• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

少年法は廃止すべき

クズはどう足掻いてもクズ。少年だろうが死刑はきちんとすべき 未成年が少年法があるのを理由に犯罪を平気でする時代です。なくなって欲しいです。 少年法はもう存在理由がわかりませんね。 友達だった人間を複数人で虐殺するような連中に更生のチャンスなんてあるわけないでしょうに。 少年時代に犯罪を起こした人はまだ厚生の余地があるからって言われていますが、 犯罪を起こす人たちはもう根っからの犯罪者なのです。 同等に刑罰を与えるべきですよね?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数209
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

子どもが犯罪を犯すように育つのは社会と大人の責任です。 社会とは私もあなたも含む大人全員です。 例えば大人が信号を守らなければ子どもはそれを見て守ろうとするでしょうか? あなたのように自分は全く関係ないと思い込んでる無責任な社会人があまりに多すぎるため子どもは心身ともに漂流するのですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >子どもが犯罪を犯すように育つのは社会と大人の責任です。 現代は 子供が大人びて、大人が子供じみて、子供と大人のボーダレス化が進んでいますね。

関連するQ&A

  • 少年法を廃止したら

    昔は犯罪とか犯すなら少年法の範囲でというのが考えでしたが。 今は単に加害者を保護するというのが法律の前提になってるので しかも、気に食わないから虐めるとかいうのが多くなったので 少年法を無くせばというのもいいですが、大人顔負けの犯罪を 犯したら大人と同じ刑罰を与えるといったほうがいいように思えます。 実名で公表。初犯の万引きとかは守られるけど複数回とか誰かがやらせているとかだったら 少年法の適用としないとかね。 みなさんは どう思いますか?

  • 少年法

    少年法を厳罰化するよりなくす方が良いのではないでしょうか? 少年だからといって欲望の赴くまま人を騙したり、奪ったり、傷害を加えたり、殺害までこなす獣達に更生の余地など考える必要があるんでしょうか? 多くのメディアでは厳罰化するということでさえ『死刑のある国とない国を比較しても凶悪犯罪率に変化がないんだから厳罰化の意味はない』と言ってます。 そして『むやみに罰を重くしたら更生の余地を奪いかねない』と言います。 何故、殺人などの凶悪な暴力により傷ついた被害者の心情を慮らないのでしょうか? 死人は永久に黙ってるから無視していい、殺人者でも生きてる命をより大切にしたいとか本気で思ってるんでしょうか? 自分としてはやむをえない状況とかだったなら更生の余地を議論してもいいのでは?と考えます。 凶悪犯罪を犯した悪魔達は少年だろうと大人だろうと健常な臓器を取り出して移植に回す献体としてもいいのでは?とさえ残虐にも考えてしまいます。 まともに教育を受けている日本人なら凶悪な犯罪など犯しにくいと思ってます。 こういう生粋の日本人なら罰の軽さゆえに犯罪を犯す犯罪者達に襲われたくないと考えたことがあるんじゃないでしょうか? 自分は犯罪に巻き込まれないか不安はあります、厳罰化に意味がないと言われようが恨みを買わないように生活してれば厳罰化によって少しは安心して暮らせます。 厳罰化は感情や欲望で歯止めがきかず犯罪を犯すものは別として組織的に凶悪犯罪をしてる連中への牽制にはなると思いますし。 いつの日か自己の欲望のために犯した凶悪犯罪者たちなんか即決裁判で即刻死刑にするようになってほしい。

  • 少年法は必要ですか?。

    皆さんは少年法は必要だと思いますか?私はいらないと思います。少年の将来の更生の弊害にならないようにというのが存在意義ですが、私は川崎の中1殺害事件の加害者が更生し社会復帰できるとはとても思えません。成人の犯罪者でも、刑期を終え出所し真面目に働いてる人もいるのですから、少年だからといって、顔や名前を公表すると社会復帰が妨げられるというのはおかしな話です。事件性のない犯罪ならそもそも報道すらされないでしょうし、したとしてもいちいち国民は覚えていません。なので少年法はいらないと思います。皆さんはどう思いますか?。 ※一番かわいそうなのは被害者ですよね。何も悪いことしていないのに、たちの悪い人間に目を付けられ、殺された挙句、名前と顔写真公表の上、その家族は死ぬまで好奇の目で見られるのですから。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

