• ベストアンサー
  • 困ってます

認知行動療法についての経験談

うつ病治療に、薬物治療とあわせて「認知行動療法」を併用するとよいと昔(10年ほど前?)から言われてます。 うつ病に、8年ほど前に罹って、休職していたときに「認知行動療法」の第一人者である 大野裕先生の著書を読み漁りました。 講演会にも、参加しました。 「心が晴れるノート」も、購入して実施しました。 効果が、よくわからなかったので、 「集団認知行動療法」とグループで、認知療法を、週1で8日間、通った経歴もあります。 しかし、個人的意見なのですが「認知行動療法」は、健康時(寛解 remission後)に、行動指針の決定や、行動後の反省にしか使えないのでは?という壁にぶち当たりました。 うつ病で苦しんでいる時に、(認知の)癖付けという勉強みたいなことは、できないと思います。 集団認知に参加した人たちも、最終日に感想を言うのですが、半数は同じような感想でした。 いまでも連絡を取り合ってますが、続けてやってリう人はいません。 昔に比べて、「認知行動療法」というワードを聞くことはあまりなく、 大野先生も、テレビ出演等も少なくなったように感じます(国立センターの認知行動療法センター長のお仕事が忙しいのでしょうか) 町医者のクリニック等では、「認知行動療法」の説明はありますが、レッスンやカウンセラーをやっているところは少ないです。 先生は、某妃殿下の専属主治医でしたが、いまはどうしているのでしょう。心配です。 ■質問 (1)「認知行動療法」で治った方は、いらsっしゃいますか? (2)その際、どのような方法やスパンで実施されたのでしょうか? (3)再発は、しなくなったでしょうか? 認知行動療法を実践したから、コメントを頂けると幸いです

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

一般論としてお答えします。 http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/01.pdf このマニュアルの最初の部分、「総論」の1-1、 「認知療法・認知行動療法の実践」を読んでください。 一人でできるなどという甘い治療方法ではありません。 それは、この治療に慣れて、一人でもできるほどになった人に 対して言えることで、慣れていない患者に一人でしろという方が無理。 「ホームワーク(宿題)といって、面接で話し合ったことを実生活で検証しつつ認知の修正を図ることが必須の課題となります」 これを一人ですることは、至難の業ですよ。 だから、治療者(医師など)との二人三脚が必要なのです。 ちなみに、認知行動療法は、米国が一番進んでいると思われますが、 これは、米軍が積極的に取り入れているからです。 つまり、戦場でPTSDになる兵士が多く、その治療に 使われているのです。 そして、言うまでもなく、米国は、カウンセリング大国でもあります。 米国の映画を見ていると、カウンセリングを受けるということが、 日常茶飯事のように出て来る。 つまり、認知行動療法のような二人三脚で行うべき治療をする 土台が整っているということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメント、ありがとうございます 読ませていただき、「なるほど」「そうだよな」という思いです。 医師なり、カウンセラーがいないと、バットが空を切ってるような感じで、素振りを何回もやっても 変化球は打てない(例えが、下手ですが) 日本の場合、カウンセリングをしているところも少なければ、高い、短い、自立支援が効かないところさえある。。 ありがとうございました

その他の回答 (4)

  • 回答No.6
  • d194456
  • ベストアンサー率27% (423/1524)

「カウンセラーや療法士」の資格は無くても、アドバイザーとしての助言は認められています。 教えてもらう態度ではないようですね。 他に書き込みが無いようですから、あなたの質問態度が、回答を避けているのでしょう。 知らなすぎる質問で、答えようがないのかもしれませんが。 難しい方法を続けるよりも簡単な方法を覚えた方が楽ですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • d194456
  • ベストアンサー率27% (423/1524)

ウツ病の患者さんは、理論や傾聴では治らないから、如何すれば治るのかを知りたいのではありませんか? 「how tu do ?]の方を知りたいのではありませんか?どうすれば治るのかを。 カウンセラーが教えることは無いテーマですね。 現実療法には、「カウンセラーや療法士」の資格はありませんし、そこまでの勉強はしていません。 逆説志向と認知療法とは、まるで似ていませんよ。 理解できていないようですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

理解できていないので、教えていただきたいと思ったのですが、 「そこまでの勉強はしておりません」程度であれば、回答をするのは控えていただきたいと 思います 患者を、冒涜しているだけです(知識の見せびらかし?)

