• ベストアンサー
  • 困ってます

アガロースゲル電気泳動におけるPCR産物バンドの乱れ

 600 bpくらいのDNA配列をPCRで増やし、その産物をPEG沈して精製しているのですが、PCR直後の電気泳動(1.5% TBE gel)では1本のバンドなのですが、PEG沈後の電気泳動では2本になっています。  分子量で見ると、産物のバンド(600 bp)に加えて、450bp程度のバンドが新たに出現します。精製中に分解したのでしょうか?(でも、DNaseのコンタミだったらもっとズタズタに切れますよね)。それとも、精製過程で産物の一部が何か高次構造のようなものをとって、電気泳動上で二本になって見えるのでしょうか?  原因についてご存知の方、あるいは同じ経験をされた方、教えてください。

noname#20560
noname#20560

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • robita
  • ベストアンサー率86% (13/15)

kohitsujikaiさん、こんにちは。 kohitsujikaiさんは、gel厚、緩衝液の量に気を使っておられるのでしょうか? 想像するに以下の条件で泳動していませんか? 泳動槽:サブマリン型 ゲル厚:4mm以上(結構厚めに作成) 緩衝液量:ゲルが沈むくらい(タプタプ?) 染色:後染めで30-60min程 もし、以上の条件で泳動されているならゲルの上面と下面で泳動に差が生じていることが考えられます。 (側面から見るとバンドが斜めになっていて、染色液の浸透が不十分なためバンドの上面側と下面側が染まっている状態です。このため上方から見ると2本のバンドに見える。) 今度、泳動・染色を行ったとき泳動方向にゲルを切断し、側面から観察してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご指摘の方法で実験をやっています。なるほど、ゲルの側面から見る方法ですね。これなら何か原因につながることがわかるかもしれません。やってみます。

質問者からの補足

生じた短い500bpバンドの方を切り出してカラム精製して再度電気泳動したところ、なんと、分子量が600bpに戻っていました。つまり、分解とかではないようです。ただ、すぐ横に流しているマーカーでは分子量シフト等は起きていないので、ゲル調製の問題ではないようです。アプライ量が多いと、分子量シフトが起きたりするのでしょうか。。。原因はまだ不明ですが、解決しましたので、皆様有難うございました。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
noname#17364
noname#17364

そうそう、ローディングバッファーが古くなって塩濃度が著しくおかしくなっていたりすると、バンドの移動度がおかしくなることあります。ローディングバッファーやマーカーのロットを違うの使ってたり、古くなってるの使ってたりはしませんか? それとよく分からないんですが、バンドは2本に増えるんですか?それとも600だったのが450にシフトするって言うことですか? どっちにしろ切り出して読んじゃうのがやっぱり早いかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

バンドが2本に増えます。ただ、PEG前の泳動でも同じローディングバッファを使っており、こちらでは2本になったりしないのです。で、マーカーは全く問題なく泳動されているので、、、う~ん、なぜなんでしょうね。。。

  • 回答No.5
noname#17364
noname#17364

こんにちは。 う~ん、全然わからないですね。不思議です。 一般的なアドバイスになってしまいますが、 ・PEG処理あり、なしでともに冷凍し、解凍して泳動 ・PEG以外の精製方法で精製する でやってみてそれでも同じ現象が起こるなら、もしかすると本当に配列特異的な何かなんでしょうか・・。 PEGでどうしても精製する必要がありますか?一般的な用途なら、とりあえずカラムかなんか試してみてはいかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

はい、ちょうど手元にカラムもあるので、これで一度精製してみようと思います。今まで慣例的にPEG沈でやっていたものですから。

  • 回答No.4
noname#7004
noname#7004

うーん、そうですねぇ。 ・DNaseが入るとスメアになりますから、これは除外ですね。 ・DNAは物理的に安定ですからPEG沈ごときで切れることはないでしょう。 ・高次構造ですか・・・。プラスミドじゃないんで、ほとんどの例ではそんなにサイズはずれませんよ。私がやった中では最高で50bpです。ずれる時にはPCR直後からずれていました。 ・ゲルを見ないと分からないんですけど、nyanzowさんの言うとおり濃縮によって見えるようになったのが正解に近いかと。PCR後、フェノクロ・エタ沈濃縮したら、薄いバンドが1,2本でることはあります。 目的のバンドより明らかに薄いようでしたら気にせずちゃっちゃか切り出して次に進みましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはりDNaseではないですよね。そして、前のお礼でも書いたように、決まった長さの新バンドが出るというよりも、増幅産物の長さよりも150bp程低いところに出るのです(=増幅産物の長さに合わせて、もうひとつのバンドの長さも変化する)。また、一度切り出した断片も、数日の冷凍保存の後に電気泳動したら、またバンドが増えているのです。。。ちなみに、増やしている産物は18S-rDNAと26S-rDNAの配列なのですが、配列特異的な原因でこのようなことが起こるのでしょうか?