>少年法は廃止すべき 廃止ではなく、年齢を10歳に下げるべきでしょうね。日本では歴史上15歳(?)で元服して成人として扱われていたが、実際には、子供は、子供として扱われていたようですね。つまり、社会的には、独立して、結婚して初めて一人前の社会人扱いされたわけで、その見守り方は、今と変わりがないように思えます。 例えば、武将として要所をまかさせられたか? とえば、歴史上なかったと思います。少なくとも初陣は、無難なところをまかされたかと思います。そうなんです、サポートに強力な武将を付けて、守っていたわけです。 現代も同じだと思いますが。 11歳以上15才までを強制教育期間として、人間としての生活を再教育にあてるべきです(親から切り離す)。それ以上の年齢は、現在と同じで、少年法か刑法かを裁判所が扱えばいいのです。 >う根っからの犯罪者なのです。 それは、教育によって大きく変わる年齢を判断する必要があります。 例えば、男性なら通称: 立ちしょん(道端で公共又は他人の土地でトイレでもないのでおしっこをすること)を、いつからしなくなったのか? と質問すると、以外に小学生の低学年までの方がおおいです。 もちろん、大人になってやったかたもいるかと思いますが、その場合、やむなき理由がある時が多く(広い農地等)、ほとんどが、コンビニや、スーパーなどのお店等、すべきところまで我慢しています。大人になると肉体的に我慢できるようになるためです。 そう、精神的に、肉体的に我慢できるように、発達するわけで、犯罪は、多分に発達障害が含まれています。その辺を区別しないといけないですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

質問者からの補足

>元服して成人として扱われていたが、実際には、子供は、子供として扱われていたようですね。 昔は今よりも平均寿命も短かったし、早く大人になる必要がありましたからね。

関連するQ&A

  • 少年法はどうして必要か?

    昨今の少年犯罪を見ていると目に余るものがあります。大人顔負けの凶悪な犯罪も少なくありません。 しかし、しかし、そんな犯罪を犯した少年も少年法に守られて、成人に比べると罰則が非常に手緩いです。その為に、殺人事件なんかだと、被害者遺族は余計に無念が大きくなることは容易に想像できます。 しかし、刑罰と言うのは 悪いことをしたらそれなりの罰を受けるということにあると思うんですが、 犯罪を犯す少年だって、善悪の判断はできるだろうし、成人と同等の罰を受けるのが筋だと思うんです。 少年を甘やかすから つけ上がるんだと思います。 極端な話、9歳の少年が放火をして3人以上が死亡したら、死刑にすべきだと思います。 ただ、私は高卒で素人の感情論でしか物を語れないない馬鹿ですが、法律に詳しい有識者の方々は 少年法をどのように解釈しますか? また、少年法を撤廃したら どのような弊害が起きますか? なお、この質問は同調の意見を集めるものではありませんので、ぼくの考えに間違いがあったら、 容赦なくご指摘ください。

  • 少年法で守るべきは

    少年法で守るべきは、精々頑是無い子供のいたずら程度のモノ、万引きとかスカートめくりとかに限定すべきだと思います。 この程度であれば、お灸を据えれば十分更生の可能性があるからで、徒に将来を戒めるべきではないと思います。 逆に、凶悪犯罪には少年法の規定を適用すべきではないと思います。こういう奴等は、罪を軽減してみたところで更生の可能性が低く、また社会への迷惑の量も半端無いからです。 量刑が懲役以上(執行猶予含む)の場合は、少年法による保護の対象外で良いと思います。 みなさんは どう思いますか?

