• 締切済み
  • すぐに回答を!

ジベンザルアセトンの合成(アルドール縮合)

ベンズアルデヒドとアセトンを用いたアルドール縮合においてまずモル比を1:1になるように反応させて、その後さらにベンズアルデヒドを加えて最終的にベンズアルデヒド:アセトン=2:1となるように反応させた場合、1:1の時と2:1の時のジベンザルアセトンとベンザルアセトンの生成量の違いはどのように表れますでしょうか?(どちらが優先的に生成されるのか?) この反応は 1) PhCHO + CH3COCH3 → PhCH=CHCOCH3 (A) 2) PhCH=CHCOCH3 + PhCHO → PhCH=CHCO=CHPh (B) 上記のように2段階で進行することは分かります。 そこで 式上ではベンザルアセトンができてから、ジベンザルアセトンが生成するように思われますが、実際、速度論を考えるとベンザルアセトン生成してすぐBの反応に移っている(アセトンとベンズアルデヒドが全部反応するのを待たずに)ように考えられるような気がします。 この部分の反応機構や速度論について教えてください。 ご教授よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数26390
  • ありがとう数9

みんなの回答

  • 回答No.4

ANo.2です。 反応速度定数が判れば、エクセルでも使ってシミュレーションできるのですが...。 noname#60688さんのご紹介されている参考URLはとても興味深いページですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ジベンザルアセトンの合成について

    ベンズアルデヒドとアセトンを用いてアルドール縮合によってジベンザルアセトンを合成する場合、 副生成物としてはどのようなものができるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • アルドール縮合

    アルドール縮合 (1)1molのベンズアルデヒドと1molのアセトンによるアルドール縮合の機構 (2)(1)の反応生成物が塩基触媒脱水反応でベンザルアセトンになる機構 以上の2つがわかりません。どなたか教えて下さい。

  • ジベンザルアセトンの合成の際に・・

    アルドール縮合を利用して、アセトンとベンズアルデヒド(1:2)を反応させてジベンザルアセトンを合成することで質問なのですが、この比を1:3にした場合、ベンザルアセトンとジベンザルアセトンどちらが優先的に合成されるのでしょうか? その理由も詳しく教えていただけると助かります。 ご回答よろしくお願いいたします。

  • 回答No.3
noname#60688

反応機構は以下のHPを参考にしてみてください。http://www.mnstate.edu/jasperse/Chem365/Aldol%20Reaction.doc.pdf

参考URL:
http://www.mnstate.edu/jasperse/Chem365/Aldol%20Reaction.doc.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

多分書ききれないので、ヒントと思って読んでください。 反応機構を論ずるのなら、AもBも正確には2段階反応です。 アセトンがエノール、若しくはエノラートになります。 ベンズアルデヒドと反応してまず、アルドールが生成(これが1段階目の反応) 次いで脱水(これが2段階目の反応)し、エノンとなります。 Bの反応も同様です。おそらく脱水反応はこの場合はやいと考えられるので 律速となる反応は1段階目の反応あるいはエノラート(あるいはエノール)の生成段階でしょうか。 なお、1段階目の反応は平衡反応です。(おわかりですよねきっと) 質問者さんが問題になさっているのはどうやらAとBの反応のタイミング(?) のことのようですが、お書きの通り、ベンザルアセトンが反応系内に存在すれば、 Bの反応は進行します(反応速度式を考えれば自明ですよね) 考え方はそれで良いと思いますよ。 あとは一連の反応に関して何を考えたいのかですが...。 いずれにしろ、反応機構を考えるときは、素反応まで正味の反応を分解 していくことが大切です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 反応機構は十分に理解できました。 w-palace様の補足にも書かせていただきましたが、 1:1の時のアセトンとベンズアルデヒドの反応量の比と1:2の時のアセトンとベンズアルデヒドの反応量の比を比べたいのですが、どのように考えたら良いのか分からずいきずまってしまいました。。 おそらく速度論になると思うのですが、どのように考えて行けばよいのか道筋が立ちません。 何か参考になるご意見ありましたらよろしくお願い致します。