  • 回答No.3
noname#17364
noname#17364

こんにちは。 精製操作で600bpのフラグメントが切れることはまず無いでしょう。物理的に破損があったとしても、同じ場所できれいに、しかもバンドとして見えるほど大量に切れるとは全く考えられません。もしあったとしても残りの150bpの断片も見えても良いはずだし。 コンタミでなかったら、サンプルが濃縮されたために見えなかったバンドが見えるようになったとか?でしょうか。ちょっと分からないですけど、どうしても対処すべき問題なら、切り出して読んでみては?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今日さらにわかったことは、別のサイズの増幅断片(今度は550bp)でも同様のことが起こり、しかも150bp下がったところの400bpに新たなバンドが出ています。もしもTEやPEG等の中にDNAのコンタミがあったとしたら、どの大きさの産物を電気泳動しても同じ高さにコンタミバンドが見えるはずですよね。それがどうも、流す産物の断片長よりも150bp小さいところに出てくるようなのです。 しかもバンドの切り出しをやって精製したものを数日間冷凍保存し、これを電気泳動すると、また2本になっているのです。

  • 回答No.2
noname#7004
noname#7004

私はTEにコンタミがありました(泣)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

TEも大丈夫でした。

  • 回答No.1
noname#17364
noname#17364

こんにちは。 PEGに450bpの断片がコンタミしてるってことはないですか?サンプルを入れないでDWに置き換えたコントロールをおいて試してみては?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コンタミについて調べてみたのですが、周辺試薬にコンタミはありませんでした。精製の途中で切れるなんてことは通常起こり得ないのでしょうか?

関連するQ&A

  • PCR産物を電気泳動すると・・・

    PCR産物を電気泳動すると、ひきずって流れているように筋のようなものができて流れていきます。 バンドも見えるのですが、筋があるのではっきりとは見れません。 ちなみにゲルはすでに作られているものを用いているので、ゲル以外に原因があると思っています。しかし、PCRにかけるときはプライマーとDNAとmilliQしか入れていません。 同じような経験がある方、原因がわかる方いらっしゃったらお願いします。

  • PCR&電気泳動について

    電気泳動について質問です。3種類のプラスミドDNAについて、同じプライマーを用いてPCRを行いました。このバンドを電気泳動してみたところ、2種類のプラスミドDNAに関してはクッキリと目的バン ドが出たのですが、残り1種類のプラスミドDNAの増幅産物にかんしては、薄い目的バンド➕スメアが観察されました。この原因として考えられるのは何でしょうか?自分が考えているのは、プライマーや酵素には問題がないと思うので(他2種類のプラスミドDNAのPCRはうまくいった。)、テンプレートのプラスミドDNAの精製度が低いと考えています。現にO.D値も1.72くらいだったので…。なので、プラスミドDNAの抽出からやり直そうかと考えています。 他に何か考えるべき要因があれば、ご教授お願いします!

  • アガロースゲル電気泳動

    現在、実験でアガロースゲルを用いて電気泳動を行なっています。 しかし、ポジティブコントロールは毎回バンドがでるのですが、目的とするバンドの方は、帯状にPCR産物が流れた跡のようなものが出るのみで、バンドが出なくなってしまいました。 1ヶ月くらい前まではきちんとバンドが出ていたので、プライマーの設計ミスでもなさそうなのですが、何が原因なのか分からず困っています。 PCRをかける前のDNAは10ng/μLで、実際電気泳動で流しているDNA濃度は測定していないため、分かりません。 ちなみに電気泳動の条件は以下のとおりです。 ・ゲル:1.5%アガロースゲル ・電圧:100V どなたか知恵を貸してください。 実際の電気泳動後の写真は、 http://oshietegoopcrdenkieidou.rakurakuhp.net/ に載せました。 よろしくお願いします。

  • アガロースゲル電気泳動

     PCR法で処理したDNAをアガロースゲル電気泳動をしました。    レーン1 DNA分子量マーカー(1Kbp)  レーン2~レーン4 PCR産物1  レーン5 DNA分子量マーカー(100bp)  レーン6~レーン8 PCR産物2  レーン1からレーン4はアプライする時にゲルにさしてしまいました。  レーン5~レーン8はアプライは綺麗にはいりました。  結果はレーン1からレーン4まではバンドが見えたが、レーン5はライトにあてるとやっとなんとか見える程度で、レーン6~レーン8は何も見えなかった。  レーン6からレーン8はPCR産物2を入れ忘れたと考えられるが、レーン5の分子量マーカーがきちんとでなかった理由がわかりません。  どのような理由が考えられるでしょうか?  またアプライするときにゲルにさしてしまったことで、さしてない方に影響出たりはするんでしょうか?