  • 少年法について

    現在の少年犯罪の低年齢化に伴い、少年法の刑罰、または少年院送致の年齢の引き下げの是非について意見を聞かせてください。できれば、YES or NOではなく立論でお答えください。お願いします。

  • 少年法について質問

    少年法について質問 過去幾多の殺人犯が少年法で護られ 短期間服役の後に出所している現状 殺人犯は戸籍を変え氏名も変え 普通に一般人として生活している これで本当に良いのだろうか? もし自身の家族が殺害されたら? どう感じるのだろうか? 日本は少年少女の犯罪に甘い 少年法を撤廃して死刑適用も 考えるべきと感じている 世の中の記憶から薄れた感じの事件 女子高生コンクリート詰め事件 加害者である少年達は既に出所している 遺族よりも更正が勝つのだろうか? 殺人を犯した犯罪者は例え少年少女で あっても絶対に許されるべきでは無い 人を殺したら自身の命で償うのが道理 少年法の撤廃が難しいのなら 少年法の厳罰化は否めない そもそも少年少女の殺人事件を 家庭裁判所で審議する事自体が 間違っていると思う 殺人犯なのだから刑事事件として 通常裁判で審議し裁かれるべき 少年少女の殺人事件が無くならない のは大人達が敢えて抜け道を造って いるのが問題で殺人=死刑になる事を 徹底的に学校等で教えるべきと思う 少年法必要ですか?

  • 少年法は無くすべきだと思いませんか?

    先ほど、川崎の殺人事件のニュースが流れていました。きっとこのあまりに酷い高校生たちも、少年法で守られるのだと思うと、反吐が出る気分です。 なぜ少年法なんてものがあるのでしょうか。子供だろうが大人だろうが、「人を殺した」「犯罪を犯した」という事実は一切変わりません。それなのに、なぜ大人と子供とで処分が違うのでしょうか?殺された子供の親の方が、気の毒で仕方ないです。 少年法は廃止すべきだと思いませんか?犯罪を冒した人間を守るべき理由なんて、何一つ無いです。ましてや殺人なんて…到底考えられません。 皆様の意見をお聞かせください。

  • やっぱり少年法を廃止したほうがいいですよ。被害者に

    やっぱり少年法を廃止したほうがいいですよ。被害者に対する賠償金が支払われず、結果として逃げ得になってしまい、短期で出所してきます。それを防ぐために私は提案します。 ・代執行制度を導入する ・加害者に多額の生命保険をかけて死んでもらう ・不足分は国が補い、加害者は死刑(殺人と致死と未遂の罪に限定) ・遺族が加害者に対する殺害、つまり仇討ちを許可する。その際、遺族に支払われる賠償金が半減される 賠償金未払いに罰則を設けなかった国の責任でもあります。殺人などの犯罪を犯した少年達を野放ししてきた代償です。特に国は代執行制度に消極的です。 これで少年法問わず全ての犯罪を抑止できるでしょう。 みなさんのご意見をお聞かせください。

  • 少年法廃止に賛成ですか?

    少年法廃止・刑事処分の年齢を引き下げの声が出ていますが、皆様はどう思いますか? 私の考えは、 少年法はあって良いと思います。ですが、今の少年法はあまりにも甘すぎるとは思います。 年齢が上がるに従って、権利も認められる・その代わり、責任も重くなる。 子供は、物事の分別が付かないから、知らない事が多いから、認められている権利は 少ないが、その分、責任は軽い。 これは、凄く当然の事だと思うのです。 長崎の事件は犯人が12歳だった事から、刑事処分は12歳以上に引き下げるべきだと 言われていますが、今回の犯人が、もしも8歳だったら、8歳以上に引き下げろと 言うでしょうか? 私は、20歳だったら許されない事でも16歳なら許される事があっても良いと思います。 16歳だったら許されない事でも12歳なら許される事があっても良いと思います。 結論として、同じ事をしても、年齢によって、刑罰の差はあっても 全然良いと思います。例え、凶悪犯罪であっても。 今の未成年に対する刑はあまりにも軽いので、これはもっと重くしても良いと考えますが。 ただ、被害者の家族の言葉を聴くと、とても今まで書いてきた事は思えなくなってきますね。 加害者が誰であれ、自分の大事な家族を奪われた訳ですから。 もしも、自分の家族が被害者にあったら、とてもこんな事は言えないと思います。 が、自分なりの客観的な意見として述べさせて頂きました。 良ければ、皆様の意見もお聞かせ下さい。