  • 回答No.4
  • d194456
  • ベストアンサー率27% (423/1524)

僕は興味があって、講座を覗いただけの素人です。 選択理論の本は、この本を理解できたら、カウンセラーにはなれませんが、アドバイザーにはなれると書かれていたくらい、ウツを改善するための方法が書かれていました。 アドバイザーになるための、図書館にある関係図書は殆ど読むくらい知識を得て、実際に活動の手伝いをしていましたので、何が簡単な方法かは知っています。 ウツを改善するにに必要な知識は「ハウ ツー ドゥー」ではありませんか? 臨床心理士が使うようなカウンセリング技法にはないものが必要なのでしょう。 それを教えてくれる書物もいくつかを見つけて、アドバイザーと名乗っていました。 「逆説志向」の言葉を知っていますか? 神経症お治療に開発された治療技術ですが、ウツ病の改善にも使われています。 「服薬と静養」だけが基本の治療は、介護の世界で教えていることとは違います。 古代ギリシャの時代から教えていることとも違います。 何を頼るべきかの答えは自分で見つけるしかないですよ。その人に適した方法を見つけるべきですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメントありがとうございます 「ハウ ツー ドゥー」とは? 「アドバイザーと名乗っていました。」なぜ、カウンセラーや療法士と名乗らないのでしょう 逆説思考は、認知療法の「認知」とにていますね

  • 回答No.3
  • d194456
  • ベストアンサー率27% (423/1524)

難しいものや、他者の助けを必要にする療法ではなく、改良して、独自で出来る療法がいくつも開発されています。 ウツ病の改善には、考え方と行為を変える必要がある、と考えている現実療法もあります。 考え方を変えるだけなら、論理療法の方がはるかに簡単です。 リネハンの療法は、リネハン独自の考え方を理解する必要があると思います。 「認知行動療法」でも治る病気だと思いますが、それをどのような方法で行うのかは、治療者の腕次第だと思いますよ。正しく理解しなければ、効果がないなら、他の方法も併用すべきだと思いますが。 考え方と行為を変えることが出来たなら、再発する確率は極めて低くなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメント、ありがとうございます 私も、ひとつ違う療法に、たまたま出会い、現在はそちらを勉強(治療?)してます (その先生の言葉の方が、しっくりくるので) 教えていただいた他の療法も、調べてみます これは、質問ですが(無回答でも構いません)病院関係者や医学部の方でしょうか? ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 認知行動療法について

    現在、うつ病で、自分で認知行動療法をしてみようと思っています。 大野裕さんの「うつと不安の認知療法自習帳」を買いました。 半分くらいまでやって、タイトルが「認知療法」だったことに 気づきました。 この本では「認知行動療法」ができないのでしょうか。 教えてください。よろしくお願いします。

  • 認知療法と認知行動療法の違い

    認知療法と認知行動療法の違いを教えて下さい。 医師に薦められたのは認知行動療法です。デイケアに通って集団でやるのだそうです。そういうのが苦手なので自分一人でやってみたいのですが、認知療法はテキストに沿って、シートを作ってやってみたことがあります。

  • 認知療法の体験談等をお寄せください

    長年のうつに苦しんでいます。 来年、市が実施する認知療法を受けます。 4~6人の集団認知療法とのことです。 認知療法については、本を購入して少し だけ理解しているつもりですが、 実際、認知療法をうけて、うつが改善した 等の体験談等をお寄せください。 よろしくお願いします。

