• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

HDDなのにファイルコピーが500mb/sで即完了

  • 質問No.8410076
  • 閲覧数309
  • ありがとう数19
  • 気になる数0
  • 回答数8
  • コメント数0
windows8に初期搭載されてるエクスプローラのファイルコピー画面ってあんまり正確ではないんでしょうか?
少し待ってからUSB取り外しの操作をしたほうが妥当でしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.7
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 45% (2709/5974)

コンピューターの非常に多くの場所で、バッファリングやキャッシングという手法で
ボトルネックを解消するように設計されています。

CPU内の処理速度に対して、システムバスやメモリーの速度は10倍以上違いますし
HDD用のバスはそれより大幅に遅く、USB2.0などは著しく遅いデバイスです。

ですから、CPUにはL1キャッシュやL2キャッシュがありますし
HDDはプラッターとインターフェイスの間にキャッシュがあります。
そして、HDDなどのストレージ装置へのアクセスにおいては
WindowsなどのOSが、バッファリングを行なうようになっています。

Windows3.1の頃までは、その機構は存在が明快でしたが
現在では、あたりまえすぎるものは、使用者の目につかないように隠されているわけです。


エクスプローラーが行なうコピー作業などは、OSの備えるAPIなどに対しての処理なので
エクスプローラー自体は、その相手側装置が、何であるかすら本質的には理解していません。

OSの行なう抽象化が、OS標準のソフトに対しても行われているわけです。

ですから、エクスプローラーはエクスプローラー自身がファイルを操作した実績しか把握せず
転送速度も、エクスプローラーがどのくらいの速度で行なったか?
また、どのくらいの時間で終わりそうだ?といった計算を行なうわけです。

実際には、ストレージデバイスとエクスプローラーの間にはバッファーが入っていて
バッファーの容量を超えたファイルは、実際の書き込みが終わるまで保留され
これによって、コピーにかかる時間の推算は、あてにならないものになります。

また、GUIの操作を、即時対応させる目的から、バッファーに入っているファイルが
実際にストレージデバイスに書き込まれていなかったとしても
これをエクスプローラー側から確認することはできません。


UNIX系OSにはコマンドラインで用いるsyncコマンドで
バッファーが空になった瞬間を知ることができますが
GUI上では、そういった状況を確認することは困難です。

ですから、複雑かつ大量のファイルの整理を行なう場合は
HDDのアクセスランプなどを参照して、過度な負荷をかけないようにしたほうがいいかもしれません。

効率化のための研究は続けられているでしょうが
物理的に動作するHDDのヘッドは、シンプルな仕事のほうが高速に処理できるはずです。


また、USB機器のトラブルはこのサイトでも非常に多くの質問となっています。
安全な取り外しのような操作は、必ず必要ですし
PCのメモリーが大きくなった今、その操作が完了するまでに、非常に長い時間がかかっても不思議ではありません。


各ストレージデバイスの動作状況は、それをモニタリングできるツールを使うと
よくわかります。処理が終わったことを、ダイアログで出されてもうっとうしいので
そういったツールでわかるようにしているほうが、快適な環境なんじゃないかと思います。
お礼コメント
noname#194073
ありがとうございました
投稿日時:2014/02/06 21:50

その他の回答 (全7件)

  • 回答No.8

ベストアンサー率 2% (19/641)

ただぶん大丈夫ですよ                                                                                                                                                                                                                        
お礼コメント
noname#194073
ありがとうございました
投稿日時:2014/02/06 21:50
  • 回答No.6

ベストアンサー率 33% (1799/5383)

USBの実際の速度で500MB/Sは出ませんから、バッファだけに書き込んだ速度です。
USBの取り出しは、安全な取り出しをすることにより、確実に書き込まれます。

なお、500MB/Sを500mb/sと書いてはいけません。
bはビット、Bはバイトで使われるので、単位が違うため、速度に誤解が生じます。
b-Bのところだけは厳密に願います。
お礼コメント
noname#194073
ありがとうございました
投稿日時:2014/02/06 21:50
  • 回答No.5

ベストアンサー率 4% (22/493)

とっくに転送は終章しています
お礼コメント
noname#194073
ありがとうございました
投稿日時:2014/02/06 21:50
  • 回答No.4

ベストアンサー率 8% (17/201)

メモリに貯まるので、速く見えます。コピー処理は成功しています。
USB HDDは「ハードウェアの安全な取り外し」から取り外して下さい。
お礼コメント
noname#194073
ありがとうございました
投稿日時:2014/02/06 21:50
  • 回答No.3

ベストアンサー率 14% (13/92)

大丈夫です。ちゃんと完了しています。
単純に容量が少なかっただけでしょう。
安心して抜いてください。
お礼コメント
noname#194073
ありがとうございました
投稿日時:2014/02/06 21:50
  • 回答No.2

ベストアンサー率 3% (10/304)

容量が少なくと即終わります。
お礼コメント
noname#194073
ありがとうございました
投稿日時:2014/02/06 21:50
  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (2662/11921)

ファイルの容量が小さければ、バッファメモリの枠内で終了してしまう

そう言う場合の速度表示は、ディスク本体ではなくバッファの速度なんじゃ無いのかな
お礼コメント
noname#194073
ありがとうございました
投稿日時:2014/02/06 21:49
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