  • 回答No.1
noname#62864

アルドール反応と書かれていますよね? だとすれば、その反応機構はわかりますよね。 それと同様です。 すなわち、アセトンから生じたエノラートがベンズアルデヒドのカルボニル炭素を求核攻撃することによって進みます。 反応速度に関しては、同条件での比較であれば、エノラートの濃度と求核性の大きさによって決まります。 エノラートの濃度はカルボニル化合物のpKaと関係します。酸性度が大きいほど(pKaが小さいほど)エノラートの濃度が高くなります。 具体的にアセトンとベンザルアセトンのpKaの違いや、それぞれのエノラートの求核性に関するデータを見たわけではありませんので、詳細な議論はできませんが、それほど際立った差があるとは思えません。 ちなみに、上記の要因が同等であったとしても、アセトンとベンズアルデヒドを1:1で反応させると、理論上はかなりの量のジベンザルアセトンが生じるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 質問が上手くまとまっていなかったので補足させていただきます。 1:1の時も2:1の時もジベンザルアセトンまで反応が進むことは理解できました。そこで反応開始直後のことを考えたいのですが、反応開始直後はAとBが一気に進行すると考えたのですが、その場合、未反応のアセトンが残っていると考えてよいのでしょうか? またこの時、アセトンとベンズアルデヒドの反応量の比はどのように考えたらよいのでしょうか?(これも速度論に関わってしまいますよね?)つまり1:1の時のアセトンとベンズアルデヒドの反応量の比と1:2の時のアセトンとベンズアルデヒドの反応量の比を比べたいのですが、どのように考えたら良いのか分からずいきずまってしまいました。。 文章があまりまとまっておらず、すみません。 ご教授お願い致します。

関連するQ&A

  • ジベンザルアセトンの合成

    ベンズアルデヒドとアセトンからジベンザルアセトンを合成するのですが、反応機構を矢印を使ってわかりやすく説明していただきたいです!

  • ジベンザルアセトンの収率を上げるには?

    アセトンとベンズアルデヒドによるアルドール縮合において、ジベンザルアセトンを合成します。 mol比はアセトン:ベンズアルデヒド=1:2で行います。 この条件で行って、収率は43%でした。 どのようにしたら、収率は上がりますでしょうか? また収率を上げるために、注意すべき操作などはありますでしょうか? ご教授よろしくお願い致します。

  • アルドール縮合による生成物

    ベンズアルデヒドとアセトンのアルドール縮合で生成したシベンジリデンアセトンは主にtrans-trans体が生成するのでしょうか? 融点測定したところ、純品よりも少し低かったのですが、この場合は他の立体異性体との混合物になっていると考えていいのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • アルドール縮合について

    大学の実験でベンズアルデヒドとアセトフェノンからベンザルアセトフェノンを合成するアルドール縮合を行いました。 この反応でどのような副反応が生じたり、副生成物が生成するでしょうか? 回答お願いいたします!

  • アルドール縮合

    weblio辞典によりますとアルドール縮合とは「二つのアルデヒド分子から、アルデヒド基と水酸基を持つ分子を生成する縮合反応。」であるとのことでした。 しかし、授業で習った中で、ノートに CH2OH-CO-CH2OH + CHO-CHOH-CH2OH → CH2OH-CO-CHOH-CHOH-CHOH-CH2OH ジヒドロキシアセトン     グリセルアルデヒド この反応はアルドール縮合だと書いてありました。二つのアルデヒド分子ではありません。どうしてアルドール縮合なのですか? また、グリセルアルデヒドはアルデヒド基と水酸基をもっていますが、これはアルドール縮合によるものですか?

  • 副生成物

    ベンズアルデヒドとアセトンの縮合反応で、ジベンザルアセトンが生成されるのはわかったのですが、それ以外に、どんな副生成物ができるのですか? 教えてください。

  • アルドール反応(ジベンザルアセトン合成)

    ベンズアルデヒドとアセトンを2:1で反応させたら、ジベンザルアセトンができるのはわかりました。でも、アセトンが多量ある場合どんな反応が起きるか、難しくて。手助けお願いします。

  • クライゼンーシュミット反応

    1.この反応ってαー水素を持たないアルデヒドとケトンとのアルドール縮合の反応のことなんですか?また、アセトン同士が反応しにくいのは、どうしてなんですか? 2.ベンズアルデヒドとアセトンを2対1で反応させるとジベンザルアセトンができますよね。この異性体は全部で4つ(シスーシス、トランスートランス、シスートランス、トランスーシス)できるのですか?

  • アルドール縮合実験で。。。

    ベンズアルデヒド+アセトン→ジベンザルアセトン という合成実験で、 2(mol)+1(mol)→1(mol)で反応するのは反応式からわかったのですがこの反応において試薬の当量比を保つのはなぜか?という課題がわかりません(*_*)何と書けばよいのでしょうか?? あと、この反応で副生成物として何が予想されるか、どのようにすればそれが除去できるか?という事もわかる方おりましたら教えて下さい。お願いしますm(__)m

  • アルドール縮合反応について・・・

    シンナムアルデヒドをアルドール縮合反応で作るとき、ベンズアルデヒドとアセトアルデヒドで作ることは出来るのですが、このときの予想される副生成物は何だと思いますか?? この問題に自分なりに考えて、ベンズアルデヒドはエノラートイオンの受容体であるため単一生成物ができ副生成物は出来ないと思うのですが・・・ もしこの問題の答えがわかる方がいましたら、生成物とその出来る理由も教えていただきたいです!!いろいろな意見を聞きたいです! よろしくお願いします^^