• 締切済み
  • すぐに回答を!

p-ニトロベンズアルデヒドとアセトン

実験でMCM-41を塩基性固体触媒とし、 p-ニトロベンズアルデヒドとアセトンのClaisen縮合反応を行いました。 (1)反応終了後、TLCを行ったところ5つのスポットができました。そのうち3つは未反応、Claisen縮合の主生成物とそこから脱水したもので分かっているのですが、あと2つのスポットが何を表すのか分かりません。 反応途中でアルデヒドが酸化したものでもなく、水が脱離したあとではcis体は表れないので光学異性体も考えられません。 また、p-ニトロベンズアルデヒドはα位に水素を持たないので、それ同士のアルドール縮合は起こらないと予測していますが間違いでしょうか。 (2)色について、最終的にフラスコ内は赤褐色となりましたが、これは主生成物の色と考えてよろしいのでしょうか。 分かる方いましたらご教授ください。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1794
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • NiPdPt
  • ベストアンサー率51% (383/745)

そもそもClaisen縮合というのはエステルの縮合ですので、その反応はClaisen縮合ではありません。 http://ja.wikipedia.org/wiki/クライゼン縮合 カルボニル化合物の縮合に関してはさまざまな名称があり、その区別が曖昧な場合や、複数の名前がついていることもありますが、この反応が広い意味でのアルドール型の反応(クライゼン-シュミット縮合)であると考えるべきです。 で、あなたが主生成物として何を想定しているのかわかりませんが、普通に考えてその手の反応の主生成物はベンザルアセトン(ベンジリデンアセトン)、あるいはジベンザルアセトンの誘導体でしょう。脱水云々と書いておられることからすれば、それらが生じる前のケトアルコールも生成物として想定しているのでしょうけど、そこで止まることは少ないと思います。 結局、ベンザルアセトンとジベンザルアセトンのどちらが主生成物になるかということに関しては試薬の割合に依存するはずですが、それを記述していないのはなぜでしょうか。この反応を考える際に極めて重要なことです。これなしには主生成物に関する議論はできません。また、TLCではスポットの数だけではなく、その位置も重要ですし、濃度も重要です。検出方法によっては少量しか含まれていないものが多量に含まれているように見えることもあります。少なくとも、展開溶媒やRf値のデータぐらいは示さなければ議論できません。実験において何が重要であるかということが認識できていないと思います。 また、一般論として、アルデヒドは空気などにより酸化されやすいです。試薬が古いものであれば、試薬瓶の中で酸化されている可能性もあります。アルデヒドが酸化されていないということの根拠はあるのでしょうか。また、「水が脱離したあとではcis体は表れないので光学異性体も考えられません。」というのもおかしな話です。脱水した後でも、OH-がエノンに求核付加する可能性はありますし、脱水する時にcis体ができないと考える根拠にもなりません。したがって、そこで書かれていることはcis体ができていないことを説明する根拠になっていません。もちろん、一般論としてこの反応でcisのエノンはほとんど得られませんけど、それは単に立体障害の問題と考えるのが妥当でしょう。学異性体云々もおかしな話で、エノンになったのであれば、平面構造ですので不斉炭素などありませんので、何故に光学異性体の話につながるのか意味不明です。また、そもそもTLCで光学異性体(好ましい言い方ではありません。エナンチオマーと呼ぶべきです)が分かれるはずもありません。 >また、p-ニトロベンズアルデヒドはα位に水素を持たないので、それ同士のアルドール縮合は起こらないと予測していますが間違いでしょうか。 当然、アルドール反応は起こりませんけど、当たり前のことであり、「予測」と言う言い方はおかしいです。 色に関して何とも言えませんけど、主生成物だけの色ではないでしょう。TLCを調べた時に主生成物のスポットについていた色が主生成物の色です。 また、一般論として、エノンは比較的不安定なので、条件によってはそれの重合物や分解生成物が生じる可能性はあります。その手の物質の構造決定は容易ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • アルドール縮合

    weblio辞典によりますとアルドール縮合とは「二つのアルデヒド分子から、アルデヒド基と水酸基を持つ分子を生成する縮合反応。」であるとのことでした。 しかし、授業で習った中で、ノートに CH2OH-CO-CH2OH + CHO-CHOH-CH2OH → CH2OH-CO-CHOH-CHOH-CHOH-CH2OH ジヒドロキシアセトン     グリセルアルデヒド この反応はアルドール縮合だと書いてありました。二つのアルデヒド分子ではありません。どうしてアルドール縮合なのですか? また、グリセルアルデヒドはアルデヒド基と水酸基をもっていますが、これはアルドール縮合によるものですか?