  • アガロースゲル電気泳動時にサンプルやマーカーが浮いてしまいます。。。

    アガロースゲル電気泳動を行ってDNAやPCR産物のバンドを検出する際に、アプライしたサンプルやマーカーが泳動中にゲルから浮き出てしまい、解析できないことがしばしばあります。 dyeはBPBを使用していて、100Vで30分ぐらい泳動していますが、10分ぐらいでゲルに青色のバンドが全く残っていないという現状です。 バッファーは1×TBE,ゲルも1×TBEで1~2%アガロースゲルを通常毎回作成して使用しています。 サンプルの精製度が悪ければ浮いてくるという話は聞いたことがありますが、マーカーも浮いてきてしまうので原因が全くわかりません。 ほかの人は同じマーカーを使用していてもこのような現象はないということです。 ゲルの作成方法に問題があるのかと考えましたが、全くわかりません。 考えられる原因をいろいろと教えていただければ、大変助かります。 どうぞよろしくお願い致します。

  • 電気泳動してもバンドが流れません。

    PCRで増幅したものをアガロースゲルで電気泳動しても、ウェルの中から動きません。染色すると、ウェルの中で光っているのは見えるので、増幅はできているような気がします。 電気泳動の溶液が良くないのかと思い、E-gelでやってみたのですが、流れません。 DNAの状態がよくないのかと思い、同じDNAを用い、他のプライマーで増幅させたら増幅します。 プライマーがコンタミしているのかと思い、2社から新品で購入したのですが流れませんでした。 PCRにかけるときには、水とプライマーとDNAを入れています。水も毎回変えているので、正直原因がわかりません。 ちなみに、2回同じ条件で増幅できましたが、再現性がありません。 同じような経験もしくはアドバイス等ありましたら、お願いします。

  • PCR後のアガロースゲル泳動について

    PCRで増幅後、確認のためプラスミド精製、エタノール沈殿をしてから、TEに溶解後のサンプルを10μl泳動しました。 泳動後の結果を見てみると、とても発光が薄いバンドが見られました。(バンドが出た位置は大丈夫でした)いつもははっきり見えていたのにと思い、もう一度やってみましたが、結果は同じでした。私の研究室ではEtBrを先に入れてゲルを作っています。なにがいけないのかがわかりません。一緒に入れたDNAマーカーも薄いです。この発光の濃淡はDNA濃度とも関係してくるのでしょうか?わかりにくい質問ですみません。よろしくお願いします。

  • 電気泳動は何のためにするのでしょうか

    米の品種判別実験でDNA抽出精製してからPCRをかけその後電気泳動するのですが、PCRはDNAが複製するんですよね、コレをやり電気泳動をすることで何がわかるのでしょう、また電気泳動は何をするため使われるんでしょうか

  • pcr,アガロースゲル電気泳動について

    学校でPCRからアガロースゲル電気泳動の実験をしたのですが、考察で分からないことがありこまっています。 どなたか答えていただけませんか? 1.電気泳動を行い正しくアニーリングできたかを確認するためにはどうすればいいですか? 2.PCRでDNAのすべての塩基配列がわかっていればPCRプライマーが目的位置に正しくアニーリングする確率も、間違った位置にアニーリングする確率も正しい位置にアニーリングする確率が間違った位置にアニーリングの何倍になるのかがわかると思うのですが、具体的になにをすればその確率がだせるのか? 以上の2点なのですができたら早めに回答をいただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • BAC DNAの電気泳動

    BAC DNAを精製し、EcoRI処理した後電気泳動でバンドを確認しました。 このDNAに、大腸菌ゲノムが含まれているかどうかを見たかったのですが、 BACはEcoでたくさん切れてしまうためよくわかりませんでした。 大腸菌がコンタミしているとスメアになるといいますが、BACの場合は どのように見たらよいのでしょうか。 たくさんあるバンドのバックが白っぽくなるのはゲノムのコンタミなのでしょうか。 うっすら白かったり、上のほうにバンドが固まってしまったり(長めに泳動はしているのですが)するのはゲノムなのでしょうか。 また、ゲノムのコンタミを調べるのに、何か良い方法があればご教授を よろしくお願いします。