• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

認知行動療法を受けた患者さんの寛解率は?

うつ病歴のある30代男性です。 私は認知行動療法を1年間ほど受けたことがあるのですが、全く改善される傾向もなく治療を終了してしまいました。 また、私には精神科の作業療法を一緒に受けている同じような病気を抱えた友達がいたり、またSNSでうつ病などの精神疾患にかかっておられる方と情報交換することもよくあるのですが、 認知行動療法を受けたことのある患者さんの中で「非常に効果があった」とか「治った」「寛解した」という話を聞いたことがありません。 認知行動療法がうつ病にとって本当に有効な治療法なのか?非常に疑問を持っています。 そこで質問なのですが、「認知行動療法を受けた患者さんの中で、何割の患者さんが寛解した、というような寛解率の統計的数字は出ているのでしょうか?」 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

ご希望に添える回答ではないかと存じますがご容赦ください。 >認知行動療法がうつ病にとって本当に有効な治療法なのか? 認知行動療法は脳が形成される時期の小児において、特に効用があると言われています。 うつといっても、原因によって治療法は千差万別です。 杉山 登志郎先生(児童精神科医)が推奨されるようなトラウマごと消化できるような治療を考慮されてはいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が大変遅れて申し訳ありません。 >認知行動療法は脳が形成される時期の小児において、特に効用があると言われています。 > >うつといっても、原因によって治療法は千差万別です。 > 杉山 登志郎先生(児童精神科医)が推奨されるようなトラウマごと消化できるような治療を考慮されてはいかがでしょうか。 大変参考になりました。 私もうつ病歴が長いので、今までのように医者任せにはせず、自分でいろいろ調べてみようと考えていたところでした。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 認知行動療法で精神疾患をもった患者さんに携わりたい

    私自身重度の鬱病に5年ほど喘いできました。いままで病気自体の勉強はしないと決めていたので全てお医者様の薬に身をゆだねていたのですが、今年認知行動療法の名著に出会いそれ以来劇的に体調や生きることへのモチベーションが向上しています。 病気から学んだことが数多く存在します。そこでもしも可能ならば精神疾患に苦しむ患者さんを支援するような仕事に就ければなと考えています。出来れば認知行動療法というアプローチで患者さんのお役に立てればと思うのですが、どのようなキャリアを踏めば良いのか調べてもいまいちはっきりしません。お知恵を拝借したいと思います。 学生時代からどん底でしたので....私の現状は高卒満26歳(職歴にならないと思いますが)、アルバイト塾講師として7年勤めています(継続中)。 ・体調が良い時間帯を選んで通信制の福祉系短大を卒業(28歳)→支援員として2年間勤め→精神社会福祉士取得→就職 ・心理系の学部に同様に通信制で通い学位を取得→認定心理士を取得 ・看護系の学校に通学→別途、認知行動療法実践看護師の資格を取得→就職 などのルートを考えたのですが、PSW、認定心理士(または臨床心理士)、看護師の何れも私が望む物に当てはまらない気がするのですがどうでしょうか? ....また、仕事がないともよくききます。心理の資格は民間の物ですし理解は出来るのですが、PSWの現場は全く違ったものでしょうか? 最後に、認知行動療法実践看護師という資格が一応存在するみたいですが精神科の看護師になったとして認知行動療法的な方法で患者さんにアプローチするというのはあり得るのでしょうか。看護師に成る場合、慢性的に人不足と言うことで就職口はあるのかも知れませんが激務と言うこともあり離職率も高いのですね。できれば確固たるモチベーションを保って望みたいと思います。 以上長くなりましたがアドバイスをいただけると幸いです。

  • うつ病に対しての認知行動療法は有効?

    うつ病に対しての心理療法もいろいろあるかと思うのですが、その中の認知行動療法は効果的なのでしょうか? 臨床心理士でも、あまり専門とする人はいないみたいなのですが、うつ病の本ではよく見かけられます。とはいっても、やはり投薬がうつ病の治療で中心なようです。

  • 認知療法、行動療法、認知行動療法のちがいを教えてください

    最近、神経科学(主に脳)について、興味を持つようになりました。 うつ病やパニック障害に対して、神経伝達物質に作用する薬が効くのは、 なんとなく理解できるのですが、認知療法・行動療法などがどうして効く のかがとても不思議です。 本当は、これらの心理療法の機序について質問させていただきたいところですが、 まずは予備知識として、「認知療法」「行動療法」「認知行動療法」の違いを 自分の中で明確にしておきたいと思っています。 よろしくお願い致します。

  • 認知行動療法について

    現在、うつ病で、自分で認知行動療法をしてみようと思っています。 大野裕さんの「うつと不安の認知療法自習帳」を買いました。 半分くらいまでやって、タイトルが「認知療法」だったことに 気づきました。 この本では「認知行動療法」ができないのでしょうか。 教えてください。よろしくお願いします。