  • アルドール縮合反応について・・・

    シンナムアルデヒドをアルドール縮合反応で作るとき、ベンズアルデヒドとアセトアルデヒドで作ることは出来るのですが、このときの予想される副生成物は何だと思いますか?? この問題に自分なりに考えて、ベンズアルデヒドはエノラートイオンの受容体であるため単一生成物ができ副生成物は出来ないと思うのですが・・・ もしこの問題の答えがわかる方がいましたら、生成物とその出来る理由も教えていただきたいです!!いろいろな意見を聞きたいです! よろしくお願いします^^

  • アルドール縮合

    アルドール縮合 (1)1molのベンズアルデヒドと1molのアセトンによるアルドール縮合の機構 (2)(1)の反応生成物が塩基触媒脱水反応でベンザルアセトンになる機構 以上の2つがわかりません。どなたか教えて下さい。

  • アルドール縮合について

    大学の実験でベンズアルデヒドとアセトフェノンからベンザルアセトフェノンを合成するアルドール縮合を行いました。 この反応でどのような副反応が生じたり、副生成物が生成するでしょうか? 回答お願いいたします!

  • アルドール縮合反応について

    アルドール縮合反応について質問です。 アセトフェノンとp-クロロベンズアルデヒドを加え、次にメタノールを加え撹拌し、その後、水酸化ナトリウムを加え再び撹拌しました。 その後溶液を一晩撹拌しました。 一晩撹拌したら溶液が完全に固体になりました。 これはアルドール縮合反応の脱離反応により、脱水されたためと考えていいでしょうか?

  • アルドール縮合による生成物

    ベンズアルデヒドとアセトンのアルドール縮合で生成したシベンジリデンアセトンは主にtrans-trans体が生成するのでしょうか? 融点測定したところ、純品よりも少し低かったのですが、この場合は他の立体異性体との混合物になっていると考えていいのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • ジベンザルアセトンの合成について

    ベンズアルデヒドとアセトンを用いてアルドール縮合によってジベンザルアセトンを合成する場合、 副生成物としてはどのようなものができるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 副生成物

    ベンズアルデヒドとアセトンの縮合反応で、ジベンザルアセトンが生成されるのはわかったのですが、それ以外に、どんな副生成物ができるのですか? 教えてください。

  • ジベンザルアセトンの合成(アルドール縮合)

    ベンズアルデヒドとアセトンを用いたアルドール縮合においてまずモル比を1:1になるように反応させて、その後さらにベンズアルデヒドを加えて最終的にベンズアルデヒド:アセトン=2:1となるように反応させた場合、1:1の時と2:1の時のジベンザルアセトンとベンザルアセトンの生成量の違いはどのように表れますでしょうか?(どちらが優先的に生成されるのか?) この反応は 1) PhCHO + CH3COCH3 → PhCH=CHCOCH3 (A) 2) PhCH=CHCOCH3 + PhCHO → PhCH=CHCO=CHPh (B) 上記のように2段階で進行することは分かります。 そこで 式上ではベンザルアセトンができてから、ジベンザルアセトンが生成するように思われますが、実際、速度論を考えるとベンザルアセトン生成してすぐBの反応に移っている(アセトンとベンズアルデヒドが全部反応するのを待たずに)ように考えられるような気がします。 この部分の反応機構や速度論について教えてください。 ご教授よろしくお願い致します。

  • アセトフェノンのアルドール縮合

    実験でアセトフェノン、4-ニトロベンズアルデヒドを触媒下(エタノール、水酸化カリウム)でアルドール縮合させました。 すると反応溶液が橙色→赤色に変化しました。 いくら調べてみても溶液の変化の原因がわかりませんでした。 わかる方、回答よろしくお願いします。