  • 認知療法について

    軽症うつで、現在90~95%の回復状況と医師に言われた治療中の者です。  カウンセラーの薦めで、テキストを参考に認知療法を始めました。テキストは「こころが晴れるノート 大野裕 著」と「もううつにはなりたくない 野村総一郎」の2冊です。それぞれシートの作り方がやや違うのですが、後者の方がシンプルでやりやすいので参考にしてPCを利用してやっています。    シート作成後は頭の中が整理され、あとは実践あるのみという気になるのですが、ところで認知療法にも何か欠点というか、気をつけて進めるべきことはあるのでしょうか。    あるカウンセラーがカウンセリングを始める前に「カウンセリングも一つの治療法ですから、治療には必ず多かれ少なかれ副作用があります。」と言ったのです。  認知療法はカウンセラーの指導のもとにやったほうがいいし、時間もかかる療法だと思いますがどうなんでしょう。

  • うつ病に対しての認知行動療法は有効?

    うつ病に対しての心理療法もいろいろあるかと思うのですが、その中の認知行動療法は効果的なのでしょうか? 臨床心理士でも、あまり専門とする人はいないみたいなのですが、うつ病の本ではよく見かけられます。とはいっても、やはり投薬がうつ病の治療で中心なようです。

  • 認知療法、行動療法、認知行動療法のちがいを教えてください

    最近、神経科学(主に脳)について、興味を持つようになりました。 うつ病やパニック障害に対して、神経伝達物質に作用する薬が効くのは、 なんとなく理解できるのですが、認知療法・行動療法などがどうして効く のかがとても不思議です。 本当は、これらの心理療法の機序について質問させていただきたいところですが、 まずは予備知識として、「認知療法」「行動療法」「認知行動療法」の違いを 自分の中で明確にしておきたいと思っています。 よろしくお願い致します。

  • 認知療法の考え方を意識した日記について

    大野裕さんの『こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳』を購入し、認知療法に興味を持ちました。 ところで、認知療法の考え方を意識して日記(のようなもの)を書くことって意味がありますか? ネットでいろいろと調べていたら、そういったことを実践されている方がいるようなので。 具体的には、どういうことに注意しながら日記を書くとよろしいのでしょうか?

  • 認知行動療法を受けた患者さんの寛解率は?

    うつ病歴のある30代男性です。 私は認知行動療法を1年間ほど受けたことがあるのですが、全く改善される傾向もなく治療を終了してしまいました。 また、私には精神科の作業療法を一緒に受けている同じような病気を抱えた友達がいたり、またSNSでうつ病などの精神疾患にかかっておられる方と情報交換することもよくあるのですが、 認知行動療法を受けたことのある患者さんの中で「非常に効果があった」とか「治った」「寛解した」という話を聞いたことがありません。 認知行動療法がうつ病にとって本当に有効な治療法なのか?非常に疑問を持っています。 そこで質問なのですが、「認知行動療法を受けた患者さんの中で、何割の患者さんが寛解した、というような寛解率の統計的数字は出ているのでしょうか?」 よろしくお願いします。

  • 認知行動療法の学習について

    私はサラリーマンですが、自分の鬱病経験から認知行動療法を独学で学ぼうと思いました。 てはじめとして 自信をもてないあなたへ―自分でできる認知行動療法 という入門用の本を読んでいます。 認知行動療法を学ぶにあたって、必読といってもよい良書があればぜひ教えて頂きたいと思います。 心理学を学ばれた方からアドバイスなどを頂けるととても参考になり、嬉しいです。

  • うつの認知療法

    私は重度の単極性気分障害(うつ病?)で治療を受けています。 ずっと薬を飲んでいますが、症状があまり改善しません。 検索すると、うつ病や不安障害に有効な心理療法として 認知療法又は認知行動療法が有効となっています。 担当医はこの療法に詳しくなく、明確な答えを貰えません。 色々、調べてる中で、皇太子妃雅子様の主治医が、日本の認知療法の第一人者と知りました。 現在でも、雅子様は療養を始められて、5年位経つと思いますが まだ、ご病気(適応障害)が治っておられません。 病気は違いますが、本当に認知療法又は認知行動療法は有効なのですか? 治療を始めても効果が出るまで長期間掛かるのですか? また、薬と同じで人によって効果が違うのですか? 詳しい方、何か知ってる方ご教示をお願いします。