  • 凶悪犯罪に対して少年法適用に反対

    凶悪犯罪に対して少年法を適用するのは私は反対です。 被害者にとって犯人が少年か大人かなど関係ないからです。 重い罪には重い罰を与えるのが自然だと思います。 ただ、軽犯罪に対しては少年法も必要な気がします。 軽犯罪に限って更生をはかるべきであり、凶悪犯罪は 少年であっても更生ではなく、大人と同じように罪を 償うべきと考えます。 そうでないと被害者やその家族は浮かばれません。 現在の少年法は犯罪者の為に作られていると思っています。 法律は弱者・被害者の為に必要なものであり、強者・加害者 の為ではないと確信しています。 何か問題点はありますか?

  • 少年法・・・。

    少年法・・・。 どうして日本は未成年者を庇うんでしょうか?20年程前の『コンクリート女子高生』をご存知の方は分かると思います。あの事件の犯人は当時、未成年という理由なだけで未だ生存して出所済みなんですよね?あれがどうも納得出来ません。彼ら(犯人)はあの事件の後、何度も殺人を繰り返していると聞きました。それでも未成年ということからやはり懲役何年で済まされるんですよね?彼らじゃなくても、今、未成年の犯罪は絶えません。それでもこれから先、『少年法』が改善されることはないんですか?また、未成年者の犯罪の罪を軽くすることでなにかメリットはあるんですか?

  • 少年法の厳罰化

    私は少年法の厳罰化には大賛成です。 未成年だからと甘えたことをぬかす連中をこれ以上 のさばらせるのは愚の骨頂です。 悪いことをしたら大人と同じ罰を受ける。 前科が残って、まともな暮らしもできない。 この条件で、少年犯罪は間違いなく半減します。 飲酒運転に対する厳罰化で、飲酒運転は激減しました。 昔は、ゴルフして一杯飲んで運転して帰るのがふつう だったそうですが、そんな人も見なくなりました。 厳しい罰則があれば、人間悪さはしなくなるものです。 職場のセクハラを見てもわかりますよね。 話は戻りますが、日本の少年法の問題点は、法律が加害者の立場に立って 作られている点です。 凶悪な犯罪の被害者にとって、加害者が大人か少年かなど 何の関係もありません。 少年だからと刑を軽くするのは、偏った法律だと思っています。 よって少年法の厳罰化は当然であり、被害者や被害者親族の 気持ちに沿ったものだと確信しています。 教育などで少年の凶悪犯罪が少なくなる事は無いでしょう。 むしろ少年の凶悪犯罪の罰を軽くすることで、より増えていく のが、犯罪先進国のアメリカで証明されています。 そしてアメリカでは少年犯罪の厳罰化が増えています。 欧米の長年の研究で100人中4人ぐらい、良心を持っていない 人間の存在が証明されました。 良心の無い人間に教育で良心を持たせる事は不可能でしょう。 それよりも凶悪犯罪を2度起こさせないような法律が 必要な気がします。 実際に殺人で服役後、出所してまた殺人・殺人未遂を犯した例が 幾つもあり、少年犯罪でも同じ例があります。 ぼくは高卒で感情論でしか物事を考えられない馬鹿ですが、有識者の皆さんは、どう思いますか?