• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

相補分布による音素の決定について

  • 質問No.8185877
  • 閲覧数1956
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 45% (86/191)

いま、音素の決定について学んでいるのですが、相補分布での決定の流れがわからなく、自分なりにまとめてみました。

まずは(1)最少対の原則 例 [ka]と[ga] /k/と/g/で最少対完成。→音素[k]と[g]
しかしこの法則だけでは決められないものもある!!?

例 : 撥音 <ん>

(1)最少対で確認
撥音[m] [n] [N]… などが別の音素となってしまう可能性

(2)相補分布で確認(同一音素の異音ではないか?)→相補分布していれば同一音素の異音の可能性が高い。しかしまだわからない。そこで、同一音素が環境によって異なる音声になったのであれば、類似する共通特徴を持っている、つまり似ているのではないか。

(3)環境同化で確認
鼻音という共通特徴を発見、調音点は後続音という環境が決定してる。

<ん>は[m] [n] [N]などの異音からなる音素と決定できる。

このような考えでよろしいのでしょうか?

目的としては、音素を増やさないためなのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 74% (513/687)

撥音については、相補分布をなす以上、最小対(「少」ではありません)はありません。
したがって、
(1)最小対では確認できない
というべきでしょう。

また、(2)「相補分布で確認」されれば、それはもうその段階で異音ということになります。


なお、「類似する共通特徴」というのは当てになりません。
[a] と [e] が同一音素の異音ということもあります。
また、(私は認めませんが)促音や長音を音素とするならば、/Q/ や /H/ に何らかの音声特徴があることになります。

でもそんなものはありません。
「先行する母音と同じ」、とか、「後続する子音と同じ」なんて、音声特徴ではありません。

確かに /h/ と /ŋ/ で必要になるように見えますが、実際には完全に相補分布しているわけではないので。


>目的としては、音素を増やさないためなのでしょうか?

音素とは何か、という根幹に関わるご質問ですね。
分離的な音声には一つとして同じものはない。
同一人物でさえ同じ音が出せないのに、ましてや成人男性と女児とで同じ音声が出せるわけがない。
しかし、我々は「あ」なら「あ」を一つの同じ音として認識する。
それはなぜか?

一つの音として認識される限り、多様な実現が可能であるし、
一定のルールに従う限り、多様な実現は捨象される。
ではその一定のルールとは何か?

いろいろあるだろうがその一つが相補分布、というわけです。
数の問題ではありません。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