候補した前市長が銃撃され死亡するという事件も 発生している。 【買収】 金品で有権者に投票を依頼する、または取りまとめを依頼するなどの 行為。「金権政治」となってしまうため、禁止されている。法律上、 現金でなくても、缶ジュース1本でも買収は成立する。 【事前運動】 事前運動を行うと、選挙期間が無制限となり多額の費用がかかるので、 禁止されている。しかし2009年の総選挙では選挙公示前に候補者が 候補者名ではなく「本人」というタスキを付けて活動を行う現象が 起きたがこれは選挙違反には当たらないものである。 【戸別訪問】 買収に結びつきやすいとされ、以前は逮捕事件も起きている為現在は 禁止されている。しかし、対話により直接政策を知り、深める手段 として、解禁を求める動きがある。 【人気投票の公表】 人気投票の方法が必ずしも公平とは言えず、その結果によって 有権者が影響されたりすることを防ぐため禁止されている。 新聞社等が行う世論調査は調査員が被調査員に面接して調査をした 場合に該当し、人気投票には当たらないとされている。 【特定公務員の選挙運動の禁止】 特定公務員は選挙運動に参加することは禁止されている。 なお、特定公務員に限らず公務員(議員などを除く)が、公務員 として選挙運動を含めた政治的行為を行うことは、国家公務員法及び 地方公務員法などにより禁止されており、地位利用の有無に関わらず、 法令に違反する行為となる(但し、一個人としての選挙運動は個人の 自由であるため、一部の運動を除き認められる)。 【地位を利用した選挙運動の禁止】 一定の公務員や教育者は地位を利用した選挙運動をすることが 禁止されている。 【不特定多数への法定外文書図画の頒布】 野放図な宣伝費をかけないようにするために、このような制限が 設けられている。しかし、インターネットが発達し、多数の人々が 瞬時に情報に触れることができる現代においても、インターネットや メールによる候補者の情報発信(ネット選挙)は公示後から投票日 まで制限されている。このため、多くの政党や候補者のサイトは、 法律に抵触することを防ぐため、選挙期間中は更新しないなどの 措置を取っている。近年ではブログやツイッターなどを行う候補者も 珍しくないが、選挙期間中はこれらの書き込みも停止されることが ほとんどである。 ただし、そもそも公職選挙法にこのような条文が制定された時代は インターネットの発達を想定しておらず、これほどインターネットが 発達した時代にあって、この制限は有権者の情報取得を阻害している 欠陥にもなっており、改革を求める意見が高まっている。 インターネットでの選挙運動が禁止される一方で、電話やはがき、 新聞広告などでの選挙運動は合法であり、法律の矛盾が指摘 されている。 比較的安価で自らの主張を発信できるインターネットは、知名度や 資金力に乏しい候補者にとっては有用な手段であるため、 インターネットの制限は多様な人材の政治参加を妨げているという 批判もある。しかし一方で、ネット上では「なりすまし」などが 容易に行なわれることから、悪質な選挙妨害に利用されかねない として、全面的な解禁には慎重な意見もある。現実に、 ツイッターでは、有名人などになりすまして、さも本人であるかの ように書き込みを行う事例も報告されており、選挙に悪用される 可能性も否定できない。 インターネット上での投票呼びかけなどの選挙運動はできないものの、 ウェブサイトなどでプロフィールや政策に関する意見を述べたりする ことは選挙運動とは異なるため、基本的には制限はなく、その範囲で ならば選挙期間中もサイトを閉鎖したりする必要はなく、有権者は 自由に閲覧することができる。近年では多くの政党や議員が ウェブサイトを開設しており、多くの有権者がそれらを情報源として 活用している。 2009年9月に、民主党を中心とする連立政権が発足した。民主党は インターネット使用の制限の大幅な緩和に積極的な姿勢を見せて いたが、法的には何も変えることができず2012年11月に国会は解散し、 2012年12月、再び政権交代を迎えることとなった。一方で同党議員の なかには「見切り発車」とマスコミから指摘される中で、完全に 合法と称して強行する議員も出た。 【投票干渉】 企業、業界、宗教団体、福祉施設などにおいて特定候補者への投票を 誘導する行為。経営者や職員らが利用者の特定候補への投票を 誘導する行為が行なわれることがあり、逮捕された事例も多く最近は 増加傾向にある。事例としては特定の業界が支援する候補者への 投票依頼、宗教団体による特定候補者への投票依頼やそれらを 遂行するための投票監視などがある。近年の選挙では自らの判断で 投票することが難しい知的障害や認知症を持つ人が利用する施設に おいて問題となることが多く摘発された事例も少なくない。2001年の 参議院選挙では創価学会が認知症の人間を投票所へ連れて行き ある特定の候補者のみの名前を書く練習をさせたり、名前の書かれた メモを渡す、代理人が本人の意思と称し特定候補者への投票を 行おうとしたとして5件の選挙違反が摘発され、複数の学会員が 逮捕された。2010年の参議院選挙でも同様のケースで2件の選挙違反が 摘発された。                               草々