  • 認知行動療法についての経験談

    うつ病治療に、薬物治療とあわせて「認知行動療法」を併用するとよいと昔(10年ほど前?)から言われてます。 うつ病に、8年ほど前に罹って、休職していたときに「認知行動療法」の第一人者である 大野裕先生の著書を読み漁りました。 講演会にも、参加しました。 「心が晴れるノート」も、購入して実施しました。 効果が、よくわからなかったので、 「集団認知行動療法」とグループで、認知療法を、週1で8日間、通った経歴もあります。 しかし、個人的意見なのですが「認知行動療法」は、健康時(寛解 remission後)に、行動指針の決定や、行動後の反省にしか使えないのでは?という壁にぶち当たりました。 うつ病で苦しんでいる時に、(認知の)癖付けという勉強みたいなことは、できないと思います。 集団認知に参加した人たちも、最終日に感想を言うのですが、半数は同じような感想でした。 いまでも連絡を取り合ってますが、続けてやってリう人はいません。 昔に比べて、「認知行動療法」というワードを聞くことはあまりなく、 大野先生も、テレビ出演等も少なくなったように感じます(国立センターの認知行動療法センター長のお仕事が忙しいのでしょうか) 町医者のクリニック等では、「認知行動療法」の説明はありますが、レッスンやカウンセラーをやっているところは少ないです。 先生は、某妃殿下の専属主治医でしたが、いまはどうしているのでしょう。心配です。 ■質問 (1)「認知行動療法」で治った方は、いらsっしゃいますか? (2)その際、どのような方法やスパンで実施されたのでしょうか? (3)再発は、しなくなったでしょうか? 認知行動療法を実践したから、コメントを頂けると幸いです

  • 行動認知療法について

    お世話になります。 病院へ通院せず ご自身で行動認知療法でうつや不安を 寛解された方はどういった取り組みを されましたか?

  • うつの認知療法

    私は重度の単極性気分障害(うつ病?)で治療を受けています。 ずっと薬を飲んでいますが、症状があまり改善しません。 検索すると、うつ病や不安障害に有効な心理療法として 認知療法又は認知行動療法が有効となっています。 担当医はこの療法に詳しくなく、明確な答えを貰えません。 色々、調べてる中で、皇太子妃雅子様の主治医が、日本の認知療法の第一人者と知りました。 現在でも、雅子様は療養を始められて、5年位経つと思いますが まだ、ご病気(適応障害)が治っておられません。 病気は違いますが、本当に認知療法又は認知行動療法は有効なのですか? 治療を始めても効果が出るまで長期間掛かるのですか? また、薬と同じで人によって効果が違うのですか? 詳しい方、何か知ってる方ご教示をお願いします。

  • 認知行動療法の学習について

    私はサラリーマンですが、自分の鬱病経験から認知行動療法を独学で学ぼうと思いました。 てはじめとして 自信をもてないあなたへ―自分でできる認知行動療法 という入門用の本を読んでいます。 認知行動療法を学ぶにあたって、必読といってもよい良書があればぜひ教えて頂きたいと思います。 心理学を学ばれた方からアドバイスなどを頂けるととても参考になり、嬉しいです。

  • 認知行動療法の洋書

    認知行動療法と言う精神的な面に良い影響を与える方法があるようなんですが、 この認知行動療法について書かれた洋書を紹介して頂けませんか? 内容は、医学書では なく 、 本屋で個人が購入する「腰痛の治し方」みたいな一般・個人レベル書です。 自分で探そうとしましたが、難しすぎました。 また、可能なら、中でも英語レベルが最も優しいと推測される本が良いです。 どうぞよろしくお願いします。

  • 認知(行動)療法とはなんですか?

    精神科通院歴20年以上になります。 以前から耳にしていた「認知行動療法」というものがどういうものなのか、幾つかの関連サイトを覗いてみましたがさっぱりわかりません。 例えば http://jact.umin.jp/introduction.shtml (日本認知療法学会) には、 「患者は,健康な人々が日常の中で用いる方略や技能を,治療の過程で再び学習することとなります.常識(コモンセンス)の視点と方法が応用できる治療法,それが認知療法なのです.」 と、書いてありますが、わかりません。 http://ninti-ryouhou.com/shikou-kiroku.html  またここには 「認知療法とは大きな出来事だけでなく、日常生活の何気ない体験の中で自分の考え方、気分、身体状態を見極める方法を見出していくことです。 そのためにはまず自分が思い悩んでいる事柄や気分、人間関係の基盤となっている考え方に変化をもたらす方法を学んでいくことです。 思い込みや現実のギャップを認識して、ものの見方や考え方を変えていくという訓練なのです。」 わたしが考えるのは、自分にとって、「不快」「苦痛」に感じる「感受性」や「思考」を「矯正」して、快適、とは言わないまでも、順応できるくらいのレベルに認識様式を変えると理解できます。 またよく目にする、「感じ方・考え方の歪み」というのはどういう意味か分かりません。 そもそも人間に「歪んだ見方」「正しい見方」というものがあるのでしょうか? 例えば「杞憂」という言葉があります。中国古代の杞の人が天が崩れ落ちてきはしないかと心配したという、「列子」の故事ですが、さすがに空が落ちてくることはないにしても、それに近いこと(天変地異、大災害)を憂う人を嗤える人がいるでしょうか。。。 先ほどのサイトからもう一か所 「問題に直面した時にどんなことを感じたか、どんな考えを抱いたかを思い出して、その考えが正しいかどうかを検討します。あらゆる角度から物事を捉え直していく作業です。」 「その考えが正しいかどうかを検討する」。。。 では、どのような場合に、その人のその考え方は「誤り」だとするのでしょうか? その場合の「グリニッジ標準時」はなんですか?